一枚の写真



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

中山恭子先生
中山恭子先生0505-1


だいぶ以前ですが、「なりあき少年物語」という小冊子をご紹介させていただきました。

これは、宮崎にある中山成彬先生の「中山成彬女性の会広報部」さんが編集されたもので、成彬先生の昔の沿革を書いたものです。
この小冊子を作りながら、スタッフのみんなが、何回も感動のあまり泣いてしまったのだそうで、素晴らしくできばえのよいものとなっています。

この中に、一枚の写真があります。
今日は、そのお話をしてみたいと思います。


ちなみに「なりあき少年物語」をまだお読みでない方は、是非、ご一読されることをお薦めします。
「なりあき少年物語」の全文は、↓のURLから、PDFでご覧いただくこともできます。
http://nakayamanariaki.com/uploads/shounen.pdf

さて、「このなりあき少年物語」の中に、中山成彬先生と、中山恭子先生の新婚時代のお写真があります。
それが↓のお写真です。

中山ご夫妻新婚時代


若い頃の恭子先生のお美しさが目をひきます。
いまの中山恭子先生は、人として完成されたまるで、神様のような女性に見えますが、お若い頃の恭子先生には、溌剌とした若さのもつ、美しさがあるように感じます。

中山恭子先生は、群馬県立前橋女子高校をご卒業されたあと、東京大学文学部仏文学科に入られ(ものすごい才媛ですね)、大学を出た後、外交官になりたくて、一時、外務省に勤務されたのだそうです。
ところが、この当時は、まだ女性では外交官にならしてもらえない。

そこで、東京大学法学部に学士入学されたのだそうです(これまた普通の私など凡人には真似のできないことです)。
そして、昭和40(1965)年に、国家公務員上級甲種に合格され、翌年大蔵省に入省されました。

このとき、大蔵省入省の同期となられたのが、のちに夫となる中山成彬先生をはじめ、武藤敏郎、中島義雄、長野庬士(元大蔵省証券局長)などがいる)などの先生方です。

当時、まだ大蔵省に国家公務員上級職として入省される女性は、たいへんにめずらしかった時代だったそうです。
しかもたいへんな美人の先生がはいってきたわけです。
まあ、当然のことですが、恭子先生の先輩諸氏をはじめ、大蔵省内の若手男性職員は、全員が恭子先生に夢中になってしまわれたそうです。わかる気がします。

とにかく、誰が恭子先生を射落とすか。
もう省内の若手男性職員の中では、たいへんな話題をさらっていたそうです。

そんななかで、あまりにも強い宮崎なまりで、無口で、誠実そうで、あまり女性に縁のなさそうな(とても恭子先生のような才媛には縁のなさげな・・・ごめんなさい)男性がいました。

ところがこの無口な男性も、ほんとうは美人の恭子先生のことが気になって仕方がない。
ところが、これは、わかる人はわかってくれると思うのだけれど、あんまりにも神々しく美しい女性が近くに来ると、話しかけるどころか、赤面してしまって、身体が硬直し、口もきけなくなる。
まあ、昔の硬派の男は、みんなそんなふうなものです。

とにかく若き日の成彬先生は、美人の恭子先生が気になって仕方がないけど、口もきけない。
恭子先生は恭子先生で、同じ同期でありながら、他の男性たちのようなエリートらしい洗練された雰囲気をまるで持たない(ごめんなさい。実際そうだったと聞いたもので)成彬先生が、なにか気になる。

それで、これは恭子先生にお伺いすると、「成彬先生が、まるで意を決したかのように、話しかけてきた」のだそうで、
成彬先生にお伺いすると「恭子先生にある日突然話しかけられたンだ」と、ご両者のお話がまるで食い違う(笑)のですが、お二人は、お近づきになられ、晴れてご結婚されたわけです。

北朝鮮から拉致被害者を救い出してきたときの写真
拉致被害者と中山恭子先生


ひとくちに国会議員といっても、さまざまな方がおいでになります。
「国会は日本の縮図」とはよく言ったものだと思います。

そしてその国会に、ご夫婦で力を合わせ、お二人とも日本を大切にするという明確な信念を持たれ、行動し、そして着実な実績を積んで来られ、そして誰からも尊敬されているというスゴイお二人がいます。

そして先般、成彬先生は衆議院議員となられ、中山恭子先生は、いま選挙戦のまっただ中です。

選挙戦の間は、秘書のみなさんも、先生も、まったく休みがありません。
土日祝祭日関係なく、毎日深夜まで戦いが続きます。
この真夏の暑い中を、ほんとうにみなさん、たいへんです。

中山恭子先生は、今般、維新の会からのご出馬です。
そのため大手政党のような、組織票がありません。
ですから、応援しようという私たち個人の票だけがたよりです。

中山恭子先生は、絶対に当選していただかなければならない候補者です。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

中山成彬(なかやま なりあき)プロフィール


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

こういち

かかあ天下
こんにちは。

恭子先生は群馬県の方だったんですね!

上州のかかあ天下

みんな間違って解釈してるみたい。

亭主を大事にして、亭主に恥をかかせない様にやりくりして

時にはしょぼくれてる亭主に小遣いを渡して鉄火場へ遊びに行かせた女房。

だから 亭主は「うちのかかあは天下一!!」(俺の女房は天下一の女だ!!)
と敬い 大切にする 男女の文化。

恭子先生は「天下一」ですね^^


愛信

国分寺市の不正開票の徹底検証は、一連の選挙疑惑の解明のきっかけとなる!
国分寺市の不正開票の徹底検証は、一連の選挙疑惑の解明のきっかけとなる!
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2320.html

【関連情報】
【世界の真実の姿を求めて!】不正選挙を可能にさせる集計ソフトが参議院選挙でも使われる。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2446.html
日本各地の選挙投開票速報-1~3(第46回衆議院選挙)【第46回総選挙の分析】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_13.cgi#12月16日_16時30分06秒
不正選挙は簡単にできる
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi#7月16日_21時33分45秒

各投票所の投票数の集計で最高裁判所裁判官国民審査票の数量と
小選挙区、比例代表の得票の数量に
大変大きな差異が発生している。 最高裁判所裁判官国民審査票は×を付けるだけなので無効票を作るこ
とが出来ない。 不正操作するためには廃棄するしか方法がない。反日売国テレビ局・マスコミの報道で常に
投票率の低いと報道している。 これは票の抜き取りや投票券の破棄などの証拠隠しのためである。 
集計作業では別人の得票の束を不正に積み上げたりする行為も目撃されている。 選挙の監視強化と不正
防止の為に有志による入り口調査で正確な投票者数の把握が必要になる。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

夫婦お二人とも官僚出身の国会議員で、愛国者です。言うことありません。


安倍晋三首相は9日のTBSの番組で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)問題に関して「中国は尖閣で海洋権益を増やすために歴史問題を活用している。(中国が)そういう活用をしていることを認識する必要がある」と述べました。
中国が首相の歴史認識をめぐる発言などを批判することで、尖閣問題を自国に有利に運ぼうとしているとの認識を示した発言です。
首相は歴史認識と外交の関係について「別問題だ。歴史は歴史家に任せるべきだというのが私の考えだ」と強調し、そのうえで「別問題だが、相手は歴史の問題を、自分の国益をより増していくためにさまざまな活用・利用をし、尖閣問題で譲歩させようということが起こりうるという現実がある」と語り、「われわれは国益を守るためにしのぎを削っており、尖閣については妥協するつもりはない」と強調しました。
中国は、尖閣問題を日本が国境問題があると認めない場合、首脳会議をしないとするようですが、それなら、首脳会議をする必要はないと思います。
その前に、これ以上、天然ガス田を設置するなら日本も天然ガス田や石油の採掘をするための準備をしなければなりません。大分前のことですが、イラクはクェートが海底の下から自国の石油を盗掘したとして、クェートを占領しました。これと似たようなことが、日本は中国にされることを用心しなければならないと思います。


2013年7月10日付の中国紙・環球時報によれば、日本の平成25年度版「防衛白書」が中国や韓国に対して竹島や尖閣諸島を日本の領土と明記し、挑発行動に断固とした態度で臨むと示しました。
これについて、 中国人民大学の殷弘(イン・ホン)教授は、環球時報の取材に「現状の日中関係では日本の防衛白書が強硬な言葉を選んできたのは正常なことだ」と話し、短期間内に関係が好転する可能性は低いが、それでも将来的に安定した関係こそが最も重要であり、これ以上関係が悪化するリスクを避けるべきだと指摘しているそうです。
中国にも、まともな学者がいるようです。しかし、共産党に弾圧されてすぐに消えると思います。


国内初の「韓流テーマパーク」を2014年秋に大阪で開業させると、パチンコ最大手のマルハンが13年7月9日に発表しました。
それによると、韓流スターが手がけるグッズ販売店や韓国食材を扱う食品スーパーなどが入るだけでなく。「K-POPホール(仮称)」も併設し、ショーなどを行うようです。大阪市浪速区のフェスティバルゲート跡地を再開発し、13年秋から総工費約100億円をかけて4階建てのビルを完成させる。年間売上は50億円、来場者数は300万人を見込んでいます。
その頃には、韓流ブームが終わっていると思います。
念のため、この土地をマルハンに売ったのは、橋下市長や松井知事ではありません。

カリフォルニアから日本を思う

期日前投票を済ませました!
昨日、期日前投票を済ませました。
勿論、比例区は ”中山恭子” と記名しました。
最寄りの投票場はロサンジェルス近郊のリトル東京の中にあり、自宅からは高速を飛ばしても、片道2時間かかります。
投票に行くためには、ガソリンと4時間の運転体力が必要です(笑)
海外に居ると思わぬところで不便を感じますが、日本を少しでも良くするために、海外邦人も頑張って、選挙に参加して欲しいと思います。
ちなみに、我が家のファミリーメンバー全員が、中山恭子先生に投票完了しました。

にっぽんじん

遺産相続に思う
この度、○○子の遺産相続に関する民法が最高裁で違憲と判断されたようです。法律に疎い私から見れば今の民法規定は不平等と思われません。

○○子には実の親が存在します。その実の親が亡くなれば相続権があります。○○子として遺産を相続すれば実親からの遺産の相続権を失うのであれば不平等ですが、今の民法ではそのような規定はないと思います。もしかするとそちらの遺産の方が大きいかもしれません。

婚外の遺産と実の親からの遺産の両方を相続することができる○○子の方が遺産相続上有利になります。

それを考えれば今の民法規定は不平等とは言えません。

私の場合、母親が死亡後再婚した継母に育てられました。父の死後継母に育てられたわけですが、その母が亡くなった時に遺産の相続を受けることが出来ませんでした。

戸籍上は継母とは親子でしたが養子縁組をしていなかったという理由で相続権がなく、遺産は全て継母の兄弟に相続されました。

○○子の遺産相続の不平等よりも不平等な法律ではないかと感じています。

ひろし

更新ありがとうございます。
私は大阪なのですが選挙の立候補の顔ぶれを拝見するとあまりぱっとしないので比例だけにしようかと想っています。 基本的に自民党応援していますが、大阪の方はいれるつもりはないです。 中山恭子先生、見識、人格、真に素晴らしい方ですね。 比例は中山先生にしようか、自民党にしようか、熟考します。

古希のネトウヨ

中山恭子さんの街頭演説の様子を YOUTUBEで拝見しました。 
なんてかわいい人だろうと思いました。でも仰っていることは、この日本のために命を投げ出すお覚悟のようです。
 成彬議員より3才年上の姉さん女房。73才6年後は・・・・。
 今の安倍政権の時にこそ力を発揮される方だと思います。
 安倍政権になって中央よりに舵を切っていますが まだまだ左加重が重く ややもすると左に行ってしまいます。右から引っ張る野党も必要です。
 中山恭子さんに投票すればその分維新の他の候補にも有利になると思います。
 維新の候補も問題がないわけではありませんが、公明党よりましでしょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク