植村大尉の遺書

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

植村大尉


下にある動画で鶴田浩二さんが朗読されている植村眞久(うえむらなおひさ)海軍少尉の遺書です。

植村眞久(うえむらなおひさ)海軍少尉は、東京都出身、海軍第十三期飛行科を卒業され、昭和19年10月26日、第一神風特別攻撃隊大和隊隊員として零戦に搭乗し、フィリピンセブ基地を出撃、スリガオ海峡周辺洋上で特攻、戦死されました。(戦死後大尉に昇進)
享年25歳でした。

文中の素子(もとこ)さんは、植村大尉の一人娘です。


植村さんの遺書


========
素子

素子は私の顔をよく見て笑いましたよ。
私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。

素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、佳代叔母様に私のことをよくお聞きなさい。
私の写真帳もお前のために家に残してあります。

素子という名前は私がつけたのです。
素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、お父様が考えたのです。

私はお前が大きくなって、立派なお嫁さんになって、幸せになったのを見届けたいのですが、若しお前が私を見知らぬまま死んでしまっても、決して悲しんではなりません。

お前が大きくなって、父に会いたいときは九段にいらっしゃい。
そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。

父はお前が幸福者と思います。
生まれながらにして父に生き写しだし、他の人々も素子ちゃんをみると真久さんにあっている様な気がするとよく申されていた。

またお前の伯父様、叔母様は、お前を唯一の希望にしてお前を可愛がって下さるし、お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて只々素子の幸福をのみ念じて生き抜いて下さるのです。

必ず私に万一のことがあっても親無し児などと思ってはなりません。
父は常に素子の身辺を護っております。
優しくて人に可愛がられる人になって下さい。

お前が大きくなって私のことを考え始めたときに、この便りを読んで貰いなさい。

昭和十九年○月某日 父
植村素子へ

追伸
素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、お父さんが頂いて自分の飛行機にお守りにして居ります。
だから素子はお父さんと一緒にいたわけです。
素子が知らずにいると困りますから教えて上げます。
=======

この遺書を書いた植村大尉は、立教大学に在学中、サッカー部の主将をしていました。
昭和18年の学徒出陣で、この年の9月に大学を繰上げ卒業し、海軍に入隊。第13期飛行予備学生となり、三重航空隊に所属しました。

昭和19年9月に、休暇を許されて帰郷し、このとき生後3ヶ月になる素子さんと面会されています。
そして上の手紙を残して、戦場に戻られました。

セブ島に戻った植村大尉は、二隊に分けられた大和隊のうちの一隊を指揮し、神風特別攻撃隊大和隊、第一隊隊長として出撃されました。
目標は米国海軍T・L・スプレイグ艦隊です。

米艦隊は他の艦隊からの補充を合わせ、全戦闘機60機を上空に配置して、日本機の攻撃を待ち受けました。
植村隊3機は、60機の米軍戦闘隊と遭遇し、重たい爆弾を機体に吊り下げたまま激闘。
敵機の猛攻と、海上からのさかんな対空砲火をかいくぐり、米機動部隊に特攻を敢行。
敵艦隊は大破炎上させ、特攻を成功させています。

手紙にある素子さんは、父の母校である立教大学を昭和42年に卒業され、その年の4月12日に、父の手紙にあった「お前が大きくなって、父に会いたいときは九段にいらっしゃい」という約束を果たすため、そして靖国神社で鎮まる父の御霊に自分の成長を報告するために、母親や家族、友人、父の戦友達が見守るなか、文金高島田に振袖姿で、6歳のころから習った日本舞踊で「桜変奏曲」を舞い、奉納されました。

そのときの写真です。
素子さんの奉納


素子さんはこのとき、「お父様との約束を果たせたような気持ちで嬉しい」と言葉少なに語られたそうです。

父から子へ、子から孫へ。
決して忘れたり風化させたりしてはならない歴史が、私たちの国にはあります。
そのことに深く思いをいたし、英霊への感謝を捧げたいと思います。

靖國神社は、今日まで「みたままつり」です。
私も今日は、靖國に行ってきます。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

神風特別攻撃隊大和隊 海軍少尉 植村真久遺書朗読


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ポッポ

鶴田浩二は、特攻帰りだったとの記憶があります。だから、朗読も自分のことのようにされたのでしょう。
8月15日が、近づいてきます。安倍首相は多忙なこととは思いますが、靖国神社に参拝していただきたいと思います。マスコミがうるさいと言うことでしたら8月15日でなくてもよいのですが、一度はいらっしゃっていただかなくては、大東亜戦争に肉親を送り出した家族は、裏切られた気になると思います。


国家公務員が業務にグーグルを使っていたため、問題になっています。
国が業務を進めるとき、これに必要な施設や機材は国が準備することになっています。この場合、これに伴う各種の安全も、国が対応することになります。
これ、国とはいうものの、すべて関係する政治家と官僚でやっていることです。
多少便利だからとグーグルなどの民間のツールを、使っていてどうするのかと思います。
グーグルは、CIAに協力するのが当たり前。アメリカの企業です。
国や地方公共団体は、情報の塊です。公務員は勿論、公共の業務に携わる者は、それぞれの情報を慎重に扱わなければならないし、外部への連絡にも注意していただく必要があります。
外国人と話すときにも注意が必要で、前政権の時には「何を言ったらいいのか」という間抜けもいましたし、スパイの一等書記官を外交官と扱い、首相まで動かした副大臣もいました。また、国会議事堂の清掃業者に外国人が雇われて、議員の部屋に入っていたような噂もありました。そんなことは、願い下げです。


全く別のことですが、東京のフランス料理店では食事の後に800円の水を出したり、その水の価格が高いと話題になっていました。
私は年収300万円ありませんから、800円の水が高いと思います。しかし、考えてください。
フランスはヨーロッパの大陸にあり、パリは海から150キロメートル以上あります。パリのセーヌ川は有名ですが、河川の延長は780キロメートルでパリは水源から500キロメートルくらいのところになります。
そんな内陸部の土地の水が、おいしいはずはないです。だから、食事の後においしい水が欲しいとき、ミネラルウォーターが必要になると思うのです。
しかし、日本の川の水源から河口までを見るとき、一番延長の長い川である信濃川でも367キロメートルしかありません。水源から河口までの距離が短いのですから、基本的に味がよいのではないのでしょうか。
日本の水道水の味が悪かったときは、河川が工業廃水等で汚れていたときで、その後は汚水処理技術と浄水施設の能力向上によりおいしくなっていますし、それが不満な場合でも、国内のミネラルウォーターで十分おいしいと思います。まあ、私の場合は貧乏人ですから、それ以上の味覚はないのかもしれませんけれど・・・・・

小山

こんにちは。お聞きしたいのですが、ねずさんのブログ、出版とかされないのですか?是非子供に
読ませたいのです。ブログを見ればいいのだけど
手元にあったほうが便利なので。真の日本史を学ぶのに最高なので、本になるといいなぁと思います。

桜子

御霊祭り、遠方ですので行くことができません。
靖国に向かい、合掌させていただきます。

英霊の皆様は、ただ「家族を護る、国を護り日本国の繁栄を願う」この一念で散華されました。

御霊祭り、全ての英霊の皆様が一堂に会して何をお話になっておられるのでしょう。
今ここにある日本の繁栄、それはそれなりに喜んでおられると思います。
しかし、自分達が望んだ繁栄と今の日本の繁栄のギャップに戸惑っておられることでしょう。

何故なら、戦後教育(日教組)により歴史は曲げられ、日本人としての心をも失わされ、今や日本はどこぞの国と見まごうばかりの拝金主義、自己主義に成り下がってしまっていると言っても過言では無い様な気がします。
その様な日本を、靖国から見られている英霊の方々のお気持ち、いかばかりかと思われます。

英霊の皆様が望まれた日本国の繁栄とはこの様な物だったのでしょうか、決してその様な物ではなかったはずです。
そして真の繁栄とは何でしょう?
そこに心の伴わない繁栄など、あって無いに等しいのでは?英霊の皆様もそう思っておられるのではないでしょうか。

靖国御霊祭りは英霊の皆様のご供養です。
手を合わす、これは誰でもできます。
本当に英霊の皆様が望んでいるのはそのような物でしょうか?
我々日本人が今一度、本来の日本を取り戻し、感謝を込めお祈り出来た時、その時こそ英霊の皆様に対して真のご供養になるのではないかと思います。

衆院戦でやっと日本丸は動き始めました。
機は熟しています。
そういう意味においても今回の参院戦、何としても勝利し、英霊の皆様の前にご報告できるように頑張りましょう!

酷暑が続いています。
ねず様はじめ皆様のご健康をお祈りします。

愛信

気をつけよう反日売国テレビ局・マスコミの捏造報道
気をつけよう反日売国テレビ局・マスコミの捏造報道
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

今日の内閣支持率は長期間実施されているアンケートです。多くの人たちの意思の表明です。
反日売国テレビ局・マスコミの垂れ流す報道が信用ならないことを多くの人々が知っています。
多額の税金を使って捏造したデータで世論を誘導するNHKが発表する内閣支持率と長期に渡り調査されている
【今日の内閣支持率】の違いを確認してみて下さい。
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
反日売国テレビ局・マスコミの報道は決して鵜呑みにせずに、自分の目と耳で確認してみましょう。 
マスコミを信じてはなりません。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

かねい

鶴田浩二
鶴田浩二といえばヤクザ映画の俳優と思っていましが、今日の動画の朗読を見ていっぺんにファンになりました。

ようやくママ

日々の中で
おはようございます。
いつもねずさんのブログを拝読させて頂いております。
この2月に初めて息子を出産し、お陰さまで現在5か月になりました。
日々成長し、表情豊かになるわが子を見ていると愛情が膨らんでいく思いがします。

国を守る為、家族を守る為に戦われた英霊の方がたにもご家族があり、こんな幼い子どもを残されて戦場に向かわれた方がいると思うと、胸がいっぱいになります。

私は女ですから、戦場へ向かうというよりも、送り出す、でしょうか・・・。
それでも、幼子を夫婦で同じ時間を過ごして育てられる幸せもあるものを、と思ってしまいます。

私たちの今ある生活は、こうしたご先祖さまのお陰で成り立っていることを心に留めておきたいと思います。

そして、この歴史と日本の心をわが子にも正しく伝えてゆきたいと思います。

ちなみに、息子の名前は大和(やまと)と申します。

terag3

正に時宜に適した感動的なお話です
このお話は私も何時どこでだか記憶にありませんが、植村海軍少尉の遺書を読んだことがあり知っていました。

ただ、その後、素子さんが靖国神社で文金高島田の振り袖姿で日本舞踊「桜変奏曲」を舞い奉納されたことは知りませんでした。そして動画で鶴田浩二が、植村海軍少尉の遺書を朗読する場面、俳優の朗読とはいえ、聞く者にとって、万感胸に迫るものがありました。

実に感動的な時宜に適したお話でした。

現代の、いわゆる進歩的文化人、知識人たちは当時の日本人、特に特攻隊に選ばれた兵たちの心情など慮ることはできず、ただ単に現代感覚で特攻隊の指揮官に対して非情とか無謀だという非難ばかりしています。

沖縄の被害者意識もそのひとつで、沖縄は本土の捨石になったという非難をしていますが、真の沖縄県民はそのような意識は全く無く、日本軍の兵隊とは呼ばず、友軍と言って、その友軍から病気になれば薬や食料を分けてもらったり、米軍が上陸してきて村人が集団自決をしようとした際には友軍が止めに入ったということも鮮明に覚えたいると聞きました。

沖縄の被害者意識というものは沖縄と本土を離間させようとしているサヨクの工作なのです。

このたびの植村海軍少尉の遺書にもあるように、女性は誰にも優しく、可愛がられるように生きなさい・・・
家族を愛し他人を愛する気持ちをいつも持ち続けていれば自ずとそれが、自らの幸せを呼び寄せることになるというのが、植村海軍少尉の気持ちであり、当時の日本人すべての生き方であったと思います。

一日も早く、当時の良き時代の日本の心を、取り戻さねばならぬと痛感しています。






ラベンダー

ねずさん、おはようございます。
今日もブログ更新ありがとうございました。
毎日ブログを読ませていただきながら、いろんな事を感じさせていただいております。

自分が年を重ねますと、兵隊さんたち、特攻隊の方々の若かったことに驚きます。
息子の姿と重なります。

昨日、みたままつりに行きました。
豪雨と雷様で30分位清められた後は、若者で溢れ、歩くのに大変なほどの賑わいでした。
嬉しい事ですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク