危険な韓国食品

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

在大韓民国日本国大使館のホームページ


冒頭にあるのは、今年7月24日に「在大韓民国日本国大使館」のホームページに日本語で掲載された、
「食中毒にご注意ください」という記事の掲載されたページの画像です。
画像をクリックすると、その該当ページに飛びます。

件名が「食中毒にご注意ください」です。
そこに何が書いてあるかと言うと、


1 韓国の「食品医薬品安全処」が、6月17日から7月3日にかけて、夏に多く消費される食品を扱う韓国内の飲食店や大型マートなど全韓国1,599か所で、冷麺など2,038件を検査した。

2 その結果、59件で大腸菌などが検出された。
http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_130724-01.pdf"> ↓詳細はこちら↓
 http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_130724-01.pdf

3 韓国の「食品医薬品安全処」は、管轄する韓国の地方自治体に、該当食品を扱っている会社などに営業停止などの行政処分を依頼した。

ということです。

検査対象になったのは、
(1) 冷麺・コングクス 775件
(2) のりまき・すし  822件
(3) 弁当        85件
(4) かき氷・サラダ  295件
(5) 食用氷       61件など
 計2,038件

結構、すごいですね。
売れ筋品を対象とした抜き取り調査です。

その検査の結果、
(1) 冷麺・コングクスの47件(6%)で大腸菌が、
(2) のりまきで、8件の大腸菌と4件の食中毒菌(セレウス菌)が、それぞれ検出されたとのことです。
(他は適正)

大腸菌は、人と動物の糞便に存在する菌であり、糞便による汚染の指標となる菌です。
食中毒菌のセレウス菌は、土など自然界で広く分布しているものですが、高温にも耐える耐熱性菌として代表的な食中毒菌です。

これらの菌による食中毒は、学校給食の食中毒のように、いちどにたくさんの人が発症するものと異なり、発症する人が1人や2人のことが多いことから、風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかず重症になったり、死亡するケースもあります。
(以上、在大韓民国日本国大使館のHP記述より抜粋)

夏の突然死は多々ありますが、もしかすると韓国食品による食中毒が相当数混じっているのかもしれません。
なにせ「食中毒とは気づかず」に、「重症になったり、死亡する」というのです。

当ブログでも、これまでに何度も韓国食品の危険について指摘してきました。
韓国海苔など、表面に白い物質が付着していることが多々あり、日本国内で検査してみると、なんとそれがトイレットペーパーだったという報告もありました。

たとえば韓国のお酒は、いまではコンビニやスーパーなど日本中で売られていますが、実際、あの衛生環境の悪い支那でさえ、そのお酒は「あまりにも大腸菌が多いから」と輸入禁止処分にしています。
韓国海苔、韓国キムチ、韓国麺なども、米国をはじめ世界中の国々で、いまや明確に「輸入禁止」にしています。

日本だけです。逆に韓国食品の輸入時の衛生検査を簡素化している。
簡素化どころか、実質、フリーパスです。

これはおかしな話です。
世界中で「不衛生で危険な食品」として、輸入禁止し、韓国内でさえ、食品医薬品安全処が、衛生検査で「問題あり」としているのです。
なぜ、衛生環境にうるさいはずの日本で、ちゃんとしたチェックも、国民への警戒の呼びかけもなされないのでしょうか。
鳥インフルエンザが流行ったとき、実際の死亡例がほとんどないだけで、日本中が大騒ぎとなり、街を歩けば誰もがマスクを着用しているというくらい、安全には気を使うのが日本なのに、これは実におかしなことです。
どっかで裏金でも動いているのでしょうか。
だとしたら許せないことです。
国民の命と引き換えに、韓国工作員などから大金をもらっているということだからです。

いま、やはり民主党政権下でレールの敷かれた日・中・韓のFTA(Free Trade Agreement、貿易自由化協定)の交渉が始まっています。
冗談じゃないです。
絶対に支那や韓国とのFTAは止めていただきたいと思います。
そもそも交渉云々の前に、食品の安全基準の厳守等を厳しく要求するのが、国の責務です。
カネさえ儲かれば、国民の命などどうでもよろしいというのなら、それは最早政治の名に値しません。

騙すものと騙される者がいたとき、日本人は「騙した方が悪い」と考えます。
それが、日本のみならず、世界の良心というものです。

ですから世界中のまともな国やまともな人は、、当然、不衛生な大腸菌ウヨウヨの食品が小売店の店頭に配下されれば、そのような食品を配下するメーカーや生産者が悪いと考えます。

ですから世界中のまともな国では、メーカーや生産者自身が、衛生に気を遣い、また加工品メーカーも、食品を取り扱う者の責任として、安全面には最大限の注意を払います。
それが「あたりまえ」です。もちろん日本もそうです。

ところが世界に二カ国だけ、儲かりさえすれば、何をやっても良いと国家ぐるみで考え、行動し、さらに反日感情に凝り固まって、相手が日本人なら、死のうが強姦被害に遭おうが、「当然」と考えている不埒な国があります。
支那と韓国です。

彼らは、「騙される方が悪い」と考える国柄です。
大腸菌がいようが、それによって食中毒が起ころうが、そういう食品を進んで買って使った方が悪い。
衛生面に問題ありというけれど、その分、安くしてやってるじゃないか、まして死ぬのは日本人だろ? 日本人をひとりでも多く減らすことの何が問題なのか、そのどこがいけないのか、と考えるのが彼らの思考です。

それで日本が輸入禁止処分するとか、なんらかの規制をして、自分たちの商売を妨害するというのなら、日本の食品や弁当に大腸菌を入れて、日本国内のあちこちで大規模な食中毒を発生させるぞ、と脅かす。
そのために日本に工作員を大量に送り込む。
信じられないようなことですが、それが支那や韓国の特徴であり、国柄であり、野蛮性です。

今回の冒頭の画像の記事は、「在大韓民国日本国大使館」のホームページに掲載されたものです。
しかも、日本語での掲載です。
つまりこの記事は、日本国内で日本国民に対して呼びかけている記事ではありません。
韓国内で、ほとんどの韓国民には読めない「日本語」で書かれた記事です。
事は「食」に関する重大事です。
こんな大事なことを、どうして日本国内の日本政府機関から、日本語で日本人向けに、掲載されないのでしょうか。

理由は簡単です。
日韓関係に重大な影響を及ぼしかねないという、いかにも日本人らしい「やさしい判断」がはたらいているからです。

なので、ひっそりと「在大韓民国日本国大使館」のホームページに掲載し、まずは「日本も情報はつかんでいるよ、国交を保つために、いまのうちになんとかしてくださいね」と、韓国側に、めだたないカタチで、やさしくそっと反省と対策を促す。
日本国政府が、韓国食品警戒情報を国民に知らせたら、韓国は食品業界のみならず、国家規模で経済的な大打撃を受ける。
だから、ただすなら、いまのうちですよ、というわけです。

ところが、そのように「やさしく」、「ことを荒立てないように」と考えるのは、日本人の長所であり、短所です。
そういう「やさしい」日本の対応に、彼らがどのように反応するかといえば、
「だったら構わずにどんどん日本に韓国食品を売りつけようぜ、儲けるのは今のうちだ!」と考え、行動するのです。
遠慮してやさしくすれば、かえってつけあがるのです。

サラ金が、「逮捕される金利」と、「利息の上限を制限する法律」との境目のグレーゾーン金利で暴利を貪ったのは、みなさまご存知の通りです。
「これ以上はしてはいけないよ」という注意と、「これをやったら逮捕するぞ」という間のグレーのところ、つまり、「やっちゃいけないけど、逮捕はされない」、というグレーゾーンを利用して、彼らは巨利を貪ったわけです。
同様に食品も、逮捕されなきゃいい。輸入禁止処分にならなきゃ、やっていいと考える。
もっといえば、「報復がないなら、なにをやっても良い」と考える。

盧溝橋事件、廊坊事件、広安門事件で、日本人を侮って馬鹿にし、軍事衝突まで意図的に起こしておいて、それでも日本が相手との和平に気をつかっておとなしくしていたから起きたのが通州事件による223名の日本人虐殺であったという記事を、先般、連続で特集して書かせていただきました。

そしてそれだけの人が、人類史上かつて例をみないほどの残虐な仕打ちで殺されながら、それでも支那の言い分を全部聞くから、互いに仲良くしようと船津工作を行った結果起きたのが、大山大尉虐殺事件です。
そこまでされても、なお、和平を重視し、戦乱を避けようとした日本に対して行われたのが、上海事変です。
そしれこれらの事件の際に、大きな働きをしたのが当時の朝鮮人でした。

通州事件の犯人は逮捕されていません。
逮捕されていなければ、彼らにとって、それは「やって良いこと」なのです。
日本人とは違います。

やさしくすればするほど、事を荒立てないように気を使えば遣うほど、要するにコチラが下手(したで)に出れば出るほど、つけあがり、尊大になり、事態がエスカレートするのです。

本来なら、日本の大手メディアは、この韓国政府が行った自国内の食品の衛生検査と処分について、連日報道が行われてしかるべきです。
ところが、日本のメディアは、いっさいこのことについて報道しません。
韓国に不都合なことは、まるで「なかったこと」にしています。

そして韓国政府が、この韓国食品の危険性を訴えた翌日から、なぜか日本国内のあちこちで起きているのが食中毒事件です。

7月24日 韓国政府、韓国食品の危険性を発表
7月25日 福岡市のホテルで41人が食中毒
      京都東山のホテルで6人が食中毒
7月28日 林間学校の中学生28人が食中毒
7月29日 伊丹の居酒屋で7人が食中毒
7月30日 愛工大学食で学生25人が食中毒
7月30日 いわき市ゴルフ場で21人食中毒

なぜか事件が徐々に西から東に移動しています。
いえるのは、彼らの手口というのは、都合が悪くなると、あっちこっちにさらに大きな問題を起こして、事態を放散、希釈化させる。
それが、戦後、パターン化された、彼らの手口である、ということです。

実態は水面下のことです。
ですから、はっきりしたことはわからりません。
はっきりとしたことがわからないから、工作だともいえるのです。

いずれにしても、日本国政府は、日本国民の安全を図る責務があるはずです。
現実に韓国食品について、前々から大便付着、大腸菌ウヨウヨという指摘があるのですから、是非とも国民の食の安全確保のために、総合的な調査と対策を、早急に講じていただきたいと思います。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

South Korean food culture
韓国 腐った材料で食べ物を製造


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

junn

■「国破れて山河あり、しかしその山河が外国人の所有になっていたら?」、『クライン孝子の日記』。http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20120219/1329636060

帰化したと言っても中国人です。防衛大学に入学するのは大問題です。

入ってくるのは特亜の土人と企業ばかりか。

正気の沙汰とは思えません。
なし崩しに日本が壊されていくようです。

国家戦略特区案を取りまとめ 解雇規制緩和や移民受け入れ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103S_R00C13A8EE8000/

junn

国籍の有無による差別は人種差別ではない 人種差別撤廃条約で明言
http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/60931961.html

一有権者

とにかく皆で声を上げていくしかありません。
厚労省への電凸やHPへの意見投稿はもとより地元選出の議員への意見具申あるいは韓国食品の取り扱いをしている店舗への苦情などあらゆる手立てを考える必要が有ります。

私もだいぶ前から韓国産やシナ産の食品類は知りえる限りの物は購入しておりません。
また厚労省への意見投稿も行っておりますが何故か他人事のようにスルーしているような状況のようです。

韓国、シナはあらゆる手立てを持って私達日本国と日本国民の安全を脅かし他国を巻き込んで日本への誹謗中傷を行い反日工作を行っているのです。
つい先日も米国加州グレンデール市において在韓日本大使館前に設置された物と同じ慰安婦像を在米韓国人たちが設置させる事に成功してしまいました。

それに対し今までもですが日本国外務省は何ら有効な対策を取っていないのではないのかと憤りを感じます。
外務省の言い分は事を荒立るより静かに対応するほうが良いとの事らしいですがこれで今まで失敗の連続ではないですか。
厚労省も同じで人糞に汚染され従業員が唾を吐いて作った食品の輸入を何故止めぬのか。?日本国民を馬鹿にしているとしか考えられません。
日本国民の税金で給与を貰いながら日本国の国益と日本国民の安全を担保できぬような省庁ならば必要なしです。

諦めずに私達日本国民は合法的に行動できる事からこれらに対してはNOを突きつけなくてはなりません。

ゆくゆくはシナ、韓国とは国交断絶をしても良いとさえ考えるべきでしょう。断固とした強い対応のみが日本の将来にとって必要と思います。

junn

NHKから抗議文の返事「高校講座世界史」嘘だらけの歴史教科書通り制作・日教組から子供を守れ!http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5008.html


ポッポ

民主党政権のときに、韓国ものの食料品の輸入について、実態として検疫を無しにしてしまいました。おかげで、スーパーに行って買い物をする際には、原産地を確認することになってしまいました。

日中韓のFTAは、自民党政権になってから協議が動かなくなったと思っていました。まだ、継続していたとはがっかりです。


今更ながらで、すみません。
民主党は2009年に衆議院選挙で自民党に圧勝して、政権を取りました。そして内閣を編成したのですが、このとき、民主党の党員スタッフが政府に入りました。人数は数十人でしょうか、数百人でしょうか、見当つきませんが、政府に入ったことだけは間違いないのです。
身分は正確には知りませんが、消防団員をイメージするものでした。

当時は、アメリカでは政権が変わると、党のスタッフが政府の主要な役職に就くのと同じと言われていましたが、アメリカでは政権が変わる都度、政権を取った党からスタッフが主要なポストに入りますが、党が政権を失ったときには、スタッフは職を失って退職しているはずです。
それから、元が党の職員ですから、党に忠誠を誓った活動をしても、問題ありません。

民主党から政府に入ったスタッフは、当然ですが党に忠誠を誓ったスタッフだと思うのです。そんな彼らが、政府や霞ヶ関の官庁の様々な部署に配置されたのです。党の都合で入っていますから、それなりに国の動きが分かるところに配置されたと思います。なにしろ、首相は民主党でしたが、役所の重要部分に民主党の組合員がいたとは余り考えられないので、要所要所に配置されても不思議はありません。

しかしながら、彼らの身分は不安定です。一応、公務員でありながら、通常の公務員ではない立場に不安定さがあるのです。
これの対策ですが、実は簡単で、彼らが国家公務員第1種試験に合格すれば良いのです。しかし、現実は学力的に試験に合格する者は少ないでしょう。そして、国家公務員第2種では必要なポストに就けることが、組織上できません。

そこで出てきたのが、国家公務員試験の全面改定ではなかったのかと、想像するのです。
国家公務員試験に第1種、第2種の区別がなくなれば、スタッフにも正式に公務員試験に合格すること極めて多くなります。そして、民主党が政権を外れた後も、スタッフは残ります。残ることのメリットは、彼らの失業対策だけでなく、政権から外れた民主党は、このスタッフから政権の動きを手に入れることも可能です。(もちろん、国家公務員法第百条に秘密の遵守があり、第百二条に政治的行為の制限が定められていますが、政党の党員はどう扱われるのか、公務員が政党に情報を漏洩することや利用することは、どの程度可能なのかが不明です。)

最後に、新しい国家公務員試験は今年度が2回目でした。
1回目は、民主党政権下で合格者数を増やさず、2回目は自民党政権下で合格者数を増加したと記憶していますが、1回目のときに民主党のスタッフを受験させていたのならば、スタッフは皆合格しているから民主党のもくろみは成功しているでしょう。そして、その時点では新規採用にはならないでしょう。
ところで、国家公務員試験の合格レベルは下がっているとの報道が、なされたように記憶しています。試験制度の変更により、優秀な人材を集められなくなったら、今は良いのでしょうが、何十年か後にその影響で、日本の行く末を誤ることになるのかもしれません。
それから、政府を構成する国会議員は政党に属していても当然ですが、もし国家公務員である官僚が、政党や様々な政治色を有する団体や宗教に属しているのならば、民主党に限らずこれも、国家公務員法第百二条により国家公務員から排除すべきだと思います。

古希のネトウヨ

遙か以前 シナの椎茸がまるっきり椎茸の味がしなかって以来 シナ朝鮮由来のものには手を出さない。食品はすべて材料の原産国を確かめて購入する。 原産国表示にないものは買わない。 出来るだけ地元のものを買う。 少々高くても健康を害するよりまし。
そして 出来るだけ外食はしない。 100円回転寿司もやめて久しい。 ゴルフ場のカレーについてくるラッキョウ 福神漬けは手をつけない。 それほど気をつけていても よそで出される饅頭のあんは100%シナからのもの。
 先日かかりつけの病院の栄養士から 成人病用の宅配給食のモニターになってくれとの依頼があった。 お決まりの カロリーだとか塩分だとかの有難い効能の話があり 短期間(1ヶ月)のモニターを引き受けることにし 「ところで この食品の材料の原産地はどこか」と訪ねたら 栄養士が絶句してしまった。 一番大切なことなのに そんなことは全く考慮していなかった。 聞かれるのも初めてだ。 自分も私生活では気をつけているのに。 メーカーに問い合わせてみると言う事だった。 暫くしての回答は コストを考えると輸入食材を使わざるを得ず・・と言う事で モニターはやらないことにした。
今時々 新聞に派手な広告が掲載されている。
 日本をあからさまに敵視している国からの 食品輸入なんてとんでもないことだ。
悪意を持って意図的にそれらをなしている 一種のテロと思っても良いのではないか。 逃れるのはなかなか難しいが 出来るだけのことはしたい。
 節分の恵方巻きとかも 朝鮮海苔の消化策だとか。
余談ながら そろそろ福島の桃がおいしい季節です。 シナ朝鮮由来のものより絶対安全です。

湧き水

家庭でできる自衛として、韓国産や韓国語が書かれた食品は一切使わないようにしています。

家族が間違って買ってきた場合、必ず捨てます。
日本メーカーのものであっても、韓国語が書かれているものは必ず捨てます。

大げさのような気もしますが、歴史を振り返ってみれば、某国とは関わらないのが一番ですから、こういったことをこつこつと続けていくことが家族のためになり、日本のためになると確信しています。

団塊の世代の後輩

私はキムチが大嫌いだ、あんなものは大腸菌が混入したり、腐りかけたものに強烈な味付けをして無理やり味覚音痴にし、食せるようにしているに違いない!しかし残念ながら家人は好きなようだ、心配して産地を確認したら日本国内産だった・・だったらまあいいか・・野蛮国シナ、コリア産の不買運動をしよう、友好なんざクソくらえだ!!

3121 209 893

野蛮人の国
儒教、因習、衆愚政治が近代化を阻んだ特亜野蛮国。

食人文化、犬食い文化やゲテモノ、糞尿まで食すのは世界広しと言えども地球侵略を目的として飛来した昆虫エイリアンの紅いイナゴとそれに寄生してくっついて来たチョンマゲリオンしかいない。

エイリアンなら欧米にも飛来している。

土足で家に入り、疲れたら土足のままベッドに足を放り投げて身体を休める。

犬や猫の糞でも踏んづけた靴かもしれないのにだ。

どしゃ降りの雨の中を歩いて帰宅しても泥まみれの靴のまま家中を歩き回る。

風呂も湯に浸かって身体を癒やす習慣はない。

ありゃ風呂じゃない。どう見ても水浴びだ。

サービス産業もチップ制だ。映画を観てもちゃんと清算したところを見たことがない。小銭しか持ち歩かない習慣も三歩歩けば泥棒に当たるからに違いない。全く油断のならない社会である。

銃社会も野蛮人の証だ。いつ殺されても不思議のない社会に生きている。むかついたらぶっ放す。死人に口なし。正当防衛をでっち上げれば無罪放免。生きた心地がしないというのが本音だろう。

そんな野蛮人の習慣を世界中に強要することをグローバリゼーションというらしい。

日本は世界一の文明国。

TPPでグローバリゼーションにかこつけたアメリカナイゼーションを強要するのはやめてくれ。

電光石火

ボイコット コリア
私は、実家の事情で都内のコリアタウンに住んで15年以上になります。間近で韓民族の超の付く異常性に気付くのに、時間はかかりませんでした。それ以来、出来る限りの「ボイコット コリア」を続けております。その判断が、正しかったと自分で自分の事を褒めてあげたいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク