長崎への原爆投下

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

原爆投下前の長崎市浦上地区
原爆投下前の長崎市浦上地区


8月9日は、長崎に原爆が投下され、ソ連軍が日ソ不可侵条約を一方的に破棄して満州、北鮮、樺太、アリューシャンへの侵攻を開始した日です。
今日は、そのなかで長崎への原爆投下について書いてみたいと思います。

はじめに、長崎での原爆投下によって失われた皆様のご冥福をお祈りし、黙祷を捧げたいと思います。

長崎への原爆投下について、戦後宣伝されたデタラメの中に、
「長崎への原爆投下は、空襲警報が鳴ったけれど、なぜか解除された。そこに原爆が落ちた」
「大本営は、B29の無線をキャッチしていたけれど、これを放置していた」というものがあります。

どちらも、日本の無能、もしくは大本営の無能として形容され、宣伝されたものです。
いまだに、それを真実と思い込んでいる人が多数います。
けれども、経過をみれば、その宣伝が、事実と事実を巧妙に繋ぎあわせた妄言にすぎないことが、はっきりとわかります。


長崎に原爆が投下されたのは、昭和20(1945)年8月9日、午前11時2分のことでした。
長崎市の人口は24万人でした。
そのうちの14万9千人が、一瞬のうちにお亡くなりになりました。

米軍が、この原爆を投下するために出撃させたB−29は、6機です。
あまり知られていないことですが、そのB−29が、原爆の投下目標としていたのは、福岡県小倉市(現:北九州市)です。

B−29は、硫黄島を経由して、屋久島上空で合流する予定でしたが、トラブルから2機だけの編隊となり、午前9時44分、投下目標地点である小倉市に到達しています。
飛来したB−29に、陸軍の小倉造兵廠の守備隊は、果敢に高射砲で応戦しました。
そのあまりに激しい応射に、B−29は爆弾投下目標の目視ができなくなってしまいます。
45分かけて目標地点補足を3度やり直したのですが、3度とも失敗してしまう。

そこへ陸軍の芦屋飛行場から飛行第59戦隊の五式戦闘機、ならびに海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機10機が緊急発進してきました。
このため、B−29は、小倉への原爆投下を断念し、目標地点を、第二目標の長崎市に切り替えています。

ここ、重要なポイントです。
3つあります。

ひとつは、当初の目標地点が小倉市だったことです。
小倉市の当時の人口は30万人ですが、長崎以上に平野部が広がり、遮蔽物がありません。
もし、そこに原爆が投下されていたら、熱線による被災は、北九州の戸畑、若松、八幡、門司全域に広がり、さらに本州と結ぶ関門海峡を越えて下関市まで被災地となったであろうことは想像に難くありません。
被害規模は推定で瞬間の死者30万人以上であったろうと言われていますが、その後の被爆被害もあります。
どれだけ被害が広がったかと思うと、ぞっとします。

ふたつめは、日本の抵抗です。
わずか3日前に広島に、当時の言葉でいう「新型爆弾」を落されていた日本は、北九州の陸軍小倉守備隊が、猛然と必死の高射砲での応戦をしました。
このためB-29は、原爆投下のために必要な高度を下げられず、また、目標地点を目視しようにも、弾幕による煙幕で、目標物が見えない(どれだけの量の対空砲火だったことでしょう)という状況となりました。
さらにそこへ陸海軍の戦闘機が飛来し、B-29を追い払っています。
おかげでB-29は、小倉を去り、小倉から下関一帯は被爆被害に遭わずに済みました。
軍事的脅威に対して抵抗力を持つということが、いかに国を護り、命を守る上で大切なことか、このことは明確に証明しています。

みっつめは、情報戦争です。
あとに書きますが、長崎ではたいへん不幸な事態が重なり、十分な抵抗ができないまま原爆被害を受けてしまっています。

ちなみに「歴史にIF(もし)は禁物だから」という人がいます。
けれどその言葉自体が左翼のバラまいた妄言です。

歴史は、その時代の当事者となって、「もし〜だったら」と考えることによって、生きた歴史を学ぶことができます。
歴史を「研究」する学者や歴史の「知識」だけを追い求める歴史マニアならば、新しい史料の発見やそれに伴う新説などが重要です。
けれど、そうでない我々一般の者には、「研究」や「知識」もさりながら、歴史から何を「学ぶ」かがもっと大切です。
なぜならそうすることによって、過去の出来事を現代に活かし、未来を築く手がかりにすることができるからです。

自分の人生を振り返れば、誰しもたくさんの失敗や小さな成功の繰り返しをしています。
それが自分の人生の歴史です。
あのとき喧嘩になった。争ったのは誰と誰だった。場所はどこだった。もちろんそういう「史実」は大切なことでしょう。
けれど、自分の人生におけるそうした数々の事件を、「いま」と「これから」の自分の人生に活かそうとするならば、争った人や場所の特定よりも、そのことを通じて「何を学ぶのか」の方が、もっと大切なことではないかと思います。

もちろん、認識や前提を間違えるのは困りものです。
ですから事実関係の研究も大切です。
同時に、そこから「何を学ぶか」も大切です。
両者は、車の両輪です。

さて、小倉上空を離脱したB−29が、長崎上空に達したのは、午前10時50分頃のことでした。
この日の長崎上空は、積雲に覆われていました。
積雲は分厚い夏の雲です。
これがあると積雲のさらに上空を飛ぶ飛行機の姿は、地上からは見えません。

B−29
B−29


つまりB−29は地上からは発見されないまま、長崎上空に達したのです。
発見されていませんから、当然、地上からの反撃もありません。
一方、B-29の側も、目標地点に達したことは機内での計算によってわかっているものの、原爆投下の目標地点の目視ができない。
つまり、そのままでは、原爆の投下ができなかったのです。

ところがそこに不思議なことが起こりました。
空を分厚く覆っていた積雲に、切れ目が生じ、そこから地上の様子が見えたのです。
眼下には、長崎の街並が見えました。
そこでB−29は、手動操作で原爆を投下しています。

放物線を描いて落下した原爆は、投下の約1分後、午前11時2分に、長崎市街中心部から3kmそれたそれた長崎市松浦上地区中央にあったテニスコート上空、高度503mで炸裂しました。
その原爆の威力はTNT火薬換算で22,000トン(22kt)、広島に投下されたウラン235型原爆の1.5倍の威力を持った爆弾でした。

この炸裂によって、長崎市の浦上地区はほぼ完全に瓦礫の平原となり、一瞬で町に住む14万9千人が亡くなりました。
広島(20万人)よりも死傷者が少なかったのは、爆心地が市街中心部から多少それたことと、長崎市の周囲をとりまく山々が遮蔽物となったことによります。

それでも約15万にものぼる死者が出たのは、高高度で飛来したB−29が積雲に阻まれて発見が遅れて、空襲警報が間に合わなかったこと、同じ理由で対空砲火による防御が間に合わなかったことによります。
そこでこの点について、詳述してみようと思います。

硫黄島を出たB29は、午前9時すぎに大分県姫島方面から日本領空に飛来しました。
わずか3日前には、広島に原爆が落されたばかりです。
長崎ではB−29の飛来に、午前9時に警戒警報を鳴らし、市民への警戒を呼びかけました。
ところがそのB−29が9時44分には小倉に現れたため、長崎では午前10時過ぎに警戒警報の解除を行いました。
いったんは防空壕に避難した長崎市民も、日常の生活に戻っています。

ところが小倉での爆弾投下に失敗したB−29は、次の目標地点である長崎に進路を変えました。
この日、北九州から長崎までの空は、ぶ厚い積雲が覆っていました。
ご存知の通り、積雲は真夏の雲です。たいへん厚みがあります。
高高度を飛行するB29は、この積雲の上を飛んでいます。
地上からその姿は見えず、B−29の発見もできない。

Bー29の側も、ぶ厚い雲で地上の目視ができません。
そこで乗員のひとりが航法士に、「現在地はどの辺りか」と尋ねました。
このとき、答えようとした航法士が、誤って内線用のインタホンのスイッチと無線スイッチを取り違えて返事をしました。
そのため、無線通信が外に洩れました。
これに慌てた操縦士が、運転を誤り、あやうくもう一機のB−29と空中で衝突しそうになっています。
よほど慌てたのでしょう。

その無線を、鹿児島沖で、作戦からはぐれて迷子になって飛行していた別なB-29がキャッチしました。
そのBー29は、突然はいってきた現在地を知らせる僚機の無線に、「チャック、いまどこにいる?」と音声無線を、返しています。
これが、午前10時50分頃の出来事です。

この無線通信を、日本側も傍受しました。
一瞬の無線漏洩だけれど、その一瞬のやり取りで、日本側通信傍受隊は、ひとつが鹿児島沖、もうひとつが長崎方面と場所を特定しています。
そしてすぐに長崎に警戒を呼びかけました。

知らせを受けた長崎の町では、すぐに空襲警報を鳴り響かせました。
これを聞いたら、市民はなにはさておいても、防空壕へ避難することになっています。
いつもなら、これだけの対応です。
けれど広島の原爆投下で、甚大な被害を受けたすぐ後のことです。
軍と市は、一緒になってラジオの臨時ニュースで、長崎市民への緊急避難を呼びかけました。
ラジオからは、
「長崎市民は全員退避せよ。繰り返す。長崎市民は全員退避せよ」という声が繰り返し流されました。
そしてその臨時ニュースの声が「総退避・・・・」と言ったとき、原爆が炸裂し、ラジオの音声は無変調になりました。
それが午前11時2分のことでした。


8月9日の長崎への原爆投下のあと、8月15日には終戦、そして8月29日には、米軍の日本上陸が開始されています。
そしてそのなかの一部が、広島、長崎の被災地にも入って調査活動を行っています。
8月の末頃のことです。
長崎では、被災して亡くなった人たちの片付けが行われていました。

そこで、米軍の従軍カメラマンの、ジョー・オダネルが撮った一枚の写真があります。
それが下の写真です。

一枚の写真0809


この写真について、オダネルは、次のようにコメントしています。
=======
佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

少年の様子はあきらかに違っていました。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。
足は裸足です。

少年は焼き場のふちまでくると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしました。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。

白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
私は、背中の幼子が、すでに死んでいることに気づきました。

男たちは幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です。
炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気づきました。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。
背筋が凍るような光景でした。
=======

唇を噛み締め、不動の姿勢をとる少年の心に何があったのか。
そして、長崎の原爆投下までの空襲警報の流れや、当時の小倉市の陸軍基地や陸海の航空隊の奮戦、そしてそれらを嘘とデタラメにすり替えていた戦後左翼の策謀。

私達は、そこから何を学ぶのでしょうか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

長崎原爆後 CHRIST&PHOTO ATOMIC BOMB


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ヤブニラミ

ある怒り!
何のかんの言っても歴史上で一番悪事をはたらいてきたのは、白人のキリスト教徒です。 古くは十字軍に始まって魔女裁判やピサロやコルテスによる南米侵略、奴隷制度、近くはナチスのアウシュビッツによるユダヤ人大虐殺、そして広島、長崎への人類史上最悪の原爆投下! 彼らは十字架を首に下げながら虐殺を行って来たのです。 私は何もキリスト教の教えそのものを否定している訳ではありません。 その教えを守らなかったキリスト教徒を非難しているのです。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

元長崎市民

ちょっと訂正
長崎の原爆で、一瞬で亡くなったのは6万人程度です。

それにしても長崎市長は今年も加害者のアメリカを全く批判しませんでした。それどころかオバマを支持するとまで言っています。
当然、核保有国を批判することもありません。
長崎市長が批判するのは核を持ってない日本政府だけです。
日本の国内で内部対立をあおってるだけの長崎市長。
強烈な違和感を感じました。

ぷれっくす

核兵器反対!
核の恐ろしさを知る国以外、つまり被爆国以外が持つ全ての核に反対する!

読者

6日記事と本日の記事を特に拡散願います。
皆様、どうかお願いします。
また八目山人様、貴重な情報をありがとうございました。
白人キリスト教というのは本当に狡猾で恐ろしいですね。

以前何か(思い出せません)で読んだのですが、
かつて被爆者の中から日本の核武装を望む声が挙がっていたというのです。
最も積極的に主張して居られた研究者の方は、所属していた
日本共産党を狂人扱いされて追い出され(そりゃそうでしょうね…)失意の内に原爆症で亡くなったと聞きます。
その「魂の叫び」は朝日にも岩波にも、いや親米の読売にも潰されて葬られました。きわめて正論のはずが、本当に無念です。
しかし一条の光も見えてきたようです。
「平和と安全を求める被爆者たちの会」のHPを御紹介いたします。URLに張りました
酷暑が続いております。
ねず様、読者の皆様、御自愛を。

たこらす

非道なる原爆投下によってお亡くなりになった多くの人に、
哀悼の意を捧げます。

8/9、まさにこの日、母方祖父は小倉警備をしていました。
祖父からは、あまり戦争の話を聞いたことがありません。
小倉で激しい対空砲火があったこと、初めて知りました。

祖父は若いときから柔道をしていて体格が良く、
戦争が始まってすぐ軍に志願したのですが、
視力が悪すぎたために不合格になってしまいました。
それがとても悔しかったらしいです。
終戦近くになって召集され、小倉に配属されました。
おそらく、対空砲火の時も現場に居合わせてると思います。
ですが、そんな話は聞いたことがありませんでした。
不採用のことを含めて、
あまり思い出したくなかったのかもしれません。

母からは、
「小倉が広島の次に狙われていたけど、
 落とさなかったのは曇っていて下が見えなかったから」
と小さい頃から聞かされていたので、
それをずっと信じてきました。
まさか日本軍が小倉を死守していたとは・・・。

もし、小倉に原子爆弾が落とされていたら、
祖父はその時にこの世を去り、祖母に会わず、
母が生まれず、私もこの世におりません。
他人事とは思えないのです。

長崎も小倉のようにB-29を撃退できていたなら、
ひょっとしたら2発目の投下はないままに
終戦の日を迎えていたかもしれませんね。
いや、アメリカのことだから、
長崎とは違うところに落としていた可能性もありますね。
非人道的な「実験」ですものね。
本当に憤りを感じます。

極左勢力から、早く日本を取り戻してほしいです。
そして、もう二度と戦争に巻き込まないでほしい。
子どもたちに明るい未来を見せてあげたい。
それだけです。

アバ民

歴史認識で一番議論しなければならないのはアメリカ
今やアメリカの各州の都市で慰安婦の像を建てられている、現状を鑑みても日本の毅然とした態度も、もちろんなのだか、アメリカから見ると(韓国のロビー活動で)日本と韓国が小競り合いしているようにしか見えていないのが、問題です。日本の今までの歩みは、とにかく配慮、配慮、配慮でしたが、それではいけないのです。トールマンの原爆投下は正しいとする歴代の米国大統領に日本は韓国みたいに謝罪や賠償を求めるのではなく、歴史認識において認めさせるべきに認めさせる努力が求められているのだと思いますが、皆さんはどう思いますか?

電光石火

補足
要するに、私が言いたかった事は、自宅に押し込んで来た武装強盗団を思想や理論で撃退出来るのでしょうか?(笑)

電光石火

文ではなく武
あまり、波風は立てたくないのですが、理論や思想では立ち行かない状況だと思います。昨日の中共の海警の常軌を逸した蛮行を見て危機感を感じないのでしょうか…?相手は暴力団です。しかも、最悪の種である共産ヤクザなのです。理論や思想の攻撃力や防御力を高める時間は既に無いと思われます。もし、違っていたら申し訳ありませんが、未だに文で解決しようという意見は左側さんの常套手段である「なりすまし」と感じてしまうのは、私一人でしょうか?合掌

名無しさん

反日左翼のトンデモ思考回路
「高性能ミサイルの配備の必要性」についてコメントがありましたが、確かに徴兵制を叫ぶ反日左翼は多いように思います。反日左翼が愛するお国柄として徴兵制が好きなのはともかく、今はハイテク兵器を多用した高度な戦闘がメインです。馬鹿を十把一絡げに徴兵しても使い物にならないと理解できないのか、理解したくないのか?しかも、本質から外れた感情論ばかり吹っかけてくるのが腹立たしいです。思想防衛と理論武装が急がれます。

terag3

なぜ戦勝国は戦争責任を問われないのか
大東亜戦争で敗戦国となった日本が、あの東京裁判の判決を受け入れたのは敗戦国としてやむを得ないという判断で承諾したものであり、決してあの裁判自体が正しいものだったとは認めてはいないのである。

したがい、1953年8月3日に、国会において社会党含む圧倒的多数で戦犯とされた者を赦免し、名誉を回復させる決議がなされたのです。

それにもかかわらず、いつ頃からか、中共や韓国等からのいちゃもんによって、未だにA級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝してはならないなどというゴリ押しに、それもそうだと同調する日本人や国会議員までいるのは何故なのだ!

現代の日本人はそこまで堕落したのか、国と国との戦争は、お互いが自分たちの正義のために戦うのであり、よほどの酷い国際法違反でない限り、喧嘩両成敗が妥当である。

ましてや、このたびのお話のように、広島、長崎への原爆投下や東京大空襲などのように民間人を大量に殺戮した米軍の罪はなぜ、問われないのだ。

今はもう引退しているが、古賀誠自民党元幹事長などは「A級戦犯の分祀が必要だ」と言って「東京裁判については様々な議論があるがたった一枚の召集令状で戦地へ行かされた人、空襲で亡くなった罪のない何十万の命を思えば誰かが責任を取らねばならない」と毎日新聞の2013年6月12日の特集ワイドで語っていましたが、国家間の戦争とは何かを理解していない、そしてまた日本人としてとんでもない誤った発言だと思います。

勝てば官軍と言われるように、日本も戦国時代の昔から、負ければ勝者から酷い仕打ちを受けるのは覚悟の上で国際法違反の裁判であってもその判決は受け入れざるを得なかったのです。

しかしながら67年も過ぎ去った過去の話を未だに引きずって日本が悪かったという自虐史観は、いい加減にしたらどうか、日本人に生まれたのが恥ずかしいなどという学生たちもいるようですが、本当にもう、うんざりです。


団塊の世代の後輩

サヨクは売国奴です、日本人ではありません。彼らは暴力革命を起こし、我が国をサヨクが支配する恐怖の国にしたいと思いこんでいる気違い集団です!!!

八目山人

広島のドームはアメリカが意図的に残したのかもしれない
日本は唯一原爆によって被爆した国です。それは広島と長崎。しかし、世界で知られる被爆地のイメージとしては広島がほとんどです。それは世界遺産ともなった広島原爆ドームの存在が大きいでしょう。しかし、長崎にはそういった象徴的被爆遺構のモニュメントはありません。しかし、かつて広島原爆ドームと並ぶ象徴的な建物がありました。それは浦上天主堂です。原爆を落下したアメリカの多くの人がキリスト教信者です。もし、そんなアメリカやキリスト教を信仰する人たちが、被爆し無残に崩壊した浦上天主堂を見たとしたら、広島原爆ドームを凌ぐほどのインパクトがあったでしょう。しかし現在それはありません。市民の訴えも虚しく天主堂は撤去され再建されてしまったためです。当時、浦上天主堂は市によって保存することになっていました。しかし、ある時点を境に市長の態度が180度方針転換し撤去が決まってしまいました。そこには日米の隠された闇があったのです。著者はこれを丹念に取材し、限りなく真相に迫っています。
・・・以下にそのいきさつが書いてあります・・・
http://booknote.sblo.jp/article/33881981.html

とんとん

演劇によるサヨクプロパガンダ
昨日、友人に誘われて「百枚目の写真」という演劇を鑑賞してきました。
どんな内容なのかも知らずに行った自分もうかつでしたが、この劇は日本人に自虐史観を植え付ける為のプロパガンダだったんです。

内容は東京下町に暮らす人々の戦中の写真をもとに、次第に戦争に巻き込まれて悲劇をたどる庶民の生活を描いたものです。
(写真は本物ですが、内容はすべてフィクションです。でも芝居を見ているうちに、事実であったかのように錯覚してしまう)
一番嫌だったのは、戦争に行った元兵士が「天皇? あれは戦犯だ!」と吐き捨てるように言うシーン。
それから、戦中のつつましくも仲良く暮らしていた庶民の生活をズタズタにしたのが「天皇」である・・・というような主張を潜在意識に刷り込む内容でした。
観客のほとんどは涙ぐんで感動していたので、声高にサヨクの主張をいすることより、こういう活動のほうがこわいなと感じました。

電光石火

高性能ミサイルの配備の必要性
現在、反日左翼勢力が必死に憲法改正すると徴兵制度が復活するなんて煽ってますが、高性能ミサイルを配備すれば、徴兵制度なんて必要ありません。高性能兵器の時代ですから。万が一に此方に核ミサイルが撃ち込まれたら、広島や長崎の比ではない程の甚大な被害になってしまうと思われます。早くしないと後で後悔する事になってしまう可能性大です。新型ジェット戦闘機の導入も早急に必要です。日本を他国が攻撃出来ない位の防御特化にしましょう。ただ、現状の自衛隊でも中共や北鮮や南鮮も駆逐する充分な力がありますが、備えあれば憂いなしです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク