真っ直ぐに生きる 福井文右衛門

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

今も当時のまま残る文右衛門水路
今も当時のまま残る文右衛門水路


このところ8月ということもあって戦争の話が続いたので、すこし時代を変えてみようと思います。

ちなみに、実は8月25日から私は出張中で、ブログの記事を書くことができません。
そこでこの間の記事は、過去記事のリニューアルでお届けしています。
以下のお話も、平成23年2月にいちどアップしたお話です。

今日お届けするお話は、江戸時代初期の、三重県の松阪市のあたりにいた、福井文右衛門(ふくいぶんえもん)という武士の物語です。
福井文右衛門は、藤堂高吉(とうどう たかよし)の家臣です。

藤堂高吉というのは江戸時代前期の武将で、秀吉の朝鮮征伐のときに加藤清正らと並んで武功をたてた藤堂高虎の跡取りとして養子となった人です。
もともとは丹羽長秀の三男、立派な家柄の養子ですが、高虎に実子高次が生まれたため疎んじられ、さらに家中でささいな騒動を起こしたために、蟄居処分となってしまっていました。

慶長十一(1606)年、高吉は蟄居を解かれ、江戸城の普請で功績をあげ、高吉は、藤堂高虎が治めていた伊予今治の城代に任じられました。

慶長十九(1614)年の大坂夏の陣では、藤堂高吉は徳川方の武将として参戦、長宗我部盛親隊を相手に奮戦し武功をたて、この功績によって寛永十三(1636)年に、伊賀国の名張に移封され、名張藤堂家一万五千石の祖となったのです。

福井文右衛門は、その藤堂高吉の家臣です。
高吉が名張に移封されたときに、一緒に名張に赴き、伊勢領の出間村(現、松阪市出間村)のあたり一帯を治める代官に任ぜられました。



さて、当時の出間村は、土地は肥沃(ひよく)だったそうです。けれど水路がない。
水路がないということは、農業は天水にたよるほかない。
天水だと米を作れない。
そのため農民はどの家もオカラ飯を食べて暮らしていました。

代官に就任してすぐに村々を視察してまわった福井文右衛門は、実情を知り、なんとかしなければならないと思い悩みました。
そしていろいろ調べた結果、出間村のあたりは、櫛田川の流域にあたるのだけど、土地が川面より高いことを知りました。

近くにある川よりも土地のほうが高いから、土地に水がひけないわけです。
水をひくためには、もっと川上にある下機殿(しもはたでん)の東の方から、水を真っすぐにひくしかない。
そのためには水路を掘らなければならない・・・と、そこまでは少し調べればわかるのですが、ではなぜこれまで水路がひかれなかったのかというと、そこに重大な問題がありました。
水路の通り道となるところが、伊勢神宮の御神域だったのです。
古代からの決まりによって、御神域は、草木一本、人が動かしてはいけないというのがしきたりです。

慶安三(1650)年五月二十日の夕方のことです。
福井文右衛門は、出間村の村人たちを全員集めました。
そして、
「下機殿から東へ真っすぐに水路を掘れ」と命じたのです。

村人たちは驚きあわてました。
御神域を掘って水路をひくというのです。
ですから村人たちは顔を見合わせ、「それはできません」と言いました。

けれど、代官の福井文右衛門は、堂々と笑顔で答えました。
「だいじょうぶだ。村人たちには決して難儀はかけない。おまえたちは安心して工事を実行すればよろしい」
そして重ねて、水路工事を村人たちに命じました。

村人たちは話し合いました。
水さえひけば、米を作れる。
そうすれば、これからは腹一杯、おいしいご飯が食べられる。
けれど、御神域は、勝手に掘っちゃならない。

「でもよ、事情をちゃんとわかってらっしゃるお代官様が、あのようにおっしゃられているんだ。きっとお代官様が神宮のご了解をとりなさったに違いない」
「きっとそうにちげえねえ」

村人たちは、そう決まると、みんなで協力して、一夜のうちに水路を掘り上げました。
明け方、ようやく水路は完成しました。
堰をきりました。
水がいきおいよく流れ出しました。
これまで水がなくて貧しかった村が、豊富な水に支えられる豊かな村へと出発した瞬間でした。
村人たちから歓声が上がりました。
一晩中かけて徹夜で工事した顔は、どの顔も土にまみれて汚れていたけれど、みんな満面の笑顔でした。
これで家族も養える。子供達にも腹一杯飯を食わしてやれる。
いきおい良く流れる水に、喜びの歓声をあげる村人たちの姿が、まるで目に見えるようです。

「さっそく、お代官様に、お礼をいわなきゃなんねえ」
「お代官様は、どこだ」
「さっきまで、そこにいたぞ」

あたりを見回しても、先ほどまで工事の監督と励ましのために笑顔で一緒にいてくれたお代官の福井様のお姿が見えません。
全部お代官様のおかげです。
何をおいてもお代官に知らせなくてはと、村人たちは代官所に向かいました。

するとそこには、代官、福井文左衛門の割腹して果てた姿がありました。

たとえ、村人たちのためとはいえ、神域を侵すのは重罪です。
その罰(ばつ)は藩主にまで及びます。
福井文右衛門は、その責任を、自らの腹を切ることで、一身に負って自決したのです。
近くに文右衛門の遺書がありました。
そこには、こう書いてありました。
========
今朝、流したあの水は、この文右衛門が命に替えて出間村へ贈ったものである。
孫子(まごこ)の代まで末長く豊作とならんことを。
========

この事件から360年が経過しました。
今でも出間村の人々は文右衛門のご命日に、欠かさず村人一同で供養の法要をしています。
そしてまた伊勢神宮も、下機殿の東の隅(すみ)に、大きな顕彰碑(けんしょうひ)を建ててくれました。
文右衛門の心は、いまも立派に出間村に生きているのです。


この物語は、義と感謝と伝統という三つのことを私たちに教えてくれています。

ひとつは「義」です。
「義」は、部首が「羊」で、つくりが「我」です。
古代において「羊」は神への捧げもの、つまり生贄です。
その生贄として「我」を捧げる。それが「義」です。
不自惜身命の心が「義」です。

福井文右衛門は貧困に喘ぐ民百姓のために一事を成し、主君を守るため、そして伊勢神宮への咎を一身に引き受けるために我が命を断ちました。
その「義心」を神宮も、主君 藤堂高吉も、幕府も、ちゃんとわかったから、藤堂家も福井家もお家安泰を得ています。
時代は江戸時代の初期のことですが、この時代に、すでに私たちの祖先は、公のために尽くす、それも我が命に代えてでも尽くすという心を持って生きていたのです。

二つ目は「感謝」です。
360年経ったいまでも福井文右衛門への感謝の法要が営まれるということは、私たち日本人は歴史を大切にしてきた、そしてその歴史への感謝の心を大切にしたきた民族であることを証明してくれています。
人は木の股から生まれて来るのではないし、土地も農地であれ、宅地であれ、そこをみんなが大切にしてきたからこそ、いまある土地になっているのです。

戦後の日本は、いまさえ良ければ、自分さえ良ければという考え方が蔓延してきているといわれています。
けれど、そこに感謝の心を失っては、それはもはや人ではありません。
畜生と人の違いは、報恩感謝の心を持てるか否かです。
感謝の心を失っては、人でさえない。
このことは、私たちの日本を考える上で、見過ごせない大切なポイントであると思います。

三つ目は、江戸初期の武家社会において、神宮の権威がキチンと守られていたということです。
神宮の権威を真摯に受けとめる心があったからこそ、福井文右衛門は腹を斬っているのです。
宗教勢力というのは信長が比叡山の戦いや本願寺との戦いをするまでは、我が国における武装した大きな政治勢力でした。

これに対し、神宮を筆頭に神社は古来まったく武装をしていません。まる腰です。
けれどそのまる腰の神宮の尊厳を、昔の人はちゃんと理解し、守っていました。
そのためには自分の命さえも惜しまない。
日の本の民は武装ではなく、公を大切にする民であったのです。

藤堂高吉は、せっかく藤堂家に養子に迎え入れられていながら、人生の途中で藤堂家から厄介者扱いされています。
けれど彼は、それでグレてしまうようなことはせず、江戸城の普請や大坂夏の陣で功績をあげ、立派に伊勢藤堂家を守り打ち立てています。
そしてその藤堂家の家臣である福井文右衛門もまた、民のために自分の命さえも省みずに真っ直ぐに生きた人です。

そういう、ひたすらに真っ直ぐに生きることを、大切にしてきたのが、日本という社会であったのだろうと思います。
いま、私たちは、戦後に失われた日本を取り戻そうとしていますが、それもまた、まっすぐに進むべき道であるのだろうと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

三重県-恵利原の水穴


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

junn

No title
尖閣諸島には日本人が暮らしていた

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11609946983.html

名無しの壺さん

【テキサス親父日本事務局】緊急拡散お願いします 2013/08/28

テキサス親父の9月来日に関してのお知らせは→コチラ←

テキサス親父の慰安婦関連の動画「慰安婦は売春婦」が何らかの力によって削除されました。
ここのところ、VANKと思われる勢力からの攻撃を受けています。

VANKとは韓国政府のサイバーテロ集団です:
http://ja.wikipedia.org/wiki/Voluntary_Agency_Network_of_Korea

現在、攻撃を受けているのは、私ShunのfacebookのアカウントとYouTubeのチャンネル、その他です。
Facebookに関しては、断続的な12時間の使用停止などです。
これは、一度に多くの人による「スパム報告」等が行われた場合に停止となります。
断続的に停止になりますので、ある一定間隔で通報されている物と思います。
YouTubeに関しては、様々な工作がされています。

この度の問題は、テキサス親父が米国国立公文書館より取り寄せた
「慰安婦捕虜への尋問調書」に関する動画です。

テキサス親父より複製の許可を受け、YouTubeに再アップした動画がYouTubeにより削除されました。テキサス親父へ私を介して再アップの許可を得ていますので、著作権侵害にはあたりません。

その削除の理由は「YouTubeガイドライン違反」とだけ書かれています。

テキサス親父のオリジナル動画の再生数は3万弱ですが、その複製をアップしたものは、削除された時点で13万回以上の再生回数がありました。

ほんとうに大切な「感謝」
 ねずさん、こんばんは。毎日の更新ありがとうございます。


 どっしりと穏やかな人は、頼もしくて立派です。きっと感謝の気持ちを忘れない人なのだと思います。

 何でも反対しか能がなく、ヒステリー起こしては人のせいにする、といった人達は、「感謝」という、いわば人間の心棒を持ち合わせていないのかもしれません。

 心棒がないために自分を見失い、「自分探しの旅へ行くのアタシ」と遠い目をしたり、「頑張らなくてもいいんだよ」などと聞かされて本当に頑張らなくなったり。

 「自助・共助・公助」。だいぶ前ですが、民主党の誰ぞが「共助と公助で自助を支える」とか言っていたので、さぞ恥ずかしそうな顔をしているだろうと思いきや、なんとびっくり自信満々でした。

 民主党やあっちの民族にだって中にはまともな人もいるよ、てな話も聞きますが、そりゃたまには珍プレーも出ますよ。


追伸 ご出張とのこと、ほんとうにお疲れさまでございます。いっぺん奈良へも来ていただきたいなー、とふと思いました。実はないようであるんです、お宿・お料理・お土産等々。

団塊の世代の後輩

我が国における偉人の自己犠牲にまつわるお話は真実に基づくものと察します(ただし覇権を争った武将達にまつわる書物は少々怪しいようですが・)。後進はその話から“人とはかくあらねばならぬ!”と戒め、学び、よりよき人生を歩もうと努力するのです、ありがとうございました。

ネトウヨ音楽隊

更新お疲れ様です。
いつも初耳なお話ばかりを聞かせていただいて、本当に頭が下がります。

御神域を侵すというのは、確かに罰当たりになってしまいそうです。それが伊勢神宮であったのだから出間村の方々はとても掘れなかったでしょう。
しかし、それが為に豊かな暮らしが出来ないというのは、きっと神様はお望みではなかったのでしょうね。

そして、この話を読んで僕が勝手に思ったのは、
人類の罪を負って磔刑を受けたというイエスキリストと、御神域を侵させた事の全責任を負って割腹した福井文右衛門とが、なにか似ているなぁと思ったのです。
日本人の精神性の高さは、なんだかすごいですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク