世界的ベストセラー

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ピラミッド


明治時代に世界的ベストセラーになった本としては、新渡戸稲造「武士道」が有名です。
この本は、はじめ明治32(1899)年に米国で「BUSHIDO , THE SOUL OF JAPAN」の題で出版され、その後、世界中の言語に翻訳され、今も読み継がれています。

他に、古い時代に世界的ベストセラーになった本としては、杉本鉞子(すぎもと えつこ)の「武士の娘」がありますが、この本は、いまでも日本を知る本として、世界中で読まれていますが、こちらは出版されたのが大正14(1925)年ですから、すこし後の時代になります。

ところで、実は明治の頃、新渡戸稲造の「武士道」以上の世界的な大ベストセラーになった本があります。
それが今日ご紹介する、桜井忠温(さくらいただよし)著「肉弾」です。
ずいぶんと物騒な名前の本ですが、出版されたのが明治39(1906)年のことで、本の題材は日露戦争の旅順要塞攻城戦のことを書いた本です。


著者の桜井忠温は、明治12(1879)年に愛媛県松山市で生まれた方で、日露戦争のとき、松山の歩兵第22連隊に所属し、乃木大将の下で小隊長として第1回旅順要塞総攻撃の際に参加しました。
この戦いで桜井忠温は、この戦闘中、体に8発の弾丸と無数の刀傷を受け(全身蜂巣銃創)、右手首まで吹き飛ばされました。
余りの重傷だったために死体と間違われ、火される寸前に生きを吹き返して、命を永らえました。

著作の「肉弾」は、入院中の病院で執筆した著作です。
右手首から先が吹き飛ばされてないので、左手で書いたそうです。

戦場の極限状態の中で、部下や親友の安否を気づかい、日本の家族を思いやる兵士達を描いた感動作で、出版にあたっては乃木大将が題字を書いてくださっています。
この本は、発売と同時に日本国内で大ベストセラーとなり、さらにイギリス・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・ノルウェー・スウェーデン・スペイン・China・ロシア・ギリシャなど当時の世界15カ国語に翻訳されて世界中で大ベストセラーになりました。

なかでもエジプトでは、アフマド・ファドリーが明治42(1909)年にこの本を翻訳出版すると、この本はアラビア語に翻訳された最初の日本の本だったのですが、その影響力はすさまじく、この本がもととなってナイルの詩人」とうたわれたハーフェズ・イブラヒームが「日本人の乙女」という詩を書くと、今度はその詩がアラブ諸国で大評判となり、ラジオで繰り返し何度も朗読されただけでなく、教科書にまで載って、アラブ諸国の知識人の間で暗唱されるくらい記憶される詩となりました。

========
「日本の乙女」が掲載されたレバノンの教科書
日本の乙女


【日本の乙女】
砲火飛び散る戦いの最中にて
傷つきし兵士たちを看護せんと
うら若き日本の乙女 立ち働けり
牝鹿にも似て美しき汝なれ

危うきかな!
戦の庭に死の影満てるを

われは日本の乙女
銃もて戦う能わずも
身を挺して傷病兵に尽くすはわが務め

ミカドは祖国の勝利のため
死をさえ教え賜りき
ミカドによりて祖国は大国となり
西の国々も目をみはりたり

わが民こぞりて力を合わせ
世界の雄国たらんと力尽くすなり
========

イランでは、ホセイン・アリー・タージェル・シーラーズイーは「ミカド・ナーメ(天皇の書)」という本を書きました。
そこには次の記述があります。
=========
東方から太陽が昇る
眠っていた人間は
誰もがその場から跳ね起きる
文明の夜明けが日本から拡がったとき
この昇る太陽で
全世界が明るく照らし出される
=========

イラクでは、詩人のアルーフ・アツ=ルサーフイーが「対馬沖海戦」を翻訳しました。
レバノンでは詩人アミール・ナースィル・アッ=ディーンが、「日本人とその恋人」を書きました。

なぜそこまでしてこの本の影響力が広がったのでしょう。
理由は3つあります。

ひとつは「日露戦争の勝利」です。
日本が大国ロシアを破ったという事実が、世界に激震を走らせ、なぜ勝ったのか、どうして日本が強いのか、日本に学べという気運が世界中で盛り上がったのです。

二つめは、日本人の「思いやりの心」です。
上の命令と支配によって「戦わさせられている」戦士ではなく、自らの愛と良心に従って、互いに協力しあい、励ましあいながら、男も女も勇敢に戦う。
その強さは、ただ腕力が強いとか、射撃の腕前が良いとかいうことではなく、ひとりひとりが内地にいる家族や仲間たちを気遣う、その思いやりの心によってもたらされる責任感と、くじけない勁(つよ)さです。

この「勁(つよい)」という字は、「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」というときの「勁(つよ)い」です。
どんなに激しい嵐の風を受けても、雑草たちは倒れずに生きる。
民衆のことを「民草(たみくさ)」ともいいますが、その民衆の勁(つよ)さ、人々が互いを思いやる心こそが、史上最強とうたわれた旅順要塞さえもくじき、文明の夜明けを開くことが人類史に燦然と刻まれたのです。

三つ目は「ミカド」です。
なぜ日本が勁いのか。その理由が「ミカド」にあることを、この本を通じて世界の多くの人が知ったのです。
ミカドは、政治権力者ではありません。
ミカドは、政治権力者の上位におわす存在です。
そして民衆がそのミカドの民となることによって、民衆は政治権力者の私有物とならない、つまり自由を手に入れているのです。

そしてその自由が、ただの放縦とならないのは、民衆の間に、そのミカドに対する感謝の心があるから。
日本では、浄土宗であれ禅宗であれ、法華宗であれ、明治以降解禁されたキリスト教であれ、さまざまな宗教への信仰の自由が認められているにも関わらず、宗教上の対立が、民族や宗派ごとの戦乱の理由になりません。
なぜなら、信仰とは別に、そうした信仰の自由さえも与えてくれているミカドへの感謝の思いがあるからです。

だから、大正10(1921)年3月には、アラビア、インド、エジプト、トルコのイスラム教徒がメッカでイスラム教徒世界代表者会議の席上において、日本のミカドを盟主と仰ごうと決議までしています。
あいにく日本には、そこまでの国力はないからと、この申し出を丁重にお断りしていますが、当時のイスラムの人々は、宗教を超える人智があるということを、当時、はっきりと知ったできごとでした。

日本は、世界で一番長く続いている国です。
日本は、開闢から2673年、世界第二位のデンマークが約千年、三番目に古い英国が約900年です。
その他の国の多くは、いずれも200年に満たない歴史しかありません。
いま世界で唯一「Emperor(エンペラー)」の称号が認められ、世界の権威の最上位におわすのが、我が国の天皇陛下です。

私たち日本人は、だからといって、誇らしげに「どうだ顔」をする必要はありません。
日本人として、誇りを胸にしまい、普通にしているだけで、偉大な国の偉大な民となれる、というより、そういう民として、生まれてきています。

世界には、いわゆる反日国というのが4つあります。
ひとつはChina、ひとつは韓国、ひとつは北朝鮮です。
では、4つめの国はどこでしょう。
日本です。

おかしな話です。
日本に生まれ育ち、日本の民として、上下の支配や隷属、私物化されるという悲哀を味わずに済み、言論その他の自由を享受し、飢えや暴力による苦しみや悲しみを得ずに生きて行けるという幸せを享受していながら、そのことへの感謝の気持ちをもてない。
哀れなものです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ポッポ

日本が世界の、とりわけアジア諸国の尊敬を得ることができたのは、日露戦争による勝利が大きいと思います。
中東からアフリカ、インド、さらには東南アジアまでが植民地とされ、清国も西欧列強やアメリカから浸食され上海には各国の租界があったのです。
そのときに一番最後に植民地とされたであろう国がこれを免れ、しかも、清国と戦って勝利した後に、ロシアと戦ったのです。
多分、どの国も日本が勝つとは、思っていなかったでしょう。
その前に、清国との戦争でも日本が勝つとは、思っていなかったでしょうけれど・・・・

いずれにしてもこれらの結果、日本は世界での評価を確たるものにしたと思います。また、これらの戦争を乗り越えた明治の日本人には、素晴らしいとしか言えません。
(これらの戦争による多数の死傷者は、当時の日本にとって耐えられる限界を超えている痛ましいものでした。)



警視庁は27日までに、偽造在留カードを所持したとして、中国籍の女、朴静萍容疑者(24)ら3人を入管難民法違反容疑で逮捕した。また、偽造在留カードを提供したとして、中国籍の林訓侘容疑者(22)を同法違反容疑で国際手配しました。
 4人は在留カードの偽造グループで、これまでにネットなどを通じてカード1枚約4万円で計約330枚を売りさばいていた。客は1都2府11県にいたということです。
 警視庁は背後に中国本土を拠点にした大がかりな組織があるとみて、捜査しています 
入管法違反の事件があったことから、中国人全員が在留カードの確認の必要が生じたと思います。また、中国人の場合には、日本語が読めないのに運転免許証を取得していることもあるようですから、運転試験は学科試験を含めて再試験の必要があると思います。

ガトー

肉弾が話題になるとは思っても見ませんでした。
戦時中から以前に出版された本を集めていたら偶然手にしていました。
がんばってネットに上げてみようかと思います。

団塊の世代の後輩

我が国の偉大なる先人の皆様の偉業は、売国文化人、マスゴミらの情報操作により無視&ねつ造され、その結果国内における「反日勢力」を形成してきました。私としては知人の自衛隊親子が安心してシナ、南北朝鮮、ロシアに対峙するためには新たな「治安維持法」が是非と熱望しています。ケダモノ相手に戦っているときに背後から邪魔をされてはかないませんので・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク