第三期日本史検定講座受講生募集のご案内

■第三期日本史検定講座申込受付中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

2020年オリンピック・パラリンピック東京開催おめでとうございます。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


日本史検定講座授業風景0407-1


日本史検定講座の「第三期」の募集が始まりましたので、みなさまにご案内を申し上げます。

日本史検定講座は、インターネットを通じて、ご自宅にいななら、日本を学び、ご受講いただき、またご受験いただくことができます。インターネット環境があれば、海外からでもご受講もご受験も可能です。
もちろん教室において、直接講師の先生方の講義を受けることも可能です。

通信講座は多々ありますが、日本史検定講座では、毎回、目からウロコがはがれ落ちる感動を感じられます。

第三期の講座内容は以下の通りです。

講座は、ネットを通じて、すべての受講生に、講義録のテキストと講義の動画が配信されます。
講座には、「日程」が組まれていますが、これは教室で行う日程です。
通信でご受講される方は、その講義を後日配信される動画とテキストでご受講いただくことになります。

第1講 藤岡信勝先生
 歴史教科書6つの大罪―教科書問題入門
第2講 室谷克実先生
 古代の朝鮮半島と日本
第3講 山本茂先生
 遣唐使の廃止と国風文化
第4講 高森明勅先生
 王政復古の意味と明治維新
第5講 宮脇淳子先生
 近代日本と中国大陸
第6講 松木國俊先生
 近代日本は朝鮮に何をしたのか
第7講 上原卓先生
 北海道を守った占守島の戦い
第8講 小山常実先生
 明治憲法と日本国憲法
検定試験 H26/2/16実施

日本史検定講座は、
第一期 日本の歴史を通底するもの
第二期 日本人の心にあるもの
が大テーマとなっていました。
今回の第三期では、
「日中韓関係」に焦点を当て、歴史を掘り下げて行きます。

とにかく、日本史検定講座は、「おもしろい」です。
これまでご受講された方が口を揃えておっしゃるのが、「もしこの講義を学生時代に受けていたら、きっと自分の人生はまったく別なものになっていたであろう」ということです。
講義は毎回、目からウロコがはがれ落ちる興奮と感動の連続です。
是非、ひとりでも多くの方にこの講座をご受講いただきたいと思います。

第三期日本史検定講座
【説明紹介ページ】
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html
【お申し込みページ】
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html

申込期限は、平成25年10月10日までです。
お早めにお申し込み下さい。

受講料は、12,000円(前納)です。
(※第一期、第二期ご受講者、つくる会会員は、割引特典があります)
振込先等のご案内は、お申し込み受付後、個別にメールでご案内します。


【注】
1 今回から、一回の講義が従来の60分から90分に延長されます。
 このため講座のコマ数は、全12講座から8講座となりますが、その分、一回の講義内容が濃いものとなります。

2 講義時間の短縮(これまでの120分から90分)により、教室講座の終了時間が早くなりましたので、講義後、懇親などの時間が多少とれるようになりました。
お時間のゆるす方は、ご一緒に晩飯でも食いながら講義の感想など語り合いましょう^^

3 今回の第三期講義から、私は講師を降り、講義録の編集のみの参加となります。
毎回の講義には私も生徒の一員として参加し、みなさまとご一緒に学ばせていただきます。

4 教室講義には、時間の都合のつく限り、中山成彬先生や、国会議員の先生方の秘書の方々も勉強においでになられます。「上下心ヲ一ニシテ」とは五箇状の御誓文の御文ですが、身分や立場の違いはあっても、民は等しく「おおみたから」という我が国のカタチを、実際に御体感いただくことができます。


なにより「楽しい講義」を、みなさまとともにすすめてまいりたいと思います。
是非、お誘い合わせのうえ、第三期日本史検定講座、お申し込みいただければと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本史検定講座のご紹介


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
2020年、東京オリンピック開催の決定おめでとうございます。

オリンピックの最終プレゼン2日前に、韓国は福島第一原子力発電所からの放射能漏れについて、東北8県からの水産物の輸入禁止を発表しました(不思議なのは、栃木及び群馬県を含んでいたことです。)。 いつもの嫌がらせと思っていたら、昨日は、民団が東京開催を支持しました。何の目的があるのでしょう。


北京オリンピックのときには、オリンピックの期間に工場の操業を停止して、安全な空気を提供されました。これに習って、世界から観光客が日本に来られますからオリンピックの開催までに、特亜の方々にはそれぞれの母国へ帰っていただきたいと思います。また、通り名は止めて、本命を使っていただく習慣づけをしていただきたいと思います。

さぶちゃん

No title
こんにちは、自虐史観で20代まで過ごした元反日野郎です。
私みたいな自虐史観を埋め込まれて、日本が嫌いになってしまった人を増やさない為に、このねずきちさんのブログをナレーション付の動画にしたいのですが、どういう風にすればそれが可能か、教えてください。文とナレーションの両方から拡散すれば、多くの人に歴史を伝えられると思います。
例→http://www.youtube.com/watch?v=kbRuWV-OXis
耳から入ることは潜在意識に無意識にうったえかけます。
いろんな方法で自虐史観を根絶して健全な日本の子供を育てていかないといけません。

ブログ

韓国は2020年のオリンピックの時にも何を仕掛けてくるかわかりません
2020年東京オリンピック開催決定、2020年に江戸城天守が再建されたら、日本人が自らの伝統と文化を見直す一大ムーブメントになる。


2013年9月8日 日曜日

最近のニュースでは、2020年東京オリンピック招致のニュースで持ちきりになりましたが、韓国などがそれに対するネガティブキャンペーンを行って国際的な関心の高さを感じました。

韓国は2002年のワールドカップの時も半分横取りするように日韓の共同開催となりましたが、韓国は2020年のオリンピックの時にも何を仕掛けてくるかわかりません。

2002年ワールドカップの時も、日本が長年運動をしてきたわけですが、数年前から韓国が割り込んできて共同開催という形に決まってしまった。

共同開催が決まったのは90年代のアメリカではクリントン政権の時であり、クリントン大統領は反日的な大統領として有名であり、APEC日本開催をドタキャンしたり、日本を素通りして中国に9日間も滞在して米中の親密外交をした人だ。

そのクリントン大統領が、韓国の依頼を受けて2002年のワールドカップに口を挟んできた。
オリンピック委員会のサマランチ会長まで出てきて日本に圧力をかけてきた。

日本の政治家たちは韓国との友好関係に頭を痛めており、ここでまた韓国のご機嫌を取るために日韓共同開催にまで行ってしまった経緯があります。


http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c8ac80440d4af7d74ae8ca39f7faf9a1?st=0#comment-form

あ太郎

よかったね。
2020年のオリンピック開催が東京に決定。

これから約7年間、第二次高度経済成長に向かって頑張ろう。

オリンピックを境に、日本の時代になるように。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク