水戸光圀

■第三期日本史検定講座申込受付中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


水戸光圀0910


昨日の記事で、水戸黄門様のことを少し書いたのですが、今日は、その黄門様にまつわるお話で、おもしろいお話があるので、今日はそれを書いてみたいと思います。

水戸黄門様は、本名が徳川光圀(みつくに)で、徳川御三家のひとつである水戸藩の第二代藩主です。
水戸光圀で有名なのが「大日本史」の編纂の開始です。
水戸藩では、この事業が藩の事業となり、藩の思想を形成し、これがために水戸藩は幕末動乱の先駆けともなったというのは、みなさまご承知のとおりです。

ではなぜ、「大日本史」が幕末動乱の先駆けとなったかといえば、「大日本史」を形成する根本思想が「尊王思想」に基づいていたからです。

水戸光圀といえば、天下の副将軍さえも勤めた人であり、徳川家康の孫にあたる人です。
まさに徳川家直系、将軍直下の人物です。
水戸光圀は、徳川幕府の開祖であり東照宮として神としてまで祀られている家康の孫です。
天下の副将軍、徳川御三家の一角をなす水戸徳川家の藩主です。
そして彼が生きた時代は、まさに徳川全盛の世を築こうという時代です。

その時代に生きながら、なぜ光圀は、将軍ではなく、天皇の歴史を中核とした「大日本史」を編纂したのでしょうか。


ひとつには、徳川将軍の権威、徳川家の威信は、単に徳川家の武力や財力によるものではなく、天皇による将軍職の親任によるものであることがあげられます。
徳川家の権威は、天皇の存在によってもたらされたものだからです。

そして徳川家が将軍として治める国内諸国やその民衆は、すべて天皇の民です。
諸藩の大名や将軍家の家人であっても、それは同時に将軍に権威をもたらしている天皇の民でもあるわけです。
だからこそ将軍は、天皇の民である民衆の幸せを護り築くことが最大の使命となります。

「民こそ大事」、大日本史を通じて、このことを明らかにしていくことは、徳川の治政を固め、定着させ、さらに国を富ませ、諸国を靖んじる最大かつ最良の道です。
なぜなら、将軍も、諸藩の大名も、いわゆる支那皇帝のような、民衆を私物化する権力者とはまるで異なる存在だからです。
将軍も大名も、天皇の民を預かっている立場です。
そのことを、歴史という観点から明確に解き明かし、さらに学問として思想として定着させる。
それが「大日本史」編纂の目的です。

「大日本史」を「儒学」に基づくものという人がいます。
残念ながら、それは違います。
なるほど「大日本史」は、「儒学」の影響は受けていますが、上下関係の大切さや学問することの大切さを学ぶために儒学を借りているだけで、そこにある根本思想は、むしろ「神道」にあります。

その光圀のもとには、ですから全国からいわゆる高僧と呼ばれる人たちがたくさん尋ねてきました。
神道に基づく「大日本史」の編纂は、ある意味、仏教界にとっては、脅威でもあったからです。
光圀は、宗旨宗派に関わらず、諌言にやってくるいわゆる名僧、高僧と呼ばれる人たちに、毎回、必ず会い、教えを乞いました。
時間を割いて会い、彼らの説く道について、謙虚に教えを受けました。

けれど「大日本史」の編纂は、ますます進んで行きます。
徳川の政策が、それによって万一仏教排斥に向かったら一大事です。
なにせかつて権勢をふるった仏教界は、秀吉から家康の時代に、武力を奪われたばかりなのです。

危機感を覚えた仏教界からは、全国でも名だたる名僧たちが続々と光圀のもとに派遣されました。
そうして水戸の城下に天下の高僧たちが大集合したとき、光圀は高僧たちを全員、城内に招きました。
そして彼らとしばし歓談したのち、
「日頃より貴僧方より、素晴らしいお話を伺わせていただいています。今日はそのお返しに珍しいものをご覧にいれたいと思う」と言って、庭に面した座敷の襖(ふすま)を部下に命じて開けさせました。

高僧たちが、何が出て来るのかと期待していると、そこには汚い身なりの男が地面に曳き出されていました。
隣には、刀を持ったお侍(さむらい)が立っています。

「これは先般、当藩で盗みを働いた男でござる。いまから打ち首にいたすところにござる」
そういうと光圀は、庭に降り、自ら刀を受け取ると、「覚悟は良いか」と囚人に声をかけ、大きく刀を振りかぶりました。
そして「エイッ」と、刀を囚人の首めがけて振り下ろしました。

あわや首が刎(は)ねられるとみた瞬間、光圀は、その刀を囚人の首筋一重のところで停めました。
狙いがうまく定まらなかったのでしょうか。

そして再び刀を振りかぶると、囚人の首をめがけて、裂帛(れっぱく)の気合いとともに、振り下ろしました。
けれど、光圀は、また刀を首筋のところで停めてしまいます。

三度目、またあらためて、刀を振りかぶり、振り降ろしました。
けれど今度も首筋一枚のところで刀を停めてしまいます。
どうしたのでしょうか。

光圀は、刀を隣にいる武士に預けると、静かに「この者を釈放してやれ」と命じました。
そして厳しい顔をして座敷にもどってきました。

光圀は、「貴僧らは日頃、人の命は重いと解きながら、なぜいま、黙ってみておいでだった?」と問いました。
そしてさらに強い口調で続けました。
「盗みを働いたくらいで、人の命を奪おうとする私を、なぜ貴僧らは停めようとされなかったのか!」

部屋にいた高僧たちは、ただ黙ってうなだれるより他なく、そのまま退散する他ありませんでした。

首を刎(は)ねられそうになった囚人は、死の恐怖を味わい、そして二度と盗みを働かないと約束して放免されました。

「人の命は重い」・・それは大切な教えです。
けれどその教えを、身を以て実践していくのが、まさに実学であり、現実の政治というものです。
そして古来、我が国では、天皇に政治権力者を与えられた者たちが、いかに民を靖んじるかという明確な目的をもって、様々な取組みをしてきました。

それは机上の学問ではなく、また、口先や頭の中だけの理論ではありません。
現実の利害の衝突や、現実の治安、現実の対立がある中で、天皇からの預かりものである民衆をいかに靖んじるかという、現実のご政道です。

仏を大事にする。目に見えないものを大切にする。
それはもちろん大切なことです。
水戸光圀も、仏教を排斥するどころか、たいへんにこれを保護しました。
徳川家を興隆させたのも、天海僧正という立派な仏教の高僧がいたからです。

けれど、それらはいずれも、たとえ権力者の前であっても、どこまでも民を大切にするという根幹の大御心に直結しなければ、何の意味もない。
そのことを、光圀は身を以て体現してみせたのが、上にご紹介した逸話です。
実際にあったことだといわれています。

テレビドラマの水戸黄門は、フィクションです。
水戸光圀は、なるほど諸国を旅していますが、助さん角さんと越後の縮緬問屋のご隠居さんを装っての旅はしていません。

けれど、江戸時代の数多くの演劇、あるいは戦前戦後の映画やドラマなどで、広く黄門様が愛された、それがなぜ水戸のご老公様だったのかといえば、水戸のご老公が、徳川御三家の一角をなす立場にあってなお、我が国本来の国のカタチである「天皇とおおみたから」をどこまでも大切にし、そのことを藩の学問にまで昇華し、さらにはそれを徳川の治政の根幹にしようとしたことによります。

世界中、どこの国でも、民衆は特定の豪族や権力者の私有民です。
私有民ということは、私物です。
私物ですから殺そうが、奪おうが、それは豪族や権力者の勝手です。

けれど、そうではなくて、民衆こそ国の宝だということを、身を以て実現していく。
それはある意味、血みどろの戦いです。
なぜなら世の中には常に、「権力を持てば、人を私物化できる」と勘違いする者が必ず出るからです。

こうした光圀哲学は、水戸藩の歴史となり、伝統となり、血肉となりました。
幕末近くに生きた藤田東湖(ふじたとうご)は、その「回天詩」の中で、次のように謳い上げました。

========
苟明大義正人心
いやしくも大義を明らかにし人心を正せば
皇道奚患不興起
皇道なんぞ興起(こうき)せざるを憂えん
斯心奮発誓神明
この心奮発して神明(しんめい)に 誓う
古人云斃而後已
古人いう、斃(たお)れて後にやむと
========

意訳すれば、
「大義を明らかにし、人心を正し、皇道を打ち立てなければ、我が国は滅んでしまうであろう。
ならば私は、自分の心を奮い起こし、八百万の神々に、我が身命を惜しまずと誓う。
昔の人は「斃(たお)れて後(のち)にやむ」と言った。
私も斃れるまで皇道を打ち立て、守り抜こう」
となります。

どこまでも皇道を打ち立て護りぬく。
それが日本の、日本人の根源的な生き様なのであろうと思います。
水戸光圀の精神は、こうして水戸藩に息づき、そして幕末動乱期の精神的支柱となっていったのです。

私たち日本人は、いまあらためて、ご皇室のありがたさへの感謝の心を呼び覚ますべきだと思います。
それは、戦いのためとか、右傾化とか、そのようなものとはまったく異なります。
人々が私有物や私有民とされない国、そういう国を、私たちの祖先は、守り、育み、育て、私たち後生の人に遺してくださっている。

私たちは、そのたいせつな日本の姿を、やはり後生に遺す使命を担っていると思うのです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

古事記サッカー日本代表にまつわる由来 神道の学び


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

アンノーン@

中韓のIOC委員逹が最終投票で東京に投票したそうです。韓国は平昌オリンピック開催にあたって、日本に資金援助要求したいが為が、見え見えですね。自国資金のみで開催出来ないのなら、どうぞ開催地の権利を返上して下さい。返上できますから!日本政府は絶対、援助などしないで欲しい。またシナの思惑は何でしょうか。猪瀬知事はシナのIOC委員に投票をお願いすると言っていた様です。もし投票をお願いしたのならば、どんな交換条件があったのか…。また、これから出されるのか…。…シナ政府は2020年までには日本を滅ぼすと公言している様です。その様な発言をする国家に投票をお願いするなど、無知すぎます。この発言を猪瀬知事は知らないのでしょうか。スポーツと政治は別だなど、中韓には通用しません。特にシナにとってはオリンピックですら政治の一部です。石原前知事の下に長年いらっしゃった方なのにお花畑すぎるんじゃないでしょうか。

ポッポ

No title
韓国の平昌冬季オリンピックの公式ポスターですが、この地図に日本が描かれていません。その地図には韓国を強調したいと朝鮮半島だけでなく鬱陵島や竹島までも描いているのに、隣国を全く描かないという出鱈目ぶりです。

ここまで踏みつけにされてオリンピックへの協力をしたら、日本の立場はどこにあるのかと思います。平昌オリンピックへの協力は、してはいけないことです。

団塊の世代の後輩

No title
先の天皇陛下について、「戦争を指示する権限があったのなら、始めから戦争をしないように指示することも出来たのではないか!」という、くだらない左翼系マスゴミの記事に側近に漏らしたお言葉が「私は立憲君主制の帝としての立場で重鎮たちに国政を任せてきた、私の鶴の一声で全てを決めるというのなら中世の絶対君主制に戻ってしまうではないか・・」というものです。古代、皇族の中には自ら武装し、権力闘争の中で敗退し命を失った方もおられたと記憶しております。我が国の皇族はそうあってはならない・・「しっかり頑張りなさい、君たちの失敗の責任は君たちに指示した私たちが取りましょう」・・もちろん失敗した責任の所在は担当者自身です。神ならぬ人間は失敗を繰り返し、成長していくものなのです。しかし、それを温かく見守ってくださる方がおられる・・我が国は幸せな国だとつくづく思っております。

ラベンダー

ねずさん、おはようございます。
今日も素晴らしいお話をありがとうございました(^-^)/
黄門様のドラマは大好きで、家族全員で見ていました。
父は、毎回泣きながら見ていましたっけ(⌒-⌒; )

〉たとえ権力者の前であっても、どこまでも民を大切にするという根幹の大御心に直結しなければ、何の意味もない

この解説は、なるほど!
と勉強になりました。
ありがとうございました。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク