4000年の争いの歴史に終止符を打て

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

lrg_11676396


秋もだいぶ深まり、朝夕がだいぶ涼しくなってまいりました。
これからのシーズンは、いよいよ紅葉狩りなどもはじまってこようかと思います。

「秋夕」と題された明治天皇の御製があります。
ご紹介します。

 国のため うせにし人を 思ふかな
 くれゆく秋の 空をながめて

これは明治39年の御製です。その前の年、日露戦争が終わりポーツマス条約が批准されています。
「国のためうせにし人」というのは、日露戦争で英霊となられた方々か、あるいは古代から御柱となられたたくさんの英霊の方々か、そのおひとつおひとつの命の尊さを、暮れて行く秋の空を眺めながら思いをいたす。
そんな心象が描かれています。

日露戦争は、我が国の存続を賭けた、まさに乾坤一擲の戦いでした。
この戦争の間、戦地で戦う兵士たちのことを思い、明治天皇は夏の猛暑のなかにあっても、古くからのしきたり通りの軍の正装を着衣としてお召しになられていました。
また、冬の寒い間も、満州の地にあって冬を越す兵士たちのことを思い、ストーブを焚かず、火鉢ひとつで冬を過ごされています。

そこまでして一線の兵のことを思い、そして戦後も亡くなられた方々のことを思って、「暮れ行く秋の」と御製を詠まれているのです。

その明治天皇の御心は、昭和天皇にもそのまま引き継がれています。
昭和天皇の終戦勅語の御製です。

 爆撃にたおれゆく 民の上をおもひ
 いくさとめけり 身はいかならむとも

度重なる空襲、そして各地での玉砕戦、そこに斃れて行く日本の兵士と、一般の民衆、その家族、子供たち。
それらの民の身の上を思い、昭和天皇は、終戦のご聖断をくだされました。
その結果、陛下ご自身の身がどうなってもかまわない、と詠まれているのです。

これは実にたいへんな御製です。
ここに日本という国の、実は、本質があります。

国が滅びようとするとき、ほんのわずかな例外を除いて、世界中どこの国においても、歴史上のほぼすべての国においても、まずは君主が先に逃げ出し、捕まり、命乞いをし、殺されています。
ところが日本の天皇は、「身はいかならむとも」なのです。
なんのためか。
「たみ」の安寧のためです。

日本は、2700年の歴史を持つ、世界最古の国家です。
そして世界に28カ国ある君主国のうち、最大の人口をもった君主国です。
そしてその日本の君主であられる天皇は、実は政治権力者ではなく、政治権力者を「民のために」親任するお立場にあらせられます。
そしてその天皇は、我が国がもしかしたら最初に開発していたかもしれない原爆を、それを使えば戦争に勝てたかもしれないのに、祖先にあわす顔がないと、この使用を、開発さえも固く禁じられています。

私たちはそういう国の「たみ」なのです。
そしてそういうことを、これまでの日本は、自ら世界に向けて発信することはありませんでした。
ただしいことをしていれば、いずれはちゃんとわかる。
それまでは、たとえ他国に何を言われても、じっと我慢し、誠実を貫くしかない。
それが、明治以降の日本のやり方でした。

けれど、私はそれは違うと思う。
陛下はお語りになられない。
ならば、政府も、民間も、私たちも、事実は事実として、ちゃんと情報発信すべきです。

安倍内閣の消費税について問題視されていますが、決まった以上、消費税以上の大規模デフレ対策と産業振興、防衛力強化を、是非、安倍内閣には図っていただきたいと思います。
同時に、企業交際費の非課税化、累進所得税率のアップ(元に戻すこと)も、実現していっていただきたいと思います。
とりわけ、防衛力強化並びに日本の武器産業の育成は、日本の技術力を一躍させるものであるだけに、これは日本が普通の国になるためにも、是非、実現していただきたいと思います。
日本の武力こそ、文字通りの平和のための武力だからです。

江戸時代、剣術には「影流(陰流)」という流派がたくさん登場しました。
柳生新陰流、直心影流などといったものが、それです。
戦国時代の剣術が、攻撃重視だったのに対し、影流というのは、相手の攻撃を受けてからこれをかわし、防ぐことを目的とした流派です。
戦国武者は攻撃型ですが、江戸武士は防衛型といっても良いかもしれません。

同様に、その世界が求めているのは、一部の中共政府や、堂々と日本を攻撃するためと公称して海軍力を強化している韓国のようなとんでもない国に対する自国防衛力の強化であり、それができる真の実力を持った国は、実は日本しかない。
まさにいま、世界が求めているのは、軍事影流なのです。
そしてこれを日本が徹底強化し、輸出産業にまで育て上げることは、日本の産業競争力を強化するだけでなく、日本の教育制度や徳育教育までをも変えうるインパクトを持ちます。
是非、実現いただきたいことです。


以下は、ほんとうのひとりごとです。
無視していただいても結構です。

人類史というのを、ときどき考えるのです。
人類が、武器を手にして他国を蹂躙しはじめたのは、いったいいつ頃のことからでしょうか。
他国というのは、いまでは国家をさしますが、古代の昔では、国というのは、都市国家であったり、あるいは村そのものをさす言葉でした。

最初は、もめ事があったら、揉めた本人が喧嘩をしていたことでしょう。
けれど自分が戦えば、自分が怪我をします。
いつの頃からか、人類には権力者が生まれ、その権力者が自己の権益を護るために、兵を集めて人に戦わせるようなりました。
そうなると、戦いによって傷つくのは兵であり、権力者自身は、常に傷つくことがありません。
こうして村ごと、あるいは都市国家ごと支配したりされたりという歴史がはじまりました。
それは「殺し合い」の歴史でした。
そんな状態が、かれこれ人類史において、もう4000年も続いています。

ところが、不思議なことがあるのです。
古事記、日本書紀を読むと、なるほど同様に集落ごとの戦いはあるのです。
けれど、日本の古代における戦いは、常に天皇御自ら、あるいは天皇の皇子様ご自身が兵を率いられ、戦われています。
そしてたとえばヤマトタケルノミコトでも、兄上が命を落とされています。

さらに初代天皇であらせられる神武天皇は、「六合開都八紘為宇(りくごうをかねてもってみやこをひらき、あめしたをおおひていえとせむ)」と日本建国の詔を発せられました。
「八紘為宇」というのは、四方八方を覆う屋根、つまり全国民がひとつの家族なのだ、と宣言されたのです。

つまり民衆を、天皇の家族とされたのです。
そして政治権力者は、天皇が親任する者が行い、天皇ご自身は祭祀をつかさどられる。
民衆が政治権力者の私有民(私物)となるということと、民衆が権力者以上の最高位の存在の家族という位置を与えられるのとでは、その結果はおおいに異なります。
いわば、究極の民主主義(=皇道主義)が、日本のカタチとなったわけです。

そして我が国の天皇は、古代においても諸国を力で屈服させるというのではなく、それら諸国の神事や信仰はそのままお認めになり、我が国を立国されました。
ですから我が国は、いまでも世界最大の多神教国家です。

多神教と一神教の違いというのは、これは単一の価値観しか認めない社会ということと、さまざまな価値観を認める社会という違いをもたらします。
日本は、民衆こそ第一とし、多様な神々の存在を認める社会を2700年もの間すごしている世界に希有な存在なのです。

けれど世界は違いました。
政治権力者がそのまま最高位の君主であり、民衆は私有民(私物)とされ、戦いに狩り出され、収奪され、まさにモノとして使役の対象となりました。
神は一神教であり、自国の持つ単一の価値観しか認めず、他の神を信じる他国は異教徒として弾圧、征圧、蹂躙の対象となりました。

世界には、キリスト教文明国やイスラム教圏、仏教圏等があり、また共産主義も宗教否定と言いながら、共産主義以外の価値観は一切認めない点は、これまた排他的一神教というべきものといえます。
そしてそれら宗教的あるいは文化的価値観の対立の構造は、いまもなお、国家群の根深い対立として、世界の民衆を危険にさらしています。

けれど、そうした世界の対立を終わらせることができる観念が、せかいにひとつあります。
それは世界最古の観念です。
日本です。
日本は、様々な価値観を認める多神教国であり、古来、民衆こそ宝とされてきた国です。

その日本を取り戻すということは、私は、世界がもしかしたら4000年の争いの歴史に終止符を打ち、人々の真の共存共栄を図ることができる新たしい世界秩序の構築にさえもつながるものなのではないかと感じています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

女子ワールドカップバレー2011 火の鳥NIPPON笑顔と涙の15日間
こういう笑顔のある国日本を残したいのです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

魔除けに牛島辰熊

負けじと独り言
‥思うに古来日本は究極の民主主義であると同時に究極の社会主義でもありましたな。
社会主義つっても近代思想のそれとは一切関係無く、自分達が所属する社会・共同体全体の利益を優先し、自分達は一番最後。 
得た利益は働き有る無しに関わらずなるだけ均等に分け合う傾向が強い辺り、正に社会が第一の、文字通りの意味での社会主義(^o^;
良くも悪くも中和力の強い社会なんでしょーな。 敵やライバル社をサン付けで呼んでる位だしww
全部の国が日本みたいに中和して丸くなりゃ余計な戦なんぞ起きんで済むのに‥とは思うものの、
なんせ思想だの哲学だのを形にするのが大の苦手な上、例え形に出来たところでソレを外に宣伝するのも大の苦手とゆー厄介な国民性ゆえ、大和心が人類を救うのも一筋縄ではいかんでしょうが…せめて様々な神を包合する八百万神的宗教観だけでも浸透させたいもんですな♪
(←確か呉善花さんも「未来の人類を救うヒントが日本にはある」みたいな事仰ってましたっけ)
なお硫黄島さんの、戦争起こると嬉しくて仕方ないエセ平和主義者いらね話読んでたら、オスプレイ落ちて子供が死んだら大喜びするであろう人達の事を思い出しますた(´Д`)
あの人達要らないです、邪魔だから。
    

PS:久しぶりに成彬さんブログ覗いてみたら、いつの間にやらコメ欄一部反映されてましたな♪←やっとこさ自コメ読めたww(*^□^*)ξ

愛信

re:平和と安全のための情報メディア
ps:
10月3日は中川昭一さんの命日です。「死せる中川 生ける保守を走らす」
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/e5a50c9509b2fe28514dfebf4d8c644d

中川昭一先生の葬儀にて 弔辞・安倍晋三議員
http://youtu.be/WHDxt10xMgg
(動画)
追悼 中川昭一と辛坊発言
ttp://youtu.be/WguaLvFcpS0
(動画)

越智富雄

最高司令官の捨身(しゃしん)
甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)の司令官、大久保大和事近藤勇は、その実例です。彼は部下の助命のため、自ら官軍に出頭しました。出頭する際、土方歳三は、「あくまで元幕閣の大久保大和で通せ、近藤勇の名は出すな。」と助言したのですが、早晩正体を見破られるだろうことは、近藤勇も分かっていたでしょう。結局、坂本龍馬暗殺の濡れ衣を着せられ、武士の身分にふさわしい切腹ではなく、斬首の刑に処せられました。明治政府の冤罪による処刑の第一号となってしまいました。
最高司令官が部下の助命のために犠牲になるのは極めて稀なことです。
これは考えると、武士道の真逆です。武士は主君のために命を捨つ。近藤勇は最高司令官でありながら部下の命をわが身の命よりも優先しました。何と立派な生き方をしたことか!この崇高な人物に対して、明治新政府は斬首の上、さらし首にしました。彼等には武士道のかけらもなかったことが、これで分かると思います。
ともあれ、近藤勇の精神は、間違いなくこの日本に受け継がれています。「新選組は、武士道の恩人である」とは、漫画家の黒鉄ヒロシさんの言葉です。今年は新選組の元となった浪士組が結成されて丁度150年だそうです。新選組も、日本人の魂に深いクサビを打ち込んだのですね。
日本という、この素晴らしい国は、このように先人の様々な思いが込められ、作り上げられています!本当に、素晴らしい!

愛信

北、総連に戦時態勢指示 3月 韓国内乱陰謀と同時期
北、総連に戦時態勢指示 3月 韓国内乱陰謀と同時期
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131003/kor13100307210001-n1.htm

 無防備な日本では情報が隠蔽されて何処で何が起きても反日売国テレビ局・
マスコミの報道が無いので日本国民には分からない。 スパイ天国の日本には
沢山の反日売国勢力が入り込んでいて危険な状態であることを認識しよう。 
彼らの目的は日本人社会の破壊なのです。福島第一原発の爆破事件の影響が
今になって明らかになってきたのも、反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽報道によ
るもので、深刻化した問題は解決出来ないで、この国日本は破滅するかも知れ
ないのです。

詳細は
【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
ねずさんのひとりごとで、ほんとうのひとりごとをを聞きました。
一言で言うと、細かいことを言わずに仲良くしよう。

ただ、地域的なことで好き嫌いもあるから、少し位のことは我慢して、みんな一緒に仲良くしよう。に、なります。
そして、「金持ち喧嘩せず」と言う言葉がありますから、自分だけが豊かになることを考えず、みんなで頑張って、みんなが豊かになるように努力しよう。と、なります。
次に、頑張るのは良いけれど、場所によって環境に差があるからこれをどうするの・・・・・・
人によって、豊の基準が異なることをどうするの・・・・・
おまけに、みんなが一生懸命に働けば良いのですが、中には怠け者も出てくるし、腕力で自分が楽をしようとする輩も出てきます。

茶化すのではないですが・・・・・・大勢の人と、様々な環境で、世界は複雑に入り組んでいます。
みんなが平等に頑張って、仲良くできれば良いのですが・・・・・現実は難しい。でも、これに向かって進めることができれば、ユートピアが待っているのかも知れません。

念のため、みんなが平等に頑張って働けばユートピアとなるとは、共産主義の基本のようですが、現実はそうではない。
だから、一生懸命に働く者とそうでない者の間に差が出るのは当然ですし(限度を超えた差には、手をさしのべる必要があります。)、暴力で政治を左右するなど以ての他です。
様々な宗教や考え方を否定せず、価値観を認めることは素晴らしいことです。

団塊の世代の後輩

No title
かって「非武装中立」と唱え、武器を持たず中立の立場を守っていれば我が国は安泰だと主張したのが社会党でした。そんなバカげた主張が長く野党第一党を保ち、あげくに自民社会連立政権が成立、そして阪神大震災、自衛隊がきらいな村山総理が出動を遅らせ、どれだけの犠牲者を増やしたことか!・・さらに売国民主政権になったとたん東日本大震災・・もはや天命のような気がします、きちんとした我が国の形を守り、ともに支えあっていきたいものです!!

痴呆老人

見果てぬ夢
日本の政治的経済的重要課題の1つが軍需産業の復興だと思います。国の防衛力を維持する為には自前の最新兵器を持つ事が重要です。戦闘機・ミサイル等を米国から買うのではなく、日本で自主開発しなければなりません。本来なら軍需工業の再建は前大戦で航空機・武器等を生産していた世代の人間が未だ生きている間に取掛るべきだったと思います。
彼等は日本の工業技術の弱点を身に沁みて感じていました。戦後の復興は彼等の辛かった経験を踏まえて、平和産業の再建に力が注がれた事で成功しました。
日本の兵器は何故米国の兵器に負けたのか、その弱点を嫌と言う程経験させられた世代がいる間に兵器製作を再興しなければ、前大戦の貴い経験は生かされ難い事になります。
今からでは遅いですが、やらないよりはまだましです。せめて私(86歳)が生きている間に、日本で本格的に軍需産業が起り、前大戦の失敗を徹底的に研究した国防軍が成立する事を夢想していたのですが、とても無理でしょう。
併し、今からでもやらないよりはよい。少しでも早く日本の軍需工業の再建を期待します。日本の内需を増やし、経済活動を活性化する為にも。

コージ

No title
ねずさんいつもありがとうございます。

日本人の私には仰る意味が判りますが
世界から見ると「日本の野心」と取られないでしょうか。

junn

No title
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク