いまそこにある日本の危機



人気ブログ「中韓を知り過ぎた男」で、「米中衝突は近い」という記事が出ました。
ねずきちは大好きなブログで、ほぼ毎日訪問させていただいています。

そのブログの今日の記事は、「敵は中国なり」を国是にして進むことが、日本の生きる道、というものです。中国というゆがんだ大国に対する備えを日本はキチンとしておかないとアブナイ。

以前ボクは、「出ました中国・お家芸」という記事で、どれだけ多くの日本企業が中国に騙されカネを吸い上げられているか。その具体的なプロセスの一例をご紹介させていただきました。
中国という国家は、簡単に言ったら典型的な人余り社会です。他人がどんなに不幸になったとしても、それによって強いものが生き残れば良いという思想が極端に発達している国です。そして、現代中国にとって強いものは、中国国家であり、共産党であり、役人であり、企業です。人の生命や幸福など、紙よりも軽い。
このあたり、庶民を大切にするという文化を持つ日本とはまったく異質な文化を持つ国であるということを、おさえておきたいとおもいます。

さて、本題です。
世界の戦争のカタチは、核の出現によって大きくかわりました。
核を保有する国が核を用いると、用いた両国が共倒れになります。核は持っていても使えない。だから核は最終兵器です。幸か不幸か、20世紀後半から21世紀初頭にかけて、そのことが世界の大国同士の戦争を防ぎました。戦争はあくまで地域を限定した代理戦争の時代へと突入したのです。

ところで戦争というものについて、日本と諸外国では、その存在意義がまったく異なることを書いておかなければなりません。
日本人にとって戦争は、明治維新から、日清・日露、第一次大戦、第二次大戦と、そのいずれもが日本人の自主独立のため。自己防衛のためのものでした。ですから戦争はぎりぎりまで回避のための努力が重ねられ、やむを得ず戦争を行うときは極力短期間でこれを終結させることが至上課題とされていました。
日本人は伝統的に、第二次大戦の最中ですら、戦争は人を殺すこと=イケナイことという意識をもっていたといえます(これには数々の証拠があります)。
もっといえば日本人は「どんなに貧しくとも、人と協力しあい、他人と仲良くして未来を築くことが正義という文化」を持っている。

これに対し「人を殺すことや他人の所有するモノを奪うことは正義である」という文化も世の中には存在します。自己が潤うためには、富める他人を攻め滅ぼして彼の収集するモノを奪うことが正義、という文化です。
貧しければ、富める者から富を奪い、自分や自分をとりまく人たちに施しを与えることが正しい。殺されるのは単に怠惰であるからだという文化です。

自然が人々の味方であり、四季折々の変化が農作物を実らせ人々を豊かにするという日本では、人と仲良くすることが正義となります。

しかし、周囲が砂漠であったり、氷の大地であったり、剣山峡谷であったりと、自然が必ずしも人々の味方といえない国々では、自分の家に子供が生まれて、食うに困ったら、隣の家族を皆殺しにして牛や馬を奪い、自分の家が食べていけるようにしなければならない。そういうなかで発達した文化が根底にある国というものが世界には多々存在するということです。

そうした収奪型の文化を持った人たちが集って国家を形成し、その国家が「核」を持つ。核を持つことで、その抑止力が世界に平和をもたらした。それがいまの世界です。

ところが世界が平和になると困るものもいます。それが軍需産業体です。
軍需産業体は巨大な機構であり、豊富な資金も持っている。
軍需産業体にとって、平和は、需要の冷え込みを意味し、戦争は稼ぎどき、となります。

彼らが生き残るためには、とにかく戦争が起こってくれないと困る。

核を持つ国同士が戦争をしなくなると、兵器が売れません。だからやむなく、彼らは世界各地で内乱を起こし、武器を売りました。
しかし、いまどき機関銃やバズーカ砲、弾丸のような規格大量生産品をどんなに数売ったところで、売上はたかがしれてます。
やはり、儲かるのは、戦闘機、イージス艦、潜水艦、巡航型ミサイル、防衛システムといった巨額の資金が動く商売。それらが戦争で沈んでくれたら、さらに儲かる。

世界最大の軍需産業体である、米国軍需産業体にとって、これから考えられるシナリオは2つあります。

ひとつは、経済力をつけた中国が、米国の軍事システムを購入する。戦闘機、防衛レーダーシステム、迎撃ミサイル、原潜、空母・・・売るものはいくらでもありますし、中国は伝統的な覇権主義の国でもあります。いくらでも買ってくれる。ところが中国は、この設備をロシアから買っています。そのくせドルを100億ドルも持っている。
そこで米国は中国に急接近する。日本の一部の政治家が、頭越しだ!などとワイワイ騒いでも関係ありません。
さらに、北朝鮮と和解する。和解して軍事設備を売り込む。(ただし、これは北の経済力が伴わないのでたいした商売にはなりません。)
そして重要な顧客となった両国が戦争をしてくれたら、米軍需産業体は大儲けできる。

もうひとつシナリオは、最近開発された核を無力化する設備を売り込むこと。
核ミサイルを迎撃する防衛システムとミサイル設備です。対核ミサイル用パトリオットシステムです。これを大量に保有することは、核を事実上無力化するので、核を気にすることなく戦争を遂行することができる。すでに米国内での配備は終えているので、新規顧客として日本などにそのシステムを売る。
ただし、そのシステムの絶対性については、いまだ実例がありません。
だから、どこか、EU、アメリカから遠いところで、実験的戦争を起こさせる。
候補は北朝鮮、韓国、中国、台湾、日本です。

なんだか、戦争マンガの読みすぎといわれそうですが、世の中、いかいとこういう次元でものごとが決まっているというのも事実です。
田中角栄さんが総理の職を追われたロッキード事件も、基本、日中が仲たがいしててくれないと日本が軍事設備を買ってくれない。だから軍需産業体のひとつであるロッキード社を経由して総理を辞職においやった。
日本が独自開発しようとした次期支援戦闘機は、結局開発そのものを潰されています。

要するに、ゆがんだ大国である中国が経済力をつけるということは、大局的にみれば、中国が得た1兆ドルの外貨で、米国製軍事設備を買ってもらおうという動きになるのは、ごく普通に起こることで、だから米中はあっという間に急接近する。

伝統的覇権主義の国、中国が世界最高峰の軍事力を持つということは、そのまま、台湾や日本の軍事的脅威を増すということで、これに対抗する手段を日本はちゃんと講じておかないと、日本の平和はあっというまに崩壊させられる。

おバカな一部の政治家が、中国からの移民の受け入れで、日本に多数の中国人が住むようになったら中国は日本を攻撃できなくなる、なんて呆けたことを言っていますが、中国という国では、庶民の命などに紙屑程度の値打も感じていません。移民の受け入れは、日本の国情を不安定にするだけの意味しかない。考えなくてもわかることです。

そういうことより、もっと現実的に、日本の防衛力をちゃんと強化する。中国よりもはるかに日本のほうが米軍需産業体にとって値打ちのある国であり、中国もそれなりの備えを持った日本や、日本の同盟国である台湾やインドを迂闊に攻撃できないという状況を作り上げるしかない。

それが結局は、日本の平和と安全を守ることにつながるということを、いまいちど私たちは認識しないといけないと思います。
平和を守るためには、平和を守るための努力が必要だということです。

だって、米国が売り込もうとしている最新鋭の軍事兵器の「最新鋭」の部分って、ほとんど日本製。日本が日本の科学技術力で他国に侵略されるなんて、考えるのもおぞましいですから。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

アメリカ軍事産業の実態


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

pさんコメントありがとうございます。
中韓を知りつくした男の辻本さんも、米中開戦の危険を訴えていましたが、ボクは核を持つ大国同士が直接対決をするというシナリオは考えにくいと思います。ちょうど米ソが直接対決をしないように、米中も、直接対決はしない。必ず代理戦争の形態をとります。
つまり、ある程度カネがあって、核を持たない国どおしで現代戦を行わせる。こうなれば、値段の高い兵器が次々と売れますし、米軍事産業体は大もうけできる。
そして当事者国となるのは、
①日韓戦争
②第二次朝鮮戦争
③中国北朝鮮戦争
あたりでしょうか。
当面の障害は、日韓戦争なら、日米安保条約。これがあったら米国が直接軍事介入しなきゃなんない。
第二次朝鮮戦争なら、北に核があるかどうかがカギになります。
もし第二次朝鮮戦争の危険がたかまれば、日本の自衛隊は偵察システム、防御システムの構築のため、多額の兵器購入をしてくれます。外貨準備高に困っている韓国に兵器を売るより、日本に売りつけたほうがはるかにカネになる。
北朝鮮戦争は、中韓日3国がともに米軍事産業の顧客となってくれるのでしょうが、北にスポンサーがつかない限り、短期間で戦争が終わってしまうので、あまりうま味がありません。。。。
それにしても日本という国は、江戸300年の平和の時代を築き、戦後も60年間の長きにわたり戦争を回避してきた。
誇るべき国民性だと思います。
だけど、日本人みんなが平和を愛する以上、一定の軍事力を持つことは、至上課題だとも思います^^

p

ねずきちさん、この前はお返事をくださり、
ありがとうございました。
すごく、嬉しかったです。

アメリカ軍事産業の実態の画像を見させて頂きました。
画像をみて、必ずアメリカは、テロ国家を造り上げて内戦させるか、戦争に持ち込むだろう…と確信しました。

「平和な世界」なんて望めないのですね。
「世界の人々が日本人みたいな性格だったら良いのに」と思う日々です。

でも、無い物ねだりをしていてもしょうがないですね!

私はアメリカが行う、次のテロ国家指定は
中国だと感じています。

チベット、内モンゴル、ウイグル、法輪功等の想像を絶する拷問が世界の世論を高め、
世界中の人々が許せる問題ではないと感じた時点で、

世界の世論を見方にして、アメリカは軍事産業を守ろうとし攻め込むのではないかと感じています。

そうなると、日本は巻き込まれますね。多分。ロシアの存在もありますし…

人類は、みな兄弟!
だなんて、宇宙人が攻めてこない限り、
実現できないのでしょうね。

平和な日々を感謝しています。
つかの間の平和でありませんように…


ねずきち

ミドラさんコメントありがとうございます。
ボクも政治オンチでKYです。
だけど、政局重視の政治屋や偏向マスコミみたいには絶対になりたくないです。
なんでも言える自由があるのが日本の素晴らしさなら、政局屋さんや売国マスコミの見方、考え方と全然別な意見があったっていいんじゃないか?って思っています。
左翼的思想や報道がされること自体は、ボクは、それもひとつの意見・見解として、それはそれでとても良いことだと思うのです。
だけど、さもそれが主流であり、あるいは事実を歪曲しており、あるいは知恵が足らない情けないものであっても、それにたいして謙虚に反省したり、納得するまで議論をつくしたりしないで、匿名でこそこそとウソをでっちあげるというのは、これは日本男児のsることではない、と思うのです。
正々堂々。爽やかに。それが日本人の美意識にあると信じています。

神倉舞さん、コメントありがとうございます。
他人のために自己を犠牲にしてもよい・・というのが日本的考え方。でもそれは、世界の60分の1の思想でしかないです。(世界の人口は60億。日本は1億)
自分のために他人を犠牲にしてもよいという大陸系の思想の方が、むしろ世界の常識とえいるようです。
同様の例があります。
個人にとって、借金を返すのはあたりまえだが、国際社会では借金は返さないのがあたりまえ。。。というものです。
ひどい話です。

神倉宙

「自分の利益の為に他人を犠牲にしてもいい。いや、するべきだ!」
という発想はやはり中々理解し難いところがあります。それはやはり私が日本人だからなんでしょうね。

ミドラ

ねずきちさん

こんにちは。
はじめてコメント投稿します。

私も【中韓を知りすぎた男】の一読者です。
最近、かのブログに毎日のようにコメントを
投稿されていますね(笑)
的を得た感想で、ねずきちさんの日本国に
対する熱い想いが伝わってきます。

私は政治オンチなので、【中韓~】の管理人
さんや、そこへコメントを寄せられている
皆さんの考えを参考に勉強させていただいています。

このブログもお気にに追加し、日々愛国心に燃えたいと思います。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク