八重の桜と什の掟

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■ねずさんの本の新刊案内はココをクリック

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

什の掟


なんだかお恥ずかしい話ですが、私のブログを応援するブログができたようです(汗)。
ありがたいことですが、なんだかくすぐったいです。
「小名木善行さんを応援する会」というのだそうです。
http://lavender-cat.cocolog-nifty.com/blog/
よろしかったら、のぞいてあげて、応援クリックなどもしてあげてください。

さて、今日のお題です。
会津藩の「什の掟(じゅうのおきて)」といえば、最近では「八重の桜」でも有名になり、「ならぬことはならぬものです」の言葉が、わりとひろく定着してきた観があります。

「什(じゅう)」というのは、会津藩における武家の男子専門の子供会のようなもので、藩士の子供たちが10人単位で集まりをつくっていたものを、そのように呼んでいたものです。
「什」というのは、ある意味、たいへんわかりやすい言葉です。
なにせ、にんべんに「十」です。

5人一組なら、にんべんに漢字の「五」で「伍(ご)」、軍隊などにおける伍長の「伍」です。
「伍」が二つで「什(じゅう)」。
「什」が10個集まった、百人の隊は「伯(はく)」です。

ちなみに昔は、漢字の一部を略して書くことが多かったため、「百」が「白」と書かれています。
同様の例では、古い文書で「仙人」のことが、「山人」と書かれていたりします。
=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


会津の「什」には、それぞれの「什」ごとに、最年長者が「什長(じゅうちょう)」になりました。
什長は、それぞれの「什」のメンバーの行動に責任を持ちます。

「什」のメンバーは、毎日各自の家にもちまわりで集いますが、そこで日々、「什の掟」を読み上げました。
「什の掟」は、各「什」毎に、それぞれ違っていましたが、最後の「ならぬことはならぬものです」の一文だけは、すべての「什」に共通です。

集まったメンバーは、その「什の掟(おきて)」を、毎日唱和し、その日、掟に背いた者がいなかったかを反省します。
背いた者がいれば、処罰があります。

いまなら体罰だといって、問題になりそうですが、いざというとき、命をかけなければならないのは、武士の勤めです。
戦の場において手足を斬られ、あるいは自分で腹を斬って自決することを考えれば、少々の体罰など問題になりません。

そうはいっても、「什」の場合は、子供たちの会です。
あまり過度な処罰はありません。
一例を申し上げると、軽いものとしては、みんなの前で「無念でした」と頭を下げる。
すこし重いものになると、手や腕にみんなで「シッペ(二本指で叩く)」をする。
もう少し重くなると、手を炭火であぶったり、雪の中に埋めたりというものもあったようです。
そして極めつけが「波切り(はぎり)」で、これは、「什」からの除名を意味します。

波切られた者は、本人がいくら謝ってもダメです。
けれど、会津藩士の男子は、必ず「什」には所属していなければならない。
そこで、親か兄が付き添って、親や兄が「什」のメンバーのみんなの前で頭を下げて詫びを入れることになります。
赦されればまた仲間の一員に加えられる。

けれど、当時の武家社会にあって、親や兄弟に頭を「下げさせる」というのは、これほど不名誉なことはありません。
それは本人が不名誉というだけでなく、大人が子供たちの前で頭を下げ、詫びを入れるわけですから、これほど恥辱的なものはない。
武家は、なによりも名誉を大切にするものです。

ところがおもしろいことに、親や兄に頭をさげさせるくらいの暴れ者の方が、逆に藩士として、大人になってから出世したりもしています。
親にしてみれば、我が子のことであり、そういう現実も知っているから、実は腹のなかでは、「こいつもなかなか良い子に育ったわい」と、喜んでいたかもしれません。
親にしてみれば、我が子のために頭を下げるなんて、本当はなんでもないことでもあります。

けれど、そんなことは、子供の前では、まったくおくびにも出さない。
子には家でも厳しく叱り飛ばすわけです。
まして、藩の高官である「父君に、謝らせるなど、もってのほか。あなたその意味がわかっているのですか!」、などと叱るわけです。

子にしてみれば、これは痛い。
その痛みで、何を教えていたかといえば、責任感です。
自分ひとりの身勝手で、親の名誉まで傷つけてしまう。
このことを実体験として学ぶことにより、いかなるときにも、責任をまっとうする強い人間を作り上げていたわけです。

もちろん親に頭を下げさせるくらいですから、家でも、厳しい体罰が待っています。
竹刀で叩かれることもあり、庭木に吊るされることもあり、押し入れに閉じ込められることもあり、そういう試練を経て、それでも立ち上がる、強い心を養ったわけです。
そしてそれだけでなく、名誉というものについても、そこで厳しく学ぶ。

我が国における戦後教育と戦前の教育の、何が大きく違ったのか。
その答えが、「強制」にあります。
子には、正しいことを厳しく強制してやらせる。
それを体で覚えさせる。
男子教育には、特にこれが重要だといわれています。

実は、最近の脳の研究等によって、次第に明らかになってきているのが、特に男子は、苦痛によって育つ、ということです。
スポーツと同じです。
強制され、厳しく鍛え上げられれば鍛え上げられるほど、強い選手が育つ。人物ができあがる。

人を動物に例えると抵抗感を持つ方がいるかもしれませんが、実は、犬や猫、あるいは虎やライオンや猿の世界でも同じです。
産まれたばかりの赤ちゃんでいる間は、母親が子を常に庇護します。
母乳をあげるのも母親、遊んであげるのも、カラダをきれいに舐めてあげるのも、母親です。

ところがある程度、子が育って来ると、父親が登場します。
幼子からしてみれば、母親はやさしくて、やわらかくて、乳を飲ませてくれたり、カラダを舐めてくれたり、大きなカラダを遊園地代わりに使わせてくれる、まるでふかふかソファーのような存在です。

ところが父親は、巨大で硬くて、恐ろしい存在です。
父ライオン、父タイガー、父猿、雄犬、雄猫、カラダは大きいし、全身筋肉で硬いし、乳は出ないし、じゃれつこうものなら、牙を剥いてウゥと怒るし、しつこくしたら振り飛ばされます。
子供からしたら、まるで大きな鬼がそこにいるようなものです。

このことは、もっといえば、子が厳しい野生等の社会を生き残る上で、たいせつなこと、すなわち、やっていいことと、それ以上やったらいけないことの限界点を身を以て知ることにつながるし、同時に、子は母親のもとで自分の天下でいたものが、自分よりもはるかに強大で強いものがこの世にあるということを学ぶ、とてもよい経験になっているわけです。

つまり子供は、世の中には母という、やさしいくて柔らかくて、あたたかくて、餌を与えてくれ、甘やかしてくれる存在だけでなく、自分よりもはるかに強大な存在があること、敵わない相手があること、生きることの厳しさ、やって良いことと悪いことの限界などといった、禁止行為を、父親から学びとるわけです。

会津の武家というのは、家庭内教育がものすごく厳しかったといわれています。
藩校の教育も、ひたすら厳しさの固まりです。
剣術の稽古では、命さえ失いかねないほど、厳しい鍛錬が課せられました。

そしてそれだけでなく、子供たちは「什」の中で、仲間内での厳しさを覚え、厳しい罰を受け、そして年長者となれば、まだ幼くして「什長」となり、人の上にたつ厳しさ、必要なやさしさ、人をひっぱることのむつかしさなどを覚えるわけです。

特別会津藩だけを褒めるわけではありませんが、幕軍側であり、戊辰戦争における会津の戦いによる敗戦後には改易されて極貧生活にまで追いやられた会津藩が、維新後、政府の高官を続々と輩出し、また、義和団事件におけるコロネル・シバ(柴五郎大佐)のような勇敢な士官を陸続と輩出したのもまた、会津の「什の掟」がたいへんに大きな影響をもっていたであろうことは、どなたでも認めざるを得ないことであろうと思います。

おもしろいことに、明治にはいるまで、日本の政治機構には、いまでいう「文部省」のような行政機構は、全国のすべての藩、幕府、朝廷、町人、農民、職人のすべておいて、まったく存在したことがありません。
幼児から思春期くらいまでの教育は、全国どこにあっても、寺子屋のような組織や、私塾に委ねられ、その中で特別優秀な者が藩校や、幕府の直営する学校に通いました。

人材教育は、民によって培われ、役に立たない人材しか輩出できない教育機関は、そのまま自然淘汰され、世の中の役に立つ教育機関だけが、多数の生徒を集め、日本人の教育をしていました。

教育を所轄する政府の行政省という存在は、世界の先進国では、あたりまえのようにあることなので、いまさらその存在の否定までしようとは思いませんが、ただ、国民教育を担当する省庁というのは、すくなくとも日本が、世界の一流国であり続けようとするならば、一流の人材を育成する機関である必要があるわけで、そういう人材をでは積極的に輩出するための施策や行動が実際にいまの文科省で行われているかとなると、疑問は多いものと思います。

もちろん、最低最悪だった民◯党政権時代から打って変わって下村博文文科大臣になってからの文科省は、いままさに音をたてて変わりつつあると聞いていますから、これからますますその期待が高まりますが、繰り返しになりますけれども、日本が世界の一流国であり続けたいならば、同時に日本の教育は、日本人が常に世界の超一流の民度を保つ優秀な国民でいられるようにするのが、文科省の本来の役割であるのだと思います。

すくなくとも、道徳教育を否定し、学校の授業から道徳の時間を取り去るような省庁などというものは、はっきり言って、日本にはいらない。
なぜなら、道徳を学ばず、道徳心も公徳心も、そのカケラもないような国民は、誰がどうみても、世界の一流国民とはいえないからです。

日本は、世界最古の歴史を持つ国家です。
そして日本は、国連加盟世界193カ国のうち、28カ国ある君主国家中、最大規模の経済と人口を持つ大国です。
その日本人が、歴史さえ知らず、いつのまにやら武士道精神すら失ない、教育レベルも世界の下位となるならば、それこそ日本崩壊であり、日本の将来は、その民度に見合った貧国にしかなれなくなります。

今年三月、元文科大臣の中山成彬先生が、衆議院予算委員会において、文科省に「文科省が公認しているすべての小中学校の教科書をPDFにして、文科省のHPに掲載していただきたい」という質問を行い、下村文科大臣は、これを了承しました。

ところが、実際にそれら教科書を文科省のHPに掲載しようとすると、これが実はとんでもないことが多々書かれていて、とてもじゃないが恥ずかしくて政府のHPに掲載できるようなシロモノではない教科書が数多く発見されました。

教科書をHPに掲載するということは、大臣が約束したことです。
ところが、HPに載せられない。
こんなひどい記述を、では誰がいったい教科書として承認したのか、誰が教科書会社を指導したのかと、目下、文部科学省では、喧々諤々だそうです。

安倍総理と、下村大臣のもと、日本の教育は、いま大きく変わろうとしています。
火をつけたのは、これまた戦後初の教育基本法等の大改革を実現した中山成彬先生です。

時代は変わろうとしています。

【ご参考】ある「什の掟」
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです。

(この掟とトップ画像は會津藩校日新館のHPから転載させていただきました。)

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。


書店さんでのご注文情報はコチラ


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
我が家はどちらも躾役でした……。
父に怒られ、母に縋り。
母に怒られ、父に縋り。
両親ともに起これば、婆や爺に縋り。
どうしようもなければ、一人引きこもり……。
あ、思い出したら泣けてきた。私どんだけ、きかん坊だったの……。

20年近く前のことですけどね。
今の子って、玄関締め出されたり。片付けないからって、鞄捨てたと肝が冷える脅しされないんでしょうかね。
両親のおかげで、私はすっかり押し入れの中が大好きになりましたよ。

愛国日本!反日撲滅!

No title
十の掟、素晴らしいですね。
しかしこれも当時の日本の民度が相当高かったから成り立っていたように思います。

今の日本でこれらをそのまま疑問を持たずに守っていたらとんでもない方向へ行ってしまいそうです。現にこういう日本人の良い部分を反日は利用しているように思います。

以前テレビで目上の者が間違いを犯したりしたときに正すための「諌言」を取り上げていました。もしかしたらねずさんも取り上げておられるかもしれませんが、そういう色々な制度や民度の高さなどが巧く絡み合って成り立っていたからこそ、こういう素晴らしいものが生まれていったのだと私は思います。

今の日本の現状では目上と言うだけで目下の者をないがしろにされたりします。もちろん全ての方がそうではないでしょうが、少なくともそういう意識の目上は増加しているように思います。そうなれば当然、日本が荒んでいる根本的な問題等を知らない目下も荒んでいきます。結果それが負のスパイラルとなり色んなところへ派生していきます。昨今増加の一途をたどるイジメや自殺などもそうです。

一刻も早く、しかし焦らず、良く考え、その場その時において最善の道を進み、この記事で取り上げている「十の掟」やその他日本の古き良き制度が、当たり前のように身近に感じられる日本にしたいものですね。

その為にも今は、日本国民一致団結してと言いたいですが、現実的には色々を知って間もない方、もしくは昔から知っていた方々、それぞれ育った環境や人生経験などによって考え方の違いはあれど、目指すところは「日本を良くしたい」という部分に集約されるのではないかと鑑みれば、今はともかく、中央で踏ん張る安倍総理を始めとした保守層を支持しつつ、各々に出来る範囲で可能なことを粛々と進めていくことだと私は思っています。

まだまだ続いている分断工作に騙されることなく、感情的になって考えることをやめてしまわないようにしていきましょう。特にネット上では保守への「なりすまし」が目立ちます。そこから結局「安倍下ろし」へと集約しているので見破るのは簡単ですが、目が覚めて間もない方などは、まだ迷ったりしている時期だと思われますので、目に付いたら うまく対処するようにしましょう。

たぬ

越智さん
「その真剣さと深い愛情は、肩を握りしめた先生の手の温もりが教えてくれました。私は、その時から真面目になりました。」

よいお話を読ませて頂きました。 ありがとうございます。
一番大事な「教育」だと思います。 こういう先生が子供にはもちろん、預ける親にとってもありがたいに違いありません。

政府が教員教育にも本腰を入れていかないと、偏差値先生をいくら増やしても日本は良くなりません。 

日本を変えるのは外科医に例えるなら大手術です。 知識と智慧を持ち、経験と実績のある政治家を我々が選び、執刀して頂かなくてはなりません。

そういう政治家を選ぶのが民主主義国家の選挙民の特権でもあります。 国民が賢くならなければ難しい。

現状、国民が政治に無関心であっては名医が見つかるはずも無いと愚考する次第です。

越智富雄

森林を育てるように人を育てる教育を
私の親戚まわりで教育に携わっている者はいないか見渡して見ると、母方の叔母が保育園の園長をしています。その叔母のご主人が園長としてご健在の時は、家業の酒店との兼業でしたが、今は保育園一本、家族ぐるみでその運営に専念されています。
私は人生で二度ほど、家庭教師をしたことがありますが、すぐに教え子と「友達関係」になってしまい、厳しさがないため、家庭教師としては失格でした。教育というのは本気で取り組まないと駄目です。
中学の時の職員室は、教室のすぐ隣の、非常に入りやすい雰囲気でした。その職員室の中ほどに細い柱があって、白いペンキ地に黒い字で、「教師とは生徒に教えるのではなく教わるものである」と墨書されていたのを覚えています。今は建て替えられて、昔の面影は全くありません。多分、その柱も、残ってはいないでしょう。
私は、家庭教師としても不適格でしたが、生徒としても不適格でした。保育園に通っていた頃から、脱走癖がついてしまい、保育園すらまともには卒園していません。小学校の時も二度ほど脱走し、問題児でした。先生の言うことを素直に聞けない。こういう子供を地元では「どくれ」と言います。
この二度目の脱走の後、学校に戻った私に担任の女の先生は、涙で顔をくしゃくしゃにしながら私の肩を揺さぶり、「とみお君、あなたはこのままではろくな大人になれないのよ!もっと自分を大事にしなさい!先生は、とみお君に立派な人間になって欲しいの!フラフラするのは、今日で終わりにしなさい!素直になりなさい!」と叱ってくださいました。半ばヒステリックに見えましたが、その真剣さと深い愛情は、肩を握りしめた先生の手の温もりが教えてくれました。私は、その時から真面目になりました。福田深幸(みゆき)先生、ありがとうございました!福田先生の「素直になりなさい」という言葉は、あの日からこの胸に刻み込まれています…。
教師が真剣になれば、生徒は目覚めます。
日本の教育の再生・復活を切望します!
日本の未来は教育から、その一歩が始まるのです!

にっぽんじん

ウィキペジアの「従軍慰安婦」
フリー百科事典では韓国軍の慰安婦に関して詳細が書かれています。韓国の慰安所は日本と異なり国営の慰安所であったことも記載されています。下記を検索して下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

しかし、不可解なのは「英語版」がないことです。Korean Military Comfort Womenで検索すると日本軍の慰安婦に関するものしか検索されません。意図的に「韓国軍の慰安婦」を隠蔽しているのでしょうか。

ウィキペジアに詳しい方は日本語版の「韓国軍慰安婦」を英語版にしてウィキペジアに投稿出来ないでしょうか。

-

こんにちは
何時も拝読させて頂いております。
会津の掟は、私は新撰組のファンなもので流れといいますか…存じておりました。
素晴らしい教えですよね。
今の教育にも必要な教えだと思います。私はゆとり世代なもので、未来の日本人の為にもより一層教育改革を望んでおります。
ゆとり世代…20代の自分が言うのもなんですが、今の若い子やその親は甘やかされ過ぎでは無いのかと思うのです。
私自身学生時代からどうしてそうなるのだろうと思っていた事ですが、例えば男子が悪い事をしたら先生は当然注意をしますよね。それに対し茶化したり逆ギレをする輩が多いのです。謝ったらカッコ悪い、面子が保てない、悪ぶるのがカッコイイと考えているのだと思います。

身近な高校生たちを見ていると、自分達が楽しければ良いと周りの迷惑も考えず騒ぎ立て、公共の場にも関わらず自分たちの部屋の様に扱う人が多いのですよ。やっぱり注意したら文句を言われたりしますが…何故いけないのか考える事が無いからだと思います。
私の親は礼儀や作法には割りと厳しい方でしたので、そういう今時の子がする様な考え方や行動にはついていけませんでした。勿論ちゃんとした子も多いのすが…
今は、本来美徳とされる事が、若い世代にとってはダサいと思っているんです

こういう意識を変える為にも、勿論教育改革も必要ですが、会津の教えは広まって欲しいですね…

junn

No title
憎悪犯罪「ヘイトクライム」  社寺、文化財、ご神木、地蔵・墓石の危機

http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/63673429.html

あまとー

慰安婦像
http://www.hoshusokuhou.com/archives/33024155.html

アメリカ国内で韓国による「日本バッシング」と闘っておられる 「クリス・ミヤケ」さんからの「署名の依頼」です:保守速報

これを広めていただけないでしょうか?

ひろし

ねずさん、敬称が消えていました。申し訳ありません。
失礼しました。

桜子

No title
hehehe様
情報ありがとうございました。

スパイ防止法案なる物も存在しない中、現日本はスパイ天国です。
京都の高級クラブでの件もありましたよね。
そのような中、もし、改正案が通過してしまえばスパイの温床に拍車をかける結果となってしまう、そのように危惧しています。

それよりも、日本国の中には優れた能力を持った若者は沢山ます。
その若者を育てる方が先決だと思います。
また、スパイ防止法案なる何らかの法案の提出、急務かと思われます。

よって、法務省、外務省に苦言を呈しました。

ひろし

ねず、更新ありがとうございます。
武士道精神は日本的霊性の発露ですね。
武士道精神の初発の伊吹きは、熱田の大神、スサノオ様だと私は想っています。スサノオ様は高天原から追放された乱暴な神様と言われていますが、出鱈目です。姉君である天照大御神様にどこまでも忠義をつくし神代の時代、日本の平和を侵す逆賊は征討されました。 現代も天皇陛下の大御宝である日本人の誠の志に感応して日本と皇室を護る為に神気を発動されます。 日本に巣くう逆賊は祓われてしまうでしょう。 けれどそれには、多くの心ある日本人の皇室と日本を想う真心が必須です。 私も精進します。
頑張りましょう!

上田隆男

No title
戦後直ぐ父の失職によって、一家全員で母の郷里佐賀に帰りました。国民学校(現小学校)6年生の2学期が始まったところです。
佐賀には葉隠があります。当時、教室には全て葉隠が掲示されていました。葉隠の精神を子供に教えていたのです。
半年で卒業し、中学(旧制)に入学しましたので、その後の教室の模様は知りませんが、恐らくお蔵入りになったのでしょう。

hehehe

No title
《 拡 散 希 望 》【法務省】外国人受け入れ増大反対パブコメ意見受付中!!「現行法より中身が改悪されており、外国人優遇」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/33051605.html

法務省外国人受け入れ増大反対パブコメ意見受付中10/19〆切まで!
法務省が高度外国人材の定義変更・外国人受け入れ増大する改正案に対する反対パブコメ意見受付中です!
中身は改悪されてて外国人優遇!で、日本人と仕事の奪い合いが起こります!!
在日が拡散してて大変危険です。
反対パブコメ〆切近いですが日本転覆乗っ取りを断固阻止しましょう!
よろしくお願いします。
パブコメリンク
ページ下の「意見提出フォームへ」から意見を送ってください
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130070&Mode=0
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク