南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去るというお話



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

元寇/対馬の虐殺
元寇対馬の虐殺


不思議なことに、南北朝鮮と同盟を結んだ国は、ことごとく敗れさっています。
これは2010年にこのブログについたコメントからご紹介させていただいたものですが、たいへんおもしろいものなので、再掲してみたいと思います。
一部原文を修正しています。

=======
南北朝鮮と同盟を組んだ国は、ことごとく敗れ去っています。

【白村江の戦い】
唐・新羅(勝者) VS 日本・百済(敗者)
【タラス河畔の戦い】※注1
アッバース朝(勝者) VS 唐・高句麗(敗者)
【文永の役、弘安の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)
【応永の外寇】
対馬・九州探題 (勝者)VS 李朝(敗者)
【サルフの戦い】
後金(清) (勝者)VS 明・李朝(敗者)
【シャンギャンハダの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)
【アブダリ・フチャの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)
【丁卯胡乱】
後金(清) (勝者)VS 李氏朝鮮(敗者)
【丙子胡乱】
後金(清)(勝者) VS 李氏朝鮮(敗者)
【日清戦争】
大日本帝国(勝者) VS 清・東学(敗者)
【大東亜戦争】
米英など(勝者) VS 日+台+朝鮮(敗者)
【朝鮮戦争】※注2
北朝鮮・中国(勝者) VS 米・韓等(敗者)
【ベトナム戦争】
越・中・露(勝者) VS 米・韓など(敗者)

※注1 当時、高句麗はすでに滅亡していますが、唐軍を指揮したのは高句麗出身である高仙芝である。
※注2 勝敗はついていないが、韓国は開城を北朝鮮に奪われてしまったため、事実上敗北と言えるでしょう。李承晩も停戦協定に不服として、協定に不参加。
=========

なぜ、不逞朝鮮族と組むと、戦いに負けるのでしょうか。
その答えは、責任感にあります。
かつて公布さてれいた戦陣訓には、「責任を重んずる者、是真に戦場に於ける最大の勇者なり」と書かれています。
昔なら弓矢、ひとむかし前なら実弾、昨今ならミサイルが飛び交う戦場においては、個人の勇怯の差などは問題になりません。
責任を重んずる者こそが、戦場ではもっとも勇気ある者となると、かつての戦陣訓には書かれています。

その責任感とは、道徳観から生まれます。
従って、道徳的価値観を持たない者は、戦場においてろくな働きができないのみならず、敵弾が飛んでくれば「アイゴー (아이고) 」と言って銃を捨てて逃げ出すし、武器を持たない民間人相手のときには、いたずらに酷薄になって村人を殺し、女性を強姦して子種を植えることにばかり精を出す。

ベトナム戦争といえば、ソンミ村の虐殺事件がたいへん大きな事件となり、なにやら米兵がそうした虐殺やら強姦やらをまるでしまくったように宣伝されましたが、戦争が終わってみれば、なぜか白人や黒人との混血児というのは、ほとんどいません。
まれにいても、それは米兵と正式に結婚して子をもうけたご夫婦の子供で、いわゆる混血孤児のような者は、まれにしか存在していません。

つまり実際には、ベトナム戦争当時の米兵は、戦争犯罪に相当するような振る舞いには、かなり気を遣っていて、米兵による村人への虐殺や強姦などは、実際にはほとんどなかったということです。

ところがライダハンと呼ばれる韓国兵の強姦によって生まれた子供たちは、韓国がたった5万の兵をベトナムに送り込んでいただけにすぎないのに、5万人を超える韓国系混血児がいて、これはベトナムの社会問題にまでなっています。

5万の兵で、5万の混血児です。
もしおなじことを米兵がやったのなら、米軍は55万の兵をベトナムに送っていますから、同数の55万人の米国系混血児がいなければなりません。
ベトナムには、米軍、韓国軍の他に、オーストラリア軍(5万)、タイ軍(2万)、フィリピン軍(6千)、ニュージーランド軍(2千)が参加していますが、派兵した兵と同数の混血児をベトナムに残したのは韓国軍だけです。

強姦後殺害された女性も多くいたであろうし、また強姦されたからといって必ずしも妊娠するわけではありませんから、実際に5万の韓国兵が強姦した女性の数は、いったいどれほどのものになっていたのか、考えるだにおそろしいことです。

米国では、ベトナム戦争について、米兵の蛮行などがかつてさかんに宣伝されていましたが、実は、その蛮行のほとんどが、実は韓国兵によって行われていたのだ、という事実を、もっと広く知らしめるべきであろうと思います。

戦争は悲劇ですが、なかでも5万の兵で5万の私生児をつくり、戦後もその賠償について一切口をぬぐって知らぬ顔を決め込んでいるような国は、世界の中で他にありません。
かつてのソ連兵もひどかったけれど、韓国兵の酷さは、それ以上です。

日本も、かつて朝鮮半島を併合していた関係から、大東亜戦争の末期には朝鮮兵を採用しました。
日本精神を学び、たいへん立派な軍人となられた方もたくさんいたのは事実です。
けれど、10万の勇敢で高潔な軍勢であっても、そのなかにほんの数名の不逞のヤカラがいたら、その軍は、野蛮で卑劣な軍というレッテルを貼られるのが、世界の現実です。

そして大東亜戦争の際の日本も、ベトナム戦争の米軍も、またその同盟軍も、たいへん残念なことですが、一部の不逞な韓国兵によって、悪の軍隊とされてしまっているという現実を、やはり直視すべきではないかと思います。

そしてこのような不逞なヤカラのいる国の兵と同盟を結べば、必ずその軍は世間を敵に回すことになり、たとえ部分的な戦闘に勝利することができたとしても、戦争には絶対に勝てない。
なぜなら戦争は、国家の威信をかけた政治上の最終決着手段だからです。
最終決着というのは、究極的には共生関係です。
信頼されない国と共生しようという国は、世界中どこにもありません。

軍事ばかりではありません。
工業製品や、ビルや橋梁建築などでも同じです。
アップルは、ipheonで大成功をおさめましたが、韓国製部品が火を噴きました。
日本最大の携帯電話の巨人docomoは、サムスンと組んで大幅にシェアを落し、たった10年で、シェアを57.6%から46.1%へと、11.5ポイントも落しています。

どこぞの国は、大統領が「千年経っても恨みは忘れない」などと言っていますが、元寇の際に、日本を侵略し、そのとき壱岐対馬の住民を皆殺しにして食べてしまったのは、どこの国の住民か。
それさえも赦し、国家予算の3倍ものお金をつぎ込んで、近代化の促進をしてあげたのはどこの国か。
戦後も、李承晩大統領の統治と朝鮮戦争によって、貧困のどん底暮らしにあった韓国に、巨額の財政支援をして産業発展の基盤つくりに貢献してあげたのは、どこの国か。

半島人と組むとなぜ戦いに負けるのか。
理由は責任感の欠如にあると述べました。

日本には、1億2700万人の日本人がいますが、海外でたったひとりでも、おかしな犯罪を犯せば、「日本人は」と世界中から民族ごと非難されます。
国民ひとり一人が、そういう責任感を自覚できかどうか、あたりまえのことですが、そういうことが世界中どこの国でも求められています。
だからこそ道徳教育が必要だし、そのことは日本だけでなく、世界中どの国においても、道徳が大切に扱われてきた理由です。

その道徳教育を、戦後の日本は否定しました。
日本人が劣化するのは、あたりまえのことです。
だからこそ日本を取り戻す。

そのために必要なことを、私たちは行う。
それが、戦後の平和な時代を生きさせてもらった私たちの世代の責任だと思うのです。

したがって、無責任を助長するような、たとえば通名なども、絶対に容認すべきことではありません。
民団のような組織があるのなら、在日の犯罪については、団体に連帯責任と損害の賠償を行わせる法律もつくるべきかもしれない。
戦前まであった隣組の復活も必要かもしれない。
死刑や国外追放、公職追放も、強力に押し進める必要があろうとも思います。
国会の議長選挙で不正投票を行った者など、議員の資格なしです。

要するに、責任ある国を目指すためには、無責任な行為を排除する、厳しい秩序の構築も、必要になってきているといえると思います。


■参考:韓の法則(2ちゃんねるより)

【絶対法則】
1 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。
2 1において韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。
3 1において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

4 1において韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
5 1おいて一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
6 3・4において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

【諸法則】
(1) 日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、韓国製又は半島製にされる。
(2) 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国から嫌われていると、必ず回避出来る。
(3) 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。
(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)
(4) 海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。
(5) 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。
(6) 韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む。
(7) 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する
(8) 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある
(9) たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動しない
(10) たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動する

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

民族って何だろう
大陸には、数千名規模の工場が沢山あります。
それでも中小企業なのですが、面白いのは労働者の職場編成の仕方です。
必ず同じ地方出身者で纏めるそうなので、人事担当に理由を聞いてみました。
面接で先ず聞くのは出身地!
本人の希望やスキルで配属を決めることは無いそうです。
出身地が違うと言葉も生活習慣も気性も違い、出身地意識も強いので、ゴチャゴチャにして働かせると、すぐに喧嘩が始まり仕事にならないのだそうです。

私の委託仕事は難易度が高い部類なので、いつも特定の職場を指定します。
その部隊は、管理職は香港人ですが、労働者は「朝鮮族」と呼ばれています。
なぜか、日本語も朝鮮語も話せ、語学力は高かいです。
他の社員からはバカにされ、苛めもあるようですが、私には便利な職場です。

どこの国にも、自他共に「◯◯族」を標榜する方々がいます。
民族って何?
聞かれても…今も簡単には説明できずにいます。

中韓が地球の反対側の国だったら…我国はどんな歴史を歩いたのでしょうかね。
想像も出来ません。
彼らが近隣国であったからこそ、良い意味で、我国に一定の緊張感が生まれ、長い歴史を築けたのかも知れない…そんな空想をしています。

-

①漢民族と朝鮮民族は侵略の意図はあったが力が無かった。
②日本人は実力はあったが「金持ちケンカせず」で領土欲が無かった。
故にユーラシア西側と異なり東側は殆ど干渉戦争が無かったのでしょう。
他人様の土地を欲しがる前にまず手前の土地を開発し少しづつ貯えを増やすのが農耕民族の本分。
日本人は正に「王道」を歩んできた。
対して漢民族と朝鮮民族はだ情により生産性向上に挫折したうえ、馬や弓の扱いに優れているだけの僅かの北方民族に敗北を繰り返して征服され、近代以降は白人種の経済植民地になったわけです。
ここまで差があると彼らの劣等感を癒すなど不可能です。
歴史認識の共有など勝者と敗者ではムリ。
諦めましょう。

おかざき

No title
『檀君の法則発動』ですね。

junn

No title
歴史上の二人の悪魔はルソーとマルクス By 中川八洋。

http://tom5023.iza.ne.jp/blog/entry/2633973/

junn

No title
「従軍慰安婦」 辻褄が合わない嘘つき婆さんの証言

http://megu777.blogspot.jp/2013/10/blog-post_27.html

コージ

No title
ねずさん毎日の更新ありがとうございます。

日本が「ナマクラ」にならない為に
神の配慮で隣国を配置して下さったとさえ思えてきます。

お猪口

No title
朝鮮民族の責任感の欠如が、この不思議な法則の、明快な原因なのですね。
歴代の大統領の末路が同じ運命なのは(それでも大統領になろうと思うのが凄いですが)、国民感情の根底に、権力者への嫉視反目が潜んでいるからでしょうか。
また、責任感が無い=お互い信頼できない、となれば、正直者は報われず利用され食い物にされ馬鹿を見るしかなく、国民同士が協調・協力しあい、生活や地域や国をより良くしていこう、とはならないのかも知れません。

日本と地理的に近く、顔も似ているのに(細かく言えば特徴の違いがありますが)、よくもここまで気質が変わるものだと思います。日本は歴史を振り返れば、朝鮮民族に迷惑をかけられることが圧倒的に多かったですが、それでも島国だったから、まだ守られていたほうなのでしょう。地続きだったら、と思うとゾッとします。

フランシス・フクヤマ著

書評
フランシス・フクヤマ著
政治の起源(上) 人類以前からフランス革命まで』(会田弘継訳、講談社、2013年)が発売になります。

(1)ニューヨーク・タイムズ紙 2011年4月15日

http://www.nytimes.com/2011/04/17/books/review/book-review-the-origins-of-political-order-by-francis-fukuyama.html?pagewanted=all&_r=0

「書評:フランシス・フクヤマの国家に関する国家―『政治の起源』」

マイケル・リンド(Michael Lind)筆

--

(2)フィナンシャル・タイムズ紙 2011年4月30日

http://www.ft.com/intl/cms/s/2/bc6e983c-7125-11e0-acf5-00144feabdc0.html#axzz2hZLWxUHo

「書評:『政治の起源(The Origins of Political Order)』」

クリストファー・コールドウェル( Christopher Caldwell)筆

--

(3)フォーリン・アフェアーズ誌 2011年5・6月号

http://www.foreignaffairs.com/articles/67753/francis-fukuyama/the-origins-of-political-order-from-prehuman-times-to-the-french

「書評:フランシス・フクヤマ著『政治の起源(The Origins of Political Order: From Prehuman Times to the French Revolution)』」

G・ジョン・アイケンベリー(G. John Ikenberry)筆

--

詳細は以下で
http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/files/ronbun235.html

古希のネトウヨ

ありがとう 韓国
最近 日本が割合好調で 国際的に評判が上向いているのは 彼らの国を挙げた反日のおかげだと感謝しても良い位。 尚いっそう日本を敵視し 宗主国にすり寄って ともに破滅の道を歩んで貰いたい。 
 日本は 決して振り返ってはいけません。 心を鬼にしてすりよりを排除し 汚れを払いましょう。 彼らと関わることがない生活は なんと清々しくのどかなことか。 一寸笑いのネタがなくなるのは寂しいけれど。
  日本人の 自然に発露する相手を思いやる気持ちが これまで彼らにつけいる隙を与えてしまった。 与えてしまったものは取り返さないが 今後は一切対価なしに与えてはならない。 出来るだけ関わらないようにしよう。
 ただ、今後かの国と協力できることは、在日の帰還事業位でしょう。 財産も持ち出し可とすれば 多少彼の国の経済の足しになり、日本では除鮮が進み WIN-WINの関係が出来るのではなんて妄想しています。
そんな妄想をするほど もう本当に金輪際向こう千年は関わりたくない。 毎日毎日千年恨の更新をしていては 彼らの反日エネルギーが尽きることはない。

 

junn

No title
余りに知らなすぎた!在日と創価学会と政治と芸能界

http://j-123.iza.ne.jp/blog/entry/76133/



越智富夫

白村江の戦いとは、一体なんだったのだろう?
ねずさん、毎日の更新、ありがとうございます!今日もお世話になります。
添付された映像、字幕を見るのが辛かったです。このような蛮行、一日も早く、この地上から無くなってしまえ!と心から願います。

さて、「白村江の敗戦」とは、本当はどういうことだったのでしょう?
私は、「大東亜戦争の終息」に比すべき、古代の大転換点だったと感じています。
西暦660年に百済が滅亡し、日本は朝鮮半島の経営から撤退したわけですが、日本本国には何の影響もなかったのでしょうか?
百済という国名は名乗らせても、「倭国の一部」だという認識が当時の我が国にはあったでしょう。
極論するなら、西暦660年、百済の滅亡をもって「倭国」の滅亡とし、新たに「日本国」が誕生した、と言えるのではないでしょうか。
この西暦660年というのは奇妙な年で、西暦紀元を基点に紀元前に反転すれば、ちょうど我が国の紀元になります。
『日本書紀』の編者たちは、西暦を知っていたのではないか?
そのことを暗示するのが「聖徳太子」なのではないか?
太子の誕生は釈尊(仏教の開祖)やイエス・キリストを暗示しているように思えます。
イエス・キリストの存在は知っていた、ということ(うまやどのみこ=馬宿の御子=イエスの誕生説話)。
また、神武東征の前半部分は、アレクサンダー伝説の焼き写しであることが、複数の研究者により確認されています。
書記編者たちは、当時の世界情勢を、日本を訪れる様々な外国人から知り得ていたのではないでしょうか?
西暦の知識があったと想像いたします。
西暦660年の朝鮮半島の「倭国」の滅亡をもって、「日本国」の誕生とした、と考えたいのです。紀元660年を紀元「前」660年の神武紀元とした、ということです。
倭国のお荷物であった朝鮮半島の「分家」から解放されたことで、倭国の本家が日本国の「本分」を明らかにできた!誠に喜ばしいことです!
「白村江の敗戦」は、神の御意志だったとさえ、思われて来ます。
ただ、敗戦処理で本当は何が起こっていたのか?時は現代ではなく、古代です。ましてや相手は残虐無道のシナ・コリア。想像するだに恐ろしい。
想像するしかないことは想像しません!
この時に登場したのが「スサノオ」だったのではないか?しまった、想像しちゃった!
藤原氏にしても、出自が今一つはっきりしません。
本当に日本人?不比等(ふひと)なんて、「人でなし」と読めるのですよ!比等=土俗の人、という意味ですから「土地の人ではない」とも取れ、「日本人ではない」かも。「藤原氏」と書くべきところを「藤氏」(とうし)で済むんですから、「唐氏」(中国人)なのかも。ま、考え過ぎですかね。全国の藤原氏系のご子孫の方々、不適切な発言がありましたことを、謹んでお詫び申し上げます。「不比等」とは、「比べるに等しきものなし」でしたね。
ともかく、日本は穢れ(けがれ)を嫌う国です。穢れた国とは、つきあいたくありません!
コリアとは、付かず触らず、遠目にも見ず、で行きたいと思います!
もう!こっち見ないで。あっち行って!
大変、失礼いたしました!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク