取り戻す日本

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

秋の庭


「日本を取り戻す」、自民党の標語ですが、実によい言葉だと思います。
では「日本を取り戻す」ためには、何をしたら良いのでしょうか。

もちろんデフレからの脱却を目指す景気対策、災害対策としての日本の国土強靭化といった目の前の政治課題への対応があります。
自主憲法制定や、他国からの軍事的脅威への対応の問題もあるでしょう。
慰安婦問題や南京問題など、情報戦争への対策も急がれます。
また、国内においては、不逞な在日渡来人の問題、あるいは教育問題などへの取組みもあることでしょう。

目の前にある様々な政治課題について、まさに「日本を取り戻す」ために、具体的な解決案を提示し、国会で審議して具体的に法制度化し、これを行政に活かして行く。
そのために、必要なことをどんどん推進していく。
それがいまの国政の大きな課題であろうと思います。

けれども、では景気が良くなり、日本の国土が強靭化され、自主憲法が制定され、軍事力が強化され、情報戦争への対応が施され、国内の不逞在日への取締等が強化されれば、それで日本が「取り戻せた」ことになるのでしょうか。

答えはNOであるように思います。
いかなる政治も、国民が誇りを失い劣化してしまったのでは、どこまでいっても泥沼にしかならないからです。

そういう意味では、私は「日本を取り戻す」という言葉にある本当の意味は、「戦後歪んでしまった、日本人本来の価値観を取り戻すこと」であると思っています。

日本は、なんだかんだいって、世界最古の歴史を持つ国家です。
逆にいえば、よくもそれだけ長い期間、日本は日本のままでいたものだと感心してしまうくらいです。
そしてその日本を護り育むために、ほんとうにたくさんの人たちが、まさに命をかけた戦いをしてきています。
そして戦後68年の平和も、そうした先人達のおかげで、私たちは平和で豊かな生活を享受させてもらっています。

おもしろいもので、虚心坦懐に日本を学びなおすと、実にさまざまなものが見えてきます。
先入観、あるいは刷り込み、どちらの用語をつかっても構いませんが、これまで持っていた常識を、いったん横に置いて、もういちど歴史を学び直すと、本当にびっくりするような、まさに目からウロコがはがれ落ちるような感動とともに、時事も政治も歴史も、様々なものを私たちに見せてくれます。

戦後の平和もそうです。
戦後生まれの私たちは、「憲法9条という世界に類例のない誇りある素晴らしい憲法をいただくことによって、平和な社会を築いている。もう二度と戦争はしてはいけません」と教わって育ちました。

ところが、よくよく考えてみれば、戦争というのは、相手があってはじめて戦争になるわけです。
相手がないのに戦争はあり得ない。
ということは、コチラがいくら「戦争しませ〜ん!平和大好き〜♡」と声高らかに叫んでみたところで、どこかの国が国土を侵略してきたら、ただいたずらに、私たちは殺されるに任せなければならなくなります。

現に、そうやって私たちは樺太を失い、北方領土を失い、満州を失い、台湾を失い、国際連盟から統治を委任されていた南洋諸島を失い、そしていま竹島を一方的に他国に占領されています。
「そんなことは許されないことですよ、では国際司法裁判所でキチンと決着を付けましょう」と言ったところで、国際司法裁判所には、何の強制権もありません。ただの仲裁所です。
相手国が、裁判するまでもなく、俺たちの領土ニダと言い張れば、それでおしまい。
竹島は占領されたままです。

Chinaは、尖閣領域への侵犯程度のことをしているだけではありません。
彼らはすでに、尖閣どころか堂々と琉球諸島を越えて、太平洋へと艦船を進めています。
Chinaの国内計画によれば、琉球列島は2020年までにChinaの領土とし、2030年までには小笠原諸島まで、彼らの領土に、そして2050年までには、太平洋を米国と半分こするとしています。
そのために、着々と、軍事と情報両面での戦争を仕掛けています。

これがその通りになれば、日本は、いまのウイグルやチベットと同じです。
私たち日本人は、いま、小学生や幼稚園に通っている子供たちが、日本の独立、中共政府からの解放を求めて、将来、公道で焼身自殺を図らなければならない未来を希望しているのでしょうか。

政治は、日本国民の縮図です。
あたりまえのことですが、政治は国民の投票によって選ばれた政治家によって行われるものだからです。

ならば、日本を取り戻すために一番大切な根幹は、日本人が目覚めること、日本人が今持っている常識を、根底から覆すことなのではないか、というように私は思います。
「常識」というのは、「価値観」です。
ですからこれは、日本人の価値観を変える戦いです。

私はときどき、「ねずブロって、どういうことを書いているの」と聞かれて、返事に困ることがあります。
ねずブロは、政治や歴史を扱っていますが、時事問題や政治の解説サイトでもなければ、歴史サイトでもありません。
もうすぐもうすぐ発売になる「ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」も、歴史書でもなければ、評論やエッセイでも、時事解説本でもありません。

結局のところ、煎じ詰めればどちらも、「現代日本の常識を変え、本来ある日本人の日本的価値観を取り戻す」ことを目的に日々書き綴っているものです。
考えてみれば実にだいそれたことを始めてしまったものです。

上に述べた様々な政治的課題が不要と言っているのではありません。
それらの課題を解決していくためにも、日本人が日本人としての価値観を取り戻す、そのための努力が必要だと思うのです。
それが「日本人の価値観を変える戦い」です。
そして実はそのことが、時間がかかるようにみえて、あるいはいっけん遠回りにみえるけれど、実は日本を変たり取り戻したりすために、最も近い道なのではないかと思っています。

米国の選挙は、日本にいるとせいぜい大統領選挙くらいしか細かな情報は伝わってきませんが、現地にいると上院も下院も、州議も、市議も、選挙のときは相手陣営へのネガティブキャンペーンのオンパレードです。
日本では考え持つかないくらいの、悪口雑言が飛び出します。
それくらい刺激的な方が、米国社会では票が集まるということなのかもしれませんが、私たち日本人の目からみると、異様に映ります。

こうしたことが起こるのは、彼らの文化がその根っこのところに「対立と闘争」を置いているからに他なりません。
二大政党制という制度も、結局のところ「対立と闘争」によって勝者が勝ち残るのだ、という哲学が根本にあるからこそ生まれた制度であろうと思います。

一方、日本の文化は「共生」の文化です。
様々な考え方を共存させ、その中でみんなで話し合い、合意して全員一致で物事を前にすすめる。
英語風の言い方をすれば、これはコンセンサス(Consensus)社会です。
コンセンサスは、日本語にすれば「合意形成」ですから、日本は「合意形成社会」ということもできます。

これがもっと小さくなって、たとえば会社内などになると、コンセンサスは日本語の「根回し」となります。
商談も、会議での合意の形成も、根回しがものをいう。
これが日本社会です。

そして共生するコンセスサス社会であるということを前提に、歴史をみれば、日本の大名たちは、西欧やChinaなどにいう、皇帝や国王などという、ある種の神に代わる絶対権力者などとは、ほど遠い存在であったことがわかります。
戦後の歴史では、たとえば信長などは、いかにも西欧型絶対権力者であるかのように描かれますが、記録を読めば、信長がいかに家臣を大事にし、そのために細心の気配りや根回しをしていたやさしさのある殿様であったかがわかります。

また、「共生文化」というものは、同時に相手に対する思いやりの文化であることも理解できてきます。
相手の存在を頭ごなしに否定するのではなく、相手の思いや気持ちを、一生懸命理解し、察し、その美しさを学びとる。
そういう姿勢が、また日本の文化の特徴であることがわかります。

先日、小野小町のことを書きましたが、まさにそれは、そのようなことを論じようとしたものです。
ちょっと振り返りますと、小野小町は、日本三大美女のうちのひとりですが、彼女の肖像画は残っていないし、直接的に美人だと書いているものもありません。
その小町を、美女として世に登場させたのは、小町が死んで200年も経ったあとの時代の紀貫之です。

そして紀貫之は、小町を日本最大の美女と讃え、彼女の歌の数々を紹介し、その中の一種は、やはり歴史上もっとも美しい美女の歌として、百人一首にも掲載されました。
その歌というのが、有名な

 花のいろは 
 うつりにけりな いたずらに
 わが身よにふる ながめせしまに

です。
通解は、「雨が降っているのを眺めている間に、花の色は変わってしまった。わたしもいつのまにかおばあちゃんになっちゃったわ」という意味だと、たいていの本が書いています。
で、この歌がどうして美人の代名詞になるのでしょうか?

少し考えれば、おかしいと気付くはずです。
誰だって歳をとる。歳とってお婆さんになってしまったと愚痴をこぼしていることの、どこが美女なのでしょうか。

そうではなく、当時の歌の「花」が「桜」を意味していると知れば、この歌からはまったく別な側面が見えてきます。
なぜなら、桜の花は、色が変わるのではなく、散るものだからです。
雨が降って桜の花はいらずらに散っていく。
けれど、小町は「散った」とは詠んでいないのです。
まだ散っていないのです。
ならばこの歌は、雨が降って桜の花はいたずらに散っていくけれど、私はまだ散っていないわよ。
つまり、もういちど燃えるような恋がしたいわ、と詠んでいるのです。

小町は92歳まで生きた人です。
そしてこの歌は、小町の晩年の作だといわれていいます。
ということは、もう相当なお婆ちゃんになっていた年齢のときの歌です。
いくつになって、歳を重ねても、シワシワのお婆さんになったとしても、それでも燃えるような恋をしたい。そう詠んでいる女心のはかなさに、紀貫之は衝撃を受け、本邦第一の美女として、小野小町をあげているのです。

そういう惻隠の文化、相手の心をおもんばかる文化というのは、まさに、共に生きる「共生」という文化的姿勢からこそ、生まれるものです。
そして、相次ぐ戦乱や強姦や残酷や悲惨が、かれこれ2000年以上(Chinaは4000年以上)続いている人類社会にあって、こうした争いよりも思いやりを大切にする文化を、ずっとずっと育んできた国というのは、世界広しといえども、なんのことはない、日本だけです。

そういう日本の日本的文化を取り戻す。
取り戻すだけではなくて、その心を日本国中に発信する。世界に向けて発信する。
そういうときが、いま来ているのではないかと思うのです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

嫌韓猫戦士

月見櫓さんのコメント欄で知りました。
韓国には倍返しだ! 日本に土下座させようとする韓国に、立ち上がった日本人がいます。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/

hehehe

No title
拡散希望!
領収書の電子化推進で一致 規制改革会議
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3102Y_R31C13A0EE8000/

規制改革会議で
>日本料理店で働く外国人へのビザを発給する要件の緩和については、法務省が「ただちに前向きに検討する」と回答した。

今でさえ、偽装中華料理店のコックのビザで入国してくる輩が
いるのに何を考えているのでしょう?

かげちゃん

秀吉のお話は面白いのですが。
はじめまして。神奈川県藤沢市民です。 
教職員組合の所行についてはよく知っている元教員です。現役の時は理科を教えて居ましたが→中学校です、趣味が歴史研究で専門は戦国時代です。博士号取得に王手が掛かっている身なので過激なが発言は避けますが、秀吉の所で仰っていた、キリスト教の危険性に最初に気がつかれたのは実は当時の正親町(おおぎまち)天皇で有り、「お湯殿の上の日記」の永禄八年七月五日に「大うすはらい」が挙行されています。大うすはラテン語のデウスであり、天皇が一神教に警戒されているのが確認できますれ。
同様の追放令が永禄十二年にも出されています。キリスト教の危険性は当時から認識されています。

それに比べて、日本国民への西暦への押し付けが酷くなっています。例えば藤沢市は私たち市民には
2013年(平成25年)11月1日と書いて来ます。私はこの形の公文書の受取を拒否し、国で使用している場合以外は全て書き直させます。
現行憲法第19条に違反するため、今度この形の公文書を出した時点で行政訴訟になります。また現行憲法無効に立たれなら藤沢市は朝敵になります。

また日本で紀元と言えば問答無用で皇紀になります。したがって皇紀との併記なら問題がありません。
ただ保守系教科書会社はやはり素人集団であり、史料が読める研究者を探しています。藤沢市の保守活動家は不勉強、これ以上は支えられません。

愛信

山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も=参院、1日に対応協議
山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も=参院、1日に対応協議
http://jp.wsj.com/article/JJ12258022758766324760117705535203900918870.html
【関連情報】
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【愛信選挙情報】
[第23回2013年参議院議員選挙情報] 】
東京選挙区
http://aixin.jp/skjh/sj94.cgi

 山本太郎氏の議員資格剥奪辞任と成れば、繰上げ当選して
くるのが鈴木寛(民主党)である。この者が福島第一原発爆破
事件でSPEEDIのデータを公表させずに被災地住民や首都圏
の住民を被ばくさせた人物。 反日売国政党民主党の犯罪行
為を改めて追求して行こう。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

twitter

山本正樹 ‏@jackandtamiko
10月30日
徳富蘇峰の「近世日本国民史」にも「キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬をほしいばかりに女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫び、わめくさまは地獄のごとし。」というGHQが検閲して削除した記述がある。

都合の悪いことは忘れさせられているのである。

これからを考える 翔

No title
最近盛んに言われていることですが、国民が選んだ政治家ではなく民間議員たちえ形成された諮問会議なるものが政策を次々決めるという民主主義に反した方法が現政権下で行われていることが問題視されていますよね。

昨日チャンネル桜の動画に義家議員が出演し、小中学校の株式会社化を推進する動きが出てきており、それについて猛反対の姿勢を示していました。

私も子供たちの教育の場に市場原理を導入しようという金の亡者たちの考えには断固反対です。

それについて今日の三橋さんの「新」日本経済新聞で柴山氏が少取り上げていたのですが、安部さんが作った諮問会議の議題に公立学校の民間委託が含まれているそうです。

安部さん自身が義務教育課程にまで市場原理を導入することを推進しているかは不明ですが、これはとても大事な問題だと思います。

そんなことが現実になれば日本を取り戻すのとても難しくなっていくと憂慮しています・・・

terag3

No title
昭和天皇の涙(動画)のお話は、何時ごろだったか遠い昔の話として聞いた覚えがありますが、今改めてこの動画の文章を読むと涙を抑えることが出来ませんでした。

ねずさんのコメントに<戦後、歪んでしまった日本人本来の価値観を取り戻すこと。現代日本の常識を変えること。本来、日本人の価値観を取り戻す、日本人の価値観を変える戦いです>・・・と仰っていますが正に同感です。

戦後、多様なる価値観などと言って、あたかもそれが民主主義であり、個人主義が尊重され家族主義など、それは封建的であるなどと言って、ふくし○み○ほなどは、子供が二十になったら家族解散式を行うなどと、ほざいていました。

おそらく彼らは日本人本来の価値観など知る由もないか、あるいは知っていても、それでは彼らの本来の目的が達せられなくなる恐れから、この価値観を排除しようとしているのでしょう。

日本人は、どこぞの国のような将軍様でもなく、王侯貴族などの権力者に隷属しているのでもありません。そのことは従来から、ねずさんが仰っているとおりです。

日本人は、はらから(同胞)であり、天皇、皇后陛下が我々国民の父母であるという意識で2600数十年も、生きてきたのです。したがって散華された英霊の方々も父母を守るため、家族を守るために進んで我が身を犠牲にして戦うことができたのです。

日本人のルーツを辿ると殆どの人が、天皇家に繋がっていると言われています。それが絆というものであり、それが日本人の根本的な価値観なのです。

この価値観を否定する政治家どもは、野党でもなく日本人でも無い、昔の言葉で言えば「非国民」そのものだと思います。

何はともあれ、日本国の再興は教育にあり、この一言だと痛感しています。




コージ

No title
日本を取り戻す=日本の心を取り戻す
まさしく皆さんの仰るとおりです

そして過去の自分(利己的でした、傲慢でした、無知でした)
を恥じ、心の規範を先人たちから学び、お国の役に立ちたいと思います。

goodman

嘘のような本当の話
ソマリの海賊撃退の"新兵器"は、"ブリトニー・スピアーズの曲を大音量で流す"。

これで最速のスピードで逃げて行くそうだ。
「海賊は西洋の文化や音楽が耐えられない程嫌い」。

嘘のような本当の話。

愛信

西田昌司議員「婚外子への相続規定は変えない。
西田昌司議員「婚外子への相続規定は変えない。
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-259.html

 反日売国テレビ局・マスコミの報道しない自由により、日本人
社会の崩壊をもたらす最高裁の判決、即ち婚外子への相続既
定に係わる判決について問題点を報道しない。
  国籍法改悪や夫婦別姓、戸籍制度の廃止と同類の非常に
危険な司法の判断を自民党法務部会で阻止するもようです。
 愛国系有権者の総力を挙げて応援して行きましょう。 
この事を反日売国テレビ局・マスコミの報道しない自由を認めな
いために、隠蔽報道を暴露する為にも拡散しましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
日本を取り戻すためには、経済対策が最優先されることだとは思いますが、生活向上だけが目的ではないのでしょう。
金持ち喧嘩せずとはよく言った者で、生活に余裕があれば人間ガツガツせずに、何か落ち着いて考えることを求めますし、それが民族の民度の向上にも繋がるとお思います。


憲法の戦争放棄については、日本が戦争しないと言っても、隣国が武器を持って一方的に国境線を設定するような状況では、現実的な運用はできないと思います。李承晩ライン1952年に一方的に設定されましたが、日本はその当時非武装で、自衛隊すら1954年の発足でした。そして、竹島は侵奪されたのです。
さらに、韓国は李承晩ラインの設定後、1965年に日韓漁業協定が成立し李承晩ラインが廃止するまで、日本の328隻もの漁船を拿捕し、抑留された漁民は3929人、死傷者は44人です。抑留者は6畳ほどの板の間に30人も押し込まれ、僅かな食料と30人がおけ1杯の水で1日を過ごさなければならないなどの劣悪な抑留生活を強いられました。
これは、平和を愛する諸国民に公正と信義があれば、起こらなかったことです。日本に国防能力があり、これを行使する態勢が整っていれば、防衛できたことだと思います。


日本は、アメリカのような2大政党制にならないと思います。
民主党は、政権を取るために作られた政党で実質は左翼政党でしたから、政権を取った直後から本質が噴き出し、日本を危うくしました。もういらないし、政党が野合する核にもならないと思います。
現在の衆議院は全部で480人ですが、この内の400人が自民党になって、200人規模の2政党に分裂した2大政党になれば2大政党も可能だと思いますが、今は一つの保守大政党と八つの中小政党です。
維新は橋下氏、石原氏と平沼氏を中心とする旧太陽の党の主張が大きくなれば愛国政党になると期待しています。(中山氏と自民党に投票したもので・・・・・)
当分は、二大政党による政治は無理だと思います。

桜子

No title
「日本を取り戻す」=「日本の心を取り戻す」。
ではどうするか、「日教組教育解体」これしか無いと思います。

いくらあらゆる真実を皆さんが発信し続けて下さっても、受け取る心が育ってないのに、それをどう受け取れと言うのでしょう。

我々団魂の世代が育った時代は、私達を育てたその親が戦前の教育を受けていましたから、人間としてどう生きるかを言葉で言わなくとも、親は自分の生き方を通して当たり前のように教えてくれていました。
よって、まだ我々の年代はこうして皆さんが発信して下さるのが心に響くのですが、日教組教育にどっぷり浸かってしまった世代、またこれから浸かってしまうであろう世代には、響く事はないでしょう。

それを誰彼の責任ではなく、今まで放っておいた我々の責任です。
であるなら、「一日一人が何かを考え、出来ることをする」それが責任ではないでしょうか。
「教育を取り戻す」急務です。

余談ですが、先日本屋さんに、ねずさんの本の予約を入れに行った時の事です。
私が店員さんに「ネットでねずさんのひとりごとという人気ブログがあるのですが、その方が出された本が大人気というので予約に来ました」と言って説明したら店員さん、早速パソコンで調べていました。
私のすぐ横に何人かのお客さんもいましたし、すぐ後ろにも何人か並んでいました。

で、何が言いたいかといいますと、私と店員さんのやりとりを、横、後ろにいたお客さんは素知らぬ顔をして見ていましたが、耳だけは確実に聞こえていたはずです。
例えばまわりに十人人いたとして、その中の一人でも二人でもいい次に本屋さんに来た時にねずさんの本を見て、手にしてくれればいいなと思っています。
ほんの小さなことですが、それも拡散の一つかなと思っています。

斎藤一

夢に終わった「日本をとりもどす」
「日本をとりもどす」安倍総理のスローガンに心底共鳴して私たちは自民党議員に票を入れました(比例は中山先生ですが)。日本をGHQ以来のアメリカ植民地政策から脱却させてくれると信じていたのです。

しかし総理になった安倍氏は竹中平蔵などアメリカ財界の利益を優先する新自由主義者を重用し日本の富がアメリカに吸い取られる政策を続々と実行しています。消費税増税はその手始めだったのです。この分ではTPPで日本の産業、福祉制度が壊滅的になるでしょう。日本的精神も損なわれます。

結果的に安倍総理は小泉以来の「日本をアメリカに売り渡す」政権になるでしょう。

団塊の世代の後輩

No title
とてもためになるお話、いつもありがとうございます。私は我が国の古来から人々が追求してきた人の道は“生き方に美意識を持つ”ことと思っております。それゆえに野蛮人どもとの外敵に腐心し、心が汚れる思いにまみれながら“美しき祖国”を死守しようと必死に、淡々と、歴史を積み重ねてきた・・。日本を取り戻すのではなく、先達の方々が築きあげてきた美しき日本を守り、次代につなげてゆくのです!!シナの奴らに負けるものか!!!

名無し

No title
歴史ドラマや歴史小説も日本に悪影響を
与えていますね。信長なんてまるっきり
逆の性格に書かれているものばかり。
中には信長は女だったwなんてトンデモドラマ
さえ出てくる始末。これらのアホなドラマや小説に
対抗するためにはやはり小中高の歴史教育を
史実に基ずいたものにしていく他ないでしょう。
やはり日教組の解散排除が急務です。
中山成彬先生のようなお方が力を持ち
日教組の解散排除が進む事をねがいます。

はっちょもん

応援しましょう
天照大神の、神武天皇の、
悲願でもあると思います。
2500年前の国造り以上のエネルギーをかけて取組むべき課題です。
皆さんも応援、宜しくお願いします。

-

毎日ブログを拝見させて頂いています
いつも大変かと思いますが、
お身体に気を付けて頑張て下さい
応援しています
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク