田母神俊雄航空幕僚長更迭は当然の処置。だが主張は真実。



田母神俊雄航空幕僚長の論文の要旨は以下の通りのものです。

-----------------------------------------------
タイトル「日本は侵略国家であったのか」

1.日本は朝鮮半島や中国大陸に一方的に軍を進めたことはない。
2.日清戦争、日露戦争などによって国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために軍を配置した。
3.我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者だ。
4.日本政府と日本軍の努力で(満州や朝鮮半島の)現地の人々は圧政から解放され、生活水準も格段に向上した。
5.日本はルーズベルトの仕掛けたわなにはまり真珠湾攻撃を決行した。
6.大東亜戦争後、多くのアジア、アフリカ諸国が白人国家の支配から解放された。日露戦争、大東亜戦争を戦った日本の力によるものだ。
7.東京裁判は戦争責任をすべて日本に押しつけようとした。そのマインドコントロールが今なお日本人を惑わせている。
8.自衛隊は領域の警備もできない、集団的自衛権も行使できない、武器の使用も制約が多い、攻撃的兵器の保有も禁止されている。がんじがらめで身動きできない。
----------------------------------------------

どれも事実。
なんのことはない。事実をありのままに語っただけのものといえます。

なのに、田母神氏が更迭となったのは、防衛省内規で、
「隊員が職務に関する意見をメディアなどで発表する際、文書で上司に届けることを求めて」おり、「空幕長の場合、官房長に連絡する必要があった」にも関わらず、田母神氏が論文を「職務には関係のない、個人的な研究内容の結果である」として論を発表したから・・・という手続き上の問題。

自衛隊といえども「軍制」である以上規律は絶対のものであり、空幕長といえども規律違反は許されない。
更迭は当然の処分であるものと思います。軍が規律を守らなかったら、それは野盗の群れと変わらなくなる。だから処分は当然です。

おそらく田母神氏も、こうなることを覚悟の上で論文を発表したのでしょう。
空幕長の要職にしがみつくことなく、正しいことを正しいと述べずにいれなかった氏の誠実なお人柄が、今回の論文発表となったのだと思います。

[航空幕僚長]「侵略国家は濡れ衣」と論文 政府が更迭
[航空幕僚長]田母神氏更迭 過去にも問題発言、隊内に衝撃
(↑この2つの記事はlivedoorニュースに掲載された毎日JPの記事ですが、どちらも、事実を事実として語るきちんとした記事になっていました。よく見たらちゃんと書いた記者の名前が書いていある(笑))

また、↓この記事は同じく毎日JPですが、「事実」と識者の「意見」をちゃんと区別して書いています。
<航空幕僚長>田母神氏「淡々と従う」 識者らは批判

ちなみに、田母神氏は31日夜、東京都渋谷区の自宅前で、論文発表について報道陣に「来週に落ち着いてからお話しさせていただく」と話し、更迭を伝えられた心境は「あとは淡々と政府の指示に従う」と答えたとのことです。
実に男らしく立派な態度といえると思います。
同時にねずきちとしては、氏の発表した論文が、多くの日本人に届き、日本人が日本人としての誇りを取り戻す原動力となってもらいたいものだと思います。
そして、それがおそらく田母神氏が、ある意味命がけで行った勇気ある行動への歴史評価になるものと思います。

この件に関し報道では、識者の「意見」というものも紹介されています。

(1) 軍事アナリストの小川和久さんの話
田母神氏の論文公表は、空自トップとして立場をわきまえない幼児的な行動だ。
内容も非科学的で、自衛隊をはじめ、日本に単純思考のタカ派が台頭しているのではないかとの警戒感を世界に与える恐れがある。
国家の存亡を左右する組織トップの不祥事だけに、厳しく処罰されるべきだ。

(2) 作家の梁石日さんの話
航空自衛隊のトップがあんな論文を書くようでは、本当にシビリアンコントロールが働いているのかと思わざるを得ない。
旧満州や朝鮮半島が、日本政府と日本軍の努力によって生活水準が向上したなど、とんでもない妄想だ。
なぜこのような極右の人物を空幕長にしたのか。こんなことでは日本が本質的に軍国主義から脱していないと、アジアの国々から思われかねない。

どちらのご意見も、「これが『識者』の意見なのか?」と、あまりの程度の低さと、えげつなさにあきれます。

小川和久氏の意見は、氏が田母神氏の論文の「内容に対して」否定的な見解を持つ人であることは察せられますが、「非科学的」、「単純思考のタカ派」等と、感情的なデマゴーグ的反発でしかありません。
肝心の“処分は論文発表の手続き上の問題であり論文内容を否定するものではない”という点を、ことさらに見落としています。
およそ学者にあるまじき低レベル意見です。

作家の梁石日さんの意見も同様ですが、ちょっと違うのは「なぜこのような極右の人物を空幕長にしたのか」と任命責任を問うている部分です。
しかしどこの国に、軍のTOPに愛国心に否定的な見解を持つ者を据えるアホな国があるのでしょうか?そのようなくだらないこと言う梁石日さんという人の見識を疑います。

それにつけても、中山元国土交通相といい、今回の田母神俊雄航空幕僚長の更迭といい、「正しいことを言ったら処分される」という日本の風潮は、どこか変。

いちにちもはやく、正論が正論としてきちんと評価され、正論が国を動かす原動力となる日がきてもらいたいものです。

追記:
本件について、中国・新華社通信が、田母神航空幕僚長が日中戦争を正当化する内容の論文を発表し、更迭されたことについて1日未明、論評抜きで報じたそうです。
これについて、中国政府は正式なコメントを発表していないとのこと。
 (livedoorニュース)<航空幕僚長>論評抜きで報道 中国・新華社
あたりまえです。中国政府がこの件について内容がけしからんとか発表するわけがない。
発表すれば中国政府が「中国人民解放軍の高官が、自国を守るという意識を持つことはけしからん」というのに等しい。つまり中国政府ですら、田母神航空幕僚長の処分は手続き上の処分であるとちゃんと認識しているわけで、せいぜい新華社通信を経由して半端な報道をするくらがセキノヤマです。
そんなこともわからんのは、日本のヒダリ巻きくらいなものといえようかと思います。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

誠実な田母神氏と、これを政局に“利用”しようとする人々

それにしても自衛隊の制服、カッコイイナ♪ (*'-'*)エヘヘ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

hitogoto

はじめまして
日経ビジネスオンラインにおいて
11月5日付伊東乾氏の寄稿「KY空爆長の国益空爆」というのがありました。
考えさせられる内容なので、一読をお勧めします。

ねずきち

みけさんコメントありがとうございます。
日本人である以上、日本が行った行為を日本の立場で見るのは、ある意味当然のことだと思います。世の中には違う意見もあり、異なる意見があるから、熱心な研究が生まれる。
そして長い歴史の中で、なにが正しかったのかが、明らかになる。そういうことだと思います。

鯱美さんコメントありがとうございます。
「彼の思想そのものについてさえも否定的なバカ政府の下で税金を納めるかと思うと、
ほとほとイヤになります。」
↑ソコ、同感(笑)

舞桜さんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!テンプレまでお褒めいただいて恐縮です^^;
華やかに咲いて、美しく散る・・そんな桜の花の美しさが日本人の心として、桜は日本の国花となっていますが・・・最近ではどうも、つつじの方が国花にふさわしくなっているような気もしています。
道路わきで日々車に排ガスを吹き付けられながら、まるでそんなことはなかったかのように、春になると紅白の美しい花を咲かせる。。。まるでいまの日本のような気がしてます^^;

舞桜

同意します。


コメントを返していただけるとは思ってませんでした。♪
 どうも有難うございます。

偏りのない、ねずきちさんのお考え、本当の正論だと思います。
出会えて良かったです。死んでしまったモルモットのねず吉が、
引き合わせてくれた、ご縁だと思います。

新HNの舞桜(まお)を最近考え、こちらにお邪魔して、
ブログの”桜の舞うイメージ”に驚きました。
・・・・これはもう、運命の出会い??^^・・・
これからも学ばせて頂きます、よろしく御指導くださいね。

散る桜残る桜も散る桜(有名な曹洞宗の良寛の歌)

これは満開に咲き誇っている桜の中にも、
やがて散りゆく定めをみる。その生命と死の対比を情景の中に
感じ取ることにより、よりいっそう生命の輝きを強く感じることが
出来るという趣旨だという。
良寛は無欲恬淡な性格で、生涯寺を持たず、諸民に信頼され、
良く教化に努めた。難しい説法を民衆に対しては行わず、
自らの質素な生活を示す事や、

簡単な言葉によって一般庶民に解り易く仏法を説いた。
その姿勢は一般民衆のみならず、様々な人々の共感や
信頼を得ることになった。

良寛は「子供の”純真な心”こそが誠の仏の心」と解釈し、
子供達と遊ぶことを好み、かくれんぼや、手毬をついたりして
よく遊んだという(懐には常に手毬を入れていたといいます)。

鯱美

支持します!
田母神氏の論文よりもずっとずっと前に、極東裁判時の「パール判決書」なるものがありました。

この誰の思想にも意思にも邪魔されない崇高な判決を下したインド人がおられたことを
日本政府はもっと学ぶべき。

ハル・ノートと呼ばれる、果たし状を突きつけられたのは日本。

「むりやり引きずり込まれた」こんなにもキッパリ言い放った政治家など、他に居ませんよ。

上層部の許可を得なかったことに対しての処分がなされるのは仕方ないですが、
彼の思想そのものについてさえも否定的なバカ政府の下で税金を納めるかと思うと、
ほとほとイヤになります。

みけ

自分は 田母神俊雄氏 の論文正しいと思う。日本の政治家が、あの戦争を総括しないから彼がかわりにしただけ。日本の政治屋はクソ!

ねずきち

kameichiさんコメントありがとうございます。
どういう理由であれ、軍律違反は処罰の対象です。当然のことだと思います。どこにも口頭で良いとは書いてない。
雑誌への投稿は、おっしゃる通り幕僚長という立場からくるインパクトで、途中で潰されたでしょうね。
これが田母神氏にとって、もっともよい方法だったのだろうと思います。

舞桜さんコメントありがとうございます。
ボクも、中韓について、このブログでいろいろ書かせていただいています。また同時に、10月16日の記事「あきれはてた朝鮮日報の社説・・・これってどうなん??」にも書かせていただきましたが、ねずきちは、韓国人だからといって差別とかする気はぜんぜんないし、隣人とは協力しあい仲良くふつうに交流できたらいいなって思っています。
しかし、たとえ友人であっても、間違っていたり、わがままな言い分を言い張っていたりしたら、親しい相手でも、それは迷惑です。
昔からよく言われることですが、「お中を空かせている人にパンを与えるのはたやすい。しかしそれ以上にたいせつなのはパンを得る努力や方法を教えることだ。」
アフリカの最貧国が、いっきに経済大国になるくらいの巨額の資金援助をこれまでずっと日本からもらってきたのに、その恩を知らず、国内では日本人=悪人と教え続け、日本が黙っているのをいいことに日本国内の情報操作にまでカネを使い、カネに困るとまた、日本の横っ面をひっぱたいて、また資金を出させる。
そういう韓国の、国としての在り方に、納得できないものを感じているのです」
多くの中国・韓国の良心的な方々は、政治の妙にねじ曲がった主張の偏向を決して快く思っていないと思います。それは、田母神氏の論文を内容の正誤とはかかわりなく、一方的に「異常な内容だ」「政府見解と異なる」とデマゴーグを並べられたとき、おもわず眉をしかめてしまうのと同じではないかと思うのです。日中韓が、それぞれ、普通に互いの尊厳を認め合いながら接することができる、一日も早くそういうふうになってもらいたいと思っています。

舞桜

はじめまして。

まわりの国からの危機を考える時に、日本を守ろうと
声をあげる人が増えたのは、とてもいいことだと思います。
しかし、だからといって、国内にいて生活する、すべての
在日の人とか、中韓の人に憎しみを持ち、見下して
悪人と煽る風潮は、先進国としても世界では恥ずかしいことだ
と思っています。

偏見もって情報を流すことは、悪への加担で、それは
暗い憎しみがの想念が中韓のように広がっていきます。
つい、慣れで自分も偏見もって、普段口にしてしまう事が
ありましたが、嫌な言い方をする、とその相手の反応で、
気が付きました。

日本人の誇りを汚さないためにも、言葉も整え、誠実に
生きることは大事だと思いました。こころが大切。

こんな考えを持っています。よろしく御願いします^^♪

kameichi

はじめまして。

私も田母神氏の論文の中身は正論だと思っていますが、世の中には、こういう考えは頭から拒否という人が多いようですね。

田母神氏が文書でなく口頭でしか了解を取らなかったのは、以下の2つの理由だと思います。

1.規程上は文書で了解を取ることになっているが、口頭でOKという形で運用している。(もちろん、これ自体問題なわけですが)

2.恐らく正式な申請フォームで申請すると、論文の内容が事前に上に把握され、許可されないことが想像できた。

アパの論文じゃなくて、もっと一般人の認知度が高い雑誌での発表もできたかもしれませんが、それぞれの編集部の中にスパイのような人間がいて、おそらく発表までたどり着けないと考えていたのかもしれませんね。

ねずきち

moharizaさんコメントありがとうございます。
左であれ右であれ、意見というのはいろいろあって、それでいいのだと思っています。
ただ、自己の意見を通すためにウソを言ったりしたら、それは卑怯。イケナイことだと思います^^

智太郎さんコメントありがとうございます。
リンクとコメントさせていただきましたよぉ~^^

智太郎

見えない障害と闘いながら・・・
自伝ブログも【サラリーマン編】突入しました!・・・・はじめまして・前妻は「膠原病」(他界)・自分は「脳挫傷」・母は「脳梗塞」(2級障害者)姉(長女)は「小児麻痺」(2級障害者)として誕生し、我が家は障害家族の様・・でも、笑顔・絶やさずに頑張ってます。・・自分は静岡県駿東郡在住 先月40歳になりました。 現在は建築現場監督休業してますが・18歳時、大学合格後・交通事故にて脳挫傷で1ヶ月意識不明・・CT検査(脳の断面レントゲン)では脳が半分に・・ 人からは分かりにくい障害持ち奇跡の復帰!しかし.社会に出て絶えない苦 労ですが、楽観主義で闘ってます!よかったら自伝ブログも【学生編・事故発生の始め】
 http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-1.html
【サラリーマン編!智太郎!入社式まで】 http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-231.html
から読んでやって下さると嬉しいです。自伝写真・面白画像・動画・可愛い画像も多彩に付けてますので、楽しんで見て下さい。<m(__)m>尚、よろしければ、お返事・御意見等、いただけたら、幸いです。待ってます <m(__)m>








mohariza

自衛隊員は、「気概」が大事!
私は、所謂、戦後教育のせいで(?)「さよ(左)」的志向で、田母神氏の意見は、全面肯定ではありませんが、
(立場上は「公」かも知れませんが…、)個人の「言論」に一々、異論(難癖)をつけては、個々人の自由に発言する機会を奪うと思います。
自衛隊内に、様々な意見を持っている人がいてもおかしくなく、その意見は、ある種「うよ(右)」的には、「的を得て、正論」と思います。自衛隊員としては、そのような「気概」を持つことは、当然と思います。

(「自衛隊は領域の警備もできない、集団的自衛権も行使できない、武器の使用も制約が多い、攻撃的兵器の保有も禁止されている。がんじがらめで身動きできない。」は、自衛隊員としては、「憤懣」やりきれない事項と思います。
…日本は、「平和ぼけ」しているので、現実の「危機感」が欠けていると思います。そして、政治家・官僚は、ずっと、「媚びへつらう」外交ばかりしていて…。)

問題は、少しでも違った「異論」を排除し、それで、物事(全体)が治まると思っている風潮と思います。
(私は、「異論」をも含んだ集団が、本当は、機能する集団だと思っています。)

気概を持った「軍(自衛隊)」を、「シビリアン・コントロール」することが、一番大事だと思います。
「気概」が無い「軍(隊)」は、「軍隊」ではありません。で、なければ、自国防衛も覚束ないと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク