戦後のわが国の歴史認識

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

紀伊国屋新宿南店
紀伊国屋新宿南店


おかげさまで、ねず本、紀伊国屋新宿南店、人文の週間ランキング2位になりました。
有隣堂本店では、総合ランキングで4位です。
みなさまの応援のおかげです。
ありがとうございます。

戦後のわが国の歴史認識は、
1 共産主義に基づく「階級闘争史観」によってもたらされた《対立と闘争》への誘導と天皇の否定
2 GHQによってもたらされた「自虐史観」による《贖罪》意識の刷り込み
3 戦後左翼系学者によってもたらされた「自閉史観」による《批判と犯人探し》
によって構成されています。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


「階級闘争史観」は、みなさまよくご存知の通りです。
歴史を支配者と被支配者という対立の構図として描き出す歴史認識です。
すべての歴史は、支配層=豪奢で優雅な生活、被支配層=被差別と貧困、という二律相反であり、あたかも被支配者の側、つまり弱者の側に立つことが、あたかも正義であるかのような錯覚さえももたらします。

なるほど、西洋史や中華文明史においては、まさにそのような側面が現実にあったことでしょう。
けれども日本は、7世紀には確実に中華文明圏と決別しています。
20世紀初頭(1910年)まで、支那の属国だった朝鮮とは違うのです。

世界史の年表を開きますと、ヨーロッパ諸国では、次々と様々な王国が興り、そして滅亡していきました。
そして滅ぼされた王国では、前の時代の王族や貴族たちは、都度、皆殺しにされています。
なぜそのようなことが起こったかといえば、それは外来征服王朝だからです。
外国人がやってきて、その土地に住む民衆を支配し、収奪し、人々を私有民として私物化し、奪い、殺害していたという歴史があります。

これは支那も同じです。
支那でもっとも人口の多いのは漢民族ですが、漢族が建てた王朝というのは、紀元前にあった漢王朝くらいなもので、あとはことごとく外来王朝です。

日本では、昭和とか平成とかの元号を、あたりまえのように使っていますが、これは日本が独自に定めた元号です。
ところが、ほんの少し前まで、中華文明圏では、中華王朝の定める元号が使われていました。
朝鮮半島は、中華王朝の属国としての新羅王朝、高麗王朝、李氏王朝が立ちましたが、いずれも外来王朝であり、しかも使っていた元号はずっと支那の元号です。

ところが日本は、大化元(645)年以降、ずっと天皇が定める元号を用いています。
独自の元号を持っているということは、明確に中華文明と決別し、わが国の自存独立を明確に認識し、わたしたちの国を、中華王朝と対等な国家として認識したということです。
つまり元号というのは、わたしたち日本人にとっての矜持(きょうじ)です。

日本は、古代からずっと、天皇と国民が一体となって歴史を紡いできた国です。
一本一本は細い糸でも、紡げば丈夫になります。
それが良いこと(吉)だから、これを「結(ゆ)い」といいます。

先日、日本史検定講座の第四回講義があり、高森明勅先生の講義があったのですが、ここで先生が、「天皇の存在を江戸時代の国民は知らなかった、明治時代にはいってから明治政府が学校教育で教えたのだと、大嘘を教えている学者がいる」というお話をされていて、びっくりしました。

いわれてみれば、たしかに私なども学生時代、あるいは社会人になってからもですが、学校で、あるいはテレビの時代劇や小説などで、「江戸時代の各藩は『国』であり、江戸時代の日本は藩という単位で独立した国家であり、その意味で江戸時代の日本は、いわば『独立国家共同体』であった」かのような説明を、何度も目にし、耳にしています。
とんでもない大嘘です。

なるほど、藩のことを「国」と書いていたのは事実です。
その独立国家である藩(国)を紡いでいたのが「天下」です。
「天下」は日本全体を指し、その頂点におわすのが天皇です。
だから江戸の昔は天皇のことを「天子さま」とお呼びしました。
「天子さまの下(もと)」だから「天下」です。
これが日本そのものを指します。

藩は、税を集める共同体だから、それを国(藩)と呼びました。
ですからこれは独立行政単位であって、天下とは異なります。
そして元号は、藩を超えて天下に共通していました。
ちなみみ地球全体は「世界」です。


ところが、これまたびっくりしたのですが、学校の教師などで、「江戸時代には天皇の存在を庶民が知らなかった」などと、とんでもないデタラメを教えている教師がいるというのです。

だったら、ひな祭りは何でしょうか。
ひな人形の「男雛」と「女雛」は、誰がどうみても将軍とその妻ではありません。
武家のお殿様なら、すぐ脇に小姓や太刀持ちがいるものです。
けれど、お内裏様は、そもそも刀すら腰にしていません。
太刀持ちはいても、女官たちの下です。

ひな人形のお内裏さまが天皇皇后両陛下を指していることは、今も昔も誰でも知っています。
そもそも男雛は、頭に長い冠をしていますが、これは「御立纓冠(ごりゅうえいかん)」といって、天皇にのみ許されている冠です。

御立纓冠姿の明治天皇
御立纓冠姿の明治天皇


最近では、核家族化が進んだことから、家に女の子がいても、あまりひな祭りをされないお宅が増えました。
そのためお内裏様が天皇皇后両陛下であることも知らない方が増えていますが、それは核家族化が進んだ、つい最近のことです。
すくなくとも昭和の中頃までは、どこのご家庭においてもひな祭りはごく一般的な習慣だったし、女の子のいるご家庭なら、毎年のひな祭りがとても楽しみなものでした。
そういう意味では、むしろ現代人の方が、よっぽど天皇の存在をわかっていない。

また、お正月といえば、江戸の昔から「かるたとり」が定番でしたが、この「かるた」も、江戸の昔はイロハかるたではありません。
百人一首です。
その百人一首の一番は、天智天皇の御製です。
 秋の田の かりほの庵の苫をあらみ
 わが衣手は露にぬれつつ

ちなみに最後が百番の順徳院で
 百敷(ももしき)や古き軒端のしのぶにも
 なほ余りある昔なりけり

つまり、いまどきの子供たちよりも、江戸時代の方が、はるかに子供時代から天皇という存在に親しんで来たということです。

さらにいえば、赤穂浪士の物語は、およそ昔の日本人なら誰もが知る定番ですが、事件の発端となるのは、勅使下向の接待役のトラブルからです。
勅使「下向(げこう)」です。
江戸の将軍が毎年、新年のお祝いの使者を京都にのぼらせる(上洛)させるので、その答礼として天皇から江戸に勅使が「下る(下向)」するのです。

そんなものは、江戸庶民にとって「いちたすいちはに」と同じくらいあたりまえのことでさえあったのです。

もっというと、江戸の直参旗本たちは、全国に藩を持つ大名とおなじく「お殿様」と呼ばれる人たちでしたが、その領地は「藩」とはいいません。「知行地(ちぎょうち)」です。
知行地は、徳川家の領地であり、旗本たちはその一部を治めている関係だからです。

次に(2)GHQによってもたらされた「自虐史観」による《贖罪》意識の刷り込みです。
これはあえて語るまでもないことだと思います。
なんでもかんでも日本が悪いと考える。
なにせ日本国憲法に、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」などと書いてあるわけです。
その「平和を愛する諸国」というのは、どこの国のことでしょうか。
戦後の68年の間に、その「平和を愛する諸国」で、一度も戦争を経験しなかった国は、どこなのでしょうか。
むしろ「平和を愛する諸国」というのは、まさに日本そのもののことといえるのではないでしょうか。

そしてこの「自虐史観」の説明をなしているのが、(3)戦後左翼系学者によってもたらされた「自閉史観」による《批判と犯人探し》です。

ねず本でもご紹介した、秀吉の朝鮮出兵とスペインの世界制覇、あるいは幕末戊辰戦争と米国の南北戦争の関係性、あるいは竹島問題が、実は李承晩ラインと朝鮮戦争と切ってもきれない関係にあることなど、みなさまから「目からウロコ」とご好評いただきましたが、個人の会社勤めや家庭生活が、同僚や妻子との関係性の中で営まれるのと同様、国家も周辺諸国との関係のなかで営まれています。

先の大東亜戦争にしても、明治維新当時の世界は、白人が統治する世界は、世界の地上の35%でした。
それが、大東亜戦争開戦当時には、白人が統治する世界は、世界の地上の85%に及んでいます。
そうした中にあって、有色人種でありながら、白人諸国と対等な国家たらんとした日本が、欧米列強と最終対決に至ったのは、ある意味、歴史の必然とさえいえます。
世界の85%を支配した大帝国群と、日本は貧しくとも誇りをかけて戦ったのです。

そしてその結果、世界の有色人種国はことごとく独立を果たし、そしてまた白人諸国も、有色人種から収奪するのではなく、対等に接するということを学び、現代に至っています。
現代の世界秩序を日本がもたらしたとまではいいませんが、人種の壁を越えて人と人とが対等に付き合うことの素晴らしさを、世界に向けて高らかに謳い、それを実現したのは、間違いなくわたしたちの若き日の父祖たちです。

ところが、戦後の教育界やメディアは、階級闘争史観、自虐史観、自閉史観に合わないものは、ことごとく排除し、なかったことにしてきました。
3つのデタラメ史観によって、事実までもが書き換えられてしまったのです。

そしてこの3つの史観しか存在が認められていないという現代の日本社会にあって、これを根底からひっくり返すには、ただ頭ごなしに「間違ってる!」と言ったところで、あたりまえのことですが、誰もそれ以外の歴史を知らないわけですから、相手にされないわけです。

現実問題、戦後においては、実際に高級軍人としての教育を受け、戦地を経験して来られた元軍人の方々でさえ、黙らざるを得なかった、そこまで追い込められていたというのが実情です。

3つの史観は、どれも実は矛盾だらけです。
すこし考えれば、その怪しさがすぐに見えて来ます。
けれど、だからといって、怪しいという理屈をいくら並べてみたところで、誰もわからない。
目も覚ましてくれない。
「そういう考え方もあるね」のひとことで終わりです。

これを突破するには、なにより感動が大切です。
人は感じて動くからです。
ねず本は、そのための本です。

感じていただくためには、わかりやすくなければなりません。
「そうだったんだ!」という驚きから感動し、その感動の隙間から、歴史に対する見方ではなく、日本人に対する理解そのものを変えてしまうことです。
日本人としての心は、三途の川と同じです。
いちど目が覚めたら、二度ともとの左翼には戻らない。

この本が、100万人に読まれれば、日本は変わる。
私はそのように信じています。


※今日の記事は、つくる会主催「日本史検定講座」における高森明勅先生の講義をもとに、私なりに感じた点を書かせていただきました。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ポッポ

No title
戦後の日本の歴史教育は、まさに日本を亡国に向かわせる方向付けをされていたと思います。
教科書と教員が協力して日本を潰しに掛かるのですから、教えられる子供の立場としては、とんでもない方へ行ってしまうのも止むを得ないことです。
戦後教育では三つの史観に基づく歴史を教育され、そして教育効果を確認されたのです。

これからは、正しい歴史観に基づく教科書を用いて日本の国史を教育し、その効果を様々な試験によって確認しなければならないと思います。
そして、その教育には、正しい歴史認識をできた教員が行わなければなりません。



ところで朝鮮通信使のことですが、考えてみると朝貢使の一種ではなかったでしょうか? 

義務教育の授業において、朝貢は属国が宗主国に貢ぎ物を持って行き、その帰りには宗主国が、それ以上の価値を持つ土産を持って帰らせると習いましたが、どうもこれはおかしい。
本当のところは、朝貢国が宗主国の機嫌を取るために、できる限りの貢ぎ物を持って行き、宗主国は適当(その国にないものを選んで)に朝貢国に持って帰らせたのではないか。属国は、自国にないものを貰ったから、ことさらに喜んだのだろうと、考えています。

中国の場合は、北方の部族が中国に侵入して荒らすのを止めていただくため、侵入者の部族には中国から貢ぎ物を持って行ったと思います。
何の危険もない朝鮮などからは、目一杯の貢ぎ物を取り立てたでしょう。

それから、朝鮮通信使は十分な供応をして、土産物も日本から持って帰らしたことからなぜなのかと思いましたが、江戸城へは裏口から入っていることから、朝鮮が徳川幕府へ朝貢していたとしか考えられないのです。
もし、対等か朝鮮が格上ならば、徳川幕府は朝鮮通信使を出迎える際には正門又は専用の門を建築し、出迎えに際しては三跪九叩頭でなければ承知しなかったはずだと思います。

古希のネトウヨ

タブー
村山政権の時に神戸の震災があった。
管政権の時に今回の大震災があった。
災害の大きさが 政権の売国度合いに比例している。
安倍政権になって伊弉諾の神は太平洋をかき混ぜて遙か洋上に新しい島を造営して下さっている。
このネットの中には 国を思う若い男女がひしめいている。
明治維新を成し遂げたのはびっくりするほど若い人達だった。
団塊の世代も殆どが社会の第一線から脱落した。
「NHK解体」の文字が国会議事録に残る時代になった。
GHQが残したタブーが徐々にではあるが 破られてきた。
急がない。しかしこの歩みは止めない。
間違って シナに力をつけさせてしまったのでこの戦いは果てしなく続く。これからは夢夢日中友好など思ってはならない。
アメリカをはじめとする白人世界は敵にしないようにして、原爆倍返しの権利は当分行使しないことを伝えておこう。
核装備を平気で口に出来る世の中になったが、日本人が真に願っていて有ればよいと思っているのは、核を無力化する兵器ではないだろうか。
日本の原爆開発は戦争中確か仁科研究所で行われていて、遠心分離器の数が足りなくて物量に勝るアメリカに先を越された。高校の時 化学か物理の教師が言っていた。
最近は 昭和天皇の御命令で開発を中止したと言う事を聞く。
極 最近聞いた話で アメリカの知識人と言われる人が 20世紀で最大のイベントは何かと問われて、2発の原爆でWW2を終わらせたことと答えるそうだ。
原爆投下を正当化する白人の知性と、原爆開発を止めさせた天皇。このことは世界に喧伝すべきと思うがいかに。
それでも尚 天皇をなき者にしたいというか。ユダヤ人メ。
南アフリカの故マンデラ氏の葬儀に100余カ国の首脳が集まるそうだ。勿論オバマも行くが、日本からはなんと皇太子殿下が参列されるという。世界の誰が来ようと 日本の皇太子殿下に勝る参列者はいまい。
マンデラ氏やオバマ氏がそれぞれの国で大統領になれたのは人種差別撤廃を掲げて戦った日本の働きによること大であることを日本人が知ることが大事なことである。
未来もすごくなければならない 日本人。
私の歴史認識の一旦です。


一有権者

No title
本当に何とかしなくてはならないと思う日教組や左系学者の嘘の教育を。

このような連中の嘘を暴いて白日の下にさらけ出し二度とうそをつけないようにしないと本当に日本の国が無くなってしまうと思います。

樅村矢馬児

勲章
新しい教科書をつくる会の先生方や小名木先生に国から勲章が与えられるべきだと思っているのは、私一人でしょうか?沢山の人達が同じ考えだと思います。

団塊の世代の後輩

No title
以前、我が国は大東亜戦争において昭和20年8月15日に敗戦し、さらにアメリカや在日どもの謀略による洗脳によって、自国民が国家の存在すら否定する体制をすりこまれることによって二重の敗戦をしてしまったと聞いた記憶があります。しかしその呪縛は売国民主政権の崩壊をもって解き放たれたと確信しております。マスゴミは相変わらず偏向報道を続けておりますが、もう日本人は騙されないぞ!!

博多のおばぁ

すすきと未来の子供達へ
博多に帰宅途中 いつもは タクシー使いますが 道すがら すすきを見つけ徒歩で近隣の駅へ おばぁに出来る事 は (がんばれすすき~!) 博多までといわず… あらゆる所に 種をふり巻き です ( すすきを フリフリ ~フリフリ~フリフリ ~広がれ~すすきがんばれ日本人~) おばぁの出来る事これくらいしかありません 親戚縁者皆は 東大 早稲田 慶應 なんだか私だけ 落ちこぼれ~なの…おばぁですが… 井口博士や皆様に出会えた文明の利器パソコンに感謝 遅いかも…ですが 未来背負う 子供達に しっかり 本当の歴史を 伝えて頂きたいです 因みに すすき2メーター せいたかあわだちそう …50~60㌢でした がんばれ日本人 目覚めよ 日本人です

魔除けに牛島辰熊

ふと・・
将軍のお膝元を自慢していた江戸っ子が維新の頃に、
「公方様の言い付けなら背く事もあろうが、禁廷さまなら仕方ない」と言ってたり、
遷都の際に「天子様の御尊顔見たさに野次馬大勢押し掛けたものの、見たら目が潰れそうで見れなかった」とか言ってた話を思い出しました。 
某見聞記録(名前忘れた)によれば、当時の庶民はまるで神社か神棚拝むが如く両手合わせて拝んでたそうですが、
そりゃいつも拝んでる近所の神社の総元締め・生ける神様がやってきた!って感覚でいた訳だからそうなっちゃうでしょう。 
かような徳川時代人と比べ、現代人は朝廷に対する尊崇の念が希薄になってしまいましたが、敗戦までは普通に目が潰れる的感覚が残ってたようです。 
「神社に対してバチ当たりな事は出来ない」という感覚がそのまま皇室に対してもあったはずなんですが、
残念ながら現代日本には「バチ当たりを正義だと履き違えたバチ当たりども」が白昼堂々大きな顔して抜扈しているようです。
彼らの御家族には申し訳ないですが、時々「○ねばイイのになぁ」などと思ってしまいます。 
いや、そんなバチ当たりなこと思っちゃいけないですね・・(嘘)

にっぽんじん

対中政策
尖閣諸島の領土問題で中国は次第にエスカレートしています。中国のやり方は「一歩踏み出し、相手の顔色を窺って次を踏み出す」です。一歩踏み出した時に怯めば必ず次の一歩が出てきます。

青山繁春さんが「中国の尖閣政策に関する極秘情報を日本政府が入手している」と言っています。中国はその戦略に沿って行動しているということです。

この発言は何を意味するのでしょうか?
本来なら「秘密情報」です。青山さんの発言に、何故重大なことを公言したのだろうかと最初は疑問に思いました。

それを日本政府に代わってあえて公言したことは、「中国の戦略はわかっているぞ」という中国への暗黙のメッセージではないでしょうか。

そうすることで「中国の次の一歩」に忠告したのではないかと思われます。が、どうせ公言するのならもう一歩踏み込んではどうでしょうか。

入手した中国の尖閣戦略を国連の場で公表し、「中国の行為は日本領土の侵略行為」だと訴えるのです。

中国は「尖閣は中国領土」だと主張しながらも「日本の訴えは根も葉もない嘘だ」と否定するはずです。国連で否定した以上は次の一歩を出しにくくなります。






コージ

No title
ブログ「余命3年時事日記」の「かずくん」さんの
体調が悪化しているようです。

この方やねずさん、大先輩諸氏の
憂国の志は、今を生きる私たちがしっかり継承し
これからの日本を担う若者たちに伝えなければ
なりません。

とはいうものの40余年の惰眠を貪った自分に
なにができるやら、、、、
せめて弾除けにでも使って頂けたら

なんて言っていたらねずさんにも怒られそうですね
自分も自分の周囲に真実の歴史を発信して
多くの日本人の洗脳を解除したいと思います。

このブログを読まれている皆様にも
それぞれの周囲で行動を起こされた方を
応援して頂けるようお願い申し上げます。

じょあ

No title
今日も大変ためになるお話し誠にありがとうございました。

さて、お話しの途中で知行地の話がありました。
日本を藩でわけても分けられない所があるというくだりが今仁津理解できませんでした。
もしまた何かの機会がございましたら解説頂けると幸いです。

本、私も買いました。
読み終わったら親にプレゼントしようと思います。

それではこれからも頑張ってください。

junn

No title
パチンコはやる方が悪いのか ~怖いサブリミナル効果~

http://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/34141385.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク