日心会中部勉強会のお知らせ

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

戸塚先生講演会チラシ0108


1月12日(日)日心会中部の第13回勉強会を開催します。
講師には戸塚ヨットスクールの戸塚校長をお呼びして教育についてお話を伺います。

日時 1月12日(日)
場所 南生涯学習センター 視聴覚室
   名古屋市南区東又兵衛ヱ町5-1-10
時間 14時~16時
参加費 500円
お問い合わせ 080-5111-9760(岡崎)

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


かつての武家の教育や、数多くの偉人を出した日本の軍隊教育は、まさに「強制」する教育でした。
特に男児の場合、これは筋肉を鍛えるのと同じで、正しく苦痛を与えられれば与えられるほど、強靭な精神が養成されます。

教育荒廃が問題になって随分と年月が経過していますが、戸塚先生のヨットスクールでは、たしかにたいへん残念なことに1件の訓練中の事故死はあったものの、800人を超える問題児を立派で活き活きとした社会人として更生させているという事実があります。

一方、怠惰と責任逃ればかりの現代教育は、広く広汎に行われていながら、イジメなどによる自殺が後を絶たず、更正も見られません。

先日、某紳士服店に行ったときに驚いたのですが、たまたま来店していた母親と息子の二人連れ客。
店員が、「これなどいかがでしょうか?」と息子に背広を進めると、息子は、「ママ、これどう?」
二つの商品のどっちかを選び出したら、「ママ、選んでよ」
大学生くらいの年齢の男の子ですが、近くにいて関係ないコチラがいらいらするくらい、服を自分で決めれない。
これがあの勇敢だった日本男児なのかと思うと、情けなくなりました。

いまの日本の何が問題なのか。
戸塚宏校長先生から、先生の教育を通じての持論を展開していただきます。

中部地区の皆様、是非、足をお運び下さい。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

桜子

No title
たしか、こちらのブログのコメント欄だったと思います、「現代版童話、猿蟹合戦の最後のオチが、悪い事をした者もされた者も(悪い事した者が謝った)仲良くお手つないでおしまい、驚きました」と言うコメントを拝見した事があります。
えーっ、まさかと思っていましたが、最近姉からも同じ事を聞きました。

現代版猿蟹合戦では「どんな重罪を犯しても謝りさえすればチャラですよ、謝ったら何をしてもいいんですよ」って教えているのと同じです。
これでは何が悪で何が正しいのか解からなくなってしまいます。
これでは、犯罪なんて増えても減りはしないでしょう。

問題はそれをおかしいと感じないで、我が子に話し聞かせている親達がいる事です。
このような本を読み聞かせ、勿論、素直ないい子に育ってもらおうと親の願いを込め、読んで聞かせているのでしょうが、結果、将来我が身に降りかかってくるとは思ってもみませんでしょう。
また、一番問題なのは、そのような本を出版しているという事です。

自分の欲求を満たす為に安易に犯罪に走り、それも凶悪犯が増え続けている昨今です。
「今の世の中おかしい、どうかなってる、なぜこんな事件が起きるんだろう」などと言う人が私の周りでもいます。
このような事を言うという事は、このような事が起こる本質が解かってないと言う事です。
本質が解かっている人は最後に必ず、「教育がおかしい」と言います。

解かってない人に私はすかさず、「当たり前でしょう、こんな教育して何でまともな子供が育ちます?何でと言う以前に教育を変えるのが先でしょう」って物申します。
人からどう思われようが平気です、日本の将来を担う子供達のほうが大切です。

人間の善を教え、犯罪を抑止するのが日本古来の神話、童話です。
つまり、全ての始まりは教育なのです。

そういう意味において、今回の勉強会の盛会をお祈りします。

余談ですが、喫茶店でコーヒー飲んだと思えば安いものですね、こちらは心の栄養付きです^^。

下水油

残念です
ねずさん、いつもありがとうございます。うーん12日は公用で拝聴出来ません。動画アップお願いできたら幸いです。
ところで、ねずさん本、まだ田舎の大きな本屋に並びません。何らかの圧力統制がかかっているのでしょうか?

-

更新ありがとうございます。
首相の靖国参拝以来、中国が比較的静かに沈黙しているのが不気味ですね。 フジテレビの不謹慎極まりない地獄絵図のポスターと言い、何を仕出かすかわからないので、要注意だと想います。ともかく日本国を護る国防意識をしっかり持って、馬鹿番組を観ない様に致します。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク