誇りを取り戻す



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

八幡太郎義家
八幡太郎義家


ねず本にも書いたことですが、永承6(1051)年に始まる「前九年の役」における八幡太郎義家(源義家)と、安倍貞任(あべのさだとう)の歌合戦は、日本的精神を考える上でもたいへんに貴重な物語といえます。

「前九年の役」というのは、陸奥の豪族である安倍一族(安倍晋三総理のご先祖です)が時の国主に反抗した起こした反乱です。
この討伐軍のリーダーが八幡太郎義家(源義家)です。

八幡太郎義家は、武芸の神様である八幡神(やはたのかみ、はちまんじん)を異名にとるくらいですから、ものすごく武勇に優れた人でした。
とりわけ弓は強くて、三枚重ねた鎧(よろい)まで撃抜いたというくらいですから、まさに豪腕です。
ですから別名を「天下第一武勇之士」ともいいます。


この義家が、敵の大将の安倍貞任(あべさだとう)を馬で追いかけていたときです。
逃げる貞任を義家が追います。

義家は、貞任に「衣のたてはほころびにけり」と下の句を投げつけます。
すると貞任は、振り向きざまにっこり笑って
年を経し糸の乱れの苦しさに」と、上の句を返しました。
その返歌の見事さに、義家は構えていた弓を降ろし、貞任を逃がしてあげました。
義家と貞任の歌問答としてたいへん有名なお話です。

最近の学者さんたちの解説を読むと、そこには、表現こそいろいろあるものの、簡単に言えば、義家の「衣のたてはほころびにけり」というのは、逃げる貞任の服装が乱れていたことを指摘したものであり、
貞任の「年を経し糸の乱れの苦しさに」は、衣服が古着だからねえ、と答えたと書いてあります。

要するに、服装を乱して丸くなって逃げていく貞任が、衣服が乱れているのは、「これは古着だからねえ」と答えたから、見事な歌だった、というのです。

しかし、これはおかしな解釈です。
仮にも一軍の大将です。
それが古着だからねえと見苦しい言い訳をしたという、そんなくだらない話のどこがどう歴史に残る名場目宴の歌問答なのでしょうか。後世に至る名場面として語り継がれる物語なのでしょうか。

全然違うと思います。
この歌合戦には、天皇の民という日本の根幹となる思想の流れがあるのです。
そこのところを見逃す、または故意に否定しようとするから、おかしな解釈になるのです。

どういうことかというと、義家も貞任も、武門の大将です。
そしてその武門の大将というのは、天皇の民を預かる者です。
そういう気概のもとに、彼らは戦っているのです。
そこを理解すると、この歌問答からは、まったく別な物語がみえてきます。

はじめの義家の
「衣のたてはほころびにけり」
という下の句は、これはもうマンガの「北斗の拳」のケンシロウの名セリフ、「お前はもう死んでいる」と同じものです。
義家は弓の名手であり、その剛弓は三枚重ねた鎧(よろい)さえも撃抜くほどの威力であって、しかも狙いは正確です。
その義家が、貞任にピタリと狙いを定めたのです。
弓を引き絞って「貞任、おまえの衣のたてはほころびにけり」、つまり「お前はもう死んでいる」と声をかけたわけです。

これを聞いた貞任は、馬をとめ、振り返ってニヤリと笑い、
「年を経し糸の乱れの苦しさに」と上の句を詠みました。

この上の句が何を意味しているかというと、「300年続いた律令体制が崩れ、国司などの横暴に、多くの天下の公民たちが苦しんでいる。その『苦しさ』のために、俺たちは立ち上がったのだ」という意味です。

和歌というものは、上の句と下の句が、いわば三角形の底辺の角の二点です。
その二点を詠むことで、三角形の頂点の一点を指し示す知的技術です。

義家は下の句で「お前はもう死んでいる」と詠んだのですが、安部貞任が「年を経し糸の乱れの苦しさに」と上の句を詠んでしまうと、この上下の句が示す三角形の頂点は、当初の義家の「つもり」とはぜんぜん違う意味になってしまうのです。

義家は、あくまで安部貞任が「お前はもう死んだも同然だ」と呼びかけました。
これに対して、安倍貞任は上の句でえ、「年を経し糸の乱れの苦しさに」、つまり、「それは律令体制が長年の間にほころびて民が苦しんでいる。だから俺たちはたちあがったのだ」と上の句を返しました。

律令体制が構築されたのは7世紀のことです。
前九年の役が起きたのは、11世紀の終わり頃のことです。
長い年月の間に律令体制はほころびてしまい、いまや民が苦しんでいる。律令体制が死んでしまっているのだ。だから俺たちはたちあがったのだ」と、上の句と下の句が示す頂点は、「安部貞任が死んだ」のではなくて、律令体制の死を意味することになってしまいました。

先に下の句を詠んだのは、源義家です。
ですからそうなると、律令体制の保持を目的として討伐軍の大将となっている義家自身が、逆に律令体制のほころび(死)を認めたことになってしまう。

要するに、義家の投げつけた「お前はもう死んでいる」にを受けて、律令体制の各種矛盾が表面化した世相を上の句として瞬時に詠みこんだ安倍貞任は、義家の下の句の意味をまるで違ったものにしてしまっただけでなく、安倍一族が何のために戦っているかという戦いの目的までも、明らかにしてしまったわけです。

当時の武門の長というのは、新田の開墾百姓たちのリーダーです。
そして新田の開墾百姓たちは、まさしく天皇の民、「おおみたから」です。
したがって、義家も、貞任も、その誇りを胸に戦っています。

だからこそ、義家は「見事な男だ。俺の歌を瞬間に違う歌に変えてしまった。しかもあいつは民のために戦っている。それなら志の根は、俺と同じだ。殺すには忍びない男よ」ということで、つがえていた弓を降ろし、貞任を逃がしたわけです。
まさに、歴史に残る名場面です。

日本社会は、支配者が民衆を奴隷にして君臨するという「ウシハク」国、大陸的な支配と隷属に基づく社会ではありません。
昨日の記事にもあるように、日本は「シラス」国です。

ですから武士たちにとっても、民こそが一番大事な宝です。
武士たちは、民の生活の安寧のためにこそ立ち上がり、腰に刀を帯びている。
そこにこそ武門の存在価値と権威がある。

こういうことが、天皇否定、日本否定の戦後的歴史観では、まったく理解できなくなります。
そして子供達に、誇るべき我が国の古典を教えることができない。
昨今の悲しい現実であろうと思います。


※八幡太郎義家の歌問答については、昨年1月のねずブロを一部引用しています。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

椎名市衛

椎名です
ねずさん
日頃から、お世話になっております。
コメントは、初めてです。

今回も
日本人の心の、美しかった場面の解説
心からお礼言います。「ありがとうございました。」

この話と敦盛、櫻井の別れ
特に、好きなんです。

私も、この国のために、
もっともっと、努力せねばと
心に命じました。
   椎名市衛

takechiyo1949

意味深な歌です。
追う義家と逃げる貞任。
何れも天皇の民を預かる武門の将ではありますが、立場は朝廷軍と朝敵軍です。
貞任は逃げ切れず、結局は討たれてしまいます。

この歌返しの逸話は「衣川の柵退却戦」での出来事だそうです。

年を経し糸の乱れの苦しさに
衣のたてはほころびにけり

戦の最中…田舎の武士も都の武士も実に風雅です。
それにしても、実に意味深な歌を合作したものです。

今の時代も「令」に叛けば厳しい「律」が待っています。
為政者たる者…臣民の安寧を第一義に、明察功過を以て政務を執行してほしいと熟々思います。

木犀

安倍貞任、衣の館
私は高校の歴史の時間に、この和歌の話を先生から聞きましたが、その時に先生は、次のようには説明されていました。
安部貞任との戦いで、衣川の戦いにおいて、そこにあった安倍の館を衣川館と言っており、それが焼け落ちたことを、義家は衣という言葉に引っ掛けて、滅びたという意味でほころびたと詠んだところ、貞任がすぐにそれを受けて、「年を経て糸の乱れの苦しさに」と詠んだのは、自分たち一族のことを言ったのであると。
私の覚え違いかもしれませんが、そういう説明だと受け止めていました。

私の父も、似たようなことを言っていた気がします。
その和歌の返しの旨さで、後に義家は貞任を気に入って、家来にしたと言っていた気がしますが、家来にしたのは安倍宗任の方だったかもしれませんが、この家来云々に関してはよく覚えていません。

のんべ安

『星になった小さな自衛官~金剛丸を知っていますか?~』田母神さんは、本当に優しい方です。人の上に立つ方は、すべからくこう有って欲しいと思わされました。最後に小さな自衛官に敬礼。

愛信

都議会議員に【都政に対する要請書】
都議会議員に【都政に対する要請書】で、
自民党の日本を取り戻す約束を実現するために
田母神都知事候補の応援を要請しよう

【要請書送信先都議会議員一覧】
http://www.aixin.jp/ystgdb.cgi

【都政に対する要請書】
http://www.aixin.jp/yst.cgi

田母神としお応援ポスティング隊 奮闘中
現在ビラ配布171万枚
https://docs.google.com/forms/d/1K5HhKukGZCwO9WTleUuwosaLR69OUFZ_HpsgdM4JdJM/viewform

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0As90QP9pgmVHdGVpeWtqV0h3dzgyU2hiLThINHlCc2c&usp=drive_web#gid=0

愛国日本!反日撲滅!

都知事選投票日 寒波 組織票
念の為、もうひとつ付け加えておきます。

皆様は既にお知り合いの方々や友人や親類といった方々には声をかけておられるかと思います。そういう方を信じておられるかと思います。なのでひとつ例を挙げておきます。

こういった事は、最近目を覚ました方であれば分かっている方も多いかと思うのですが、そうではない、最初から保守的だった方などには分からないと思うからです。実際自分で経験してみないと分からないことは多々あると思いますので、参考までに読んで下さい。

私は以前、恐らく保守的な会社で仕事をしていました。その頃はまだ政治などには全く興味もなく、投票自体ほぼ行った事は有りませんでした。

そこで私はある先輩に、
「お前今度の選挙、投票に行くのか?」と聞かれました。
私は、一応社会人だし、行かないって言ったら恥ずかしいかな、と思い、
「えぇ、行く予定です」と言いました。
実際、行く気などなかったし、投票日には投票に行きませんでした。
そしてその先輩は、
「じゃぁ自民党に入れてくれないかな」と言いました。
私は、
「あぁそうですね、分かりました」と言いました。
繰り返しますが、こんな返事をしておいて投票へは行きませんでした。

今思えばこの先輩は保守的な方だったのだと思います。空返事で投票に行かなかった事を、色々と知った今だからこそ私は反省することができます。

しかし無関心層というのは、そういうマインドです。
投票に行ってくれと言われて行かなかったとしても、その人を裏切ったとか、悪いことをしたとか、そういう罪悪感は殆ど有りません。残念ながらこれが現実です。加えて確かその投票日は晴天で私は遊びに行っていました。

そして今回の都知事選投票日に重なった寒波による悪天候では、そういった無関心層の足はなかなか動かない様に思います。声をかける程度では動かない足を動かすには、直接迎えにいって一緒に投票所へ行く位でないと私は駄目だと思います。加えてソチオリンピック開幕です。「雪だし寒いし投票面倒だしソチオリンピックでも見てようかな」というマインドになるであろうことは想像に容易いかと思います。

改めて、都民の皆様、どうか負けないで下さい。

ポッポ

No title
自虐史観で教育を受けて50年位になりました。
自分の国に誇りを持てる教育をしていただかないと、授業を受ける子供が可哀想だと思います。
ましていつぞや、隣国へ修学旅行に行って土下座させられたなどと聞きますと、悲憤に耐えません。
これからの日本を背負う子供達には、捏造や歪曲に振り回されずに、正しい日本の歴史教育によって育って欲しいと思います。



大阪の橋下市長は、都構想の実現のために必要だとして市長を辞職し、もう一度、市長選挙に立候補します。
この選挙には、自民党を始めとして大阪市の野党から、立候補しないとの報道がされていますけれど、選挙になるまで判らないことです。
また、再選されたところで、都構想に野党が協力するか否かは不明です。

大阪のような大都市を抱えている場合、確かに都構想は無駄を省くと思います。いかんせん、最近の橋下市長は一時の勢いがなくなったとされています。
しかし、彼の人気が無くなったのは、いわゆる従軍慰安婦はなかったとする意見を発したからです。
当初の説明方法には、知識に不十分なところが見られましたが、その後は勉強されたのでしょう、十分な知識を元に政治家としていわゆる従軍慰安婦はなかったことを発信されています。

日本人が誇りを持てるように、活動される政治家だと信じますので、私は橋下氏を指示します。

一有権者

No title
長崎での韓国系の原爆慰霊碑設置は許してはならないものと思います。
彼らはどうせ日本人はハングルなど読めぬだろうと高を括っているのではないかと思います。また長崎県や長崎市当局は認めてはならないが果たして担当部局は事なかれ主義、及び腰になって認めてしまうのではないのかと非常に危惧しております。これは他地方に居住する者であっても長崎市や長崎県に意見投稿するべき案件ではないでしょうか。

また米国内における慰安婦像設置と日本海を東海と併記する活動についてはバージニア州議会では可決されこれは日本の痛い敗北となりました。

何故こうも日本人、いや日本政府や省庁の阻止活動は成果を上げる事ができず後手後手にまわるのか。?

単に活動費用が足りないだけとかではなく日本外務省のやる気のなさと情報収集と阻止工作が全然出来ていないのではないのかと思わざる終えません。国際社会上のみならず日本国内においても地方自治体が彼らの運動に対してNOを突きつけられぬようでは日本人が日本国内で逆差別を受けてしまうような事態を近い将来招きかねません。

これを防ぐには日本人一人一人が覚醒する事が必要でしょう。
教育改革は左翼学者を追放する事。そして修身等道徳教育の復活や日本の真実の歴史教育を行うようにする事。

近隣の反日国家には支援を一切止めること。こと韓国とは国交断絶を国民の総意として政府に行わせるようにしなければならないでしょう。産経によればODAは終ったが他事業を介していまだにシナへは300億円の税金が流れているとの事。

日本外務省は何をやっているのか。(怒)

相手は日本人の優しさに漬け込んで日本人から盗む事が平気な人達。ならば冷徹に対応するしか私達自身を守るすべはありません。

某通信会社のコマーシャルを何の疑念も持たずに笑っている場合ではないのです。あれも日本人を貶めているものなのです。

愛国日本!反日撲滅!

都知事選投票日 寒波 組織票 
都知事選投票日がまもなくですが、先週末の季節外れの暖かさから一転、寒波に見舞われ、東京は週末も雪模様らしいです。私個人の見解では、これは偶然ではないと見ています。しかし、これに関しては、今ここで議論するような事ではないと思うので言及はやめておきます。

今週末の雪模様とそれに伴う交通網の停滞、寒さにより外出を控える人が増えるかと思います。特に無関心層はそれらにより投票に行かない可能性が大です。そういった層に如何にして投票を促すかが肝要であると思います。

組織票が割れているとは言え、今週末の悪天候による投票率の低下を考えれば、無関心層の知り合いの知り合いの知り合いとかまで巻き込んで投票に促すぐらいでなければならないように思えます。

都民ではないので田母神さん支援は、こういったネットでの注意喚起ぐらいしか出来ません。都民の皆様、週末は悪天候で大変かもしれませんが、出不精の無関心層に声をかけるだけではなく、直接迎えにいって一緒に投票へ向かうぐらいでないと行くと約束していても行かないかもしれないという事を頭に入れておく必要が在るかもしれません。

悪天候ほど組織票は有利になるということ、そして今回の出来すぎた寒波襲来、どうか負けないで下さい。

子無零 すこぴお

日本の独立派と親台派と台湾の独立派と親日派
いずれこうなるとは思っていましたが、こうこうなりました。

永山英樹氏ブログ「台湾は日本の生命線!」より
保守派は注意!台湾は「天皇の領土」に非ずー不敬な謬説流布する「台湾民政府」の目的とは
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2301.html

私は個人を批判するつもりはありません、
むしろ尊敬しています。
ただ、このブログの内容は親李登輝派をはじめとする親台派の
大体の共通認識でしょう。

もっと重要な点は台湾民政府側が主張する認識とも共通点が多い事です。

・自分の活動の切っ掛け・繋がりは李登輝氏
・台湾は運命共同体である
・相手をカルト集団と認定する
・自分側の主張が「すべて」正しいと思っている
(裁判で勝つ・どうぞ訴えて下さい・論破する等の主張から)
・相手の主張は中華人民共和国&中華民国を喜ばせる事であり、
決して「洗脳に」惑わされない様にと呼びかける
・相手は本来の日本から外れている
・最も醜態なのが、究極的・最終的には「裁判に勝ってでも」貫き通すし、
そうすれば「収まる」と思っている

私も「裁判が起きたら反日勢力が泣いて喜ぶだろう」と「両者の主張に賛同します」。
私が両者に感じる事は「和の精神が無い」事です。

調整役が必要でしょう。

M. TOMIYA

No title
日本の文化 全般において 復活させなくてはと思います   まだ戦前の昭和の人が居るうちに、、、、         先ごろ亡くなった小学校長79歳は日本軍の中で選ばれし 超エリート集団の一人だったそうです 正義感のある 凛とした姿勢のよい人格者でした   父も含め おおむね日本人は このようだったのではと 察しました  大変立派な方でした またひとり 日本人がいなくなりました 今の日本に危機を感じます 

愛信

舛添は税金で借金を返した
舛添は税金で借金を返した
https://twitter.com/uppekk/status/431623037234851840/photo/1

創価学会公明党が支配する反日売国テレビ局・マス
コミは東京都知事候補者の舛添要一の犯罪行為を報
道しない自由を行使して視聴者を騙している。  自民
党と公明党の推薦した舛添要一候補を当選させる為
にテレビ番組では都知事選挙を取材もしないで東京都
民の関心を都知事選挙から逸らしている。 目的は極
端に低い投票率を捏造して創価学会などの組織票で
舛添候補を勝利させる為なのです。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

junn

No title
【拡散】韓国人慰安婦を強制連行したのは韓国人!!!逆に日本軍はそれを取り締まっていた!!! ⇒ 当時は「日本人」だったため話がややこしい… 「朝鮮系日本人」が慰安婦ビジネスで大儲けし在日芸能界を形成、日本の裏社会を牛耳る結果に

http://www.news-us.jp/article/387529708.html

junn

No title
個人主義者は、あらゆる出来事を個人の問題に還元して対処しようとします。しかしながら、現実には、深刻な社会不安を引き起こしたり、治安を悪化させているのは、組織の方が余程多いのです。

 今日、在日韓国・朝鮮の人々が、政治・経済・社会の各面において警戒されている理由は、民潭や総連といった組織を結成して活動していることのみならず、独自のネットワークを構築しているからです。一般の日本人に対しては、民族性を否定する一方で、自分たちの間では、民族を絆とした強い結束を維持しているのです。民間における相互扶助的な組織に留まるならば、これほどまでには問題とならなかったのでしょうが、日本国の政界に忍び寄り、本国の意向を受けて内政干渉を試みると共に、経済的においても、パチンコや消費者金融など得たコリア・マネーを通して影響力を拡大しています。しかも、民族的な結束力が、犯罪組織、あるいは、犯罪隠蔽組織として機能する場合には、社会的な害は計り知れません。一般の日本人が犠牲者となるのですから。組織悪は、民族組織限定ではありませんが、集団の力を発揮する組織悪は、無防備で情報に乏しい個人を危険に晒しているのです。個人主義者は、集団に対する個人の弱さを理解していないのです(統治の役割とは、国民から委託された正当な権力を以って、個人悪のみならず、組織悪を排除すること…)。

 東京都には、様々な組織悪が蔓延っていますので、都知事選では、東京都民の方々には、是非とも、こうした組織に厳しい方を選んでいただきたいものです。そしてその選択は、自らの身や財産を護ることでもあると思うのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/archive/2014/2/7
東京都知事には組織悪に厳しい人を

団塊の世代の後輩

No title
武人は何のために戦うか?人として正しいと思った筋を貫き通す、そうでなければただの殺人鬼です。どこかの野蛮国の殺人鬼集団ではなく我が国の歴史と伝統にのっとった現代の武人集団を造りたいものです。武道はそのために存在するのです。頑張るぞ!!

魔除けに牛島辰熊

なるほど!(°0°)
いや~目から鱗が落ちました、素晴らしい!! 
前回の義家記事は読み損ねてたので、今の今まで最近の学者同様「古着だからねぇ」的浅はかな解釈してました(恥) 
何が素晴らしいって、大国主にしても徳川家にしてもこの安倍さんにしても、さらにはそれらを倒した側にしても、
みな民を第一に考えて行動してるところが素晴らしい! 
民主主義が当たり前になった現代ならともかく、古代中世近世においてそのような価値観備えた権力者達を持っていたのは日本だけ。
それも一重に天皇という超然たる存在を戴いてきたお蔭である事はねずブロ読めば子供でも分かるが、教科書だけだとエリートでも分からない。
野党においては中山チーム、都政においては田母神さん、中においては安倍政権でドシドシ教育改革やって、
ねずブロ読んでない人達もみな本記事の如き解釈が当たり前になる世の中にしていくべく、銃後の我々も支えていかねば!!( ̄^ ̄)

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

桜子

No title
おはようございます。
お疲れ様です。
このところ、何時もコメントがスレ違いで申し訳ございません。
================
長崎の韓国人原爆犠牲者慰霊碑、碑文 「強制労働と虐待」記述

韓国政府と在日本大韓民国民団(民団)が長崎・平和公園に建立を計画する韓国人原爆犠牲者慰霊碑の全容が4日、分かった。

原爆で亡くなった同胞を追悼する碑文には、旧日本軍による強制労働を批判する記述も含まれていた。
民団長崎県地方本部が長崎市に提出した設置許可申請書から明らかになった。
慰霊碑は、下部に亀の石像をあしらったデザインで高さ3・7メートル。4・4メートルの円形土台の中央に立つ。
碑文は、韓国首相直属の対日抗争期強制動員調査・支援委員会の呉日煥専門委員が起草した。
ハングルの詩で「熱気に溶けてしまった命たちは、この地での過酷な強制労働と虐待も忘却するでしょうが、
生まれ育った土地をいや応なく離れて、よその国の戦争のために異郷で跡形もなく消えてゆく悲しみはどうすればよいのでしょう」
「国なき民として受けたさげすみと仕打ちによってずたずたに裂け散った悲しい心はどうしてつなぎ合わせることができましょう」-
などと刻まれる予定だ。
長崎市の審査担当者は「公的な碑なので、慎重に協議する。修正を求めることもありえる」と述べた。
==============================================

原爆の像(平和記念像)本像台座後部に刻まれている作者の言葉には
「顔は戦争犠牲者の冥福を祈る 是人種を超越した人間 時に仏 時に神」との一節があり、
顔貌は特定の人種の特徴を表さないようにしたとされている。

日本国民は被爆された全ての犠牲者に対し、作者の言葉どうり国籍を問わず、平和記念像に祈りを捧げています。

純粋に慰霊の為と言うのであれば、上記の文言を入れる必要があるのでしょうか?
上記文言はあからさまに韓国の意図、政治的な意図が見てとれます。

韓国にとっての慰霊碑設置は、真に原爆や戦争犠牲者に対するものでは無く、
韓国が捏造して世界中に発信している自国の歴史や日本への冒涜行為を正当化する為の物に他ならないのです。
日本を貶めた上に、どこまで被害者面すれば気が済むのでしょう。

アメリカに建てた売春婦像、最初は平和の像なる名称でしたが、いざ建ってみたら売春婦像だった。
このように嘘は当たり前の国です。
一つ許すと終わりがありません。
阻止しなければなりません。

原爆を落とされた日本でさえ広島であれ、長崎であれ、平和の像にアメリカを非難する文言は一切書かれていません。
よって上記文言は日本に言うのはお門違い、アメリカに言うべきでは?

>長崎市の担当者は「公的な碑なので、慎重に協議する。修正を求めることもありえる< 甘いですね。
言いたいのは売春婦像がいい例と言っているのです、いくら修正しようが認めてしまえば彼等はどうとでもひっくり返します。
嘘の上塗りなんて朝飯前です。
どこまで日本人はお人好しなのでしょう、もういい加減目を覚まさないとですね。
長崎県、長崎市へ意見、お願い、抗議しました。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク