公害で生まれた新種生命体というホラーのような話・・・中国



tyuugokunosinnsyuseimeitai

いつもなら、オカタイ記事と、も一個はお楽しみランキングなのだけど、今日は、ランキングはお休み^^;
ネットのニュースで、謎の「生物」出現!?汚染湖でたんぱく質と細菌の固まりが…―福建省福州市という記事を見つけて、あまりのことに、コワ━━━((;゚Д゚))━━━!!なのでつっ!!

中国福建省の地元紙「海峡都市報」が伝えたニュース。

2008年11月2日、福建省福州市の左海公園内にある湖に今年6月中旬、不気味な生物が出現。地元メディアがこれを「水怪(水の化け物)」として報道したところ、国営テレビ局の中央電視台(CCTV)も注目。全国ニュースで採りあげられるほどの話題になったのだとか。

それによると、福州市民の憩いの場所、左海公園の湖に、今年6月中旬から「くらげ」にも似た不透明の不気味な「生物」が生息。当初は肉まんほどの大きさだったが、ここ数か月で数十キロの大きさに成長した。円盤型の「体型」で表面には血管のような赤い筋が走っており、多数の小さな「目」がついている。湖から引き揚げられると、ドロドロの液体状に崩れてしまう。

この「生物」は99.75%が水でできていることが判明。残りの0.25%は未知のたんぱく質なのだそうです。

驚いたことに、「体内」からは湖水の147倍の細菌数が確認され、これについて専門家は、「湖水は一般にpH7前後で、工業排水がpH8前後。だが左海のpHは8.6を示し、微生物や細菌類が異常に繁殖している。これは湖の深刻な汚染状況を説明している」と指摘。

この「生物」は「細菌、放線菌、真菌」の3種類からなる自然界では極めて珍しい複合体。「血管」はその体内に取り込まれた藻で、「目」に見える部分は真菌が不良環境下で形成した胞子膿であることが明らかになった。国内外の文献を探しても、この「化け物」と同様の生物に関する記述は見つかっていないとのこと・・・・

いはや、中国産クオリティ・・・

コワ━━━((;゚Д゚))━━━!!

昔、小説「リング」で有名な鈴木光司氏が、「仄暗い水の底から」って本を書いて、これ、映画化もされたのだけど、大都市の下水の中で有機物が生命化して人類を襲うというホラーがあった。

なんだかその物語を彷彿とさせる今回の中国の不気味な生物・・・・

まじで怖いです><;;

しかもこれ、対岸の火事じゃない。下の動画を見てもらったらわかりますが、すでに中国の公害は、日本にも重大な影響を及ぼしつつあります。

もし、たとえばメキシコなどの中南米の国がこのような公害汚染を行っていたら、たぶんアメリカは軍事介入するかもしれない。
ことは、自国の子供たちの安全にかかるもんだいなのです。

(゛ `-´)/ オイッ!! 中国!!他国の政治に干渉している場合じゃないだろっ!
もうひとつ!!
( #` ¬´#) ノコラ!!日本の政治家諸君!!生活者第一いうなら、こうした外交問題についても、それなりの方向性を出してもらいたい!!と思うのです・・・

日本では、全国の全主婦が毎日ゴミを分別し、すこしでも環境問題を解消に協力しようとしています。毎日です。それが子を守る親の姿です。

政治家は、自民にせよ民主にせよ、日本の未来を担う子供たちを守れ!そのために必要なことをしろっ!と、いいたいのです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

【公害】中国からの越境大気汚染【検証】


高画質版【環境汚染】中国の実態【輸入禁止】


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

リアルバイオハザードですなぁ
こんなの今まで知りませんでした

ねずきち

智太郎さんコメントありがとうございます。
リンクしてありますよ~~^^

ぢっちゃん号さんコメントありがとうございます。
おっしゃるとおり日本もひどかったですね~
まさに目くそ鼻くそです^^;
ただ、当時は世界的に「公害対策」や環境問題なんて意識が世界的になかった。
それが、工業化を進めた先進諸国で社会問題として大きくクローズアップされ、1970年代後半から公害対策が世界的にも本格化するようになりました。
そうした先人の失敗を学ぶ機会の充分にあった中国が、庶民の生活を省みず、すさまじい公害を垂れ流している。この事実と中国政府のあり方に、疑問をもっています。

優愛太さんコメントありがとうございます。
問題は、食料自給率の低い日本は、その中国からの食料輸入にかなりの部分頼らざるを得ないという現実です><;;

アレサさんコメントありがとうございます。
実はボクも動画は最後まで見れてません。
あまりのことに、3分の1も見れなかった。
つらすぎます><;;

アレサ

こんばんは
話だけで怖いので動画を見る結城がなかった(ノ・・。ひぇぇ

応援します。ぐ、ぐろいですが新鮮な話でした。新鮮て言う言葉が適切でないような気がしますが、気にしないで下さい^^;

優愛太

やっぱり中国は怖いですね~(●>3<●)

食品はもちろん!!でも  日本のハムも問題になってるし…何が何だか…

ぢっちゃん号

昔の日本。
昔の日本と大して変わんないんじゃなかろうか。
良いか悪いかを聞かれれば、良くないに決っているが、
原発大国だったりするから、でかい事いえないような気もする。

目くそ、鼻くそを笑う。。。

智太郎

見えない障害と闘いながら・・・
中国製?ねぇ?更新中です!(元気が無ぇ~んだよ?おめぇ~等が?4月23日) 新入社員【サラリーマン編】に入ってます・・<m(__)m>・自分は静岡県在住、現在は建築現場監督休業してますが、大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1年間休学し、大学では頑張りました。しかし.社会に出て絶えない苦 労です。ブログは、学生編も終わり、サラリーマン編で書いてます。よかったら自分のブログも【学生編・1号・事故発生の始め】  http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-1.html  が第1号です。尚、ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 よろしければ、御意見・御感想など、いただけたら幸いです。<m(__)m> 更に【サラリーマン編1号】 (サラリーマン編!智太郎!」:入社式まで) http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-231.html も、どうぞ よろしくお願いいたします。








ねずきち

サユリさん、yasucoさん、いきなりキモイ写真ですみませんです><;;
生活者第一というなら、ほんと国民生活と未来を担う子供たちを守るためにも、この公害から国民を守ってもらいたいものです。
ほんとうにそう思います><

yasuco

衝撃的な画像ですね(@_@;)
応援ぽち♪

サユリ

中国はずっと怖かったし,食料品は絶対買わないし,でも衣類は,子供のもの以外は時々買ってました。気持ち悪いです。
家族を守り,そして未来を守る為にも,中国は買いません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク