本のご紹介「黎明の笛」と、ねず本第二巻

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

黎明の笛


本の紹介をします。
一冊買って読んだのですが、めっちゃおもしろい!

どんな本かというと、主人公の女性航空自衛官が、ある日、陸自・特戦群所属の彼と婚約します。
その直後、なんと彼氏が仲間とともに竹島を奪還してしまうのです!!

どうする航空総隊!?どうする日本政府?

実はこの本を書いたのは、航空自衛隊の元幹部です。
一昨年、アマゾンキンドル電子書籍で発表していたのですが、それが評判になり、内容を大幅改稿して単行本化されたものです。

なにせ、本物のプロが書いた本です。
とにかく面白い!



いわゆるプロが書いた本というと、なにやら専門的すぎて、いまいち素人の我々にはムツカシイということがよくあるのですが、この本は、まさに日本版トム・クランシーです。
読みやすい!

なので、読みはじめたらとまりません。
私も一気に最後まで読んでしまいました。
ものすごくおススメです。

↓の本です。


著者の数多久遠さんは、ブログも書いていて、それが↓です。
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/</u>">http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/

ちなみにこの本を紹介してくださったのは、以前当ブログで、沖縄の対馬丸記念館で、左前のガイドが、何も知らない来館者を捕まえて、あたかも輸送船対馬丸の沈没が、日本海軍の悪行であるかのごとき案内をしたときに、ガイドに敢然と抗議をした、あの勇気ある女性です。
(→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1680.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1680.html

祖国を愛する志を持った、軍事のプロである著者が、その祖国への愛を小説にし、その小説に、やはり祖国を愛する女性が制作に携わったわけです。
それだけ聞いても、どんな小説になっているか、なんとなく想像がつくのではないでしょうか。

第一級のミリタリー小説として、そしてまた竹島問題に関する知識の吸収の本として、また春の読書として、この本は、「永遠の0」に勝るとも劣らない、ひさびさの大感動もののヒット作だと思います。
みなさまも、是非、ご一読を。

ちなみに、「永遠の0」や、この「黎明の笛」などの、こうしたミリタリー小説が、ヒット作品となるのだ、という実績が生まれれば、後に続く作品がもっともっと出て来て、我が国の小説界も、左前から、普通の国の普通の愛国心が涵養される作品へと変化していくのではないかという気がします。

そういう意味でも、みなさまも、是非、応援してあげてほしいと思います。


さて次に「ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人、第二巻」のご案内です。

みなさまのおかげで、第一巻はたいへんなご好評をいただき、続刊が決定となりました。
第二巻は、最終の著者校正もほぼ終わり、いよいよ出版に向けての最終段階です。

この第二巻には、私自身、なんだかとってもドキドキします。
校正のために昨日ぺーじを読み返してみたのですが、今回もほんとうに良い内容の本となりました。
やさしくて平易な文章、堅実さを感じさせる記述、国に対する深い愛情、まさに自信作として世に送り出せる本になったと思います。

というか、書いてからだいぶ日にちが経っていて、いい加減、自分で書いた内容を忘れていたこともあって、読みはじめたら、あっという間に最後までワクワクしながら読んでしまいました。

読みやすいだけでなく、日本人のすごさというか、日本人のもつやさしさや、かつての日本人がほんとうに大切にしようとしていたことは何だったのか、そんなことが、スルスルと何の抵抗感もなく頭のなかにはいってきて、しかも心のなかに、なにかこう、あたたかなものが広がる、そんな内容になっています。

とにかく読み終える頃には、頭の中が日本だらけになってしまいます。
これならきっと、相当左前の方であっても、読み終える頃には、日本が大好きな人に変身してしまう、そんな気がします。
みなさまが、保守層を拡大していく上でのツールとしても、きっとお役にたてる本になったと思います。

表紙の画像は、後日、みなさまに先行公開いたします。

発売日は、4月8日です。
書店さんの店頭に並ぶのは、それよりも2〜3日遅れます。

ねずブロの読者のみなさまには、第一巻のときと同様、特別先行予約の受付を行いたいと思っています。
前回、第一巻のときは、大口の先行注文を控えていただいたにも関わらず、予約枠が、その日の午前中には完売になってしまいました。
今回は、Amazon等でも、やや早めの予約注文受付になりそうですので、準備が整いましたら、またご案内いたします。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

junn

No title
櫻井よしこ
2014.03.08 (土)
「 中韓が国家戦略として歴史攻撃 日本は冷静かつ十分に反論を 」
http://yoshiko-sakurai.jp/2014/03/08/5184
『週刊ダイヤモンド』   2014年3月8日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1025

カリフォルニア在住の目良浩一・元ハーバード大学助教授に取材した。

氏は、グレンデール市に慰安婦の像が設置され、20万人もの韓国人女性が「強制連行」され「性奴隷」にされたなどと事実無根の捏造された話が碑に記述されていることに心を痛め、像の撤去を求める訴訟をロサンゼルスの中部地区連邦地方裁判所に起こした。

ポッポ

No title
いわゆる従軍慰安婦であった、文玉珠氏は性奴隷であったそうですが、韓国の性奴隷は、日本人名を名乗って人力車で外出をしたり、ダイヤモンドを買うことが出来たり、5,000円ものお金を送金したり、26,145円ものお金を貯金できました。それに規則では、嫌な客は断ることが出来たはずです。
私の性奴隷の認識は、シェパードで捜索されたり、ジープで兵隊に連行されて第五種補給品と呼ばれる存在であり、移動するときはドラム缶に入れられる女性です。捕虜や敵を助けたとされる第五種補給品に、報酬が支払われたとは思えません。また、この状況で、客を選べるとは考えられません。

慰安婦と性奴隷の意味は、異なると思います。
慰安婦は本来、戦地売春婦のことだと思います。しかし、これがいつの間にか戦地における女性の奴隷(性奴隷)であり、それも性暴力や性拷問の対象者であると、すり替えられてしまいました。

戦地売春婦を性奴隷と言い換えさせた者について、何を以てそのようなことをしたのか、その目的を教えて欲しいと思います。
想像は、出来ますけれど・・・・・・・

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

mirumiru

百人一首の本も期待してます♪
初めまして。いつも楽しく読ませて頂いております。
百人一首の解説が特に好きです。学校でも習いましたが、今出版されている百人一首の本にある解説が本当出鱈目過ぎで、私も頭にきていました。歴史にしてもそうです。子供用の歴史教育テレビは特に酷いですねー。あんな出鱈目歴史、学校で教えるべきではないです。日本を嫌いになってしまいますよ。しっかりとした正しい解説をしていただいて、心から感謝しております。これからも応援しております♪あ、新刊も楽しみにしております。ありがとうございます。^^

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

カプリコ

待ってマチた!!
今日、予約します。
ε=┏(・_・)┛→(本屋)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク