硫黄島の星条旗と日章旗



「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

硫黄島の星条旗と日章旗


硫黄島の戦い(昭和20(1945)年2月16日~同年3月26日)は、大東亜戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘です。
日本軍は、20,933名の守備兵力のうち20,129名までが戦死されました。

硫黄島の戦いは、大東亜戦争後期の島嶼での戦闘において、アメリカ軍地上部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が、日本軍を上回った壮絶な戦いでもあります。

第二次世界大戦中にアメリカ海兵隊に与えられた名誉勲章の、実に4分の1以上が、硫黄島侵攻部隊のために与えられています。
さらに米海軍は、いくつかの艦船に「イオー・ジマ」と命名しています。

大戦後に制定されたアメリカ海兵隊記念日は、硫黄島の戦いにおいて、同島の擂鉢山に星条旗を立てた日でもあります。
戦没者を弔う米国立アーリントン墓地のアメリカ海兵隊戦争記念碑は、硫黄島の戦いで掲げられた星条旗をかたどったものです。

今日書くのは、この擂鉢山にたてられた旗にまつわるお話です。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


上の写真で、星条旗を掲げている竿(さお)、わかりますでしょうか。
これはパイプです。
そしてそのパイプは、まだ壕内に残っている日本の将兵たちの命を支えるためのパイプでした。

硫黄島は、その字のごとく、島全体に硫黄が噴き出す島です。
地下壕内の温度は、摂氏50度に達します。
ですから地下壕内に、水はありません。
壕内にこもる将兵の水は、外からパイプで、壕内に引きこんでいたのです。

この写真は、同年のピューリッツァー賞(写真部門)を受賞しました。
創立以来常にその存在意義が問われ続けていたアメリカ海兵隊は、この写真によって水陸両用作戦のプロとしての存在を広く世界へ向けて示したのです。
この光景を目撃したフォレスタル海軍長官は「これで海兵隊も500年は安泰だな。」と語ったとか。

実は、硫黄島の戦いの時点で、米国政府は歳費を使い果たし、国家破産目前の状態にありました。
けれど、この硫黄島の星条旗写真によって、膨大な戦費が民間の寄付で集められ、破産の危機を救っています。
この写真に写っている兵士たちが全米各地を回り、寄付金を得るための講演をしてまわっていた、というのも有名な話です。

けれどこの写真のパイプは、壕内の日本の将兵の命をつなぐパイプを取り外して立てたものでした。
そう思うと、とってもせつない気持ちにさせられます。

ちなみに、この写真に写っている星条旗は、米海兵隊が最初に掲げたものではありません。
いったん掲揚されたあとに、もう一度掲げたときのものです。

最初の掲揚と、次の掲揚。
その間に、何があったのでしょうか。

実は米軍が最初に擂鉢山に星条旗を掲げた日の深夜、日本の摺鉢山守備隊の兵隊さんが、これを奪還して、日章旗を掲げたのです。
米軍は、この日章旗を引きずり下ろし、火炎放射器で焼きました。
そしてふたたび星条旗を掲げました。

けれどこの二度目の星条旗も、日本側の守備隊は奪い取りました。
そして今度は、やや赤茶けた色の日の丸の旗が掲げられました。
どうして赤茶けていたかというと、その日の丸は、血で描かいたものだったからです。
この旗も、三度、星条旗に変わり、その後、日章旗に戻ることはありませんでした。

このときの様子を、当時17歳の通信兵だった秋草鶴次さんが手記に記しています。(「17歳の硫黄島」秋草鶴次著)
米軍は、上陸5日目に、硫黄島南端の摺鉢山に星条旗を掲揚しました。
秋草通信兵はそのとき、島の周囲に展開する米側の艦船群から汽笛が鳴らされ、上陸していた多数の米将兵から一斉に歓声が上がり、口笛が吹かれるのを聞いたのです。
大変、賑やかだったそうです。 

翌日、秋草通信兵は、摺鉢山の頂上に今度は日章旗がへんぽんと翻っているのを、島の反対側にある硫黄島の司令本部から見つけました。
秋草通信兵は、すぐに栗林中将を呼びました。

遠く、擂鉢山のてっぺんに、日の丸が翻っている様子を見た中将は、
「守備隊は頑張ってるな」とポツリと語られたそうです。
それを聞いたとき、秋草通信兵は、「思わず感涙にむせいだ」と書いています。

すでに通信網が遮断され、擂鉢山守備隊とは連絡がとれなくなっていたのです。
そこに掲げられた日の丸だけが、生きている証だったのです。

このとき擂鉢山の地下壕の中は、酸鼻を極めていました。
水も食料もないのです。
蚤や虱さえも、追っ払うのでなく、捕まえ、つぶして食べていました。
戦いで負った傷口は、化膿していて、そこにはウジ虫がわいています。
それも口に入れました。
噛んで汁を吸い、ついで皮を噛み砕こうとするのですが、これが意外と堅かったそうです。
また、実家で豚の餌に、炭を混ぜていたことを思い出し、炭も口にしたりしています。

壕の中は、息苦しく、ありとあらゆる不快な臭いに充ちていました。
天然の硫黄臭に加えて、排泄物のにおい、死臭、流れ出た血の腐臭。耐え難いものだったといいます。

死体からは燐(りん)が流出しました。
燐は、浮遊しながら、あちこちで燃えて火の玉となりました。
「ひとだま」です。
大怪我をしていた秋草さんは、まどろみ、もうろうとなり、三途の川らしき光景に身を置くところまで見たと書き遺しています。

敗色濃厚となった頃、米軍から投降の呼びかけがありました。
既に捕虜となっていた日本兵が「戦争は終わった。米軍は安全を保証する。心配ない。みんな安心して出てきてくれ。」と放送して回ったりもしたそうです。
けれど、壕にいる兵士たちは、誰ひとり、そんな呼びかけに応じませんでした。
助かりたいとかそういうことではありません。
ひとりひとりが、一日延ばしにそこで戦い抜くことが、本土への空襲を防ぎ、自分の愛する家族の命を長らえると知っていたからです。

硫黄島の戦いのあった前年(昭和19(1944)年)夏、アメリカ軍はサイパン島を攻略し、11月からB-29で日本本土への長距離爆撃を開始しました。
硫黄島は、サイパンと日本本土のちょうど中間地点にあります。
ですから日本にとって硫黄島は、日本本土へ向かうB-29を見張り、無線で報告する早期警戒システムの索敵拠点だったのです。

それまで、日本は、硫黄島を航空拠点として、そこから陥落したサイパンやグアムへと飛行し、米軍に損害を与えていました。
前年の12月にも、硫黄島を飛び立った零戦隊「第一御楯特別攻撃隊」は、サイパンのイスレイフィールド・アスリート両飛行場を機銃掃射し、11機のB-29破壊し、8機に大きな損害を与えています。

このことは米軍にとって脅威でした。
日本軍の硫黄島守備隊の存在によって、米軍は、グアム、サイパンからの出撃に際して、B-29に護衛の戦闘機部隊を随伴させることができません。
なぜなら距離の関係上、小柄な戦闘機はガソリンが持たない。
それに日本上空で損傷を受けたり故障したB-29が、小笠原諸島で不時着することも多かったのです。

ちなみに、不時着して拿捕したB-29から、日本軍は航空燃料やオイルを抜き取り、これをゼロ戦や紫電改に用いました。
当時の日本軍は、オクタン価の低い粗悪なガソリンで飛行機を飛ばしていたのですが、米軍のガソリンやオイルを使って戦闘機を飛ばすと、機体の性能が「眼の球が飛び出るくらい」向上したそうです。

硫黄島は、日本にしてみれば本土防衛の拠点です。
米軍にしてみれば、日本本土攻撃のための拠点です。
それだけに、硫黄島の戦いは激しいものとなりました。

米軍の占領の目的は、次の通りです。
1 日本軍航空機の攻撃基地の撃滅
2 日本軍の早期警報システムの破壊
3 硫黄島を避けることによる爆撃機の航法上のロスの解消
4 損傷爆撃機の中間着陸場の確保
5 長距離護衛戦闘機の基地の確保

このことは、日本側から見れば、いかに硫黄島が大事だったのかということでもあります。
すなわち、
1 米航空隊を本土に来襲する前に撃滅する
2 米軍の空襲を早期に発見する
3 米軍の爆撃機に戦闘機の保護をつけさせず、まる裸にする、ということです。

前にも書きましたが、爆撃機というのは、大型であって荷物(爆弾)をいっぱ積んでいます。
当然機体は重いし、派手な宙返りなどできません。
ですから戦闘機からみれば、爆撃機は、ある意味、ネタです。
ですから大型の爆撃機は、機体の四方八方に機銃を並べて防御力を強化しています。
これは、そうしなければならない事情があったからです。

昭和20年になると、日本は、すでに制空権、制海権を奪われていました。
その中で、硫黄島への補給は困難を極めたし、何もない島しょにおいて、補給困難というのは、島が長く持ちこたえられないということでもありました。
これがどういうことかというと、硫黄島守備隊は、はじめから玉砕を覚悟の部隊でもあったということです。

ですから、島に駐屯している2万人全員が死ぬことを覚悟していました。
けれども、どうして死ぬとわかっていて戦ったのでしょうか。
その答えはあきらかです。

硫黄島を米軍に奪われれば、米軍は硫黄島に航空基地を作ります。
そうすると、B-29が、戦闘機の護衛を受けながら、なにはばかることなく日本本土上空に飛来し、爆弾の雨を降らせる。
そうすると、爆撃を受けた町で、大勢の日本人同胞が死ぬのです。

兵士であれば、自分が戦って死ぬのはある意味、本望といえるかもしれません。
けれど、銃後を守る婦女子や非戦闘員、爺ちゃんや婆ちゃんや、オヤジやお袋、愛する子供たちが、みすみす犠牲になることは、絶対に防ぎたい。手の届かない上空から、無差別に爆弾を落とされて、真っ赤に焼けて死んで行くなんて、絶対に見過ごせない。
それをわかっていて指をくわえて見ているなんて、人間のすることじゃありません。
だから文字通り、死力を尽くして戦ったのです。

米軍に、硫黄島を絶対に渡さない。
島にこもる全員が玉砕することになったとしても、その戦いを長引かせることで、ひとりでも多くの同胞が疎開し、助かるようにする。
それが、硫黄島守備隊のひとりひとりの覚悟でもありました。

ですから硫黄島守備隊は、上陸部隊にできるだけ大きな対価を支払わせ、日本本土への進攻を1日でも遅らせる決意をしていました。
いちにちでも多く硫黄島を守り抜けば、それだけ日本本土にいる多くの人々が、疎開できます。
いちにちでも多くの日を稼げば、多くの日本人が、ひとつでも多くの防空壕を作ることができます。

そのための石礎となろう。
そのために死のう。
その決意と覚悟で、2万人の硫黄島守備隊は決死の戦いに臨んだのです。

ペリリューの戦いでは、日本軍は地下陣地を活用して長期の抵抗に成功しています。

栗林中将率いる硫黄島守備隊は、この戦術をさらに発展させ、地下陣地による持久抵抗によって、いちにでも長く敵を硫黄島に踏みとどまらせ、上陸部隊をすり減らすという作戦を選択しました。

客観的な数字を申し上げたいと思います。
硫黄島を奪われたあとのことです。

米軍は、日本本土にB-29で空爆を行いました。
東京だけでも、死者8万3793名、負傷者4万0918名の被害が出ています。

被災者は、100万8,005名です。
被災家屋は26万8,358戸にのぼります。

米軍は、1平方メートルあたり、3発の焼夷弾を、東京という木造家屋が密集した町に落とし、東京中を焼いて焼きつくしました。
ひとくちに絨毯爆撃といいますが、そのやり方も卑劣なものでした。
木造家屋の密集地を狙い、その周辺部を取り囲むように焼夷弾の雨を降らせ、その後に、真ん中を焼くのです。
そうなると誰も助からない。
防空壕の中にはいっていても、熱死するし、酸欠になって死んでしまうのです。

ところがそれだけの爆撃である割には、以外と死者の数が被災者数に対してすくない。
その理由は、硫黄島守備隊が、およそ1か月半にわたる長く苦しい戦いを戦い抜いてくれたおかげです。

硫黄島守備隊が、あらゆる艱難辛苦に耐えながら、戦い続けてくれたおかげで、東京を含む太平洋側の多くの都市では、人々が山間部へと疎開できたし、防空壕の深堀もできたのです。

もし、疎開がまだ十分に進まない、防空壕など、空襲対策も十分でない状態で、本土空襲が行われたら、どれだけ多くの民間人が亡くなったことか。
おそらく東京だけでも100万人以上の死者が出ていたはずです。

いまも、親の代からの東京生まれの東京育ちの人がいます。
そういう人たちが、いま、こうしてこの世に生を保っていれるのも、実は、硫黄島で、傷口にわいたウジ虫を食べながら、最後の最後まで戦い抜いてくれた人たちがいてくれたおかげと、言い切ることができます。
つまり、いまを生きている私たち日本人は、このとき命を犠牲にしてまで苦しい戦いを戦ってくださった若き日の父祖たちのおかげなのです。

そのことに、私たちは、おもいをいたさなければならないと思います。
それは、人ならば、あたりまえのことです。

秋草さんは、
「死んで行った戦友に、この六十年戦争が無かったんだから、その死は無意味ではない。そう言ってやりたい」と語られました。

おそらく、この稿を読まれている方でも、戦争に賛成だとか、戦争を賛美するような人は、誰もいないと思います。
誰だって自分の体にわいたウジ虫など、食べたくなありません。

けれどそうまでして我々の祖先が守り抜いてくれたこの日本という国を受け継いだ私たちは、今度は私たちの子や孫、そして子孫のために、やはり住みよい素晴らしい国日本を残せるように、努力しなくちゃいけない。
そう、思うのです。

他国と仲良くすることは、大いに結構です。
外国人がたくさん日本列島にやってくることも、結構なことです。

しかし、日本を攻撃し、日本の文化を破壊し、日本解体を目論むような、ドブネズミまで、日本に来ていただく必要など、全くありません。
世界には、いまだに日本と戦争をしている気になっているおかしな国がありますが、それらの国々は、実は日本だけでなく、周辺国や自国民に対してまで、人命軽視の非道を公然とやってのけている国でもあります。

実際、東トルキスタンや、ネパールで何が行われたか。
反日教育を受けた半島人が、現にいま日本で何をやっているか。

在日韓国人の魯漢圭は、在日韓国人のための民団の新聞にこう書いています。

「もはや裏社会は我々(在日韓国人)が制圧した。その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に韓国の経済力の2倍という凄まじい物だ。
経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ、やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した、世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。
もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。
こうして、在日Koreanはアジアの頂点に立つことが可能となり、半島と日本を実質支配する」

この国には、私たちを守るために、自分のからだにわいたウジ虫まで食べて戦い、玉砕し、散っていった人達がいたのです。
その英霊たちのおかげで、いま、私たちは生きています。

擂鉢山の頂上に、ぺんぽんとひるがえった日章旗。
米軍が建てた星条旗は、地下壕に立て篭もる日本の兵隊さんたちの貴重な水確保のためのパイプでした。
そのパイプを取り返し、星条旗を外して雨水導入管として利用すれば、彼らは今宵の一杯の水を確保できたのかもしれません。
しかし彼らは、気温50度に達する地下壕にいて、自分たちの水より、擂鉢山のてっぺんに高々と日の丸を掲揚することを選び、実際、それを実行してくれた。

みんな死んでしまいました。
硫黄島で擂鉢山に日の丸を掲げてくれた日本兵が、誰だったのか、赤黒い血で描かれた日の丸は、誰の血だったのか。
いまもう、誰にもわかりません。

けれども、この日、米軍の掲げた星条旗を引きずりおろして、硫黄島に日章旗を高々と掲揚してくれた日本人がいたという事実を、私たちは決して忘れてはならない。そのように思います。

そして私たちが、いまこうして生きているのは、本当に苦しい中を戦ってくださった英霊のみなさまがたの苦労という文字では語り尽くせない、辛い戦いのおかげです。
けれど、その硫黄島は、戦後米国の占領下におかれ、日本人のご遺骨の上に、いまも滑走路がおかれたままになっています。

硫黄島には、今上陛下も訪問されました。
なのにいまだに、遺骨収集は遅々としてすすまないでいます。

私は、戦後政治の総決算とは、そのような戦後日本というものを、抜本的に見直すことなのではないかと思います。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

日本文化って理解されるの?
NETに
こんな句?が!
-------------------------
暇なサル
英語わからず カッカする

バカ猿は
英語わからず すぐにサル
-------------------------
「日本文化を理解」する?
難しいだろうと思います。
知人(黒人)は言いました。
-------------------------
アメリカの歴史?
習ったこと無いね。
日本の文化?
土民の習性?
風土病の一種?
アメリカは「文化」なんて超越してるのさ。
歳やキャリアの上下?
関係無いね。
対等で問題ある?
上役に「ホウレンソウ」?
大嫌いだね。
だけど…交通費全額支給!
有難くてビックリだね~(笑)
-------------------------
米国人全てがこんなにネガティブだとは思いません。
しかし、我軍の水道管を引っこ抜いて旗竿にし、壕にナパームを撃ち込み、本土をも焼きつくした…情け容赦無い米國です。
中流意識?
見下しは今も否め無いですよ。

硫黄島に散った多くの英霊に謹んで哀悼の誠を捧げます。
合掌

真名

ねずさんのひとりごと様
貴重なお話有難うございます。
先日は拙い文章で申し訳ありませんでした。
硫黄島のお話忘れずに伝えていきたいです。
あるサイトで米軍機が撮ったのでしょう、攻撃を受けて沈没する処を撮影した写真です。
その写真には、日本兵の方々が笑顔で手を振りながら写真に撮されいました。
どうしても忘れらないでいます「日本を頼んだぞ」そう聞こえて、私の大叔父もそう申していると思います。ねずさんのひとりごと様がお話してくださった、硫黄島です。大叔父は、昭和二十年三月十七日日時不明硫黄島にて戦死をしました。軍人だったと母から聞いてます。遠方の島々で亡くなられた方々、戦艦で亡くなられた方々も「日本を頼んだぞ」そう申していると思います。
ねずさんのひとりごと様投稿感謝致しますと共に、これからもお話を拝見させ頂きたく御活躍お願い致します。
有り難うございました。

イオウジマは長崎県と鹿児島県

汚される日本史
最近、書店さんに行くと、「日本の歴史」と題する本が多数店頭に並んでいます。
その多くは、豪華なカラー刷りで、漫画や写真を多用し、わかりやすさを強調し、しかも本の値段が、その主の本にしては、微妙に「安い」設定となっています。
驚いたことには、最近、テレビでも、漫画でわかる日本史の月刊誌の広告がなされ、なんとこれが一冊100円、しかも豪華色刷り、です。
信長や忍者といった、子供達まで食いつきやすいテーマなのですが、そこで言っているのは、信長は不良で残忍な人物、忍者は恐怖の集団といった趣旨のものです。
要するに何もしらない、教わっていない、学んでいない、多くの無関心層と言われる日本人を対象に、歴史に関する明らかに意図的な洗脳工作がはじまっている、ということなのです。
証拠のある事実に目をつむり、デタラメの歴史観を刷り込む。
その歴史観は、まさに韓国教育の産物としての歴史観です。
それは日本文化の起源は韓国にあり、韓国に教えを乞わなければ、日本は原始時代の蛮族のままであったという歴史観であり、その韓国に対して、日本は侵略と言う非道を行ったのだと言う、デタラメの歴史認識です。
こういうデタラメの意図的な刷り込みが、いま、公然と進行しているのです。
最近観たテレビのクイズ番組では、野口英世は嘘つき、啄木は借金男、家康は女癖の悪いヒヒ爺という扱いの放送がありました。
法隆寺の五重塔は「日本最古」の木造建築だけれど、これができるまでの日本人は、竪穴式住居に住む原始生活を行っていたというものもありました。
冗談じゃあないです。五重塔は、日本最古ではなく、世界最古の木造建築です。
さらに法隆寺の建設が行われる以前の日本が、文明もなく、穴居生活をしているだけの原始人のような民族であったのなら、あのような世界遺産となるような建築物の建造はできません。
むしろそれ以前に、神社建築などに観られるような高度に発達した木造建築技術があったからこそ、仏教伝来の際に、あのような高度な建築物が建てられているのです。
おそらくこれを仕掛けている在日たちは、五重塔建設にあたっては、「文明のない日本は技術者を朝鮮から輸入した」と言いたいのでしょう。
そのように印象操作をしようとしているのだと思います。

八丈島

No title
私の父は、陸軍少尉として八丈島の守備に就いていました。本当は硫黄島に赴任する予定でした。硫黄島赴任の2週間前の辞令で、急遽八丈島に変更になりました。父は八丈島の位置を地図で確認し、硫黄島より東京にずっと近かったのでうれしかったと言っています。
もし硫黄島に父が行っていれば、今私は、この世にいなかったでしょう。しかし父の替わりに硫黄島に行った人がいたはずです。

そのようなこともあって、私は、青山氏が、言っているように、硫黄島のことを、後世に伝えていく義務があると思って、できるだけ多くの人に、この話をしています。これは私だけの事情ではありますが、日本人みんなもそうであるはずです。同じように硫黄島の英霊、いや靖国に祭られている英霊のみなさまに、恩があるはずです。

今回のねずさんのお話大変うれしく思います。

しかし、「いおうとう」で変換できなくて、「いおうじま」で変換できるのは、納得できませんね。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

鳥子

No title
今日はこちらの記事を拝見して、逆に絶望的な気分になっています。

ねずさんの書かれていること、文章でありながらとても正視に堪えない・・・けれど直視しなければならない・・・そんな思いで拝見しました。
貴重な、二つとない自分の命を、何万、何十万のも人々が犠牲にしてまで守った日本という国は、今、どうしてこんなことになっているのでしょうか。

『戦争に賛成だとか、戦争を賛美するような人は、誰もいないと思います。』

こんな当たり前のことが、多くの日本人には通じないのです。
政治の話をする人間は社会性がない、日の丸を持つ人は危険人物、侵略に備えることを口実に軍備を拡張するのは、日本に戦争を引き起こす危険思想。
そんな意識がごく一般の日本人に根付いていて、それが世間の「空気」になっているのだとつくづく感じました。

誰がこんな空気を作って、強固に守っているのでしょうか。
日本人は「戦争を回避するために」と言いながら、国土も国旗も歴史も文化も、国民の生命すらも、全て捨てさろうとしているかのようです。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Ken

No title
青山繁晴氏も同じ思いで、一杯の水運動など講演なされているようです。私も賛同し、陳腐ですが、時空を超えて私の捧げる水も、かの地の兵士の人たちの癒しになり活躍されたのではと、祈念する日々です。
米国にとっては、顕彰すべき戦いだったのでしょうが、敗戦国日本対し米国にとって隠蔽したい戦いだったのではないでしょうか。自立している日本です!教科書のトップに、誇りを持って乗せてもよい事柄と願う者です。

ポッポ

No title
日本とアメリカが空中戦をしたとき、墜落していく飛行機は黒煙とともに炎の尾を引くのですが、その色は日本機が赤色、アメリカ機は黄色だったそうです。これは、ガソリンのオクタン価の差によるもので、日本よりもアメリカよりもオクタン価が低かったためだったそうです。



韓国は、日本軍に慰安所のあったことが、アメリカの国立文書記録管理庁から入手した文書で分かったそうです。
しかし、この文書は多分、テキサス親父さんがYoutubeで配信されている文書と同じものではないでしょうか?

同じ文書が、立場によって取り上げ方によって変わってしまう一つの事例ですが、いわゆる従軍慰安婦問題は強制的に連れ去られた女性が20万人いたと言う主張であることが、虚妄であることです。
日本軍の慰安婦の待遇と、韓国軍慰安婦の待遇の差を考えると馬鹿らしくなるのですが、韓国の捏造と歪曲はいったい何なのでしょう?



オバマ大統領の訪韓時に米政府が保有する11点の韓国文化財を返還するよう在米韓国人社会の要求が強まっているそうです。
笑っています。
オバマ大統領は、韓国が一つの要求を通すと(この場合は、日本に対していわゆる従軍慰安婦問題の、圧力をかけたことだろうと推測します。) 、次は別の要求を持ち出す事を知らなかったのでしょう。

今までは、日本が散々振り回されてきたのですが、これからはアメリカにも付き合っていただくことになりそうです。



横田夫妻はヘギョンさんとモンゴルで面会されたそうです。
本当は、めぐみさんと会いたかったと思うのですが、お気の毒です。
この面会は、政治的な事が付きまといますけれど、高齢の夫妻には面会されて良かったとしか、言いようがありません。
今後の政治的な影響については、北朝鮮の国外で会われたことから、少ないのではないでしょうか。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ねず

転載かまいませんよ^^
町内会の回覧板への転載、もちろんOKです。
なお、その際、出典として、
ねずさんのひとりごと
http://nezu621.blog7.fc2.com/
としていただければ良いと思います^^

次郎左衛門じ

涙涙涙!
 ねず先生、失礼致します^^!

 本日のお話の、硫黄島での兵隊さん達の死を覚悟しての戦う意味、そして尊い血染めの日の丸の部分では最早涙が止まりませんでしたTT!
…ほんとうに…ほんとうに、彼らには感謝しかありませんよね…

…皆々様…、誠に、誠にありがとうございました…!

 自分はよく思うのですが、この70年近く、両手足を縛られた日本が侵略や戦争に巻き込まれていないのは、アメリカの軍事力の存在以上に、英霊となられた彼ら諸先輩達が九段の社よりこの日本国を護って下さっているからではないでしょうか?

 先生の仰るとおり、彼らにお見せしても決して恥ずかしくない国を作ることが、バトンを渡された今を生きる日本人である自分達の使命なのかもしれませんね^^

 ねず先生、今回も誠に素晴らしいお話、ありがとうございました!
自分は先生から本当に多くのことを日々教わっております!

 では^^!

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

やじ

涙が止まりません
ねずさま、いつも本当にありがとうございます。
今朝は朝から涙が止まりません。
去年亡くなった父(大工をしており、戦時中は戦艦の床板を貼ったりしていたと、亡くなる2か月前に聞きました)が、「十七歳の硫黄島」の本を持っていて、手元にあります。この本をもらった時は、クリント・イーストウッドが作った映画を見た頃で、7年前、お花畑の一人でした。
当時は難しくて読み進めずに本棚にありましたが、これから読もうと思います。ありがとうございます。
戦争というと、無意識にシャットアウトしてしまう人ばかり、自分はかなり浮いていると感じています。(なんと、夫も理解してくれません)
先日、小野田寛郎さんのお別れの会に行き、今までの不勉強を詫び、感謝の意を伝えて来ました。こんな事をしてるので、またお花畑の人々からは、軍国主義?とか思われてる事でしょう。でももう気にしません。日本がなくなってしまう事の方が恐ろしいです。
諦めずに、日々を過ごして行こうと思います。

-

No title
町内会の回覧板に、ねずきちさんのお話を載せてもいいでしょうか?
きっと、私の他にもそう思ってる方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

じょあ

No title
今日も大変ためになる話、本当にありがとうございました。
心にしみます。
こういう話を頭にお花畑が咲いている一般の方達に聞かせたいですね。これからも応援していますし、私も拡散しますので引き続きがんばってください。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
E-mail info@musubi-ac.com

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク