第四回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ



「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

桜0412


この講座は、どなたでもご参加いただくことができます。
ねず本、第二巻の出版記念講演となります。
第四回は、前回、好評だった神田山緑師匠の講談も行われます。
みなさまのご参加をお待ち申し上げます。

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


【概要】第四回 倭塾/日心会合同講座

1 日時 平成26年4月12日(土)
     開場 17時30分
     開演 18時
     終了 20時30分

2 場所 すみだ産業会館
     東京都墨⽥区江東橋3丁目9番10号
     JR錦糸町南口改札正面
    「丸井」の9階です。

3 プログラム
(1) 講談 神田山緑先生 
(2) 出版記念講座
   ねず本第二巻「和と結いの心と対等意識」
   小名木善行(倭塾塾長)

4 参加費 2000円
 (割引券をお持ちの方は500円引きになります)

5 懇親会
  会議終了後、懇親会があります。
  懇親会参加費は最大3,500円以内です。

6 その他
(1) Facebookをご利用の方は、イベントページで参加表明いただくことができます。
https://www.facebook.com/events/619513371472254/</u>">https://www.facebook.com/events/619513371472254/
(2) 当日、ねず本第一巻、第二巻の展示販売も行います。
(3) 当日、次回以降の割引券を差し上げます。

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

アンノーン@

日米韓での三者会談ですが、オバマ氏はこの場で日本に従軍慰安婦を認めさせ、賠償金を支払わせ、手打ちにしたい模様。韓国のIMFの結果がいまだ出ないのが証拠。米は自国軍撤退までは韓国を潰さない。
米から見れば、韓国はベトナムを共に戦った戦友。日本は現在は同盟国だが、心情的には未だ敵国。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

junn

No title
なぜ、韓国人・在日が嫌われるのか?
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53034426.html
 韓国人だから、韓国人を親に持って日本で生まれた在日だから・・・・ではありません。そんな人種差別とか民族差別に置き換えて批判をかわそうとする姑息な態度こそ改めたらどうでしょう。

 言動や行動・・・・それに対して日本人が怒っていることを先ずは知りなさい。そうしなければ益々この状況は続くし、在日の人が住みにくい日本になって行くでしょう。

 私は在日に生まれても日本に帰化すれば日本人となるので、それが在日問題の一つの解決策となると言ってきましたが、このような元・在日三世ライターがいるから帰化も認められないーと言う意見が多くなりつつあるのです。

 何ですか、この元・在日三世ライターと言うのは今は日本人だから<元>なのでしょう?だったら、もっと日本人としての自覚を持って書いたらどうなのですか?

 何故、韓国が嫌われ、その韓国籍のままで日本に特別永住を続ける在日も嫌われるのか?そのことをもっと真摯に受け止めてライターなら書くべきでしょう。余りにもお粗末と思います。

 日本に住んでいて日本に敵対する国の方が大切だと考える人間を日本人が快く思わないのは当然です。これは世界中何処に行っても同じでしょう。

 自分の住んでいる国を嫌いと言えば、そこに住む人達から批判され、出て行け!と言われるのは当たり前。日本という社会を罵って特権を得て日本人が悪い、悪いといい続けて来たから今の結果があるのです。

湧き水

No title
台湾で有事が起きています。

学生からのメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=nCaQJCkt8wk&feature=youtu.be

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

にっぽんじん

中国のプロパガンダに対抗せよ
下記は21日の報道です。中国は「事実の中に嘘を混ぜて」、嘘を正当化しようと世界に拡散しています。中国のプロパガンダ戦略は実に巧みです。それに比べると日本の発信力は弱く、いつも負けています。このままでは尖閣諸島が「クリミア半島」となります。その時に世界の世論がどちらに味方をするでしょうか。

中国のプロパガンダに対抗する手段がないことはありません。外務省が作成した「外務省が世界に発信する 尖閣諸島に関する動画」の海外テレビ放映です。NHKは海外放送を行っています。それを利用し、海外に日本の立場を放映し続ければ、多くの海外の人も理解するだろうと思います。

下記の動画は日本語版ですが、英語版もあると思います。日本政府とNHKが協力すれば可能なはずです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=t78GO7efdYM

「映画「魚釣島の真実」ハリウッドで公開 日本批判で描かれる」

日本と中国の間で外交争議となっている尖閣諸島問題を取り上げたドキュメンタリー映画が米国カリフォルニアで公開された。監督はハリウッドで活躍する作家で映画監督のクリス・D・ネーブ氏。映画は、同問題の起因は第二次世界大戦時の米国の施政権にあるとし、日本は戦争犯罪を中国に謝罪するよう主張している。インターネットメディア、GBタイムスが伝えた。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

junn

No title
「そもそも慰安婦問題は日本の言論機関が焚き付けたものではないか」と、かつて盧泰愚元大統領が発した言葉だが、確かに我が国には“付け火”をしてまわる人たちがいる。「河野談話より踏み込んで謝れ」と騒ぎ立てるこの大学教授など、その典型ではないか。<河野談話の維持・発展を求めます>…3月8日、こんな署名活動がにわかに始まった。署名運動の仕掛け人は関東学院大学の林博史教授。

この人物、「日本の戦争責任資料センター」の研究事務局長で、慰安婦問題の第一人者・吉見義明氏の弟子筋にあたる。そして、国立公文書館などを探して慰安婦の強制連行を示す文書を見つけたと騒ぎ立てる有名人なのだ。時には韓国のマスコミも氏の“新発見”に大騒ぎするパターンが繰り返されてきた。彼は、見つけた資料が「談話」を決定的にする証拠とばかりに得々と語るのだ。<河野談話を見直すのであれば、むしろ強制性を確実に認める方向でなくてはならない><日本政府は(女性を)自宅から強制的に連れて行ったという文書の証拠がないと主張している。犯罪者が犯罪事実を文書に残すはずがない>   

現代史家の秦郁彦氏、うんざりした様子で言う。「これらの裁判資料は新発見でもなんでもありません。林さんが見つけたと言っているのは、陸軍中将が強姦などの罪に問われた『南京12号事件』の起訴状や、海軍大尉ら13人がインドネシアで裁かれた『ポンチャナット13号事件』の判決文などです。事件は既に裁かれており、内容も明らかになっている。もちろん、慰安婦の組織的な強制連行があったと主張するのは無理がある内容ばかりです」

林教授は3月7日の「韓国日報」にも登場して、<強制連行を立証する文書は日本国内だけでも400件以上発見されている>と豪語しているが、そんものがあるはずもなく、日本政府は無視。  …略…証拠を見つけたと言ってはマスコミを煽るその手法は、まさに“売国”。こんな学者を重宝していたら、朴槿恵大統領も自分の首を絞めるだけである。

週刊新潮3月27日花見月増大号28P

junn

No title
世界が「嫌韓」になる日!?:パンドラ国家から最後にでるのは希望かオナラか?たぶん脱糞。
http://quasimoto.exblog.jp/21807238/
ところが、イスラエルの正当な調査機関のアミシャブとイスラエルの駐日大使たちが、自らの目と身体を使って、日本人の神道が古代イスラエル由来のものだと証明してしまったのである。それもまだソロモン王がユダヤを統一して古代イスラエルを生み出すずっと以前の、それも古代エジプト時代にまで遡る原始イスラエル教や原始ユダヤ教の姿を残す民族が、現日本人だということまで証明しつつあるのである。(しかもそこからどうやら一気に日本を最初から目指したのではないかということまで分かりつつあるのである。つまり、どうもノアの大洪水の後、日本人の祖先は、中東のアララト山に降りたものと日本の富士山に降りたものに別れたかもしれないということになるのである。)

現ユダヤ系や現イスラエル人の文明には存在しない古代イスラエルの証拠物件が日本に保管されているのである。それも3000年もの間にである。そういうことを現実にイスラエル人や世界のユダヤ人が知ってしまったのである。

はて?こうなると、ユダヤ系はどっちに味方するだろうか?

言うまでもない。もはや世界は日本のお友達にならざるを得ないのである。

つまり、これからは、

「反日」=「反イスラエル」=「反ユダヤ」

とみなされるのである。

世田谷プリンセス

[知人メール転載]緊急拡散と徹底抗議をお願いいたします。
【緊急の拡散と抗議要請】

多文化共生=韓国人共産シナ人大量移民人口侵略
外国人市民会議=帰化未帰化在日韓国人の地方自治体法制予算乗っ取り
議会基本条例・自治基本条例・まちづくり基本条例

違憲であり、地方自治体帰化在日韓国人職員と帰化未帰化在日韓国人民団が地方議会を無視し地方自治体を乗っ取る侵略工作

【多文化共生の地域づくり】=多文化共生審議会H20.12.26多文化推進基本条例制定公布H23.3.30ふじのくに多文化共生推進計画策定
【外国人県民自立支援基金

廃止と帰化在日韓国人職員解雇採用禁止の要求♪
420-8601静岡市葵区追手町9-6
静岡知事川勝平太=民=帰化在日韓国人=早稲田大学教授のとき女子大学院生を強姦し妊娠させた
静岡県企画広報部地域外交局多文化共生課(帰化在日韓国人職員常駐)F0542212542
静岡県議会F0542213572
議長中谷多加二=自
副議長渥美泰一=自
自37ふじのくに=民20公5富2無3

解散要求♪
106-8585港区南麻布1-7-32民団団長呉公太F0334544614

大津保守ラーガー
-----
韓国人共産シナ人は静岡県民でない

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク