【拡散希望】日本史検定講座受講生募集

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

日本史検定講座藤岡先生


第四期日本史検定講座・受講生募集のご案内です。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

この講座は、いつでもどこでもご自分のご都合に合わせて、講義を受けていただくことができる画期的あ歴史講座です。

はじめに神楽坂の教室で講義が行われます。
その講義をご受講いただけるのは、教室講義の抽選に当たった方のみです。
これは教室の机に制限があるためで、MAX40名までしか教室に入れません。

この教室での講義に参加できなくても安心です。
教室講義の模様は、ビデオに収録され、二週間後の金曜日までに、文字にした講義録とともに、受講生全員にメールで配信されます。
つまり、ご自宅にいながら、あるいは通勤途中の電車の中でも、喫茶店にいても、いつでもどこででも、講義を学ぶことができます。

配信される講義録は、実は、私が文字起こしから責任編集までを担当させていただいています。
もちろん講義をしていただいた講師の先生とも、内容をすりあわせし、この擦り合わせによって、教室での講義をさらにわかりやすく理解できるように構成しています。

ビデオ録画した教室の講義の動画は、Youtubeにアップされ、受講生だけが視聴できるようになっています。


=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


講師の先生方は、いろいろな集会等でもおなじみの先生方ですが、ひとり5分程度の集会でのお話と異なり、90分の本格的な講義ですので、その先生のお考えや、史実の奥深いところを、より一層、ご納得いただけます。

特に今回の第四期では、先般東京都知事選挙にご出馬された元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄先生をお迎えして、「国防から見た戦後日本史」をご講義いただきます。
本物の軍事のプロが語る戦後の日本です。きっと多くの学びがあろうと思います。

また、縄文弥生時代について、古代史研究家の長浜浩明先生から、細心の知識に基づく成果をご講義いただきます。まさに目からウロコの講義です。

高森先生からは、先生のもっともお得意とされる律令制度の建設についてご講義いただきます。
高森先生の講義は、おそらく日本がまともな国の常態であれば、東大にでも入らなければ受けられないくらい毎度、凄味のある講義です。

宮脇淳子先生からは、元寇について、日本から見た元寇論ではなくて、逆にモンゴル、朝鮮から見た、元寇をご講義いただきます。
おそらく、こうした視点の講義は、宮脇先生にしかできない、本邦初の講義ではないかと思います。

山本茂先生からは、江戸時代の町人文化についての講義を伺います。
山本先生は、元九州女子大学の教授だった方で、現役当時から、その講義が面白くて深みがあると、たいへんな評判だった名物教授です。
今回も、江戸時代について、びっくりするようなお話が聞けようかと思います。

藤岡信勝先生からは、明治国家建設の50年のお話を伺います。
日本がどうして、世界で唯一、欧米列強と対等となれる国つくりに成功したのか。その知恵を、探っていただきます。

服部剛先生は、つくる会の「新しい公民教科書」の執筆者で、現役の教諭をしておいでの先生です。先生からは、「大東亜戦争とアジアの独立」についてご講義いただきます。
この視点は、戦後という時代を考えるうえでも、とても重要なものです。乞うご期待です。

そして今回の第四期日本史検定講座のラストを飾るのが、田母神俊雄先生です。

このあとに、検定試験が行われます。
ただしこの日本史検定講座は、試験そのものに目的があるわけではなく、講義を学ぶことにその意義があります。

ちなみにこの検定試験、試験時間中に、あらゆる資料を自由に閲覧して構わないことになっています。
どういうことかというと、どんな資料を見るよりも、はるかに詳しく、そして正しい講義が、日本史検定講座で行われているということなのです。

この日本史検定講座は、新しい歴史教科書をつくる会が新たな取組みとしてスタートして、はや2年になります。
延べ受講者数は、すでに1,000名に迫り、今後ますます拡大していこうとしています。

是非、みなさまには、この講義をご受講いただきたく思います。

日本史検定講座の詳細と、第四期の募集要項は↓にあります。
 ↓
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本史検定講座のご紹介


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おれんじ

No title
文字お越しお疲れさまです。そしてありがとうございます。
今回は応募できませんが、近い将来ぜひ勉強してい観たいと思います。

ポッポ

No title
日本の集団安全保障について、論議されています。
常識で考えると、日本の周囲には核兵器を持った軍事国家が沢山あるのですから、集団安全保障は必要だと思います。
そしていつものとおりで、隣接国家はこれに反対している図式です。

ところで、日本周辺でもっとも戦争の起こる可能性があるのは朝鮮半島で、北朝鮮と韓国の間だと思います。
この場合、日本に駐留している米軍は、当然のごとく戦闘に向かうことになりますが、これには日本の許可が必要とされています。つまり、日本の許可がない場合、米軍は戦闘地域に行くことが出来ません。
でも、米軍のことですから適当な理由を作って、戦闘地に向かうことになるでしょう。

しかしながら、米軍は戦闘の正面に出ますが、後備や支援を日本に求めることが前提の編成になると思います。(何分にも軍事費の削減の結果、輸送及び掃海の戦力不足です。)
従って、日本の参加が戦闘計画に含まれていると思います。
言い変えると、集団安全保障が締結された場合、朝鮮半島で戦闘が起こったときの受益者は韓国です。

これに反対する韓国は、何を考えているのかと思います。
もっとも、韓国はどんな場合にでも日本の戦力は、いらないと言うことでしたら納得できます。

日本は韓国の絡む安全保障条約は、不要と言うことです。ただし、日米間の安全保障は今よりも緊密にして置く方が、現実的だと思います(もちろん、自衛隊の交戦規定等を整備する必要があります。)。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク