パソコンの性能

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

東芝の日本初のワープロ(JW-10)
当時630万円もしました。
東芝JW10


こうして毎日ブログを書いたり仕事に使ったり、パソコンを利用させていただいているわりには、実はパソコンについて、まるでわかっていません。
以前、小話で、パソコンを教わっているおじさんが、先生に「ウインドウを開いてください」と言われて、立ち上がって窓を開けに行った、なんてものがありましたが、そういう意味では、私のパソコンの知識も、ほとんど似たようなものです。

ただ、キーボードを使った日本語入力は、昭和55(1980)年に、会社がそれまで使っていた和文タイプに代えて、東芝の日本語ワードプロセッサを導入してくれ、書類つくりのために主にその使用を任されたことから、もう30年以上日本語入力を続けさせいただいています。

ちなみにこの東芝のワードプロセッサ、発売当初は630万円もしました(冒頭の写真)。
考えてみると、当時の社長は、こんな出来の悪い社員のために、こんなに高い買い物をしてくれたのですから、ありがたいことです。
もっとも当時はそんな上司の思いやりやありがたさに気付かず、ただ新しいワープロに夢中になっていただけでした。
ホント、いま思えば、出来の悪い社員だったと恥ずかしい限りです。


=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


日本語入力は、カナ文字入力→富士通オアシスの親指シフトキー入力→ローマ字入力と、その時々の時代によって、入力のやり方は変わって来たし、特別、指の使い方(入力方法)を教わったわけでもなくて、ですから入力の仕方は完全な自己流ですし、女性などのすっごく入力の早い人からみたら、入力スピードはたぶんそうした方々の半分にも満たないと思うのだけれど、それでも、人がそうとうゆっくり話すくらいの速度で、文字入力ができるので、なんとか文章つくりに活用させていただいています。

とことが、実は、先日来、その入力がどうにも、あやしくなってきました。
たとえば「こんにちは」と入力すると、「こnいtは」となってしまうなど、文節ごとに、文字入力がおかしくなり、同じところを3回も4回も書き直さなくちゃならなくなる。
ローマ字入力では、「konnnitiha」と、子音のあとに母音の入力しますが、その母音が、ちゃんとキーを押しているのに、パソコンが反応してくれず、日本語が母音抜けになったりしてしまうのです。

最初のうちは、キーボードに汚れが詰まって反応が悪くなってしまったのかと、エアダスターを使ってキーの内側のゴミ掃除をしたりもしたのですが、全然状態がよくならない。
歳なので、「もしかして脳障害?!」などと疑ってしまったりもしたのですが、すくなくとも、キー自体は思っている通りに、ちゃんと打っていますから、どうやらそうした障害とは関係がないようです。

それで、メーカーさんに電話して相談したら、いろいろなことがわかり、とっても勉強になりました。
詳しい方にとっては、「そんなの常識だろ」程度のことかもしれませんが、私のような素人にとっては、とっても貴重な情報でした。

そこで、みなさまにも、その内容をお話してみたいと思います。
お詳しい方にとっては、記述に間違いがあるかもしれませんが、素人が素人なりに理解するために、最小限理解しておいたほうが良い内容だと思いましたので、以下に記述します。

・・・・・

まず、パソコンの本体は、簡単にいうと、「プロセッサ、メモリ、容量」の3つで構成されているのだそうです。

この3つは、簡単にいうと

プロセッサ=秘書
メモリ  =作業台
容量   =倉庫

みたいなものなのだそうです。


「プロセッサ」は、よく「インテル、はいってる?」なんてテレビのCMでやっている、アレです。
そのプロセッサには、「2.7GHz」とか、「3.4GHz」とかの表示がありますが、この数字が大きいほど、演算速度が速くなり、入力した文字などを、素早く画面に表示させたり、漢字に変換したりする作業をしてくれます。
いってみれば秘書のようなもので、数字が大きいほど優秀な秘書となるわけです。

「メモリ」は、「4GB」とか、「8GB」とかの表示になっているもので、この数字が大きいほど、パソコンは、一度にたくさんの情報の処理ができます。
いってみれば、作業台のようなもので、4GBの作業台と、8GBの作業台では、面積が倍違うわけですから、それだけ台の上に置いておける書類や道具の量が増えるわけです。

「容量」というのは、記憶できる大きさで、最近は500GB(ギガバイト)とか、1TB(テラバイト)という膨大な記憶のできるものが主流なのだそうです。
ちなみに、TB(テラバイト)は、GB(ギガバイト)の1000倍の大きさなので、1TBというのは、1000GBのことです。

この「容量」には、2つの機能があります。
それが、作業台の脇にあるちょい置きの書架と、倉庫です。
不要な書類は、倉庫にしまっておいても良いし、その倉庫が大きいほど、いろいろなものをたくさん貯えておくことができますが、いつも使う道具や資料は、手元の作業台のすぐ脇の書架に置いておいた方が、すぐに手を伸ばして使えるので便利です。

・・・・・

さて、私のパソコンが、文字入力しても母音が飛んでしまったりと、キーを打っているのに、その通りにパソコンが反応してくれなかったのは、何が原因だったのかというと、どうやら、この3つのうち、「プロセッサ(秘書)」と、「メモリ(作業台)」が関係していたらしいです。

私は、以前使っていたパソコンは、ノートタイプの高性能機だったのですが、いま使っているパソコンは、デスクトップで、安いものを買いました。
同じスペックでも、デスクトップの方が格段に性能が良いとのことで、そのようにしたのですが、ところがパソコンは、OSというパソコン本体のプログラムが、日々バージョンアップされていきます。

すると、はじめは「1」という入力をするのに、「A」というプログラムだけで処理していたものが、バージョンアップのプログラム追加によって、それが「AB」になり、「ABC」になり、「ABCDE」になりと、プログラムが長くなっていきます。
すると一文字処理するだけでも、読み込むプログラムがその分どんどん長くなって行き、処理が重たくなってくるわけです。

そうすると、買った当初は、最新のプログラムに対応したスピードの速い快適なパソコンだったものが、バージョンアップによって、どんどんプログラムが長くなって行き、同じ速度で文字の入力をしていても、それを画面表示するのが、その分、どんどん重たくなっていくわけです。

このため「あかさたな」とキーボードに打ち込んでも、画面には「あkstn」としか表示されなくなってしまい、当然、これでは漢字変換もできませんから、その漢字を探すために、ますます処理が重たくなってしまうわけです。
なのでパソコンは、だいたい買って3年もすると、処理が重たくなって、使いづらいものになってしまうのだそうです。

そうならないようにするためには、まず「速度の速いプロセッサを選択すること」で、その「速い」分だけ、そのパソコンを使える期間が長くなるわけです。

「プロセッサ」の速度が速いと、パソコンを買う時の値段が上がってしまうのだけれど、買い替えのサイクルを考えると、逆に経済的なのだそうです。
あとは予算との兼ね合いなのですが、それでも現行モデルで相当速い「プロセッサ」のパソコンを買っても、5年もすると、やはり重たくなってしまうそうです。


「メモリ」は、作業台のようなものです。
いまだと、2GBとか、4GBとか、8GBなどがあります。
大きなものになると36GBなんてものもあります。

作業台(机)が広ければ広いほど、書類や道具をたくさん置けますが、逆にこれが小さいと、作業内容が変わる都度、台の上にあるいろいろな本や書類や道具類を、毎回、片付けなければなくなります。
この片付けは、秘書さん(プロセッサさん)が、やってくれるのですが、このときちょっとボーっとした秘書さんだと、処理がその分、遅くなってしまうわけです。

ですので、写真やビデオの編集などの、大きなファイルを扱ったり、あるいは、WordとExcelとインターネットと書類など、いちどにたくさんのソフト(アプリ)を扱ったりする場合は、この「メモリ」の値の大きなものを選ぶと良いのだそうです。

また、電源を入れてから起動するまでの時間がやたら長かったり、あるいはインターネットやWordやExcelなどを立ち上げようとしても、その都度、砂時計がクルクルまわって、長い時間待たされたりするのは、この作業台(メモリ)の容量をオーバーしていて、その都度、秘書のプロセッサさんが、作業台の上を一生懸命片付けている。
それだけ、処理速度が遅くなってしまうのだそうです。

それでも買った当初は、だいたいどのパソコンも、ある程度は快適な操作が可能なように作ってあるのだそうですが、どのソフト(アプリ)も、日々バージョンアップしていきますし、とりわけウイルス対策ソフトの場合、毎日、激増し続ける新型ウイルス情報が付加されていきます。
つまり、ひとつのソフト(アプリ)や、OSと呼ばれる基本プログラムが、どんどん大きくなっていきます。

ですので、買った当初は、快適な動作をしていても、やはり3年もすると、「メモリ」という名の作業台が、OSや、ほんのわずかなソフト(アプリ)だけで、すぐにいっぱいになってしまう。
そうなると、秘書のプロセッサさんが、毎回、一生懸命作業台と倉庫(ハードディスク)を行ったり来たりしに行ってしまいますから、なかなかソフト(アプリ)が立ち上がらなかったりすることになります。

よく、パソコンの作業中に、ハードディスクのランプが点いてカチャカチャ音を出していることがありますが、まさに、それがこの「秘書のプロセッサさんが、作業台(メモリ)と倉庫(ハードディスク)の間を行ったり来たりしている」状態なのだそうです。


「容量」というのは、その倉庫のことで、倉庫が大きいほど、いろいろなものをたくさんしまっておけます。
ただし、この倉庫は、あとから外付けのハードディスクを追加することもできるのだそうで、最近では、この値段も、うんと下がって来ているので、動画の編集や保存、3Dの画像加工をするような方でもなければ、そこそこの大きさがあれば、充分なのだそうです。


というわけで、私のパソコンの文字入力があやしくなってしまうようになってきた理由は、どうやら、買って3年経って、「秘書さんが老化してきた」ことに加え、日々のソフトウエアの更新で、それぞれのプログラムがおっきくなり、これまで使っていた作業台では、大きさ(広さ)が足りなくなって来た、ためであるとわかりました。

もともと文字を打ち込むスピードが速すぎて、誤字脱字が多いことに加えて、秘書のプロセッサさんが老化し、作業台の上も、ゴミだらけになってしまってきていたわけです。

「それって、修理とかできるんですか?」とメーカーの人に聞いたら、あっさりと「できません」という返事。
パソコンの、もともとの性能が低いので、どうにもならないのだそうです。


さて、どうしよう・・・・。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

どやさ

いろんな方がコメント書かれていますが試されましたか?いくら古いパソコンだからといって、文字入力に支障が出るなんて考えられません。
悪意あるウィルスに感染している可能性が一番危惧されますね。
Windows98でも、オフラインで使うなら、文字入力には何の支障もないと思われます。
これからもご活躍を願っています。
では(^_^)v

 よもぎ

No title
ねず様いつもブログを拝見しております。
メーカーの方の説明は間違いではないのですが、
キーボード入力が遅くなる原因は別にあるように存じます。
「パソコンの作業中に、ハードディスクのランプが点いてカチャカチャ音を出していることがあります」とお書きになっておられた
のでピンときました。
おそらく、何らかの不要な常駐ソフトが動作して、メモリを
余分に食っているため処理が遅くなっているのではないでしょうか。
一番あやしいのは、ウインドウズディフェンダーと呼ばれる
セキュリティソフトです。このソフトは買ったときから、
パソコンに入っているソフトなのですが、多くの方は利用して
いません。と言いますのは、ほとんどの方が、ウィルスセキュ
リティーやウィルスバスターといった他の市販のセキュリティー
ソフトを利用しているためです。ウィンドウズディフェンダーを
削除(アンインストール)せずに、そのままにしていると、
常駐ソフトとして、常にメモリを食ってパソコンの動作を遅く
してしまいます。インターネットなどで、「ウインドウズ
ディフェンダー削除」で検索されてはいかがでしょうか?

追記 もし市販のセキュリティーソフトを何もお使いになって
いなければ、ウインドウズディフェンダーは削除せずに、そのまま
にしてお使いください。何もセキュリティーソフトが入っていない
とパソコンが危険にさらされるためです。
他にも余分な常駐ソフトがあれば、あわせて削除してしまえば
かなりパソコンの動作が速くなるかと存じます。パソコンの動作
が遅くなったときに、タスクマネージャ(AltとCtrlとDeleteを
同時押し)を起動させれば、メモリが何にどれだけ使われているか
を数値で確認できますし、余分な常駐ソフトも確認できます。

いっちー

セーフモードで起動
いつも、FBでは、お世話になっています、お茶の好きな男です。(笑)
何故か、、、、デフラグは、あっても。
まず、一番に
1.ファイルのクリーンアップが先です。
  次ぎに、デフラグ。
2.セーフモードで起動。 IMEの認識性能の賦活。
の最も、基本的な2つが、書かれていませんですねぇ。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/start-computer-safe-mode#start-computer-safe-mode=windows-7
この方法で、XPのセレロンcpuのPCを、11年間使いました。動画、一太郎、POPなどの重いソフトが、現在も動きましたね。 もう 安全なセキュリティーの為に捨てますが。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

k

No title
いつも更新お疲れさまです&ありがとうございます。
今回変わったお題目ですが・・・
自分の経験からしか判断できませんが、
キーボードの「A」を疑ったほうが良いかとも思います。
昔のマックでメモリ8MB、HDDは40MBでもワープロ機能でそのような事はありえませんでした。
キーボードを全部ばらして掃除して組み立てたとき、下方のキーが全部使えなくなったときがあります。
何個もキーボードがありますので原因は調べませんでしたがw
もし予備がありましたら、試してみるのも一考だと思います。

ぱそこん屋さん

新しいキーボードを購入して確認しては?
お読みした限りで一番怪しいのはキーボードです。
USB、PS/2。どちらをお使いか分かりかねますが、
新しいキーボードを購入して確認したほうが良いでしょう。
確認するだけでしたら1000円台の安い物でも構いません。

キーのボタンは物理的にすり減って接触が悪くなる等は
当然起こります。

魔除けに牛島辰熊

(・・;)
これ以上無いくらい分かり易く書いてあるにも関わらず九割方理解出来なかったので、二度三度繰り返し読み込む事によって何とか
「プロセッサさんは秘書だから有能な秘書を雇うに越した事ない」という点と「メモリは作業台だから、狭いと一々片付けが面倒」という点を理解しました。 
もっともメモリとやらは何らかの物体なのか?物体だとしたらドコに潜んでいるのか?またどのボタンを押せばプロセッサさん達がパソコンの中から出て来るのか?  
などなど分からない部分もありますが、そこら辺は今通ってるパソコン教室の先生に聞いてみますかな。

現在パソコン音痴を克服すべく、去年今年と二ヶ所のパソコン教室に通ってきたものの、脳の一部が欠損してるのか未だヤリ方も語句も全く理解出来ずに先生達を呆れさせてる状態・・
このままでは今まで投じてきたウン十万のお金や、実働何ヶ月分の時間をドブに捨てる事になるんで頑張らねば!!( ̄^ ̄)  

-

No title
状況はよくわかりませんが
1 デフラグをする cドライブ容量を増やす
2 ドライバ更新
3 imeなのかな・・・を入れなおす
4 os初期化
5 メモリ増設か新規購入

ハードルの低い順です
原因は特定できませんが;;

読めなくなるのイヤなんで頑張って直してくださいませ

-

No title
薄い紙とカーボン紙を何枚か重ね、筒に巻き付けて
ガシャコンガシャコン・・・
一文字間違えれば砂消しゴムですべての紙の文字を消す
図形が必要な場合は薄い定規を使って鉄の針で書く
鉄の活字なので破損することもある
一度文字盤をひっくり返した時は大変なことになりました

母の思い出の和文タイプライター、処分してしまいましたがとっておけばよかったと思っています

ひろし

更新ありがとうございます。
地獄絵を正月に掲げたフジテレビの、昼間
冠番組が今日で終わりです。 30年以上もこの番組に関わってこられたタモリ氏には、敬意を表しますが、記憶に何も残っていないので、お笑い番組と言うのはそんなものかと想った次第です。

ポッポ

No title
パソコンについては、元の職場でも職場へ導入されてから相当年月が経過しました。
昔は、パソコンは夢の機械のように、何でも出来ると思われていた気がします。
ただ、その頃のパソコンはいかんせん性能が低く、こちらの欲求を満たすことは出来なかった。
がっかりしたことを覚えています。



台湾では、中国とのサービス貿易協定のことでエライことになっています。
日本の企業は中国に進出する際に、様々な条件を課せられています。
その条件を考えてみると、現在の台湾で起こっている騒動の原因と同じレベルだと思います。
なぜなら、中国が日本に進出する際には、相当自由に行動できるのと比較して、日本が中国に進出する際の条件には、土地の取得が出来ないことに始まって、労働者との待遇にも厳しい条件をつけられているからです。
まさに目から鱗が落ちるような気がしました。
中国へ進出する企業は見方を変えると、台湾でならば大変な騒動が起こる位の条件を飲み込んでいるのです。
まさに不平等条約です。
企業活動は大変だと言うことが、よく分かりました。

台湾の学生さんは、台湾の独立を守るために騒動を起こしていると思います。
台湾の学生さんに、頑張って欲しいと思います。



渡辺みんなの党代表がDHC会長から8億円を借りていたことから、大きな問題になっています。
理由は渡辺氏が個人的な借金としていたのに対して、DHC会長は政治資金と考えていた差だと思います。
個人的な借金問題は、先日も前東京都知事の猪瀬氏でもありました。

政治家は、政治に関することだけでなく、すべての面の資金について報告する義務を負うことにしないと、いつまでも似たような問題が起こると思います。

まきっち

No title
WindowsというOSの基本構造が使えば使うだけ
遅くなる構造だからです。LinuxやMacはそういう
現象はあまりありません。高価で重たいウィルス対策
もいりません。文書の作成がメインであれば問題ありません。
このコメントもUbunrtuというLinuxOSで書いています。
日本語変換も予測変換に優れていて快適です。
もし、パソコンを買い換えるなら、使わなくなったデスクトップ
に軽いタイプのLinuxOSをインストールしてお使いになって
見てください。「目から鱗」です。 無料でつかえますし。。。。

-

パソコン屋さんや電気屋さんに騙されている、と言って悪ければ、面倒な説明を省かれています。
ファイルがディスク容量一杯になったら別ですが、使って行くうちにどんどん遅くなって行くなんて酷いのはWindowsくらいのものです。
バージョンアップで機能追加しても、ソフトは改良して速くするのが普通です。
悪いことは言いませんのでMacにしましょう。どうしても必要ならWindowsもMacの中にインストールできます。

KOU-KOU

いろいろ原因はあると思いますが・・・
誠に申し上げ難いことですが、正直言って、ほとんどワープロソフトしか使っていないようなパソコンで、そこまで動作が遅くなる理由がとっても不可解です。なぜならXP以降のPCなら、それぐらいの作業量なら今でも普通に動作できるはずですから。もし、ねずさんがフォトショップやイラストレーターのような画像処理系(写真の加工など)のソフトを同じPCで使用されているのなら、PCの動作が遅くなる事は考えられますが、画像処理ソフトも使わず、エクセルも使わず、ワードやブログだけだとしたら、多分PCの能力の1/4も使ってないはず。ですから、ほとんどそのような事象は起こらないのが普通なのです。

そう考えると、ねずさんのPCが遅い原因は、ウィルスに感染している可能性を一番に疑って見るべきかもしれません。キーボードの動作が遅くなる系のウィルスは、PCで何をしているかを監視するソフトを植え込まれている場合があります。保守派を監視したいどこぞの国からの有難くない贈り物かもしれません。こうなるとウィルス対策ソフトを導入するしかありません。

第二点目。
>作業台の上も、ゴミだらけになってしまってきていたわけです。

この作業台はご自分で片付けを毎回しているのでしょうか?このような場合、「ディスクのデフラグツール」などで作業台を整理することが出来ます。デフラグのやり方はPCのバージョンによって多少違いますが、8でなければ、「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスクデフラグツール」があるので試して下さい。
それ以外では、不要ファイルが相当溜まっている事も考えられるので、「ディスクのクリーンアップ」も実施して見て下さい。やり方は上記の「システムツール」までは一緒で、「ディスクのクリーンアップ」を選択すれば大丈夫です。後は、使っていないアクセサリやゲームを削除したり、不要な常駐ソフトを停止してメモリの空き容量を確保したり、メモリ領域を強制開放するソフトを導入したり・・・色々と手はあると思います。

でももし、お使いのPCがXPなら、もうサポートの期限も切れるので乗り換えが必要かもしれませんね。この4月でサポート切れます。でも買い替えるにしても最新の8は、スタートボタンも無くて使いにくいので、7の方が良いと私は個人的には考えています。

ブルータートル

再インストールでOK。
一つのやり方は、一旦全部バックアップして、初期化し、適度な
バージョンのOSで再インストールし直すことですね。

丹次郎

No title
わかりやすかったです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク