大高未貴さんが慰安婦の本を出しました



「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

大高未貴さん
大高未貴さん


ジャーナリストの大高未貴さんが、今日発売の「週刊文春」に、慰安婦の証言について重要な記事を出していますので、是非、ご一読ください。
なんと、慰安婦聞き取り調査を最初におこなったソウル大学名誉教授の安びんちょく先生にまるまる5時間取材し、「慰安婦調査は失敗だった」に近い発言を引き出したのです。
スクープです!

その大高未貴さんが、このたび、『日韓”円満”断交はいかが? 女性キャスターが見た慰安婦問題の真実』(ワニ新書)という本を出します。



慰安婦の真実、歴史認識、靖国参拝、告げ口外交、反日教育、竹島の不法占拠、対馬の領土主張などなど、問題だらけの日韓にとって理想的な関係とは何かという視点から、自らの足で世界各国を取材、さらには『チャンネル桜』で女性キャスターを務め、『夕刊フジ』など各媒体で執筆活動を続ける女性ジャーナリスト・大高未貴さんが、すごい提案をしているそうです。
実に楽しみです。

特にこの慰安婦問題というのは、現韓国大統領が女性ということもあって、男性には追求しにくいところがあります。
大高未貴さんや、維新の会の杉田水脈衆議院議員さんのような、女性がこの問題について、鋭く追求していくことは、言葉は悪いですが、実はまさに「千人力」です。
是非、みなさんで注文して、この本をランキング上位に押し上げましょう。

著書名:『日韓”円満”断交はいかが? 女性キャスターが見た慰安婦問題の真実』
サブタイトル:「さらば韓国。千年後に逢いましょう! 」

もくじ
第一章 慰安婦問題の不都合な真実
第二章 慰安婦と売春婦の共通点
第三章 韓国の美と北朝鮮への歪んだ思い
第四章 竹下、対馬を浸食する韓国の魔の手
第五章 障害児に光をあてた方子妃殿下と金さんの奇跡の物語

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ポルコロッソ

たかじんのそこまで言って委員会
5月11日TV番組を拝見しました。
従軍慰安婦の強制連行の問題は、金の問題であり、タカリがその本質です。
これをかよわい女性の人権問題だと世界中でワメキ散らす韓国人の下劣さに、
僕たちは、僕らの後に続く世代のためにも断固として戦わねばなりません。
 この図書を買い求めます。

ポッポ

No title
日韓は円満に断交。賛成です。
断交している期間は、竹島の返還を要求し続けましょう。


教科書検定において、竹島と尖閣諸島についての説明がされることは、素晴らしいことだと思います。
中学のときに、竹島についての説明を受けた記憶はありますが、教科書に沿ってだったか、教師のみの説明であったかは覚えていません。

竹島が韓国に実効支配されたのは、朝鮮戦争中に米朝間で休戦条約がされる前に、当時の李承晩韓国大統領が米国の承認なしに一方的に李承晩ラインを設定し、竹島を軍事占領したものです。
日本は当時、サンフランシスコ条約の締結前で連合軍の施政下にありましたが、現行憲法において軍事力は否定されていますから、どうにも出来なかったと考えます。
日本は現行憲法により、韓国に竹島を軍事占領され、抑留者3,929人(その内44名が死傷)は拷問にあったのです。また、北朝鮮は日本に軍事侵略して、数十人とも州百人とも言われる日本人を拉致しています。
国家は、自国の領土とその国民を保護する義務があります。

そのため、これを確実に実施できるように日本は、憲法を改正しなければならないと思います。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

一有権者

No title
まさに素晴らしい事と思います。慰安婦のような事については男性は発言をはばかるような場合もあるでしょう。

しかし同性である女性からの視点から物事の本質を見極めようとするのは本当にすごい事だと思います。
日本男児もしっかりしなくてはなりませんね。

まさにさらば韓国ですね。千年後も付き合いたくない国です。

古賀の後ろにいる者達をなぜ調べない。
元自民党議員の古賀誠との面会の後、河野談話の修正も新しい談話の発表もなくなってしまいました。

これは大事件です。 しかし、これを調べようというジャーナリストは不思議といません。

ジャーナリストは、古賀の後ろにいる集団を徹底的に調べ上げ、世に知らしめるべきです。

田母神さんなどが発言をすれば、マスコミは、あれやこれやと嗅ぎ回るのに、古賀の裏を調べないのには呆れてしまいます。

日本のジャーナリストには、しっかりと仕事をしてほしいと思います。


憂国のトラッカー

素晴らしいですね。
過去も現在も日本男児は、大和撫子には頭が上がりません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク