西洋の近衛兵と日本の近衛兵

日本史検定講座第四期生募集中
ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
書泉ブックタワーで出版記念会が開催されます。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

ねず本第二巻の紹介ニュースが新刊JPから流れました。
 ↓
http://www.sinkan.jp/news/index_4550.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


第二次百年戦争


中世ヨーロッパの王様と王様の戦いといえば、映画やドラマなどでおなじみのことと思います。
ところが多くの日本人が、この戦いについて、これを古代ギリシャのアテネとスパルタの戦いのような都市国家同士の戦いと勘違いしている方が多いようです。

古代ギリシャにおける都市国家同士の戦いというのは、日本で言ったら、さしずめお城の奪い合いみたいなもので、村(城塞都市)同士の、ある意味総力戦です。
ところが中世ヨーロッパにおける戦いは、こうした総力戦とはぜんぜん違っていて、いわば辺境部における領地の奪い合いといった側面があります。

そもそもヨーロッパは大陸です。
その大陸に、様々な民族があるのですが、それが「民族」という概念によって、対立と闘争のための集団となっていくのは、むしろ近代国家成立以降のことです。
それまでは、いわゆる「民族」という概念さえありません。

ただ種族同士の、いわば同じDNAを持つ者通しの、近い遠いの別はありますが、いわゆる親戚同士、同じ血縁同士という関係式はあります。
ところがヨーロッパでは、猛威を振るったバイキングが、ヨーロッパ各地の各種族を征服して、そこに「王朝」を作ってしまうわけです。


たとえばフランスは、もともとはバスク人が住んでいた土地ですが、そこにある日突然、バイキングがやってきて、ブルボン朝(ルイ王朝)を作ってしまうわけです。
いわば、他民族による支配です。

そのブルボン朝の貴族が、ある日、得意の海を渡って英国に住むスコットランド人たちを征服し、そこに王朝を作る。
こうしてできたのがテューダー朝(エリザベス王朝)です。
要するに英国王朝も、外来王朝です。

では、その王朝とは何かといえば、それは王による人や民の私有です。
私有ですから、私有者である王が死ぬと、王の莫大な遺産をめぐって、跡目争いが起こります。
それで追い出された兄弟が、別なエリアを征服して、そこで王を名乗って、その地域の部族を支配するわけです。

ところが、部族支配と言っても、ヨーロッパは大陸です。
異なる種族が、ある程度、地域ごとに団子になっているとはいっても、その周辺地域では、人々は隣の部族の人たちと恋もすれば結婚もします。
つまり、ごく自然に、血が混じるわけです。

そうなると、周辺地域というのは、いったいどっちの国の支配地かわからなくなる。
そこで、王様の私有権の及ぶ範囲をめぐって、王様同士の争いが起こります。
最初はもちろん、話し合って解決しようとしますが、その話し合いでどうにもならないとなれば、戦争になります。

ところが、ヨーロッパ中世の王様の兵というのは、王様が自分のポケットマネーで雇っている、これまた王様の財産のひとつです。
雇われている兵たちは、戦うことを生業とする人たちで、いまでいう傭兵です。
体力に自信のある彼らは、故郷を飛び出し、腕一本の強さを誇りながら、王様に雇ってもらう。
王様にしても、そういう暴れ者のならず者たちを、野放しにしておいて領地内で暴れ回られるよりは、酒でも飲ませて飼い殺しにしておいて、戦があったら、そこに向かわせる方が利口なわけです。

日本における江戸時代くらいのヤクザの親分さんをイメージしていただければわかりやすいのですが、ヤクザ
の親分さんが、子分たちに縄張りの周辺部の争いの鎮圧に向かわせ、その親分さんの子分が、全滅してしまったら、親分さんは、ほんものの「裸の王様」です。

ですから、戦いといっても、ある程度、カタチだけ戦って、ちょっと分が悪くなったら、そこで白旗を揚げて降参し、「今回はこれで勘弁してやらあ」とばかり、縄張りの一部を譲って、また時を待ちます。
ほとぼりが冷めて、国力が充実したら、また戦って奪い返せば良いだけのことだからです。

このことは傭兵の側にしても利害が共通していて、ただ金で雇われているだけですから、何も命を犠牲にしてまで戦う必要はない。
勝ち戦なら暴れもするけれど、負けそうになったら、すぐに逃げなきゃ死んでしまいます。
兵たちに逃げられたら、引率している貴族(王様の身内)は、責任を取らされますから、旗色悪しとみれば、適当なところで、軍を引き、手打ちをしてしまうわけです。

こうした伝統は、ヨーロッパでは、ごく普通のことで、ですから第一次、第二次大戦においても、多くの局地戦は、ものの半日どころか、数時間で、終わっています。

日米戦にあった玉砕線のような、「どこまでも戦う、いつまでも戦う」などという恐ろしいことは、世界史では、あまり類例のない出来事で、ですから2000年前にあった、スパルタ王レオニダスが、わずか300の兵を連れて、100万のペルシャ軍に挑んだテルモピュライの戦いが、いまだにヨーロッパでは、伝統の語りぐさになるわけです。(テルモピュライの戦いについては、最近の映画「300」でも詳しく紹介されました)。

けれど考えてみれば、兵力に乏しい旧日本軍の戦いは、China事変においても、大東亜戦争においても、いずれもテルモピュライの戦いに匹敵する戦いが行われているわけで、逆に言えば、彼らから見れば「日本は恐ろしい枢軸国」と映るのも、ある意味無理からぬことといえるかもしれません。

ちなみに、中世ヨーロッパで、前線に派遣される王の軍は、もちろん、王の親戚(貴族)が率いました。
ところが実は王様は、この貴族もあまり信用していません。
いつ寝返るかわからないからです。

そこで考案された方法が、実は「近衛兵」です。
中世ヨーロッパの王様の近衛兵といえば、すっごいかっこいい服装をしていて、まさに王様の親衛隊であり、他の兵とはひと味もふた味も違った「かっこいい」存在といったイメージがありますが、これは当然そうなのです。
なぜなら、近衛兵というのは、王様の周囲にいる貴族たちの跡取り息子たちなのです。

その跡取り息子たちを、「近衛兵」という名目で常に王様の周囲においておく。
そしてもし、その親の貴族が、前線などで王を裏切ったら、その息子を血祭りに上げる。
つまり、近衛兵というのは、ていのいい人質だったわけです。

ちなみに旧日本軍にもかつては、近衛兵がありましたが、そこにいる兵士たちは、ただ優秀だから近衛兵に抜擢されているだけで、特段、華族の息子たちというわけではありません。

さらに江戸時代よりも以前になりますと、近衛という貴族の名字はありましたが、近衛兵なるもの自体が存在しない。
天皇直轄の軍隊自体が存在しないのです。
近衛兵どころか京都御所には、城塞やお城にあるような武装装備さえ何もありません。
これが2700年続いた我が国の姿なのです。

和と結いを大切にする天皇のシラス国と、常に裏切りと対立と闘争が連続する王権支配のウシハク国では、こんなところにも違いが出ているのです。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

桔梗

近衛兵に親近感
初めてコメントします。
私の曾祖父が近衛兵だったと父から聞いたことがあります。
そのせいだけではないと思いますが、戦後の自虐教育を受けても、素直に日の丸は美しいと思いましたし、君が代も好きでした。
曾祖父が天皇陛下を護られていたのは、今も誇りに思っています。
思うに、私が受けた自虐教育よりも今の自虐教育の方が酷く感じます。
早く正しい歴史教育に直さなければならないと思います。

ていかん

ねずさん、はじめまして。
ていかんと申します。今年で高校一年生になります。
このような「シラス国」と「ウシハク国」についての話を聞くと、私は平沢進氏の庭師KINGという曲を思い出します。
「KING」が「人の庭にすべて足りるまで」「働く」という内容なのですが、その歌詞はまさに天皇陛下が自ら働き、民が家族や仲間のため働くという日本の伝統的な在り方そのものだと思います。(もしかしたら「KING」とは「大王」のことかも•••?)
真の強さとは、財産や武力ではなく、心や信頼、そういう所にあるということが世界の常識となればいいですね(^-^)

愛信

集団的自衛権、反対「理解できない」 前米国家情報長官
集団的自衛権、反対「理解できない」 前米国家情報長官
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140417/amr14041723040009-n1.htm

【関連情報】
【沖縄県民斯ク戦ヘリ】集団的自衛権「簡単に認めぬ」山口公明代表
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-3697.html

反日売国テレビ局。マスコミの言っている事と創価学会公明党の言っている
事が同じで米国のブレア前国家情報長官には何故反対するのか「理解できな
い」。 集団的自衛権の獲得を推進している安倍内閣かこの創価学会公明党
と結託している事が、日本人を騙して、嘘の政策を進めている事がオレオレ
詐欺と変わりないのであり、日本人の信任を得られず、アメリカからも信用
されない。 日本の政治を行っているのは日本の有権者である、国会の解散
権限を持つ総理は売国者には譲歩してはならない。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
日本の近衛兵は、格好が良く、優秀であったと、中学の教師が自分の弟を自慢していたのを思い出しました。



韓国で豪華旅客船が沈没しました。

セウォル号は16日午前9時頃航行中に遭難信号を発信し沈没しました(乗客乗員462人、その内乗員30人)。4人が死亡し、174人が救助され、あとは行方不明です。
船は15日午後9時頃、韓国北西部の仁川を出発し、済州島に向かいました。濃霧のため出発が2時間半遅れました。通常は、約13時間半の行程でした。
午前9時頃、遭難信号を発信。同10時10分頃、「沈没が迫っている。海に飛び降りろ」との船内放送が響いたそうです。「自信があれば傾いた船の甲板に登れ」との指示も飛び交い、船は混乱しました。事故当初、「その場にとどまるように」と船内放送があったとの証言もあり、この放送によって乗客らの脱出が遅れた可能性もあるそうです。

当該船は、1994年6月5997トンで新造、同年7月に改造し6586トンに増加、定員は804人。フェリーの定期船として鹿児島ー沖縄間に就航していました。
2012年10月に韓国に売却、昨年3月に運行を開始しました。また、韓国に売却後、改造され6825トンに増加、定員は921人に増加していたそうです。

事故の原因は、座礁と高速走行中の急旋回が考えられていますが、まだ不明です。
ただし、高速走行中の急旋回ならば、韓国に売却後の改造工事(3階、4階部分の旅客室の増加)によるバランスの崩れが大きな原因と言われるでしょう。日本での18年間の使用においては、韓国近海の航行と異なり、波の高い外洋航行でしたが事故はありませんでした。

乗員30人の内、29人が早々と船から避難したそうです。
これは、民族のDNAだと思います。

それよりも、今後大きな問題となってくるのは、乗客に対する補償問題です。
韓国は、数年前の海難事故による不手際から、保険会社のロイドが保険を受け付けないからです。
大変な事故に遭った被害者は、気の毒だと思います。
しかし、妙なマスコミによる報道で、この事故の尻ふきを日本に持ってこられては堪りません。

古希のネトウヨ

No title
乗客のことなど考える暇もなかったと堂々と言える、あの船員達。
30人の船員の内、29人はすでに陸に上がっている。ずっとアナウンスし続けた女性船員だけが亡くなったとか。
このことを大きく報じる新聞記事の下に小さいベタ記事があった。
子供達が川遊びをしていて、三歳の女の子が誤って流されるのを見て、六歳の男の子が助けようと鼻をつまんで川に飛び込んだがやはり流されて、亡くなったと言う事だ。
自衛隊に入隊する時には、国家国民を守るために命をかけると宣誓するそうだが、前の大震災津波の時、人を護るために犠牲になられた方のお話は枚挙にいとまがない。男女を問わず。この人達は宣誓などしていないのです。
素晴らしい日本人の土壌に、正しい歴史認識という肥料を施せば、世界無敵の国家になると思います。
余談ですが、私の家内の父親は若い時、鼻筋の通った容貌故に近衛兵の候補に挙げられていたのですが、視力が規定に達せず採用されなかったそうです。ちなみに我が家内は父親似ではなかったわけですが。残念。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク