立てば芍薬(しゃくやく)

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

伊東深水「吹雪」
伊藤深水吹雪


文目(あやめ)、菖蒲(しょうぶ)、燕子花(かきつばた)のことを先日書いたので、もうひとつ、季節の花のことを書いてみたいと思います。
というか、日本にこうして美しい四季があること、その幸せを、やはりわたしたちは大切にしていくべきだと思うのです。

さて昔から、「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹(ぼたん)歩く姿は百合(ゆり)の花」などと申します。

どれも美しい花ですが、芍薬(しゃくやく)は、すらりと伸びた茎の先に、華麗な大輪の花を咲かせます。
花は、牡丹も芍薬もよく似た大輪の花を咲かせるのですが、牡丹が「木」なのに対して、芍薬は「草」です。
草は木ほど丈夫でしっかりとはしていませんから、そんなところから芍薬の花言葉は(大輪の花なのに)「はじらい、はにかみ」です。
振り袖の着物を着た立ち姿が、ちょっと恥じらいがあって、すこしはにかんだ笑顔がまるで花が咲いたよう。
そんな姿が、「立てば芍薬」という言葉になっているのかもしれません。


芍薬(しゃくやく)
芍薬


「牡丹(ぼたん)」は、「百花の王」といわれるくらいで、まさに豪華絢爛、華麗で美しい花を咲かせます。
洗剤などのメーカーの「花王」さんの「花王」も、もともとは牡丹のことを言った言葉です。
まさに花の王様で、花言葉も「高貴」。
座った姿に品があり、高貴ささえも感じさせる。そんな姿が「座れば牡丹」の言葉になったのかもしれません。
ちなみに、鑑賞する際に、芍薬は立って鑑賞するのが良く、牡丹は座って眺めるのが良いから「立てば芍薬、座れば牡丹」という説もあります。

牡丹(ぼたん)
牡丹


「百合(ゆり)」の花言葉は、「無垢、純潔」で、ほかにも「威厳」というものもあります。
ちなみに百合の名前の由来ですが、百合は球根が一枚一枚むけるのですが、それが100枚(つまりたくさん)あることから、百枚合わせで「百合」なのだそうです。
もっとも、大きな花が風にそよいでユラユラ揺れる、そんな風情から「ゆり」となったという話もあり、どちらがほんとかは、わかりません。

百合は、花そのものが清楚な印象がありますので、まさに「歩く姿は百合の花」なんて、とっても美しい形容だと思います。

百合(ゆり)
百合


記紀では、まず日本の国土が生まれ、次いで神々が誕生したとあります。
わたしたちの国においては、国土や風土と神々は兄弟であり、その神々の直系のご子孫が歴代の天皇であり、その家系に連なっているのが、わたしたち日本人です。
ですからわたしたちの国では、国土や風土と、わたしたち日本人自身に、分つことの出來ない深い関係があるとされているわけです。

柿本人麻呂は、万葉集で次のように書いています。
==========
やすみしし 我が大王(おおきみ)
神(かむ)ながら神さびせすと
芳野川(よしのがは)たぎつ河内(かふち)に 高殿を 高しりまして
登り立ち國見をすれば疊(たゝな)はる青垣山
山祇(やまつみ)の 奉(まつ)る御調(みつぎ)と
春べは 花かざしもち
秋立てば 黄葉(もみぢ)かざせり
ゆきそふ 川の神も 大御食(おほみけ)に 仕へ奉ると
上つ瀬に 鵜川(うがは)を立て
下つ瀬に 小網(さで)さし渡し
山川も 依りてつかふる 神の御代かも
===========

この歌は、持統天皇の吉野行幸に際して詠まれた歌で、現代語に訳すと次のようになります。

「すべての天下をシラス我がおおきみが
 神として、そして神の御業をなさるため
 吉野川の 激流渦巻く 都邑に宮殿を 高く建て
 その高殿に登り立って 国見をなさると
 幾重にも重なりあい 緑なす山々の
 山の神が天皇に捧げる貢ぎ物として
 春には 花を髪にかざし
 秋には 紅葉を飾り
 流れる川の 川の神も 天皇の御食(みけ)に仕えようと
 上の瀬で 鵜飼いを催し
 下の瀬では 投網をさし渡し
 このように山の神も川の神も仕えている、まことに尊い神の御代であることよ」

日本は、風土も人も、一体なのです。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

やまとどくだみ

No title
 いつも大変ゆかしいお話に、学ばせていただいております。
日本人の、亡くなった先祖や同胞に対して「遺骨だけでも迎えたい」という意識は、他国人が落ち合わせない感覚とかいうのを、常々不思議に思っておりました。今回のお話に接して、土も民も敷島から生えたものだから元に還してやりたい、そういう思いの発露であったのか、と胸に落ちました。

さくら

kittoさんへ
イザナキ、イザナミの二柱の神様までは特別な別格の神様だと存じます。
古事記には、この男女神により日本の国土が産み出され、続いて多くの神々が産み出されたと記述されていますよね。

愛国の花
沖縄では街の辻などに大輪の百合の花をよく見かけます。
沖縄には、あまり桜の花は咲きませんが、
この「姫百合の花」を胸に秘めて
祖国のために散った乙女等のことを思うと心が痛みます。

嫌韓=日本人の総意

まーた
【神奈川】横浜の韓国クラブで働きながら生活保護費を不正受給容疑 韓国人女を逮捕
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401426754/

【神奈川】横浜の韓国クラブで働きながら生活保護費を不正受給容疑 韓国人女を逮捕
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401426754/

【神奈川】横浜の韓国クラブで働きながら生活保護費を不正受給容疑 韓国人女を逮捕
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401426754/

junn

No title
慰安婦の嘘を暴くためアメリカ人女性が立ち上がってくれました。今アメリカで教科書に慰安婦を性奴隷として載せようという動きが出ています。しかし性奴隷は韓国政府のプロバガンダでありアメリカ人の子供たちには真実を教える必要があるという事で署名をお願いしています。

http://www.koreanpinklady.com/index.htm

kitto

はじめましてねずさん。
興味深い記事を毎度更新してくださいましてありがとうございます。
いつもはロム専ですが、気になることがありましたのではじめてコメントさせていただきます。
他の方が言われているかもしれませんが、最初の文言で国々ができて神々が誕生したとかかれて
いましたが、先に神々が生まれてイザナギとイザナミの婚姻により国々が産み出されたと記紀
には記述されています。
国々と神々は兄弟の関係なのですの文につながると思います。

小さいことかもしれませんが気になりましたので書かせていただきました。

ではこれにて

edwalker

No title
こんにちわ。ねずさん。

エントリーにふさわしくないかもしれませんが、真逆の民族ということで


「立てば強姦 座れば売春 歩く姿は犯罪者」

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク