赤旗強制購読問題続報

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねず本第一巻のオーディオブックが、現在週間ランキングで3位になりました。
みなさまのおかでです。ありがとうございます。


市町村役場等における「赤旗強制購読問題」に関する続報です。
「赤旗強制購読問題」については、先日、「まったく共産党の動きがない」というお話をさせていただきましたが、ようやく動きが出て来た、ようです。

というのは、Twitterで、ある市議が次のようなツイートを出したのです。
=========
庁舎内でのしんぶん赤旗の購読状況等の実態調査を求める「陳情」書が、○○市議会にも届いたことが20日午後分かりました。
郵送による陳情書は各議員に文書を配布する事だけになっています。
議長決裁を受け、これから配布するとの事です。
中央方針に基づき戦略を立てて反撃していきます。
=========

実は、この文面、とても面白いものなのです。
それが何かというと、文中の末尾に、
「中央方針に基づき戦略を立てて反撃していきます」と書いていることです。


この「赤旗強制購読問題」がどういうものかは、以下の2つの過去記事をご覧いただくと詳しいことがわかりますが、ひとことでいうなら、共産党市議等が、市町村役場やその関連施設の職員に対して、複数の「赤旗」の購読を、いわばパワハラのようなカタチで強制をしている、ということを問題視したものです。

◆赤旗の根を絶て!
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2259.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2259.html
◆市町村役場等における赤旗強制購読問題に思う
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2261.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2261.html

共産党は、政党助成金を受け取らない清い政党などとうたっていますが、実際には、こうして赤旗の購読を強制し、言うことを聞かないと議会でしつこく追及をして脅しをかけるという、あり得ない活動をしていて、それによって「赤旗」が300万部という途方もない発行部数となり、結果としてそれが共産党のあらゆる活動経費の元になっているわけです。

この問題について、福岡県行橋市議会で問題提起がなされ、それがいま全国の自治体に伝播して広がっているわけですが、このことが問題視されるようになると、共産党としては「赤旗」の購読が半減し、党のさまざまな街宣活動や、選挙のたびに全国に候補者を立てるという野方図な経費のバラマキが制約されるようになり、また国会などにおける反対デモへの全国からの上げ膳据え膳の動員が経済的にできなくなるなどの、大きな問題になるわけです。

日本は言論の自由を標榜した国ですから、それぞれの個人がいかような主義主張を持とうが、ある程度自由ですし、そのための媒体として、さまざまな団体等が、それぞれに情報誌やコミュ媒体として新聞等を発行するのも、自由です。

政治でいえば、自民党にも、公明党にも、それぞれ媒体となる新聞はありますし、保守系の新聞もあれば、反日系の新聞も国内で発行されています。
そしてそれを購読するもしないも、それぞれの個人の自由です。

けれど、その購読を、市町村議会の議員という強い立場を利用して、購読しなければ議会で吊るし上げるぞと脅迫して購読を強要しているとするなら、それは問題ですし、これは「やめさせなければならないこと」です。

ただし、この問題が全国の自治体で議論されるには、手順が要ります。
どういうことかといいますと、わたしたちはこれが問題だと思っていますが、それを、それぞれの自治体が実際に是正していくためには、まずは議会で問題提起がなされ、それに即して賛成多数であれば、そうした事実があるのかないのかの実態調査を行い、その上で、議論を重ねて是正するなり、禁止するなり、一括解約するなりといった条例を制定する。つまりそこには手順が必要なのです。

ところが、そのことを、まだ議論さえ行われていない段階で、共産党が「党の中央方針」として戦略的にこれを「叩き潰す」というのなら、これは明らかに、「まっとうな議会における議論を阻害する反社会的行為」ということができます。

そもそも議会は、異常やおかしな点があればこれを是正し、市町村の行政を正常化していくのが役割です。
それを「議論さえさせない」、「叩き潰す」というのなら、これは議会制民主主義の否定です。

ここに書かれている「中央方針」という言葉は、「共産党の中央執行部の方針」を意味します。
もし、共産党の中央執行部が、議会制民主主義における議論そのものを否定するというのなら、それは護憲派のはずの共産党が、我が国の憲法を率先して否定していることになりますし、さらにいえば、共産党の中央執行部は、共産党が日本国憲法下における政党として反社会的団体であることを認めたことになります。

また、実際には、党中央執行部の方針など出てもいないのに、冒頭のこの共産党市議が、「党中央執行部の方針」と書いたというのなら、この市議は、市議という公職にありながら、党の決定でもないことを、あたかも党の方針であるかのような、虚偽の書き込みをインターネット上で書き込み拡散したことになります。
それは、有権者に対する不実であり、党の名誉を明らかに貶める行為ということになります。

さて、事実はどちらなのでしょうか。
党の中央執行部が反社会的決定をしたのでしょうか。
それとも、この共産党市議が、嘘を書いたのでしょうか。

いずれにせよ、異常や歪みは是正されなければなりません。
いま日本は、いろいろな面で、襟を正すべきときにきているように思います。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

昔、立川談志が
何でも反対社会党
日本に合わない共産党って言ってましたね。
全くその通り。

名無し侍

党の存亡に関わる問題なので
全力で叩き潰すという意味かな?
新聞の押し売りで生活している893。

民主主義?
あれだけトップダウンが徹底してる組織は見た事ないな。
あ、最近は中国共産党に乗っ取られかかっているのは把握。

小学生のときは共産党支持者

百害無益の共産党
Q.共産党こそが戦前、戦争に反対した。
A.ソ連を支持していたからソ連との戦争に反対しただけ。

Q.共産党こそが戦後、戦争に反対した。
A.日本を共産化してソ連側について戦争しようとしていた

Q.共産党は平和主義者だ。
A.もっとも国内で死傷事件を起こしている。

Q.共産党は社会の階級を廃止し平等にする。
A.階級対立を煽り資本家を倒した後は共産党員が貴族になる。
 (以前の東ヨーロッパやソ連、中国などが参考)

Q.共産主義者は頭がよい。
A.頭がよいふりをしているだけ。実際は狭窄視野の馬鹿。

Q.なぜいまだに共産党の看板をおろさないか。
A.フランス共産党も看板をおろさず頑張っているから。

Q.共産党に未来はあるか。
A.未来はない。過去の見せかけの栄光にひたるだけ。

Q.なぜいまだに日本の共産党は健在か。
A.何も仕事をせずに洗脳だけに専念しているため。

Q.こういう共産党をどういった人々が支持するか。
A.屈折した老人、低能な主婦、怨念にとりつかれた若者など。

Q.共産党が自民党などの暴走を止めているのでは。
A.暴走を止めるのは中道勢力。共産党はひたすら混乱させるだけ。

Q.いったい共産党とはなんなのだ。
A.馬鹿とアホのひまつぶし。

猫めでる婆

市長の男気
今回初めて赤旗強制購読問題を知り、やっと「ああ、そうだったのか」と納得できた事柄がありました。
数年前当地の市議会中継をみていたら、市長とある共産党市議双方が猫でいうと「フゥゥゥー、シャァァァー」と「フンギャー、ギャオオー」と雄たけびを上げながら距離を取っているような状態に見え、異様も異様な光景で何のことやらと訝しく思ったものです。
県警の要職を務めた市長なんか、確か犬歯(糸切り歯・動物の牙に相当)をむき出しにして怒っていたような気がします。
人間も怒りが頂点に達すると、牙をむくようです。
多分市長は、ご自分の部下に赤旗購読を強制する共産党市議が偉っそーに重箱の隅をつついた挙句にバカを棒で叩いたような質疑をするんじゃない!と憤怒の形相をされたのでしょう。
男(漢)だったんだなと、改めて感じ入りました。

にっぽんじん

海外へ拡散願います
前回は西岡力氏の英語版「慰安婦問題の真実:(BEHIND THE COMFORT WOMEN CONTROVERSY: HOW
LIES BECAME TRUTH)の拡散をお願いしました。

慰安婦の捏造の真実を世界に拡散する必要があります。アメリカのマスコミ宛てに下記のメールを送りました。

世界に拡散願います。

アメリカの報道関係者の皆様へ
韓国が捏造し、日本国民の名誉を傷つけることを目的にした「慰安婦碑や像」がアメリカ各地に建設されていることを危惧しています。そのことにより、アメリカ在住の日本人の子供たちに「いじめ」の被害が広がっていることを御存知でしょうか。

歴史になかった「性奴隷」の捏造を広める韓国や、それを支援する国を日本人として決して許せません。日本国民に対する「宣戦布告」と捉え、歴史の真実を世界に訴えていきます。

河野談話は「韓国に対する日本政府の善意」として出されたものであり、韓国大統領は、強制性を認めてくれれば、慰安婦問題は解決し、物質的な要求もしないと日本政府に約束していました。下記の資料を見て歴史の真実を知っていただきたいと思います。

アメリカの歴史家の証言
http://www.youtube.com/watch?v=HxcFV7g9oQc

アメリカ公文書に残された慰安婦調書証言
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

アメリカ公文書に残された慰安婦調書
file:///C:/Users/Owner/Downloads/comfortwomen%20(2).html

にっぽんじん

原発差し止め訴訟は違法
裁判所で争うのは「違法問題」に関するものです。刑事であれ民事であれ、訴訟問題が違法かどうかが争われます。原発差し止め訴訟は該当するのでしょうか?

「原発の稼働は危険だから差し止めを求める」という訴訟に法的な争点があるのでしょうか。国が定めた安全基準に反するのであれば法的な争点があります。しかし、安全基準を決めて妥当かどうかを判断するのは原子力規制委員会であって裁判所ではありません。

原子力発電所の稼働の可否を、どのような法的権限があって裁判所が判断するのでしょうか。法に基づかない裁判所の差し止め判断は違法ではないでしょうか。法に疎い私はそう思います。

ポッポ

No title
赤旗の購読者を想像していて思ったことです。これは共産党に限らず、自民党でも、民主党でも考えなければならないことですが、それぞれの政党に、党員、準党員、サポーターという形で党に関わる人がいます。
これらに、国であれ、地方であれ公務員の含まれていることはないのでしょうか? もし、これらの公務員に政党に関係する者がいるのならば、国家公務員法又は地方公務員法に抵触する恐れがあります。
政治的行為の制限(国家公務員法第102条、地方公務員法第36条)

>それは護憲派のはずの共産党が、我が国の憲法を率先して否定していることになりますし・・・・・・
共産党は現在の状況では護憲としているだけで、自党が政権を得た場合には改憲を考えていると思います。以前、「たかじんのそこまで言って委員会」において小池参議院議員は、天皇陛下の存在も含めて「国民が望めば・・・・」と言うような発言をしていました。
ですから、現在の状況では、護憲の立場を主張しているのだと思います。



5月25日、飛行中の自衛隊機に中国軍の戦闘機が異常接近したことについて、中国人民解放軍の羅援少将は「中ロ軍事演習は外交ルートを通じてあらかじめ伝えており、国際的な慣例でも当該空域は飛行禁止になるが、日本の偵察機は明らかに禁止空域を飛行していた」とし、「撃墜しなかっただけでも、中国は十分我慢している」と述べました。

自衛隊機の飛んでいたのは、公海の上空だと思います。また、防空識別圏は領空に侵入する航空機に対して威圧することで、領空への侵入を防止するためのものです。
撃墜云々を、表明する空域ではありません。この将軍は、何を考えているのでしょうか? このような軍人を将軍にしている国家は、いずれ誤った判断で戦争を行うでしょう。
日本はその時に備えて、法的にも、自衛隊の装備にも準備を整える必要があると思います。


次に、防空識別圏の航空機にこれだけの威圧を加える国家は、逆の場合あることを判っていると思います。
沖縄列島の日本の領海を、潜航したまま航行する国籍不明の潜水艦については、警告なしで沈められても侵略行動であるため、問題にならないでしょう。。


今回の航空機の異常接近行動について、中国は中ソの共同訓練に関係したと主張していますが、その訓練場所は韓国の済州島付近と言って支障ない位の海域です。
他国のことながら、韓国はこの訓練についてどのように対処していたのか気になるところです。
海洋警察庁は、朴槿恵大統領が解体すると言いましたから、士気喪失で何もしなかったのか、又は、最近は中韓の外交関係が良好であるため、気のならなかったのでしょう。

拡散願い

■安倍内閣を支持しますか?【ヤフー意識調査】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ヤフー意識調査でブサヨが組織投票中

■安倍内閣を支持しますか?【ヤフー意識調査】

■実施期間:2014年5月26日~2014年5月28日
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/11546/result

・支持する  46.7% 
・支持しない 50.9%

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

YK

実態調査に反撃よほど都合が悪いんですね。こちとらは徹底的につつく必要有りですね。まあ今の共産党、やっても嫌がらせまでで殺し迄出来ないでしょうから淡々と追求ですね

-

「実態調査」に反撃するんですか? なんでかなー、不思議だな―。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク