第六回 倭塾/日心会合同講座開催のお知らせ

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

c0092386_20512321


この講座は、どなたでもお気軽にご参加いただくことができます。
終了後には懇親会も予定しています。

今回のテーマは、ずばり「忠義」です。
まずは神田山緑師匠から「天野屋利兵衛」の講談をみんなで聴き、そのあと、日本における忠義と、諸外国における忠義の違いについて、考えて行きます。
みなさまのふるってのご参加をお待ち申し上げます。

【概要】第六回 倭塾/日心会合同講座

1 日時 平成26年6月8日(日)
     開場 17時30分
     開演 18時
     終了 20時00分

2 場所 すみだ産業会館
     東京都墨⽥区江東橋3丁目9番10号
     JR錦糸町南口改札正面
     「丸井」の9階です。

3 プログラム
(1) 講談 神田山緑先生
     「天野屋利兵衛」
(2) 講演  講師小名木善行(倭塾塾長)
     「武士道と忠義の観念」

4 参加費 2000円
 (割引券をお持ちの方は500円引きになります)

5 懇親会
  会議終了後、懇親会があります。
  懇親会参加費は最大3,500円以内です。

6 その他
(1) Facebookをご利用の方は、イベントページで参加表明いただくことができます。
https://www.facebook.com/events/241060259434753/</u>">https://www.facebook.com/events/241060259434753/
(2) 当日、ねず本第一巻、第二巻の展示販売も行います。
(3) 当日、次回以降の参加割引券を進呈いたします。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ネコ太郎

山の日 ?
2016年から8月11日を山の日という国民の祝日にするという事が国会で決まりました。お盆周辺で休みを取りやすくという趣旨のようですが、いったい何をやっているんだか。
祝日には何らかの歴史的起源が必要である。
これ以上休みを増やすことには勿論反対だが、祝日にするのなら堂々と終戦記念日を祝日にすれば良かったのに。

にっぽんじん

不都合な真実
震災復興や東京オリンピック準備などで建設に関わる人材不足が17万人ほどという情報がありました。パート業界でも人で不足が深刻化しているようです。

しかし、その一方で、ニートなど引きこもりの働かない若者が240万人近くいるとも聞きました。240万人もいれば人手不足など一気に解消します。

外国人に頼る前に何故働かない若者を動かす事を考えないのでしょうか。今働いていないということは、将来の生活保護受給者予備軍です。働くことを義務化するほどの強い意志があってもいいのではないでしょうか。

真面目に働いている人の税金で働かない人の生活を保護するなど許すべきではないと思います。人権団体は人権侵害だと騒ぐのでしょうか。

反左巻き

>よど号ハイジャック
統計しらべておりませんが、1960年代までは、日本が朝鮮半島に残してきた重工業遺産(詳しく知りませんが、日本の技術者も人質にとったと何かで読んだ覚えがあります)があったから、北朝鮮のほうが韓国よりも豊かであったようです。
韓国よりも北朝鮮のほうが経済が発展して豊かに見えたため、日本の共産主義者らのデタラメがあばかれることはありませんでした。それでよど号ハイジャック犯のような下らない連中が日本人にも発生して湧いていきます。大学の学者らは本質的に馬鹿だから、ほとんどが共産主義に洗脳されていました。

北朝鮮にもかなわかった韓国は、まぎれもなく日本の膨大な援助と経済極力で北朝鮮をはるかに追い抜きました。なにからなにまでインフラ技術から社会制度まで韓国は日本のものをとりいれて、朝鮮戦争で荒廃した社会を復活させ発展させました。
ところが日本のせいで豊かになってきたら、なにもかも悪いことはすべて、それこそ朝鮮戦争の原因まで日本のせいにして、日本への怨念を燃え滾らせてきました。結局、李承晩という狂った建国者の遺伝子を受け継いでいるためです。思想統制の陰湿さにおいて北朝鮮と韓国は変わらないのではないでしょうか。

北朝鮮と韓国をつけあがらせ、のぼせさせたのは、まぎれもなく日本の反日左翼です。反日左翼がやりたい放題をして、北朝鮮と韓国をつけあがらせました。北朝鮮の工作員は日本で野放し、韓国は従軍慰安婦で謝れとキチガイ左翼が登場。朝日新聞や狂った評論家、日教組による日本人への兵糧攻めです。
ほんと日本人としては馬鹿馬鹿しい話です。

嫌韓=日本人の総意

朝まで生テレビのアンケート結果が出ました。
●アンケート結果

●反日・嫌韓はどうやったら解決出来るか?

・解決は出来ない・解決する必要はない 172件
・反日・嫌韓の発言を控え、歩みよる 29件
・韓国が歴史認識を見直すべき    20件
・韓国の反日教育を改める      18件

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5095054.jpg
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5095055.jpg

ひろし

いつもありがとうございます。
よど号ハイジャック犯の連中は、北朝鮮で
生きているのですね。今TVの取材で映っていました。 拉致被害者についても情報を提供するなど協力すると煙草をふかして北朝鮮のビールを飲みながら言っていました。日本の法の裁きも受けず、何を言ってやがるんだコイツラハ? と想いました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク