ときはいま  あめがしたしる  さつきかな



ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

明智光秀0611


先日、第四期日本史検定講座の第四講で、チャンネル桜などでおなじみの井尻千男(いじりかずお)先生の「明智光秀は何故信長を討ったか」という講義が行われました。

この講義の主題とは、少し異なる話なのですが、その講義の中で井尻先生が明智光秀の発句、

 ときはいま
 あめがしたしる
 さつきかな

という句を紹介されていました。

この句は一般に、というか戦後の通解では、「とき」が光秀の出自である「土岐源氏の土岐」、「あめがしたしる」を「天が下知る」と解釈できるから、通釈すれば、
「土岐源氏を出自とする光秀が、天下に号令する」、すなわち光秀が、
「俺が天下をとるのだあ!」と述べた句だと言われています。
それが一般的解釈です。

ところが井尻先生は、そうではない、と説かれています。


「ときはいま」は、まさに「時が来たぞ」です。
「あめがしたしる」は、「天が下々をシラス」つまり、天皇のシラス統治をいうと説きます。
つまり、武力を用いて天皇を無理矢理退位させ、そのままいけば我が国の天皇さえも否定してしまいかねない信長、それを容認すれば、日本がまさにChinaのような、いってみれば信長を始祖とするChina皇帝のような国に、日本がなってしまう。
そのことに危機感を抱いた光秀が、「敵は本能寺にあり」とばかり、信長を討ったのだし、そのことを証明しているのが、この句にある、と説かれます。

この時代に関する私の考察は、
過去記事「6月2日は本能寺の変」に書かせていただいていますので、ここでは重複を避けますが、

要約すれば、本能寺の変から秀吉の天下統一、家康の江戸開幕までが、いってみれば、ある意味、あらかじめ書かれたシナリオであったのではないかというのが、私の見方です。

特に光秀の上の句についての解釈は、私も井尻先生の解釈とまったく同感です。

なぜそういう解釈になるかといいますと、理由は、句の末尾にあります。
「さつきかな」です。
そもそもどうして、光秀は、この句の末尾を「さつきかな」としたのか、ということです。
光秀は、どうして「さつき」と詠んだのでしょうか。
この時期に咲く花なら、アジサイでも、アヤメでも、カキツバタでも良いはずです。
それがなぜ、サツキなのでしょうか。

百人一首の解説でも、何度も書いていることですが、和歌というのは、わずか五七五七七の31文字の中に、万感の思いを込めるものです。
たった31文字しかないのです。一字一句無駄にできない。
光秀ほどの才人が、意味もなく「さつき」と詠むはずがないのです。

では、サツキには、どのような意味があるのでしょうか。
「サツキ(皐月)」は、5月下旬から6月にかけて咲く花です。(冒頭の写真)

この花が、なぜ「サツキ」と呼ばれているかというと、理由があります。
「サツキ」は、もとの名前は、「早苗月(さなえつき)」だったのです。
サツキの花が咲く頃、まさに田植えが始まるのです。
サツキの花が咲いたら、農家では、田植えの準備です。
ですから苗を植える月を誰にでもわかるように早く教えてくれる花、という意味で、この花は「早苗月(さなえつき」と呼ばれていました。
その「さなえつき」が詰まって、「さつき」という名称になっています。

つまり「さつきかな」の「さつき」は、実は、稲作文明、稲作文化の象徴なのです。
そして日本は、天壌無窮の神勅(てんじょうむきゅうのしんちょく)を受けた国です。

天壌無窮の神勅というのは、天照大神が、孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を、豊葦原の水穂の国(トヨアシハラノミズホノクニ))に降臨させた際に与えた神勅で、

日本書紀には、「豊葦原の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂の國は、これ吾が子孫の王たるべき地なり。
爾(いまし)皇孫、就(ゆ)きて治(し)らせ。行矣(さきくませ)。寶祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、當(まさ)に天壤と窮まりなかるべし」(日本書紀巻二)と書かれています。

現代語に訳すと、
「豊かな葦原で、秋になると稲穂がたくさん稲が稔る國は私の子孫が統治する地です。なんじ皇孫よ、これから行って統治しなさい。元気で行きなさい。寶祚(天皇の御位)が栄えることは、当然に天地と共に永遠で窮まりないことです。」といった意味になります。

つまり、サツキは、田植えを暗示し、田植えは稲作を、そして稲作の続く限り天皇の御位が栄えることが永遠できわまりない、ことを暗示しているわけです。
ということは、光秀の句の「さつきかな」は、すなわち天皇の統治を意味します。

そうすると、その前にある、「あめがしたしる」の「しる」は「シラス国」と見えますから、「あめがした」は、「天皇のもと」、そして「ときはいま」は、光秀がすでにこの句を詠んだ時点で「時はいま」というのです。
ですので、ここまでを通解すると、
「いまこそ天壌無窮の神勅に基づく天皇の統治する日本にもどすべきときがきたよ」となります。

日本の歴史では、しばしばこのように歌が、さまざまな真実を教えてくれることが多々あります。
そしてその歌というのは、書かれている文にその真意があるのではなく、文の外に、その真意があります。
言いたいことを直接言わず、読み手にその言いたいことを察してもらう。
詠み手は、その「言いたいこと」をひも解くためのヒントを、歌に込めるし、読み手は、そのヒントを手がかりに詠み手の言いたいことにたどりつく。

そういうきわめて知的なゲーム性が和歌の特徴だし、そこに「相手の意図を察する」という「おもいやり」という日本文化の原点があるわけです。

この句、「ときはいま あめがしたしる さつきかな」を、いまどきの学者さんたちの学説にあるように「土岐源氏の末裔である光秀がいま天下をとる」と解釈しようとしたら、続く「さつきかな」の説明がつかなくなります。
それに光秀が、自分が信長を殺して天下をとりたいというのなら、この句は「あめがしたとる」の方が明快です。なぜそれを「しる」としたのかの説明もつきません。

説明がつかないということは、その解釈は「不正解」ということです。

古今の名将や、平安貴族たちは、たくさんの歌を残しています。
万葉集や古今和歌集など、古い文献におさめられた歌も、数々あります。
明治以降では、天皇陛下や皇后陛下もたくさんの御製や御歌をのこしておいでです。

そしてその歌に込められた意味を、特に戦後は、かなり「はきちがえた」解釈にされているのも事実です。
歌に込められた真意。それを取り戻して行くことも、日本を取り戻すための大きな仕事のうちだと思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ナス

信長はむしろ朝廷に敬意を払っていたと思います。信長秀吉家康の流れはできすぎていますが、決められたものではなく、その場その場の人の判断で作られたものなのでしょう。どんな状況でもあきらめずに切り抜けてしまう中世日本人の胆力に脱帽するばかりです。

KOU-KOU

御製
御製については、明治神宮の御神籤が良いですね。大吉とか凶とかは一切なく、御製のみですから。その和歌から一生懸命に意味と吉凶を理解しようと睨めっこしている若い子を見ていると面白い。

ポッポ

No title
今度の参議院選挙。今から、楽しみにしています。


昨日、中共はいわゆる従軍慰安婦や南京事件のことを、ユネスコに記憶遺産として登録することを申請したのですが、南京事件についてどのように認識しているのでしょうか?

南京事件の際に、虐殺された中国人は30万人と主張していますが、どこまで本気なのでしょうか? その根拠は、科学的に確認しているのでしょうか?

日本では、ねずさんを始めとする虐殺数0人の立場の他に、2万人~3万人を考えている方がいます。それぞれが論証されています。
しかし、30万人を科学的に論証している立場の方は、ないように思います。あっても、中共が言っているからそうだという、非科学的なものです。これは、本多勝一氏が「中国の旅」を中共で聞いたまま、著作としたことで分かるように実にええ加減なものです。

一生懸命に虐殺数を検証した結果、なかったという方と、2万人~3万人とされた方を一緒にしては誠に失礼だとは思いますが、中共の主張する30万人とは大きな隔たりがあります。
だから、明確に言えることは中共の主張は完全に間違っている、と言うことだけです。

こう言いますと、中共を支持されている方は、30万人ではなくても数万人を虐殺したことは事実であり、同じことだと言います。同じではありません。
中共は世界に、30万人と言い切っているのです。
一国の主張は、根拠のあるものでなければ意味がないのです。中国は諺に「白髪三千丈」というものがあります。これは、昔話で表現をオーバーにした方が面白いという類いのものですが、現在の政治の世界に持ち出すのならば中共の主張は根拠がないことを、言っていることになります。しかし、ユネスコに提案するのに与太話は要りません。
また、3万人も虐殺したから30万にも一緒だとするのは、無責任でしかありません。数的な根拠が必要でしょう。


次に、現在の中共にこのことを、言う資格があるのでしょうか?
南京事件の当事者は、蒋介石将軍の国民党軍と日本軍です。共産党は戦っていませんし、被害を受けていません。むしろ、第2次上海事変から南京事件までの国民党軍の損害は、大東亜戦争の終結後の国民党と共産党軍との戦いにまで、影響を及ぼす程の損害だったと思います。南京事件で利益を得たのは中国共産党でした。利益云々は別にして、南京事件は中国共産党に関係なかったのです。

中国共産党は中華民国から中国の政権を継承した、政権であるかのように振る舞っています。国民党軍は戦いに敗れて、台湾に追い込まれたのですから仕方のない部分です。
ところで、中共は日本に戦争による賠償が、支払われていないと言います。
しかし、中国の政権を担当していた蒋介石氏は、終戦時に日本に対して賠償を求めないことを明言しました。中共が中国の政権を継承したと主張するならば、この賠償放棄を継承しなければならなかったのです。
でも最近は、自国の都合で継承した政権であったり、関係のない政権であったり、立場のころころ変わる国です。


中国がユネスコに記憶遺産を提案するならば、無防備な民衆を戦車で轢き、機関銃で掃射した天安門事件や、チベットや新疆ウイグル自治区における虐殺、南京事件の前に国民党軍が黄河の堤防を決壊させた事件の方が、余程、記憶遺産にふさわしいと思います。

愛信

国家基本政策委員会合同審査会(党首討論) (50分)
国家基本政策委員会合同審査会(党首討論) (50分)
開会日:2014年6月11日 (水)
会議名:国家基本政策委員会合同審査会(党首討論) (50分)
案件:国家の基本政策に関する件
海江田万里(民主党・無所属クラブ) 15時 01分 27分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=44020&media_type=wb&lang=j&spkid=20850&time=99:00:00.0 
石原慎太郎(日本維新の会) 15時 28分  15分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=44020&media_type=wb&lang=j&spkid=22182&time=99:00:00.0 
浅尾慶一郎(みんなの党) 15時 43分  05分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=44020&media_type=wb&lang=j&spkid=22118&time=99:00:00.0
 自分の国を自分で守る事の出来ない日本の国防問題に付いて議論してい
ます。憲法の解釈を変えて集団的自衛権の行使を可能にするのか、或いは憲
法を改正して自分の国を自分で守る権利を明確に記述するか議論の分かれま
す。 どの様な国でも持っている権利に他国と軍事同盟を結んで敵国の侵略
や恫喝に対処して牽制したり戦争する権利が有ります。
 この様な国の権利に反対する勢力は日本のためになる事は何ひとつしない
のです。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信

ローソン、三菱化学の植物工場を導入
ローソン、三菱化学の植物工場を導入
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ100BY_Q4A610C1TJ2000/

【関連情報】
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi

植物工場には小型の家庭用から大規模工場などがある。 密閉された空間で
栽培される野菜は外部から進入する害虫はいないので無農薬野菜を栽培でき
る。 工場内は空気や土壌が放射能に汚染されていないので、東北地方の植物
工場で栽培される野菜も安心できる。  植物工場は天候や季節や場所(日照
の制約なし)に関係なく何時でも、何処でも野菜などを栽培できるので、地産
地消が普及して生鮮野菜の輸送コストも無くなる。 農作物を栽培するために
大量に必要とされるエネルギーは急速に技術が発展している燃料電池の電力でま
かなう様になる。

【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク