助さん格さん、懲らしめてやりなさい



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

月形竜之介
月形竜之介


水戸黄門のラストシーンでお馴染みの、黄門様のセリフは、「助さん、角さん、懲らしめてやりなさいっ!」でした。
このセリフ、実はとっても日本的です。

助さんや格さんが、このとき戦う相手は、武装した悪徳代官や悪徳商人の一味ですが、この連中がどういう連中かというと、物語によっては藩主を廃絶して悪徳仲間で政権を牛耳ろうとしたりしている、いわば政府転覆をはかる許されざる武装テロ組織です。

ハリウッド映画なら、スターウォーズのダーススペイダー一味や、悪の帝国みたいなもので、こういう場合、アメリカンヒーローなら、敵をバッタバッタと打ち倒し打ち破り、敵を全滅させて美女を救出してきて、めでたしめでたしとなります。

ところが水戸黄門は、「懲らしめてやりなさい」です。

テレビドラマの黄門様も、石田浩二や里見浩太朗が黄門様役をするようになってからは、なぜか「懲らしめる」といいながら、助さんや格さんに、由美かおるや照英まで加わって、バッタバッタと悪人たちを斬り殺すようになったけれど、黄門様を東野英治郎や西村晃が演じていた頃は、悪人たちをあまり殺さない。せいぜい峰打ちでした。

もっと前の昭和32年の映画「水戸黄門」(主演:月形竜之介)になると、黄門様ご一行が暴れ回るお楽しみ乱闘シーンでは、そもそも刀を手にした大勢の悪人たちに対して、助さん格さんは、刀さえ抜きません。
手にしているのは十手だけ。黄門様も杖だけです。
相手の暴徒たちを斬り殺そうという意思さえありません。
暴徒たちを相手に刀を振るうのは、義憤を感じた善玉の武士が、その場に助太刀して、刀を持って暴れるくらいで、すると悪人たちは、「引け、引け〜」といって、簡単に逃げていってしまいます。

要するに、あくまで襲って来たものに対して自衛のために「武」を用いているだけです。
テレビドラマの黄門様は、東野英治郎の時代でも、「懲らしめてやりなさい」と、やや能動的に武力を用いていますが、それよりも前の時代の月形竜之介の映画の頃には、「武」はあくまで、「相手の矛を止める」ために使っているだけで、受動的な使用しかしていないのです。

ハリウッド映画では、米国の庶民感情を反映して、「弱い者を守るのは素晴らしいことであり、それを守るために行われるすべてのことは正しい」となります。
ですから「懲らしめる」のではなく、「殺す」します。

China映画ですと、ヒーローが、今度は何百何千という敵をなぎ倒します。要するに話が大げさになる。
さらに韓国映画や韓流ドラマになると、「わたしたちは酷い目に遭わされたニダ、だから守ってもらいたいニダ」がテーマとなって、救けるヒーローがいなくなる。

どうも映画やドラマというのは、大衆芸能であるだけに、それぞれの国ごとの民族性というか、庶民感情が色濃く反映されるようです。

問題は、日本です。
すくなくとも、昭和30年代くらいまでは、武を手前勝手な都合に用いることは非道であり外道のすることという感情が強かったようです。
「武」はあくまでも、そういう外道の矛を止める。

ところがその後の高度成長期になると、相手を懲らしめるために「積極的に武を用いるけれど、それはあくまで懲らしめるためのものであって、殺すことはしない」と変化しました。

バブル期になると「懲らしめるといいながら、実際には殺す」という描写に変わりました。
そして昨今では、片端からバッタバッタと敵をなぎ倒し、殺害するという描写に変わって来ています。

大衆芸能というのは、大衆が求めるものを提供するからヒットするわけで、提案した作品と大衆の求めるものに齟齬があれば、その作品は売れないし、テレビなら視聴率があがりません。

そして気がつけば水戸黄門は、番組自体が無くなってしまいましたが、そうなった背景は、むしろ、情報を提供する側、つまり番組や映画の制作者側の意識と、国民大衆の求める意識の間に、大きな齟齬が生まれ、その乖離が修復不能なほど大きくなってしまったためといえます。

つまり、水戸黄門がどんどんとアメカンヒーローに近づいていった一方で、観ている日本人は、実は何も変わっていない。昔も今も、日本人は日本人だということです。

「武」はあくまで相手の矛を止めるためのものです。
むやみに武を用いることは暴力です。
そしてほんとうに強いなら、相手を懲らしめ、相手にわからせる。
それができるのが、武人であり、そうすることが人の道であると、実は多くの日本人は、今でも心の奥深いところで、それを感じ取っているわけです。

昨今、柔道や剣道を、どこぞの国の人が、「ウリたちは強いニダ。発祥も我が国ニダ」と言っているようですが、試合はあくまで、試すものだから試合です。
実力が伯仲した者同士の試合なら、勝敗は、努力と時の運です。
そして、その武道が「何のためのものか」は、思想です。

たとえば柔道は、フランスでは、名門大学でも必須科目になるくらい普及しています。
なぜそこまで普及したかといえば、単に強いからではありません。
礼にはじまり礼に終わる。柔をもって剛を制する。精力善用という、柔道という日本武道のもつ思想性があるからです。

わたしたち日本人は、その思想性を本能として知っています。
だから、それ以外の、単に強ければ良いというものは、一時的にはもてはやされても、結果的には廃れて行く。大衆から、その競技も人も、見放されてしまうからです。

けれど、そうした日本武道が世界に出て行くとき、ややもすれば、その思想性が忘れられてしまいます。
わたしたちは、世界に出て行くとき、これは武道に限らずあらゆることについてですけれど、そういう日本的思想について、ちゃんと知り、かつ周囲の人たちに語れるようになっていかなければならないのだろうと思います。

それも、日本を取り戻すうちのひとつなのではないかと思うのです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

懲悪勧善 古之良典
「助さん擴散!懲らしめてやりましょう!」
昔はよく使いました(笑)

さて、ねずさんから学んだ『十七条憲法』にも『懲悪勧善 古之良典』と書いてあります。
読みは『悪を懲(こら)し善を勧(すす)むるは、古(いにしえ)の良典なり』で、意味は『悪は懲らしめ、必ず匡(ただ)せ』です。
ですから「二度とやりません」と心底悟れば黄門様は赦す訳です。

車両の重要保安部品は人命に関わります。
その開発製造に長く携わりました。
コンセプトは『人間は運転が下手』です。
だから『死なせてはならない』は、物造りの基本中の基本だと先輩から教わってきました。
実に分かり易い観念です。

武道に限らず、あらゆる方面で、こういう日本的概念が広まればいいのにな~と思っています。

アクセス

皇国の大義
水戸黄門公の凄いところは『大衆のヒーロー』という虚像ではなく『大日本史』という徳川幕府の地位さえも失わせかねない、歴史的な地雷を長年かけて編纂させた事です。水戸学の教養に培われた武士が、建武中興の理想に共鳴して大政奉還にまで持っていった凄さは日本歴史の中で俊逸です。

K3

No title
いつもながら興味深い内容です。

通りすがりの武人

No title
卑怯者の非日本人達はもともと正々堂々の勝負はしません。よって手段を選ばない卑怯な戦法でまっとうな日本人を陥れようとするのが常道です。それを「懲らしめてやる」レベルにまで武を磨くことは並大抵のことではありません。・・でもやるしかない・・強くまっとうな日本人であるためにはそれしかありません!

Alinamin2011

助さんも格さんもすごかった
私は、小学校の卒業文集の「尊敬する人」の欄に、水戸光圀と書いたほどの水戸黄門ファンでした。今から思えば、歴史とお話を混同してしまうところがいかにも小学生で、アホでお恥ずかしい限りですが。でも、水戸黄門は、私の美学形成に大きく影響したと思うのです。
私がものごころがついたのは、第2部とか第3部のころだったかと思いますが、4歳年上の兄が「格さんの方が、刀を中々抜かず、素手で戦う時間が長い。あれは、真に強いからだ。格さんの方が強くてカッコいいのだ」と盛んに主張していたのを思い出しました。確か、杉良太郎と横内正がやっていた時代です。
当時の私は、そうなのかと思いながら、何週もかけて、そこにとりわけ注目してよくよく見比べたものです。結果、確かに、格さんの方がなかなか抜かない。
そうは言っても助さんもなかなかどうして、そう簡単に抜くわけではない。結構な時間、素手で戦う。抜いたにしても、二人とも刀が短い。それでいて、抜群に強い。やっぱ、二人とも凄いんだぁと思ったものです。
ねずさんのおっしゃる通り、ご老公に「峰うちです」言われ「チャッ」という効果音と共に刀を握り直すところなど、しびれるほどにカッコよかった。私の美学に大変な影響を与えていると思います。

ねずさんは「わたしたち日本人は、その思想性を本能として知っている」とおっしゃいましたが、少なくとも私の美学は、上述のように後天的に伝承されたものだと思います。親や兄、あるいは近所の人々からそれを教わったのだと思っています。

価値観や美学、それらの基盤となる文化とは、そういうものではないかと私は思います。
私たちが後の世代にそれを伝えていかなければ、それは途絶え、意外とはかなく消えてしまうのではないかと思います。
だからこそ、日本の文化を理解し、日本の価値観を語り継ぐことに意味があるし、日本文化の価値観の基盤として美学とし続けたいと信じるから、そういう社会を守ることが必要なのだと思います。

日本が日本という国であることの意義は「日本人の文化・価値観・美学を実践することが、人間として幸せに暮らしていく糧にこそなれ、妨げには決してならない共同体であることを保証する」ためであり、そのためにこそ、日本が日本と言う国家である必要があるのだと強く信じます。
それは、子孫のためには命を懸けてでも守る価値があることだと思いますし、先人は私たち子孫のために実際に自らの命を犠牲にしてそれを守ろうとしたのだと私は思っています。

だから、私たちの第一の役割は、先人たちが命を投げ打ってでも守ろうとした日本の文化的規範、すなわち国体を、次の世代に語り継ぐことなのだと私は思います。
その伝承を怠るならば、日本文化は容赦なく忘れられ、先人たちが命がけで守ろうとした”国体の護持”は雲散霧消してしまうのだろうと私は思います。

「日本は日本人だけのものではない」などという愚にもつかない国家観をしゃぁしゃぁと抜かす鳩人間を不覚にも総理大臣にしてしまったことがある日本国民は、一人一人が「国家の意義」を、今一度肝に銘じ直さねばならないと思います。

全ては「日本文化・価値観の理解と共感」と「そもそもの国家の意義の理解」から始まる。私たちは日本に生まれ育ったことを感謝し、その価値基盤を次の世代に伝えていかねばならないと思います。

ねずさんのブログはじめ、日本を愛する方々の意見を読ませていただいて理解し自覚したのは、そういうことだと思っています。

これからもどうか、日本文化の誇るべきところ、守るべきところに気づかせ続けていただければ有難いと思います。

よろしくお願いします。ありがとうございました。

ポッポ

No title
水戸黄門のドラマは、考えてみると設定が極めて特異なものです。
正義の象徴は、水戸黄門という最高権力者に直結している副将軍で、悪役は大名の部下である藩の家老であったり、大店の店主。被害者は立場の弱い下級武士や町人のことが多かったような気がします。
これが海外ならば、悪役は権力者だと思います。
これは、日本人の権力者に対する信頼を示すもので、ある意味、天皇陛下と国民の信頼関係が、表現されているのかも知れないと思いました。



昨年5月に橋下大阪市長が「戦地の慰安婦は当時としては必要だった」と語ったとき、世界中から批判が起こりました。

この時、橋下市長は慰安婦と言ったのですが、英語では「Mayor : sex slaves were necessary」と報道されていたそうです。
橋下市長は「慰安婦」と言ったのだから定訳の「comfort woman」と訳するところを「sex slaves」と訳したら、聞いた人は誰だって怒ります。まして、アメリカは本物の奴隷がいた国です。本気で怒って、当たり前です。

性奴隷と慰安婦は、同じ言葉でしょうか? sexを省いたら、女奴隷と女性のことになり、全く異なる意味になると思います。奴隷とは、人の内に入らない存在なのです。
このように翻訳したものが誰かは知りませんが、悪意を感じました。
これは、人権を本当の意味で考えておらず、煽り立て、貶めるために行った人でなしの仕業です。
この人でなしは、日本のことも何が正しいことかも考えない、反日まっしぐらなのでしょう。



平成12年、中国で野田政権が国として尖閣諸島を購入したことから、中国にある日本の企業が多数、破壊、略奪、放火の被害に遭いました。

それらの被害に対して、野田政権の藤村官房長官は、中国の反日デモで日本の大使館や領事館が投石などで被害を受けたことについて、「政府ベースできちんと損害賠償を要求していくことになる」との考えを示しました。また、被害状況については、『情報を収集中だ』としていました。
さらに、日系企業の被害については、「中国の国内法に基づいて第一義的に解決されるべき問題だが、企業から日本側に相談があれば、それを受けた上で支援していく」との方針も示していました。
 このことは、当時のマスメディアで報道されていたのですが、その後、関係することは、何も報道されませんでした。
従って、どの企業も中国からの補償を受けることはなかったと思っていました。

ところが、「テレビに映る中国の97%は嘘である」(著者: 小林史憲氏)によりますと、イオンの損害は7億円程度だったそうですが、地元の政府から「外壁と店舗入り口の補修を行う」と申し入れがあり、政府の手配で、すぐに工事が行われたとのことです。補修費は、4,800万円程度のようです。

当時報道されたところでは、反日暴動は組織的なものであり、イオン、平和堂、パナソニック、トヨタ、ホンダ等はそれぞれ極めて大きい被害を受けたのです。パナソニックなどは中国に進出した理由が、鄧小平氏の依頼によるものでした。
とんでもない反日暴動でしたが、暴動後の補償まで企業に差を付けるとは、理解の出来ない国家です。

魔除けに牛島辰熊

以前書泉グランデで購入♪
月形黄門より更に古い、昭和3年上映の『水戸黄門漫遊記』という無声映画をDVDで見ましたが・・

山本嘉一演ずる黄門様御一行、某所にて領民イジメをしている役人達と遭遇し、あっさり正体を明かした上で、
「民は国の宝であり、それを保護し心を配るが政治の本道。 叱りつけて使えると思うは大間違いぢゃぞ」
との教訓を役人に垂れれば、その役人スッカリ改心し、自分の暴力のせいでケガした領民をカゴに乗せ、自分で片棒を担いで療養所へ向かおうとする。 
「イヤお役人様に担がせるなんて申し訳ない」と恐縮する怪我人に対し「なんの遠慮無用。上が下を、下が上を支え合い結び合って担いでこそ我が藩も成り立つのだ」と返し、 
それを見ていた黄門様が「そうぢゃ、官民の間に結びの心あってこそぢゃ。共に担ぎ合い、足並み揃えて駆けられよ」と言い残し、再び他地へと歩いてゆくと、 
今度は老人イジメの役人達に遭遇。 黄門様にも手をかけようとしたのを見た助さん角さん、柔の術(つまり素手)で以て役人達を投げたり極めたりするが、
黄門様は「なに構わぬから我々を縛って殿様の所へ連れていきなされ」と言ってそのまま連行さるる。 
さて、連行されて来た老人が御老公だと気付いた殿様、恐れ入って縄を解かそうとするも黄門様は断固拒否して解かせぬままその殿様に対し、 
「領民を我が私物と思うなかれ。 天朝様からの御預かりものである事をお忘れなさるな!」と、まるでねずさんみたいな事言って、
日頃から心得違いな殿様を正すべく諫言している忠臣某に縄を解かせてその縄を預け、「貴公に殿を任せたぞ」と言ってどこぞへ去って行きました。  

官民一致で国家を支えるという撮影当時の考え方が反映されてましたが、その後戦争に負けたせいで“国家=悪であり否定すべきもの”といって憚らない輩が跋扈し国家を壊してきました。 
国家を敵視して日々闘争に明け暮れるよりも、この映画の教え通り官民互いに担いで進む方が良いと思うんですがねぇ~ それを否定したがる連中の神経が分からん(´・ω・`)?

日本を守る

最近のNHKは保守護国の会長に代わったせいか、多少良くなった感じがしますが、国営放送なのに天皇陛下のお姿を放映する事が極めて少ないのは、まだまだです。 それから日本神社紀行のような日本の文化、霊性を感じられるような番組を作って貰いたいですね。

にこちゃん

水戸黄門、昔は面白く見ていましたが途中からあまりにも荒唐無稽になってしまい見なくなりました。
悪の何とかが船で暮らしてて…ごめんなさい、うまく書けませんが、要するに上のコメントにある様に、作っていたのが日本人じゃないから変になって行ったんですね。
今なら納得ですよ~。
ずっと前プロデューサーのへんみさんに会った事が有ります。穏やかで温厚な方でした。
多分逸見さんが亡くなられてからおかしくなっていったのだと思います。

Tanaka Kihaku

No title
日本人としての忘れかけていた感性をいつもハッと気付かせて頂き有難うございます。
思い出しました。
昭和30年代の子供のヒーロー「月光仮面」。
2丁拳銃の名手は作話中、一人の敵も殺しませんでした。

金亀80好き

殺法と活法
毎日の更新、ありがとうございます!ねずさんとほぼ同年代の愛国者です。我々の世代は新入社員として入った会社の歓迎会では、カラオケなどなかったあの時代、持ちネタの披露が必須でしたよね。私のそれは時代劇の決め台詞シーンのモノマネでした。刀を構えた後に峰打ちの持ち方にシャキーンと変えるところなど、得意でした。あの頃は何で峰打ち?って殺さないことを不思議に思ってたのですが、その後「殺法と活法」という根本的な考え方の違いを聞く機会があり、初めて納得できたのを思い出しました。日本の格技にはみんな「道」が付きますが、要はそこが欧米発祥の「スポーツ」との違いなんでしょうね。歴史や文化がその違いを作ってきたのでしょうけれども、そのような根本的な思想や哲学をメディアは伝えて欲しいものです。学校教育でも格技の必須化が行われていますが、活法という「相手を元気にする・正す」という概念が入るだけで、授業が楽しくなるのではないかと思っています。

ひろし

私も学生時代、合気道を習っていましたが、柔道と同じく礼に始まり、礼に終わる事を厳しく指導されました。道場に入る時も正座して一礼、稽古を始める時と終わる時も正座して一礼、神棚には勿論一礼です。 外の武道も同じだと想いますが、相手の暴力や攻撃のみを制して使えなくする技は、やはり日本古来のものです。我田引水で恐縮ですが合気道は最も色濃く、神道に基づく思想性からしても日本武道の本質を現していると想います。学校教育でも必須科目として取り入れて貰いですね。

muchassay

博深の見識に感銘
きょうこママ ‏@kyoko_atmh さんの呟き
https://twitter.com/kyoko_atmh/status/480473748135358464
「助さん格さん、懲らしめてやりなさい」から
訪問させていただきました
いつもながら「はっ!」とさせられます
・・・ありがとうございます
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク