吉田松陰の留魂録

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

吉田松陰の留魂録
吉田松陰 留魂録


吉田松陰の辞世の句として有名な、
 身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも
 留め置かまし大和魂
は、処刑を前にした吉田松陰が弟子たちに与えた書である「留魂録」の冒頭に掲載された句です。

吉田松陰は、山鹿流です。
山鹿流は、山鹿素行を元とし、播州浅野家、赤穂浪士の精神面の支柱となり、吉田松陰の思想となり、そして明治維新後は、維新政府の思想となり、乃木大将を通じて昭和天皇にも引き継がれた思想です。

その吉田松陰は、幕府が勅許なく日米修好通商条約を結んだことを非難し、幕府の老中、間部詮勝(まなべあきかつ)の誅殺を企てたとして、安政6(1859)年、江戸小伝馬町で斬首となりました。
このときの松蔭の年齢は、数え年30歳(いまの29歳)です。

その29歳の若者が書き残した「留魂録」は、松陰の意思を継ぐ維新の志士たちのいわばバイブルとなり、明治維新への大きな原動力となりました。
是非、ご一読賜われればと存じます。

なお、先にねず流で現代語訳を行い、下に原文を示します。
============
『留魂録』 吉田松陰

  身はたとひ
  武蔵の野辺に朽ちぬとも
  留め置かまし大和魂


今日、私が死を目前にして平穏な心境でいるのは、春夏秋冬の四季の循環を考えたからです。
農事にたとえれば、春に種をまき、夏に苗を植え、秋に刈り取り、冬にそれを貯蔵する。秋、冬になると農民たちはその年の労働による収穫を喜び、酒をつくり、甘酒をつくり、村々には歓声が満ちあふれます。
そんな収穫期を迎え、その年の労働が終わったのを悲しむ者など、私は聞いたことがありません。

私はいま、30歳で生涯を終えようとしています。
いまだひとつも事を成し遂げることなく、このままで死ぬというのは、これまでの働きによって育てた穀物が花を咲かせず、実をつけなかったことに似ていて、惜しむべきことなのかもしれません。

しかし私自身について考えると、やはり花が咲き、稔りを迎えた、そんなときなのだろうとしか思えません。
なぜかというと、人の寿命には定まりがないからです。
農事が四季をめぐって、くりかえし営まれるようなものです。

人間にも春夏秋冬があります。
十歳で死ぬものには、その十歳の人生のなかに、おのずから四季があります。
二十歳には、おのずずから二十歳の四季が、三十歳にはおのずから三十歳の四季が、五十、百歳にもおのずから四季があります。

十歳をもって短いというのは、夏蝉を長生の霊木にしようと願うことにしかなりません。
百歳をもって長いというのは、霊椿を蝉にしようとするような事で、いずれも天寿に達することにはなりません。

私は三十歳ですが、四季はすでに備わっています。花を咲かせ、実をつけています。
それが単なる籾殻なのか、成熟した栗の実なのかは私にはわかりません。
しかしもし、みなさんの中に私のささやかな真心を憐れみ、それを受け継いでやろうという人がいるなら、それはまかれた種子が絶えずに、穀物が年々実っていくのと同じで、収穫のあった年に恥じないことになるでしょう。

みなさんも、どうかこのことをよく考えてみてください。

【原文】
一、今日死ヲ決スルノ安心ハ四時ノ順環ニ於テ得ル所アリ
蓋シ彼禾稼ヲ見ルニ春種シ夏苗シ秋苅冬蔵ス秋冬ニ至レハ
人皆其歳功ノ成ルヲ悦ヒ酒ヲ造リ醴ヲ為リ村野歓声アリ
未タ曾テ西成ニ臨テ歳功ノ終ルヲ哀シムモノヲ聞カズ
吾行年三十一
事成ルコトナクシテ死シテ禾稼ノ未タ秀テス実ラサルニ似タルハ惜シムヘキニ似タリ
然トモ義卿ノ身ヲ以テ云ヘハ是亦秀実ノ時ナリ何ソ必シモ哀マン
何トナレハ人事ハ定リナシ禾稼ノ必ス四時ヲ経ル如キニ非ス
十歳ニシテ死スル者ハ十歳中自ラ四時アリ
二十ハ自ラ二十ノ四時アリ
三十ハ自ラ三十ノ四時アリ
五十 百ハ自ラ五十 百ノ四時アリ
十歳ヲ以テ短トスルハ惠蛄ヲシテ霊椿タラシメント欲スルナリ
百歳ヲ以テ長シトスルハ霊椿ヲシテ惠蛄タラシメント欲スルナリ
斉シク命ニ達セストス義卿三十四時已備亦秀亦実其秕タルト其粟タルト吾カ知ル所ニ非ス若シ同志ノ士其微衷ヲ憐ミ継紹ノ人アラハ
乃チ後来ノ種子未タ絶エス自ラ禾稼ノ有年ニ恥サルナリ
同志其是ヲ考思セヨ

===========

吉田松陰は、首をはねられ、亡くなりました。
しかし、松陰が抱いた憂国の志は、明治の志士に引き継がれ、明治維新を成し遂げ、日本の独立を守り、アジア諸国の植民地からの独立を実現させ、いま、アジアの国々のおおいなる発展を実現させました。

さいしょは、たったひとりから。
そしていまは、眼ざめた個々の人々が、まだまだバラバラな状態なのかもしれません。
正しいことは、どんなに弾圧を加えようが、かならず火は燃え広がるのです。

たいせつなことは、日本は対立と闘争の国ではないということです。
どこまでも、陛下を中心とした「和と結いと対等の国」です。

もうひとつ興味深いのは、この遺書で松蔭が、その門下生たちに「みなさんも、どうかこのことをよく考えてみてください」と呼びかけていることです。

吉田松陰は、山鹿流軍学指南所の塾長です。
その山鹿流は、ご皇室を尊崇し、我が国における天皇の存在のありがたさを、あらためて世に知らしめようとした国学です。

そしてその国学の塾長が、門下生に対して、「弟子たちよ」という上から目線ではなくて、「みなさん」という、対等な人としての呼びかけをしています。
ここにも、日本のシラス国である姿勢が明確に現れています。

日本は、一部の権力者が、大衆を支配するウシハク国ではありません。
ですから、たとえ年長の師匠であったとしても、その門下生たちへの思いは、あくまで「同志」です。
つまり、いま、日本を守ろうと立ち上がった人たちは、ひとりひとりが、人として対等な同志であるということです。
それがシラス国、日本です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

血気に逸るだけでは国は変えられない
松陰先生は仰いました。
『只今の時勢に翻弄されるのは 天壌無窮の神勅を疑うということです。 それは決して軽くない罪です』

我こそは!などと血気に逸るだけでは国は変えられない…ねずさんから教わりました。
いい歳をして未熟極まりない有り様ですが、先人の教えに低頭して学び、真面目に生きようと努力はしています。
日本を取り戻す…毎日少しずつ…出来ることをやり続ける…それだけですけどね。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

次郎左衛門

使命
 ねず先生、失礼致します^^!

 自分は吉田松陰、否、松陰先生を敬愛しております^^
 
”身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂“

…何度目にしても、その都度胸が熱く
熱くなりますよね…!

 自分も、この世には何らかの使命を頂いて生まれて来る方々がいるのではないかと思います。
そして、その方々は使命を終えると再び向こうへ還っていくのでは…と。
 松陰先生もそのお一人であっのではないかと強く思います。
 彼は、志士達の心に維新への熱い情熱、魂を強烈に焼き付け、そして使命を終えて再び還っていかれたのではないか、と…。

 松陰先生はまた、大変魅力的ですよね^^
 彼の授業を受けていた何方かが言うには…松陰先生は非常に品位があり、言葉は極めて丁寧で優しいが毒舌(笑)、国の行く末など話している時は次第に熱くなり、その余りのテンションに生徒さんらがついていけなくなっても暫く突っ走り続け(笑)、皆が…ポカーン…となっているのに気づくと漸く、「…あ!、、すみませんでした*^^」と照れ笑いをし、その松陰先生の愛嬌に生徒さんらが一斉に笑い出し、非常に温かい(熱い?)雰囲気で授業が進んでいたらしいです^^
 なんとも可愛らしい魅力的な方ですよね^^
一生に一度だけでも良いから、是非受けてみたい授業だと思います!(似たような響きの番組がありますね^^(笑))

 ねず先生、今日も大変勉強になるお話(しかも松陰先生!)誠にありがとうございます!
 自分は日々先生を通して“本当の勉強”をさせて頂いております^^

 では^^!

自由時間

最初はたったひとりから…。
最初はたった一人から…。
胸に響きました。
今気づいた人たちが色々な考えを持って国を憂いていますが、最近はそれぞれの思いが強くなり、いわゆる左の人たちとは違い、バラバラになっている様に感じます。(左の人たちはクレバーでまとまっている様に感じます。)
国を憂いる人たちはをまとめるのは、シラスの考えではないのでは?
と最近強く感じます。
今、一人一人が気付き始めました。
でも少し意見が違うからと言う理由で、バラバラになるのではなく、一つになる。それが一番大切と強く思います。

ありがとう

【世界を感動させた大日本帝国】
…米軍指揮官を苦しめたのは、部下兵員に多発した精神障害であった。
前線で目本軍の戦意に恐怖を覚えた米軍将兵の間には発狂する者、いわゆる「戦闘疲労症」が続発したのだ。
陸上戦闘のみで二万六二一一人を数えており(米軍公式記録)、これに神風特別攻撃隊の脅威によって発狂した米艦隊乗員の数を含めれば三万人を優に上回る、であろう。
この結果、米国政府は本国国民に厭戦気分が発生する事を恐れて本件を極秘事項としていたのであった。
ここでへンリィ・L・スティムソン米陸軍長官は、最高戦争指導部会議において沖縄戦と硫黄島の戦闘を引用し、
「本土決戦に際しては、米軍将兵死像者一〇〇万人以上、必要兵力五〇〇万人以上」と発言した。この結果、米国は本土上陸戦に慎重なった。
そして我が国への無条件降伏の強要を断念し、「ポツダム宣言」、要するに有条件講和の受諾を勧告すると言う形式に譲歩したのであった。
【以上、惠隆之介氏の論考より】
-----------
■同盟国ドイツが敗れ、大日本帝国は唯一国で全世界を相手に戦った。もう後が無いと思ったのは無理からぬ事でした。しかし、世界は戦後に向けて始動していました。
日本が長年敵視してきたソ連を仲介にして和平工作をしたのも、枢軸同盟を結んでいたのにも拘わらず、『日ソ中立条約』を忠実に履行し背信行為をしなかったからでもあります。
また8年もの対日戦を続けてきたのに『ヤルタ会談』に出られなかった中国国民党政権も『米英に裏切られた』と思っていました。
さらに日本が解放したアジア諸国も、インド以西の中東、アフリカの諸民族も、『大東亜共栄』の理想が欧米帝国主義の植民地からの解放を目指すものだと知っていました。
2個の原子爆弾をもって大日本帝国を屈服させ、これで永遠の平和が誕生したと思った白人帝国主義が、その後、怒涛のごときアジア・アフリカの民族覚醒に振り回され、彼らの世界支配は終わりを告げました。
巣鴨のA級処刑を行ったとされる黒人指導者キング牧師は、晩年に『八紘一宇』そのものの思想『我々は一つの家に住んでいる』を、発表して大東亜解放の先達を弔っています。
ドイツ降伏後の1945年5月~8月の日本の戦争は、最後の悪足掻きではなく、全世界注視の中で、皇国の大道を示したものだと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク