閔妃殺害事件



ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

閔妃
閔妃・明成皇后


いきなり冒頭に不愉快な写真ですが、一般に、李氏朝鮮最後の国王の妻、閔妃(みんぴ)の写真とされているものです。
もっともこの写真さえも、実は当時の妓生(きーせん)の売れっ子の写真とすり替えた偽物であるのだそうです。

この閔妃のことを、昨今の韓流ドラマでは「明成皇后」などと、もっともらしい名前を付しているようですが、これまたとんでもない話です。
当時の李氏朝鮮は、清国の属国です。
ですから清国のボスが「皇帝」であって、属国は「王」です。
「皇后」というのは、皇帝の妻のことであって、王の妻なら「王妃」でしかありえません。
「王」は、「皇帝」の部下なのです。

この閔妃は、後に殺害されています。
その犯人たちは、当時の朝鮮国王によって徹底的に捜査され、犯人は捕まり、犯人だけでなく、その家族まで、全員処刑されています。
主犯格の男は、逃亡していましたが、それに対しては、朝鮮国王は、なんと刺客まではなってこれを殺害しています。

閔妃殺害に関しては、日本がこれに関与したのではないかという説が当時ささやかれ(昔も今も、悪いことをするときは日本人になりすます)、このため日本も、国際社会における非難を畏れて、本件事件に関与したといわれる人物を全員逮捕拘留し、徹底的に調査しています。
結果は、公正な捜査の結果、全員「シロ」でした。
つまり日本人の犯行への関与は完全に否定されています。


ついでにいえば、このとき、のちに与謝野晶子の夫となる与謝野鉄幹も、取り調べの対象となっています。
けれど、彼などは、当日、ぜんぜん見当違いの場所で“釣り”を愉しんでいました。
つまり、事件になんの関係もなかったことが証明されています。

そもそもこの事件において、なぜ日本人が疑われたのかというと、殺害の犯人たちが、日本風の和服を着ていたとされているからです。

印象操作のためのねつ造閔妃暗殺絵
これだとまるで犯人は日本人です。
閔妃殺害のねつ造絵


閔妃の殺害は、日清戦争終結、下関条約の年です。
そういう時代にあって、動きにくい和服にたすき掛けで日本刀をぶら下げて、などという服装で、しかも宮廷に殴り込みをかけるというのは、そもそも誰が考えても不自然です。

要するに、日本に憧れ、日本人になりたかった朝鮮人が、憧れの日本人のような服装で襲撃したわけです。
朝鮮人の意識は複雑です。
いまの時代は、日本人をバカにして、悪いことをする時は日本人になりすます。
閔妃の時代には、日本人に憧れて、悪いことをするときに、日本人になりすます。

バカにするにせよ、憧れるにせよ、彼らにとって、日本人は最高に意識する対象であるようです。
このことは、思春期の子供によくみられる行動によく似ています。
異性への憧れから、かえってその異性を虐めてみたり、あるいは持ち物などを真似てみたり。
ひとことでいえば、自分以上に意識しているわけです。

一方、日本人は、朝鮮人に憧れもなければ、バカにする気持ちもありません。
単に、対等の人として認識しているだけです。
その落差(温度差)に、日韓の問題の本質があるようにも思えます。

さて、閔妃殺害事件に関しては、当時の事件調査によって、日本人の関与は完璧に否定されています。
ところが、なぜか最近になって、日本人犯人説が急浮上してきました。
それがいつのことかというと、なんと2005年のことです。

この年に、ロシア大学の教授によって、Aleksey Seredin-Sabatin (Алексей Середин-Cабатин) というロシア人による事件についての報告書が発見されたのです。
この報告書がきっかけとなって、日本人犯人説が浮上し、日本人の非道が糾弾されるようになりました。

2005年といえば、ソ連崩壊から14年後のことです。
報告書を書いたSeredin-Sabatin という人物は、当時、大韓帝国政府に仕える人でした。
契約によって大韓帝国政府に仕えていたアメリカ人将軍のWilliam McEntyre Dyeの指揮下で働いていた人です。

記録の公開は、2005年5月11日です。
Seredin-Sabatinは以下のように記録しています。

=========
王妃の居住する王宮の一角には、おおよそ20人から25人程度の「日本人」が詰め掛けていた。
彼らは奇妙なガウンを羽織っており、サーベルで武装していた。
そのうち何人かはサーベルを鞘から抜いていた。

複数の「日本人兵士」が宮殿のあちこちを捜索し、他の者は女王の居住区域になだれ込み、その場で見つけた女たちに襲い掛かっていた。
私は「日本人」が王妃の居住区域で物をひっくり返したりしているのを観察し続けた。

二人の「日本人」が女官たちのひとりをつかんで建物から引きずり出し、そして彼女を引っ張って階段を駆け下りた。
また「日本人」のうち一人は、私に向かって、英語で「王妃はどこだ? 答えろ!」と繰り返し聞いてきた。
私が謁見の間を通り過ぎたとき、私はその場所が「日本人」兵士と将校、そして韓国人の高級官僚の協力によって包囲されていることが分かった。
しかし、その中で何が行われていたのかは、私には知る由も無かった。
==========

ここでロシアのサバティンは、犯行グループを「日本人」と書いているのですが、なぜ「日本人」と特定できたかというと、要するに日本人風の服装であったからです。

ところが当時、現場に居合わせた日本人、朝鮮総督府取調局農工商部各長官石塚英蔵の書簡には、次のような記載があります。

==========
王妃ヲ引キ出シ二三ヶ処刃傷ニ及ヒ
且ツ裸体トシ
局部検査(可笑又可怒)ヲ為シ
最後ニ油ヲ注キ焼失セル等
誠ニ之ヲ筆ニスルニ忍ヒサルナリ

(口語訳)
王妃をひきだして、2~3ヵ所に切り傷を負わせ
かつ、裸体にして
笑いながら、また怒りながら、王妃の局部を念入りに検査し
最後に油を注いで閔妃を殺害したなど
その模様は筆舌に尽くしがたかった。
==========

日本人には、古来、対立する女性の局部を念入りに検査するという習慣はありません。
強姦や破廉恥を、恥として非常に嫌うのが日本人です。
一昔前には、刑務所ですら、女性に対する強姦や破廉恥行為犯は、人間のクズとして最下位に置かれました。

そして、事件については、国王である高宗自身が、
「王妃を殺したのは、不貞の私の部下だ」と証言しています(1906年 統監代理長谷川好道韓皇謁見始末報告(國分書記官通訳并筆記))。

また、現場にいた王子の純宗は、
「国母を殺したのは、禹範善だ」と証言(往電31号)
そして純宗は、後に刺客を放って、禹範善を暗殺しています。

さらに、実行部隊隊長の朝鮮人・禹範善は、
「王妃を直接殺したのは、私です」と証言している。
(在本邦韓国亡命者禹範善同国人高永根魯允明等ニ於テ殺害一件)

禹範善
禹範善


要するに、閔妃は高宗国王の命を受けた禹範善らによって、高宗と純宗の目の前で、高宗の居室から引き出されたのであって、禹範善らは、閔妃を裸にして局所を晒し念入りに検査し、嘲笑した挙句、閔妃を殺害した、というのが、実際の歴史です。

そもそもではなぜ閔妃が、ここまでして辱められ、殺害されるに及んだか。
その原因も、そもそも閔妃自身にあります。

閔妃は15歳の時(1866年)に王の実父の夫人の推挙で王宮に入りました。
閔妃の夫である高宗は、政治と妻に全く関心を持たず、漁色と酒の放蕩三昧でした。
このため閔妃は、嫁いで数年もしないうちに王朝の政治に深く介入するようになっています。

そして、1873年には、高宗の父で摂政を務めていた大院君とその腹心の部下たちを、裏で画策して追放し、開いたポストに、自分の一族を据えて、政治の実権を握りました。
こうして始まった閔妃一族による政治を、「勢道政治」といいます。
地位が低いけれど勢力のある者が、一方的に政治の実権を握った政治、という意味です。

閔妃は当初、日本と日朝修好条規(江華島条約)を締結するなど積極的な開化政策を実施し、日本から軍事顧問を呼び寄せ、日本のような近代的な新式軍隊を創設したりしたのですが、新式軍隊を気に入った閔妃は、清王朝に習った朝鮮の旧式軍隊に対して、給料も食事も出しませんでした。
お前たちはもう要らない、というわけです。

これに不満を持った旧式軍隊は、1882年、閔妃殺害を目論み、王妃の部屋に乱入しました(壬午軍乱)。
このとき、多くの閔妃派要人が残虐な方法で殺されるのだけれど、このとき王宮内にいた日本人の軍事顧問やその家族も、同様に旧式軍隊の兵士たちによってじつに残虐極まりない方法で、殺されています。

旧式軍隊が王宮に乱入してきたことを知った閔妃は、侍女を自らの身替りにして王宮に残し、自分はいち早く王宮を脱出。残された閔妃の身代わりの侍女は、死ぬまで強姦されつくしたあげく、五体をバラバラに切断されて殺害されました。

他方、王宮を抜け出した閔妃は、当時朝鮮に駐屯していた清の袁世凱のもとへ逃げ込みます。
そしてこのとき閔妃が清の袁世凱のもとに逃げ込んだことが遠因となって、実は日本と清との戦争・・・日清戦争が起こっています。

閔妃は、みずからの贅沢のために、日本が資金を出し、苦労して築いた鉄道の利権をロシアに勝手に売りさばきました。日本はやむなく高値を払ってロシアから権益を買い戻しています。

また閔妃は、閔妃の通貨を発行すれば、もっと贅沢三昧ができると、勝手に朝鮮国内で閔妃通貨を発行しました。
このため朝鮮国内の流通・金融を大混乱に陥いっています。
まさに無責任なやりたい放題だったわけです。

閔妃に追放された大院君は、京畿道楊州に隠居していたのですが、閔妃を国家存続を脅かすものと憂慮し、苦労して政局に復帰して、閔妃追放運動を始めました。
すると閔妃は、清をけしかけ、あるいはロシアにすがって、自分の権力の保持を図りました。
このため、朝鮮国内は、完全に大院君側と、閔妃側の2つに割れたのです。

こうした中で起ったのが、1895年10月8日の閔妃暗殺事件(乙未事変)です。
そしてその犯人は、大院君を中心とした開化派武装組織であり、彼らによって閔妃は、景福宮で、ついに暗殺され、遺体は武装組織により焼却されたのです。


※この記事は2009年8月26日の記事をリニューアルしたものです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

埼玉県 渡邊昇

感謝しています。
 お世話になります。

 
フェイスブックより来ました。

 今は亡き民社協会元理事長の中田一郎先生は、生前において先生の事務所に訪れる埼玉県の保守派の人達に日本は閔妃殺害は関わっていない。日韓関係において、先ず閔妃殺害を否定しなければならないと仰っていました。

無精な愚生は最近になって少しづつ閔妃について復習していたところでした。

小名木善行様。判りやすいご説明で本当に感謝しています。

愛信

【都政に対する要請書】を送りました
【都政に対する要請書】を送りました
http://www.aixin.jp/yst.cgi
【要請趣旨】
塩村文夏都議の質問に対する野次騒動に関連してた鈴木章浩都議の会派離脱
の処分撤回を要請します。

【要請事項】
 この空さわぎで国士鈴木章浩都議は会派を離脱する事になりました。
 野次の内容を確認できる限りでは何一つ問題になる事は有りません。 
 「みんなが結婚した方がいいんじゃないか」 今日の少子化問題を解決す
るために塩村文夏都議の質問した事柄も大切ですが、しかし国士鈴木章浩都
議の野次「みんなが結婚した方がいいんじゃないか」の方が重要な事です。  塩村都議はたとえ一部分でも聞き間違えである事を認めているならば、
一連のごたごたで国士鈴木章浩都議に与えた侮辱と屈辱を払拭する為に誠意
のある謝罪が必要である。
更に従軍慰安婦に匹敵する嘘話、有りもしない日本の女性蔑視の嘘話を全
世界に拡散させた責任を償う為に全世界に向けて発言内容の訂正と謝罪を行
うべきである。
テレビ局・マスコミの犯罪行為には、テレビに嘘の字幕を流し視聴者を騙
して、嘘の解説を行い印象操作をした事を謝罪させて番組責任者を処分する
ように宣伝広告主に要請する事も必要と考えます。
 願わくば都議会自民党が鈴木章浩都議の会派離脱を撤回して鈴木都議の名
誉の回復をされる事を願います。

【関連情報】
これだけ騒いで、聞き違い、葉、納得できない、塩村よ、慰謝料1500万円払え
https://twitter.com/masaki_yamada/status/481731085739360256/photo/1
「産めないのか」は誤報、彼女も「似た話があってほっとした」といっているだけ。
https://twitter.com/ikedanob/status/481754471668543488

詳細は
【国政に対する要請書】コメント一覧をカッチとね。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

愛信

これだけ騒いで、聞き違い、葉、納得できない、塩村よ、慰謝料1500万円払え
これだけ騒いで、聞き違い、葉、納得できない、塩村よ、慰謝料1500万円払え
https://twitter.com/masaki_yamada/status/481731085739360256/photo/1

 この空さわぎで国士鈴木章浩都議は会派を離脱する事になりました。
 野次の内容を確認できる限りでは何一つ問題になる事は有りません。
 「みんなが結婚した方がいいんじゃないか」 今日の少子化問題を解決す
るために塩村文夏都議の質問した事柄も大切ですが、しかし国士鈴木章浩都
議の野次「みんなが結婚した方がいいんじゃないか」の方が重要な事です。
 たとえ一部分でも聞き間違えである事を認めているならば、一連のごたご
たで国士鈴木章浩都議に与えた侮辱と屈辱を払拭する為に誠意のある謝罪が
必要である。 更に従軍慰安婦に匹敵する嘘話、有りもしない日本の女性蔑
視の嘘話を全世界に拡散させた責任を償う為に全世界に向けて発言内容の訂
正と謝罪を行うべきである。
反日売国テレビ局・マスコミの犯罪行為には、テレビに嘘の字幕を流し視
聴者を騙して、嘘の解説を行い印象操作をした事を謝罪させて番組責任者を
処分するように宣伝広告主に要請しよう。
 願わくば都議会自民党が鈴木章浩都議の会派離脱を撤回して鈴木都議の名
誉の回復をされる事を願います。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

愛信

植物工場から初出荷 ”エゴマ”使った給食が初登場
植物工場から初出荷 ”エゴマ”使った給食が初登場
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20140624170855

【関連情報】
セルビアの洪水 2014年5月17日
http://youtu.be/KMIJRwu1tb0
「太平洋上空のCO2濃度、過去最高に」と気象庁 4月までに400ppm超に
( http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk0.cgi#5月28日_22時16分31秒 )

植物工場で栽培したエゴマが2ケ月で収穫できて従来の方式では半年かか
る。 この事は植物工場では6毛作が可能であるが、従来の方式では天候や
季節の影響で年1回になるわけであり。
 エゴマの生産量は飛躍的に増大する。 エゴマの他にもあらゆる作物で同
様に生産量を増加できる訳で、高山、砂漠や熱帯から寒冷地でも食料生産が
可能になる。 農業は大量のエネルギを必要とするので水素(H2)革命で
得られる燃料電池の電量が使われる。 水素は水から得られる無尽蔵の資源
であるので植物工場は世界中の必要な所に建設できるわけである。
 人類の食料問題の解決への途が開けた。

詳細は
【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ポッポ

No title
閔妃は王妃としては、国のことも民のことも考えずに贅沢三昧の生活をした、もっとも権力を与えてはいけない種類のものですね。
朝鮮にしても、中国にしても、この種のものが権力を持つことが多すぎます。

日本はうかつにも朝鮮を併合しましたが、伊藤博文のように冷静な判断をする方がもうしばらく生きていたら、朝鮮に関わることはしなかったと思います。
その場合、明治から大正にかけての日本は、別の困難があったと思います。しかし、世界の情勢は、どのみち帝国主義でしたけれど、日本はアジアの中で植民地にされることもなく、独自の発展を進めることができたと思います。

それとも、朝鮮通信使のような朝貢使を送ってくる国だからと変に気遣ったために、その後の面倒を見ようと言うことになったのでしょうか。
西郷隆盛さんに話し合いに行って貰った方が、良かったのかも知れません。
西郷隆盛さんは薩摩出身で、朝鮮と同様な立場にある琉球のことをご存じでしたから、今日の日本の面倒を予想されていたかも知れません。



小保方氏のSTAP細胞について、最近はなかったとされている論調だけです。
論文を取り下げ、実験用鼠にも仕様通りのものでなかったとされ、実験ノートの記述も不十分とされれば、理研側が有利に働くのもやむを得ないと思います。最近では、再現実験は不要との論調も見られます。

しかし、それならば小保方氏を中心にした、再現実験をなぜしないのでしょう。私は最近の動きを見て、逆にこれが不思議です。

山中教授がIPS細胞を発見されたとき、その直後に○口なる者がIPS心筋移植を発表しました。この場合は、彼一人がこれだけの実績があると主張したのですが、公表した新聞は2日後に誤報とし、他に説明されていた関係機関も全て否定したことから、客観的に虚偽の実績だとされました。

小保方氏の場合には、それまでの研究実績もしっかりとしていましたし、今後の見込みを評価して理研も雇ったのでしょう。そして、STAP細胞の発表ですが、あの時に同席した方は、本人の口頭説明だけで、あれだけの発表の場を作ったのでしょうか。
日本の頭脳のそうそうたる面々が、わずか30歳の一研究員の成果を検証もせず、嬉々としてあの場に挑んだのでしょうか。そこを、信じることが出来ないのです。

再現実験が出来ないと言うことから問題が起こったのですが、これに今更触れる必要はないと思います。

問題発生後、理研は小保方氏の研究が間違っていたことを会議室で公表しています。そして、再現できなかったと言っています。
でも、今は再現できなかったことから、IPSは本当にあるのかと言うことにまで、問題が変わっているのです。

それならば、作ったとの発表会で説明した本人を中心に、再現実験をさせれば良いのです。発表会から相当の日数が経過していますから、1回で成功はしなくても何十回とすれば、この成果が本当であるか、虚偽であったかがはっきりするでしょう。

再現実験は、小保方氏を加えて彼女のやりやすい体制で(不正を出来ないようにして)、早急にチームを立ち上げて実施することを願います。

もし、小保方氏が失敗してこれに納得すれば、本人もその結果のことは覚悟しているはずです。
もし、小保方氏が再現実験に成功した場合、理研はどのように責任を取るのでしょうか。今となっては、このことの方が理事者は恐ろしいはずです。
理研の外部有識者による改革委員会は、研究不正に至った経過と背景を分析して提言をまとめていますが、これですら、内部に対して厳しい評価をしています。それが、研究不正でなかったら・・・・・どうするのでしょう。

丹次郎

吾、健気なる少女に恋せしか
まこともって冒頭より不愉快きわまる写真。
この不快を清めて余りある、お嬢さんの動画を
紹介致したく存知ます。
愚生など及びもしない、見所のある学生です。
ねず先生のお眼にとまれば、ブログ上の記事の片隅にでも
紹介して戴ければ、奨励になるかと思い愚言に及び候。

神社検定に挑戦します!  魂鏡会 放送部
https://www.youtube.com/watch?v=xWSiL8Kchhg

コージ

No title
閔妃しかり李承晩しかり、どうして権力者が己の保身や蓄財にしか関心を持たないのか、これがウシハクというものなのでしょうか。
このような歴史であっても、正確に記し教訓として活かすことができればといつも思います。

シラス国の理念は世界を変えることができるのでしょうか
それとも世界は変わることなく、シラス国の理念は辺境の異端者でしかないのでしょうか。

今を生きる私たちがこの時代にできることをやり遂げましょう。

junn

No title
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2067.html
に朝鮮通信使と書かれてましたが、朝鮮通信使のウィキペディアには、

“江戸幕府は朝鮮通信使の来日については琉球使節同様に「貢物を献上する」という意味を含む「来聘」という表現を専ら用いており、使節についても「朝鮮来聘使」・「来聘使」・「朝鮮聘礼使」・「聘礼使」と称し、一般にもそのように呼ばれていた。”

と記されてます。

大和守祥易

No title
 もし機会があったら、日本人の農学博士として活躍した禹範善の子、禹(須永)長春についても解説をお願いします。
 日本でお母さん・ナカさんが亡くなった時に韓国で仕事をしており、日本帰国を嘆願したものの、李承晩大統領が「帰国したら2度と戻ってこないかもしれない」と、許可してもらえなかった経緯があります。
 それにしても李承晩って、了見が狭いですね。

拡散させて下さい。

ヤフコメで露骨な不正大量投票発覚
ヤフコメで露骨な不正大量投票発覚

やっぱりすべて韓国絡みのコメントに露骨な不正大量投票

>韓国応援団は日本と違い卑怯なことが嫌いだよ。
>韓国応援団は日本と違い卑怯なことが嫌いだよ。
>韓国応援団は日本と違い卑怯なことが嫌いだよ。

◆支持→ 18120
◆不支持→ 3022

「醜い韓国」のイメージ広める日本人! アルジェリア選手への「レーザーポインター」・・・韓国人が「犯人」とでも?=韓国メディア
サーチナ 6月24日(火)3時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000001-scn-kr

>日本人はこうした謀略が好きだ。俺は犯人は韓国のせいにするためにアルジェリアと日本のネトウヨが組んでの自作自演だと思う。
>基本的に韓国代表はフェアプレーだし、韓国応援団は日本と違い卑怯なことが嫌いだよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク