塩村議員野次事件の裏側で



ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

西沙諸島付近で中国海警の船から放水を受けるベトナム船西沙諸島付近で中国海警の船から放水を受けるベトナム船


先週までは、塩村文夏都議へのヤジ問題が世間を賑わせていました。
テレビなどのニュース解説番組では、ほとんどこの問題一色に染まったかのようでした。
けれど、メディアが、このような愚にもつかない問題で騒ぐときというのは、必ずその裏で、何が大きな事態、本当に国民に知らせなければならない事態が動いているときです。

ちなみにいま、塩村都議へのヤジ問題について、「愚にもつかない」と書かせていただきました。
この問題は女性蔑視だとか女性の人権問題だとか騒がれていますが、そもそも議会のヤジを問題にするというのなら、民主党政権下で口蹄疫事件が起きたとき、地元の江藤拓衆議院議員が、涙ながらに被害の実情を訴えたときに、民主党の議員席から、議場内のマイクの音声さえもかき消すほどのヤジのアラシが吹き荒れた。
そのときの様子は、いったい何だったのでしょうか。

2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員その2



議員は、国民のために働くものです。
まさに江藤議員は、口蹄疫被害に苦しむ宮崎県民のために涙ながらに議場での訴えを行ったものです。
これを怒号でかき消した議員は、いったい誰のために働いているのかといいたくなりますが、その対極にあるのが、今般の塩村議員へのヤジ事件です。

ありもしないことを、「言われた。ワタチ被害者ニダ」と訴えるのは、どこぞの国の人たちのいつもの手口ですが、これによって言ってもいないことで頭を下げさせられた鈴木章浩都議が発したヤジは、
「早く結婚した方がいいんじゃないか」だけ。
では、直後の男性の声の「自分が産んでから」、その後の「がんばれよ」の声は誰かといえば、前者は誰だかわからず、後者は民主党の山下太郎都議であることがわかっています。

ところが、メディアが大騒ぎしたのは、鈴木議員だけ。
そして鈴木議員のヤジが、女性蔑視だと騒ぎ立て、その鈴木議員が自民党であることから、安倍政権が女性蔑視を行っているなどと、ありえない飛躍をした報道が垂れ流される。
いったいどこの国のメディアなのかと言いたくなります。

ところがこうした、愚にもつかない事柄でメディアが大騒ぎしている一方で、まったく日本で報道されない大きな事態が動いています。

ひとつは、台湾のことです。

今年6月から、米海兵隊の台湾への進駐がはじまりました。
これに対して、中共政府は、国連で「米軍が非合法に台湾を軍事占領している」と大騒ぎしていますが、もとより、そんなものは中共の言いがかりにすぎません。

実は、この米軍の台湾進駐というのは、ものすごく深い意味があります。

どういうことかというと、そもそも大東亜戦争の終戦まで、台湾は日本の一部だったわけです。
それがポツタム宣言によって、日本本土は、米軍が進駐して軍事占領し、台湾にはChina国民党軍が進駐し軍事占領しました。
この軍事占領というのは、当該地の主権を奪うことはできません。
ですから、後のイラク戦争で、同じく米軍がイラクを占領しましたが、だからといってイラクが米国になったわけではありません。(イラクはイラクのままです)。

同様に、日本を米軍が軍事占領しても、日本が米国になったわけではなく、同様に台湾もChina国民党軍が占領したからといって、中華民国になったわけではありません。

ところがこのChina国民党による中華民国政権が、China大陸を追い出されて、軍事占領していた台湾に亡命してきて、そこで中華民国を名乗りました。

最近、よく間違う人が多いのですが、中華民国というのは、台湾の政権ではありません。
あくまでChina本土を領土とする政権です。台湾はその一部というのが、その中華民国政権の主張です。
つまり、いま台湾にある中華民国を自称する政権は、台湾を領土とする政権ではなく、China大陸を領土とする政権です。
ここが間違えてはいけないところです。

故宮博物館の展示について、「国立」の表示があるないが問題にされていますが、もし台湾にいまいる中華民国を「国」として承認するなら、中華民国の領土はChina大陸ですから、中共政府と中華民国政府の二つの政府を、China大陸に認めることになります。
要するにこの問題は、単に台湾を国として認めるかどうかの問題ではなくて、Chinaの政権を中共政府と認めるのか、中華民国政府をChinaの政府として認めるのかという、ややこしい問題をはらむことになるわけです。

ですからもし、日本が故宮博物館を「国立」と認めるということになると、台湾にある中華民国政権をChina大陸の政権として認めたことになります。
これは、中共政権にしてみれば、国を脅かす問題となりますから、いわば日本による中共政権への宣戦布告のように取られても仕方のない事柄になってしまうわけです。

ところが現実には、台湾とChinaは、歴史的経緯も人種も民族もまるで異なっています。
つまり、台湾にいる国民党政権(中華民国)自体が、いってみれば違法に駐留している政権ということになります。
実態はともかく、理屈の上ではそうなってしまう。

ダライ・ラマ法王は、いまインド北部のダラムシャーラーにガンデンポタン(チベット亡命政府)を樹立していますが、だからといって、インドのダラムシャーラーがチベットになったわけではないということは、誰もが納得できることであろうと思います。

ところがChina国民党政権は、大東亜戦争後に軍事占領した台湾に、勝手にChina本土の政府を移転させ、そこで臨時政府を営んだまま今日に至り、あろうことか、台湾を中華民国だと主張しているわけです。
そのような不法行為が、世界に通用するはずもなく、だからこそ中華民国は国連に加盟することも認められていないし、世界各国から国家としての承認もされないまま、現在に至っています。

かつては中華民国は国連加盟国でしたし、それどころか国連の常任理事国でもありました。それは中華民国政権がChina大陸におけるChinaの正統な政権であったからです。ところがそのChinaを事実上、China共産党が牛耳り、中華民国政権は国土を追われて軍事占領していた台湾に亡命しました。

軍事占領は、あくまで一時的な軍事占領であって、そのエリアの主権を奪うことは国際法上も国際通念としても認められていません。ですから中華民国政権が、台湾に進駐し、そこを中華民国と名乗ることは、できないことです。
ですから中華民国政権は、台湾にいながら、自分たちはChina大陸の唯一の正統な政権であると主張してきたわけです。
けれども、実態は、すでにChina大陸を追い出された身であり、しかも、してはならない軍事占領地に亡命政権を打ち立てるという国際通念上、暴挙としかいいようのない行為をしているわけです。

このあたりを、中共政府は巧妙につつき、結果、国連加盟国は中共政府、国連安全保障理事国も中共政府がとってかわり、台湾にいる中華民国政権は、国連からも追われ、国家としてさえも国際的に認められないという、おかしなカタチになってしまったわけです。

本来であれば、中華民国は、台湾に亡命した後に、台湾にもとからいる人々と一体となって、新しい台湾を築くための公平かつ平等な選挙を行い、台湾人、Chineseとも、一体となって台湾国となっていけば、まだよかったのです。台湾はChinaとはまったく異なる歴史伝統文化を持つし、Chineseと比べてはるかに民度の高い台湾の人々は、そうであれば、Chinaとは違った台湾国として、世界中の人々から歓迎されたことでしょう。

ところが蒋介石が台湾で行ったのは、占領当時の虐殺であり、略奪であり、亡命政権となってからは、軍事戒厳令下に、台湾の民衆をずっとおき続けていたわけです。
これでは世界も台湾を国家として承認しようがない。

そんな台湾の情況を憂いたある先生が、その国民党の議員となり、ついには総統の地位まで上り、台湾の民主化と、China系渡来台湾人と、もとからいる台湾人の融和を図り、台湾としての自立を推進しようとしました。
それが、日本でも多くの方から尊敬されている李登輝先生です。
李登輝総統に率いられた台湾は、異なる民族の和合を実現する可能性を秘めた素晴らしい国として、その第一歩を踏み出したわけです。

ところが、そういう李登輝総統を引き摺り下ろし、Chinaからの渡来人が戦後に奪い取った利権を保持し続けようとする人たちがいました。
そして台湾は、いまや馬政権となり、親中路線にひた走る。
これに異を唱えたのが、台湾の学生たちで、それが先般の若者たちによる台湾国会占領事件に至っています。

そしてこのたび、その台湾に米軍が進駐を開始した、わけです。
これが何を意味するかというと、ひとつはChina共産党にたいする牽制です。これはわかりやすいかと思います。
もうひとつは、先の大戦後の軍事占領の「やり直し」という意味があります。
つまり、大戦後に日本領であった台湾は、China国民党軍が軍事占領したけれど、それが機能せず、China国民党臨時政府が勝手に亡命してきて居座っている状態にあるという、おかしな状態を修正するために、あらためて連合国(United Nations)の長として、あらためて米軍が台湾の軍事占領に乗り出した、ということです。

東シナ海、南シナ海には、それぞれに世界第二位の油田を持つイラクに匹敵する大油田があるとされています。つまり、この二つの海を合わせると、現時点で世界最大の大油田がそこにあるわけです。
アメリカは、もともと石油利権で世界のリーダーとなった国です。
そのアメリカにとって、中東の石油があとたったの50年で枯渇することが明らかになっている今、東シナ海と南シナ海の石油を、ただ黙って中共政府に独占させるわけにはいかない。
米国は、その石油のためにイラクとの全面戦争さえしている国なのです。
イラク以上の大油田があるとされているところを、ただ黙って中共にくれてやるという選択をするほど、米国は甘くない。

加えて、台湾については、China国民党による軍事占領が、本来、軍事占領ならば当該地の主権は奪ってはならないはずなのに、その主権を中華民国政府が勝手に奪っているという、違法な状態にあります。
この状態を、まず修正しないことには、米国は東と南のシナ海の石油利権のテーブルにさえつけません。

こういう背景のもとで米軍が台湾に駐屯を開始したということは、ですからものすごく大きな出来事になります。
なぜかといえば、米軍の台湾上陸自体が、米国による中華民国政府の否定を意味するからです。

その米軍が台湾を事実上軍事占領下に置いた場合、そこで問題になるのが、現地の統治機構です。
その統治機構として、実は中華民国政権をそのまま認めることが、いまの状態ではできないからです。
なぜなら、中華民国政権というのは、本来、China大陸にあるべき政権だからです。
もし、中華民国政権が、台湾の統治をするための正統な政権であると主張するのなら、中華民国政権は、China大陸の支配権を放棄しなければならない。
つまり、いま台湾にある中華民国政府は、完全にChina大陸を放棄して、台湾の人、台湾の政府となるという決断をしなければならないことになります。
これができないなら、米軍は、台湾に別な、台湾統治のための政権を築かなければなりません。
そのための受け皿として、すでに名を挙げているのが台湾民政府です。

台湾民政府は、いまの台湾を統治している中華民国政府とは別な、台湾独自の政府という位置づけになります。
米国が、この台湾政府を台湾の正当な政府として認めると、日本国政府も、国連加盟の3分の2以上の各国政府も、右へならえで、台湾政府を認め、台湾は、はじめてそこで国家として世界の承認を得ることになります。

そしてその一方で、Chinaでは中共政府が、「中国カード」なるものを、台湾で発行しています。
これが何かというと、在台Chineseに、Chinaの福建省の平潭島への移住を認め、そこでの生活を保障するというものです。
中共政府の主張は、台湾もChinaの一部であり、そこが米軍によって占領されるのなら、あらためて場所を提供するから、台湾に住むChineseは、本土に帰っておいでよ、というものです。
これは昨年4月から、カードが支給されています。

一方、日本国内では集団的自衛権の問題が、公○党がようやく賛成にまわったけれど、同党の地方議員がいまだ反対している等々の報道がなされています。
公○党の母体である創○学会は、もともと中共政府寄りです。
ところが米国は、もし同党が集団的自衛権にあくまで反対の姿勢を取るならば、米国内で「Soka ○akkai」をカルト指定するとしています。
つまり創○学会は、集団的自衛権に賛成するしか選択の余地はないわけで、だからこそ閣議決定がなされたわけです。

そもそも、国であれ個人であれ、自衛権を持つというのは、あたりまえすぎるくらいあたりまえのことです。
その自衛権を否定するということは、国や個人の正当防衛権まで否定するということで、これに反対するというのは、何がよからぬ意図があってのこと以外、ありえないことです。

そして集団的自衛権が、何に、どこに最大の懸案を抱えているかと言えば、まさに東シナ海、南シナ海の石油問題が、その最大の背景です。
これを民主的な国家が、条約と正義と誠実をもって争うことなく紳士的に相互の協力によって開発し、維持し、利用し、収益するためには、民主国同士がスクラムを組んで、この石油を守らなければならない。
これまた当然すぎるくらい当然のことです。

そしてそのためには、台湾が、いまのような国とさえいえないというあやうい情況にあっては困るし、日本が、自衛権さえもありませ〜んなどと、いつまでも駄々っ子のような寝言を言っているようでは、困るわけです。

世界は動いています。
塩村某という、日本人らしくない顔立ちの議員を野次ったの野次られたのと、ツマラナイ議論ばかりに目を向けるのではなく、世界の中にあって、日本がこれからどのように、世界に向けて貢献できるのか。
そしていかにしたら、わたしたちの子や孫の時代の日本が、豊かで平和でいる国の保持ができるのか。
そういう建設的な議論が、冷静に、ちゃんとでき、そのことが広く日本国民にシラスことができる国になっていく。そういう国をわれわれみんなが目指して行く。
そういうことが、いま、まさに必要になってきているといえると思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ポッポ

No title
おかざき 様

脱法ハーブは、本当に気をつけなければいけないと思います。
昨日も、また脱法ハーブを使った直後に車を運転して事故を起こしていますが、これの処罰は厳罰に処していただきたいものです。
事故の被害者は全くの他人になることは必定ですから、薬物の原因も併せて未必の故意と殺人未遂を加えることが必要だと思います。


次に、おかざき様の記されています明治大学と日本女子大学の合同テニス飲みサー「クライス」の件ですが、このことについて警察は軽微な事案として、事後の調査等は行わないとしました。

実はこのことについて、腹が立っています。
一所懸命に、日夜勉強にいそしんでいる学生さんには申し訳ありませんが、飲み会の酒だけで、多数の女子学生だけが、路上で倒れるような羽目になるとは考えられません。多分、酒に何らかの混ぜ物が入っていたのでしょう。

事案は軽微だったのですが、女子学生達の症状がもう少し軽かった場合、意識の混濁した女子学生達は男子学生達によって、別の場所に連れ込まれる可能性があったのです。
その先は、意図しない性交であり、暴行、強姦です。
その場合、女子学生達は犯罪の被害者なのです。

このような軽微な事案で済んだときこそ、警察は徹底的に調査することで、その原因である犯罪予備軍を指導することが出来るのです。
それを軽微だからと放置するようでは、犯罪を防止できないのではないでしょうか?
犯罪が発生する前に、抑止のための指導することが犯罪を起こさない、起こさせない方法で、犯罪を未然に防止することが大切だと思います。

もっとも、今年は混入物が多すぎたために女子学生の体調が悪くなりすぎて犯罪に至らなかったのですが、昨年も恐らく飲みサーはあったと想像するのです。だとすれば、何もなかったのか? 泣き寝入り?

ピロピロ

お恥ずかしい事ですが
台湾の事、初めて知りました。
本当にどうしてマスコミが大騒ぎしないのでしょうか?
その他にも、河野談話が談合だった事や米軍慰安婦の事も大騒ぎしません。
何があるのでしょうか?

ひめ

No title
私も先月から本格的に始まった米軍の台湾進駐や
台湾民政府の動向に注目している者です。
民政府の目標は中華民国の解体と米軍の直接占領を経た
台湾の地位正常化即ち日本主権下の高度の自治の実現であり、
米軍の台湾進駐も日本の集団的自衛権行使容認も
この台湾の地位正常化の始まりを告げるものでしょう。
日本は更に憲法改正という仕事が残っています。
今こそ70年前に連合国が行った違法な戦後処理を正す時です。

下の動画は最近米国で制作された台湾の地位に関するもので、
中華民国への台湾返還が無かったことや、
台湾が今も米軍占領地であることが明言されています。
もちろん全て英語ですが大変興味深い動画です。

Taiwan (1): The Truth of Oct. 25, 1945
http://www.youtube.com/watch?v=JB59BQHgf00
Taiwan (2): The Truth of Oct. 25, 1945
http://www.youtube.com/watch?v=lQzmpL3VYl0
Taiwan (3): The Truth of Oct. 25, 1945
http://www.youtube.com/watch?v=M686uI2_xWU
Understanding the One China Policy
http://www.youtube.com/watch?v=PPb9E9HSAxA

-

マスコミが自民を叩けると思ったら異常に張り切るのにも前から呆れ返ってましたが、最近「日本の恥」や「日本は差別的」というネタを必要以上にセンセーショナルに撒き散らして「世界がー」と報道する流れが多過ぎます。彼の国が何でもかんでも世界に告げ口して回るやり方と酷似していて不愉快でなりません。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ポッポ

No title
ベトナム戦争で苦戦したアメリカのニクソン大統領は、北ベトナムを支援していた中共に手を引かせるため、国連に加盟させるだけでなく常任理事国の席まで準備したのでしょうか、結果として南ベトナムは消滅しましたから国連加盟は損しただけでした。

本来ならば、蒋介石相当が率いる国民党軍は、日本が終戦した後、中国大陸を統治する予定だったのが、終戦後のアメリカは厭戦気分が強くなったため、蒋介石を支援しなかったことにあります。
おかげで、蒋介石はソ連の支援する中共に惨敗して行くところがなくなり、台湾に逃げ込んだ。台湾の方々こそ、迷惑を被ったのです。

今からでも遅くありませんから、駐留したアメリカ軍が台湾の方を支援することで、台湾を中国とは別個の国として独立させるべきです。
できうれば、日本とともに未来に向かって進めたらと思います。



脱法ハーブのことは余り知らないのですが、製造目的はハーブを加熱することで臭いを楽しむものだと思います。
従って、臭いを楽しむものですから、人間の体に成分が入れられた場合のことは、考えられていないでしょう。製造時の成分は工業薬品ですから、人体に対する影響のことは、考慮されていないでしょう。
工業製品を食べたり、注射器で血管に入れる人は救えません。
終戦後、お酒がなかったときに、ともかくアルコールが飲みたかった人が工業用メチルアルコールを飲んだのと同じだと思っています。
何ヶ月か前に、インドで工業用アルコールを飲んだ人が、何人も死んだことが報じられていました。

葉桜

してやったり顔の(戦略的)塩村議員の次は、泣き女ならぬ泣き男議員の登場に唖然、呆然です。こんな醜悪な恥知らずの男が日本の議員とは悪夢です。泣き男も何かの目眩ましでしょうか。それにしても公衆の面前で酷すぎます。

おかざき

No title
塩村ヤジ
鈴木都議は思いやりのある声援だったのではないでしょうか
恋からの時のゲス発言、妊娠詐欺や1,500万の慰謝料
放送作家時代は年端も行かぬ娘に企画AVとしか思えない番組に出させたり
今も三田にやアカヒ新聞記者と愛人だというじゃないですか
そんな下衆が少子化とか女性の社会進出って言って頂いて、下衆の極みです
しかし、それも作戦だったと思います
マスゴミが大騒ぎー、し掛けたけど何か中折れ感も、やっぱゲスの所為で?
この事実は周りに拡散しておきました
みんな笑ってました、「何それ、ネタかよ」って
さて、海兵隊の台湾駐留は知らなかったです
米大統領の訪日の時に台湾の話を伺っていますので、納得です
確実に世界は動いていますね
良い方向に向かっているようで台湾の方々の為に祈りたいと思います

あと、気になるのが明治大学と日本女子大学の薬物サークルの件です
全くと言っていい程、話題になりませんが準強姦未遂で、傷害罪ですよ
睡眠薬だけでなく、アッパー系のリキッドを使ったのは間違いないでしょう
薬物の作用で骨盤周辺の筋肉や括約筋が弛緩して失禁、脱糞だった
リキッドのWEBに書いてありました、ゼロは弛緩するって
薬物のまわりが早くてバタバタ昏睡して大騒ぎになったようですが、
もう1グループのパーティールームに合流してたら、もっと大変な事になっていたでしょう(或いは連れ去りがあったかも、その先には…)
女子大の方から被害届が出たみたいなので、夏休み位には関係者逮捕でしょうが
脱法ハーブはチャイ○製で、成分不明でバッタモンですよ
死ぬか、突然フラッシュバックが起こるか、奇形児が生まれるか分らないです
押尾事件を忘れちゃだめです、絶対手を出しちゃ駄目です
勿論、人に使っちゃいけません、女性に盛るなんて最低です
コイツら、全員ではないですが日常的にゼロを摂取してます
おまけに在日が一杯、そんな顔してるのがゴロゴロいます
犯人は捕まえなきゃなりません
ジャンキーですし、性犯罪は必ず再犯します
明治大学も隠して犯人を庇っていて、最低な対応をしてくれています
遠い記憶だと学生運動や左翼が跋扈していた大学じゃないですかね?
特亜は何時でも日本に害を及ぼし続けますね

junn

No title
http://megu777.blogspot.jp/search/label/%E7%9A%87%E7%B5%B1
塩村あやかとフェミニズム、そして中韓の影 1

shengxin

どう言ってよいのかまとまりませんが…
今日は、ねずさんの仰る通り。
自分も塩村某のやじを大きく取り上げる理由に?がいっぱいでした。
その裏に隠したいものがいっぱい有ったという事なんですよね。
また、この議員さんの過去のテレビでの発言を見れば、日本人なの?と疑問に思うこといっぱいです。
被爆2世とのことでコメントされていましたが、自分も被爆二世であり、姉も同じ立場であるが全くそんな気持ちを持ち合わせておらず、逆に幸せな生活を営んでいる。
被爆者としてそれを表に出さずとも意識次第、いやそれを超えた気持ちで生活するのが日本人として幸せになる。
起きた事は仕方が無いからそれにどう立ち向かうというのが日本人なのではないでしょうか。

あらゆる現象を神の思し召しと捉え、それを乗り越えるべく知識や意見を纏め進むのが日本の姿と思っています。

さて、台湾に関して台湾人のための政府が樹立できることを望みます。
CHINAから逃れてきた占領統治状態からの解放。
台湾人が台湾として国を持つことが、日本の取るべき戦後残されている課題の一つだと思うのです。
きちんとしないまま、日本は台湾の事を放置してしまった。

思うにいろいろと学んでいくと、日本はまだ占領統治状態な気がします。
最近自衛権についてちょっとだけ自治を回復した。
ようやく自衛権についてまともになってきたように思えます。
でも、子や孫が戦争に行かされるというばかげた論調を取り上げる新聞などがありますね。
徴兵制ではありませんから今の自衛隊の制度は。
嫌なら辞めれば済むことです。
それをなぜか言わない。

また、反日帰化議員がのさばっているのをなんとかしないとと思う次第です。
日本の国籍を与えるにしても、日本の為に生活をすることを主とし、違反すれば元の国籍へ戻すというくらいの事を外国人帰化者にはして欲しいくらいです。

日本は世界で悪い国ではなく、類稀な意識を植え付けた国だと思うのです。
ただ、それを理解できない国(人々)が多すぎて、未だに誤った認識になっています。

お隣の国なんぞは、国の発祥から捏造であったり…
CHINAに至っては成立が戦後なのに、5千年の歴史とか言うし、反日教育盛んですよね。
台湾が親日派が多いのは国民党の弾圧が酷すぎる記憶を持っているから。
これももう少しすると薄れてしまうのでしょうか?
中華民国ではなく、国家として「台湾」となる日を待ち遠しく思います。

ネコ太郎

アメリカは本気
アメリカの国力は軍事と石油流通の掌握に依っています。
石油ドル体制というくらいですから、石油本位制の経済の上にドルが基軸通貨として通用するかどうかがかかっています。
思えば日米戦争の原因も石油でした。
現在、アメリカ経済は悲惨なことになっています。これでドルが基軸通貨(=石油の決済に使われる通貨)でなくなったら、あっという間にアメリカはデフォルトになってしまいます。
石油利権がかかってくるとなるとアメリカは本気になるでしょう。中共政府もわかってはいると思いますが。

ポール

No title
ねずさん、ありがとうございます。
マスゴミがグダグダ騒いでる裏で起きていること、こそ重要なんですね。
ニュースバリューがあるとも思えない、かのゲス女の報道は何かのカモフラージュなのかなあ?と思っていたら、台湾でのビッグ・ニュース。
勉強になりました。ありがとうございます。

博多人

No title
ねずきち様おはようございます。
いつも楽しみに読ませて頂いています。
本日の台湾の件も、学ばさせて頂きました、この話も知人への紹介に留めず、周りに広める方法を模索しています。応援しております。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク