「国籍法改正法案」趣旨は良いけど罰則はもっと強化すべき



10月31日の事務次官会議で、未婚の日本人男性と外国人女性の間に生まれた子供について、父が認知さえすれば日本国籍を取得出来るようにする国籍法改正案を了承されました。
そして、11月4日午前の閣議で法案は正式承認され、今国会に提出、成立を目指すのだそうです。
国籍法改正案を閣議決定 父の認知で取得可能に(西日本新聞11月4日)

背景となっているのは、本年6月の最高裁判決。

未婚の日本人父とフィリピン人母との間に生まれ、出生後に父から認知を受けた計10人の子供が、父母が結婚していなければ日本国籍が取得できないと定めた国籍法は憲法違反であるとして、日本国籍の確認を求めた2件の訴訟で、一審の東京高裁は、違憲性はないとしてこれを却下。

ところが、最高裁大法廷が「父母の結婚」を国籍取得要件とした国籍法の規定は違憲であるとの判断を下し、認知だけで国籍を認める判決を言い渡した、という事件です。

いまさら事件を振り返ってみるのもなんですが、未婚の日本人男性とフィリピン女性との間に生まれた子供が生まれ、これを放置して日本に逃げ帰った日本人男性の行為は恥ずべきものであり、決して許されるものではありません。女性を愛し、子ができたのなら、男としてキチンと責任をとるのは、世界中どこでもあたりまえのことです。

したがって、最高裁の判決はきわめて妥当なものですし、最高裁で現行の国籍法について「違憲」と裁定された以上、国会は速やかに法の定めを改定し、政府はこれを施行しなければなりません。三権分立の基本です。

しかし、ここに問題があります。

それは婚姻をしていなくても、認知をすれば日本国籍を取得することができるという制度は、簡単に悪用され、不法滞在している中国や韓国の女性や、その子供たちが、実際には日本人男性との間に生まれた子供でもないのに、認知ならびに日本国籍の取得を申し立てるという危険があるということです。
さらにはカネに困った男性が、子の認知を餌に、カネを得るなんて事件も、今後起こる可能性もある。

これに対し、国籍法改正法案が示す「虚偽の届出」への罰則は、わずかに懲役1年以下20万円以下の罰金という軽微なものでしかない。国籍はく奪、国外追放といった厳しい処分はなにもない。認知に際してDNA検査等の義務もない。これではまるでザル法です。

日本人であるということは、血のつながりがあるということだけではなく、日本人としての固有の価値観を共有するということであろうかと思います。

人の言うことをよく聞く。おかみの言うことには逆らわない^^; 人との争いを好まない。人を殺してはいけない、あるいは暴力はイケナイという共通認識がある、火病やヒステリーを嫌う、言いはって争うよりも和を大切にする等々、日本人として共通の価値観、モラル感がある。

現行の国籍法が婚姻を条件にしたのは、外国人との間でできた子供を日本人とするには、同時に日本人としての価値観を子にちゃんと共有化させることを条件にしていたということがです。

残念なことに、ほんの一握りの無責任男のおかげで、価値観の共有が違憲とされることとなってしまった。日本国憲法が、人種国籍等による一切の差別をしないと高らかにうたっている以上これは仕方がない。

しかし、だからといって、日本国籍を乱造するような事態は、わが国の治安と国際的責任をまっとうするために、やはりどこかで歯止めをかけなければならないと思います。

そのためには、国籍法の改正に際しては、認知の要件を厳格に定めるとともに、虚偽届出に対して、厳罰をもって臨むことを改正法に織り込むべきではないかと、ねずきちは思うのです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

父親の認知だけで日本国籍取得、というトンデモな改正案


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

アレサさんコメントありがとうございます。
生まれてきた子供たちには、なんの責任もない。
そのことがよけいに事態を複雑にしていますよね~

ブッチさんコメントありがとうございます。
男の責任というか、美意識というか、やりっぱなし、産ませっぱなしな日本人がいるということも嘆かわしいです^^;

チャチャさんコメントありがとうございます。
(-_-;ウーン、なにかそういう陰謀めいたこともあるのかなぁ・・・

moharizaさんコメントありがとうございます。
新たな多国籍国家・・・それは考えてみないといけないことなのでしょうね。

舞桜さんコメントありがとうございます。
同感です^^b

日系日本人さんコメントありがとうございます。
冒頭書きましたが、生まれてきた子にはなんの責任もない。
この事実ですよね。
親として、人間として、自分がしたことの責任はちゃんととれ!
最高裁の判断は、そういう日本の文化に根差すものだけに非常に思い判決だと思います。
だからこそ、この改正法の趣旨は正しいと言い切ることができると思うのです。
ただ、それを悪用しようとする輩が、世界にはいる。この現実を日本という国の中でどうするのか。そこが最大の問題だったと思うのです。
あともうひとつね、こういう法案が、最高裁の裁定を受けながら、立法府である国会から提出されるのではなく、行政府から提出されるという、日本の三権分立の不思議・・・
このことは、非常に大きな問題ですね^^;

日系日本人

うーん、
ねずきちさん、またお邪魔しました。
確かに、あなたのおっしゃることそのとおりだと思います。
外国人との結婚外子供に国籍を100%あげないというのもおかしいですが、認知されさえしたらすべてOKというものもおかしいです。。 
実は、恥ずかしい話、私の知り合いがフィリンピン人との間に子供(結婚外)作ってしまいました。。が、日本の国籍が貰えず、フィリピンですごしています。その人には、子供がいないので、その子のことをいつも心配しています。なんか可愛そうです。
一時期、年をとったその人のお父さんに、そのフィリピン女性が養子縁組をということを頼んだそうですが、(なんかここまでするほど国籍がほしいのもあやしい)兄弟の反対に合い、ボツになりました。
その人は、すぐにでも認知したい(したのかな?)らしいのですが、DNAで本当にその人の子供と判断されたのなら、子供にも国籍をあげるべきだと思います。
 実は、このことで、私もアメリカ人の男性と結婚したあと、子供が生まれ、生まれたあと1ヶ月以内に日本の大使館で出生届を出さないと日本の国籍をもらえないのですが、やはり、日本人女性のお腹(私)から生まれていても、婚姻届を出していないと、国籍がもらえないということ。。私の場合は、きちんと日本でも、婚姻届を出していたので問題なかったのですが、アメリカで結婚して、日本に婚姻届を出してない方たちは、子供は、国籍が与えられない。。ということでしょうね。婚姻届というものは、ただ紙の上でのこと、DNA鑑定のほうが正しいやり方だと思うのですが?確か、前にも、離婚してから360以内に生まれた子供は、離婚した前の旦那さんの子供になるという法律があるため新しく再婚して、すぐに子供ができた夫婦などは、新しいだんなさんとの間の子供でも、前のご主人の子供でないと戸籍登録ができず、仕方なく、出生届を出していない親御さんがいて、その人の子供を現在無国籍だとか。
それも、DNA鑑定すればすぐ証明できるものなのに。。今は昔と違って、すぐに証明できる時代。なんでそれを盛り込まないんでしょうかね?
 

舞桜

普通は、絶対にDNA鑑定は必要だと思います。
誰に聞いたって反対すると思います。

これだけは譲れない心情です。

mohariza

新たな「多国籍国家」になっても良い
国籍法に関するねずきちさんの意志(主張)は分かりましたが、
私は、古来(縄文~弥生~大和時代)から「多国籍国家」であった日本が、今後、第二(?)の「移民」(政策)で、新たな「多国籍国家」になっても良いと思っています。

漫画「アキラ」の世界のような、東洋人の「ルツボ」の国家になっても、
平安~江戸の期間の「日本の伝統」を押し通し、国が高齢化で弱体化するよりは、
新たな「多国籍国家」として、生まれ変わることも選択の一つと思っています。

チャチャ

あんまりTVを見ないからかもしれませんが、国籍法改正の報道をTVで見たことがありません。チューブでも即効削除ということは意図的にできるだけ隠そうとしているのでしょうね。DNA鑑定だってしなければならないことは分かりきっていることだし、多くの国民からのメールでの訴えもあるはずなのにそういう対策を作る気配はないみたい。移民受け入れにしても、わざと外国人を増やそうと政治家が動いているとしか思えない。

ブッチ

こんばんは。
コメントありがとうございました。
更新頻度がハンパないですね。
男として不始末の責任を取るのは免れないですが、審査は厳格化してほしいものです。このご時勢、人ごとでもないかもしれないのでw

アレサ

こんちは♪
考えさせられる話ですね~
まじめに考えてしまいました。面白いというか、深刻な内容と言うか、両方でしょう。
良かったです。応援ポチっです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク