日本は慰安婦問題に謝罪も賠償も必要ない

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

米最高裁判所


米最高裁判所は慰安婦問題で「日本には謝罪も賠償も必要ない」と判決ずみであるということを、あらためてご紹介しておこうと思います。

=========
米最高裁判所は慰安婦問題で「日本には謝罪も賠償も必要ない」と判決ずみ
Japan In-Depth 7月7日(月)22時34分配信
http://goo.gl/ab2jem</u>">http://goo.gl/ab2jem


慰安婦問題をめぐっての日本非難の動きがなお絶えない。

韓国を訪問した中国の習近平主席も朴槿恵大統領と共同で慰安婦問題をまた提起して日本を批判するような言動をみせる。一方、アメリカではなお韓国系勢力による慰安婦漫画展などという日本へのいやがらせも続いている。

しかし、アメリカではこの慰安婦問題は8年以上も前に最高裁判所によって、「日本側の謝罪も賠償ももう必要はない」という判決が出たことは、日本側ではあまり知られていない。司法には国際的に「一事不再理」という大原則がある。一度、裁かれて判決が出た事件や容疑はもう二度とは裁かれない、という原則である。だから日本側は米中韓などの各国に対し、いまこそこのアメリカ最高裁の判決を告げるべきなのだ。

2006年2月21日、アメリカ最高裁は第二次大戦中に日本軍の「従軍慰安婦」にさせられたと主張する中国と韓国の女性15人が日本政府を相手どって起こした訴訟への最終判決を下した。この訴えは在米のこの15人が「ワシントン慰安婦問題連合」という政治活動組織の全面支援を得て、2000年9月に首都ワシントンの連邦地方裁判所に対して起こした。

訴訟の内容は女性たちが日本軍に強制的に徴用され、慰安婦となったため、そのことへの賠償と謝罪を日本政府に求める、という趣旨だった。そんな訴えがアメリカ国内でできるのは、外国の国家や政府による不当とみられる行動はそこに商業的要素があれば、だれでもアメリカの司法当局への訴訟の対象にすることができるという特別な規定のためだった。

訴えられた日本政府は、戦争にからむこの種の案件の賠償や謝罪はすべて1951年のサンフランシスコ対日講和条約での国家間の合意や、1965年の日韓国交正常化での両国間の合意によって解決済みと主張した。ワシントン連邦地裁は2001年10月に日本側のこの主張を全面的に認める形で訴えを却下した。

原告側はワシントン連邦高等裁判所に上訴した。だがここでも訴えは2003年6月に却下された。そして訴訟は最高裁へと持ち込まれ、同様に却下となったのである。

アメリカの政府もこのプロセスで日本政府の主張への同調を示した。 だからアメリカでは司法も行政も、日本の慰安婦問題はすでに解決済みという立場を明確にしたという経緯があるのである。この点を日本は世界に向けて、主張すべきなのだ。

古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授)
==========

上にある通り、この判決は2001年10月のものです。
日本は、謝罪も賠償も必要はないのです。

にも関わらず謝罪せよ、賠償せよと無用に騒ぎ立てるのは、違法です。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

嫌韓=日本人の総意

★SAPIO 8月号の目次が面白い
★SAPIO 8月号の目次が面白い

http://www.zassi.net/mag/SAPIO/201408/i/000.jpg
http://www.zassi.net/mag/SAPIO/201408/i/001.jpg
http://www.zassi.net/mag/SAPIO/201408/i/002.jpg
http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1409708114

発売日 2014/07/10
2014年08月号 目次
1 “嫌韓ブーム”を生んだのは「どこの誰か」と朝日に問いたい
2 告発ルポ 韓国軍のベトナム人[強姦][放火][殺戮][虐殺]この戦争犯罪に時効なし!/北岡俊明 北岡正敏
3 性暴行 韓国軍兵士は村の女性を輪姦し、ナイフで乳房を切り取った/村山康文と本誌取材班
4 言論封殺 ベトナム蛮行を暴いた新聞社は退役軍人に「鉄パイプ」で襲撃された/藤原修平と本誌取材班(言論封殺:正しくは、韓国「最大のタブー」)
5 教育のウソ 韓国歴史教科書に「ベトナム大虐殺」は載っていない/黒田勝弘
6 コピノ問題 韓国人の父親に見捨てられた「フィリピン版ライダイハン」が急増中/本誌編集部
7 悲劇ふたたび 韓国男がまたやっている! ベトナム女性を「全裸チェック」で品定め 嫁にした後は殴る、蹴るの暴虐/室谷克実
8 恥韓論 朴槿恵は日本に謝罪を求める前にまず自国の恥ずべき戦争犯罪を直視せよ!/シンシアリー

-

戦後教育と日教組の大罪
よく言われる日本の「獅子身中の虫」は似非日本人のみでなく、日教組やマスゴミに騙された多くの純真な日本人たちも含みます。私の周囲にもいますが、本当に優しくいい人たちで、情にもろいが故にコロリと騙されて自分たちは頭を垂れて許しを請うべきと思っています。日本人の善良さにつけ込む手口が本当に腹立たしく、騙されている彼らが気の毒でなりません。
できる限り洗脳を解いていくつもりですが、これからの子供たちが騙されない為には、やはり我々の先祖がどう生きてきたか歴史で教えていくしかないと思います。
最近海外で親切に働く日本人がTVでも取り上げられていますが何も今に始まったのではなく、それこそが戦前から変わらない日本人の姿なのだと気付くでしょう。

ポッポ

No title
慰安婦訴訟についてアメリカは、日韓間の問題には日韓基本条約を基本にして対応しています。
その結果、米最高裁判所は慰安婦問題について、「日本には謝罪も賠償も必要ない」と判決が出て、アメリカでの裁判は勝訴となったのですけれど、これにも問題があると思います。

アメリカは、謝罪も賠償も必要ないとなっただけで、慰安婦を売春婦だとせず、性奴隷と誤訳したまま(日本人弁護士がこれを強調しました。)に決めつけられています。これは、慰安婦は性奴隷ではなく、売春婦であったと認識を変えていただくことが必要です。

清き心

No title
すべての事実を開示して、誣告罪で告発すべきです。
かの国の誣告罪の驚くべき数を事あるごとに世界中に周知すべきです。
加害者と被害者の関係は千年変わらないとあちらが言っているのですから、我が国も韓国のおぞましい歴史を徹底的に海外に発信・周知徹底していくべきだと思います。
毎日の貴重な御活動に感謝申し上げます。

にっぽんじん

日本の敵は日本の中にいる
日本の歴史問題は全て日本人によって創られてきました。その中心が「朝日新聞」です。誤報ではありません。確信報です。日中、日韓間の友好を阻害してきたのが歴史問題です。

朝日新聞はそのことを自覚しているのでしょうか。日中、日韓の友好を叫ぶ朝日新聞本人が阻害してきたのです。朝日新聞だけではありません。日本の学校教育現場も同じです。日教組と言う「癌」が日本を歪めてきました。

「慰安婦問題」の捏造にも加担しています。学校で幼い子供たちに「捏造歴史」を教えて「洗脳」を続けています。安倍首相の登場で教育基本法を改定し、改善されているはずなのに実態は異なります。

国民は下記の事実を知っているのでしょうか。マスコミが報道しません。

「世界日報が首都圏の小中学校40校を学校関係者、PTA、父母、児童・生徒などを対象に調べたところ、文科省の再通知後も、9割近い35校で同教材を持ち帰らせていなかった。ほとんどの学校で、授業が終わるたびに教員が回収したり、教室の本棚に置いてある状態だった。同教材を授業で使っていない学校も半数近い19校に上った。文科省の再通知がまだ届いていない学校もあった。

 また、東京都文京区のある小学校では、「私たちの道徳」が一人一人に配られ、授業で使っているクラスがある一方、違うクラスでは配布されず授業でも使われていないなど、同じ学校の同学年でも扱いが分かれているケースがあった。
 現場の教員が自らの判断で不使用を決めている可能性もあり、クラスによって教育内容が変わる「教育格差」を生むことになりかねず、論議を呼びそうだ。」

中韓に忠誠を誓う「教員」を排除しない限り日本の歴史問題は解決しません。日本の最大の敵は「日本の中にいます」。

じょあ

No title
知らなかった新たな情報を提供頂きありがとうございます。
しかし「既に賠償済み」もしくは「すでに謝罪済み」というと「やはり日本軍が悪い事をした」という事を認めた事になります。

日本軍による強制連行は無し
慰安婦は給与や相手の選択の自由を与えられた職業売春婦である

この2点を歴史的証拠を持って世界に発信していく事が重要であると考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク