二宮報徳会講演のお知らせ(再掲)

7月15日にアップしたこの記事ですが、申込先のメアドが間違っていたとご主催より連絡がありました。
多数の方が何度もお申し込みメールをして、送信できなかったとのことで、たいへん申し訳なく、お詫びして訂正記事を再アップします。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

報徳講演会チラシ(H260727)最終版


来る7月27日(日)に、二宮報徳会で講演を行います。
場所は靖国神社内の靖国会館です。
テーマは『百人一首で読み解く日本の心』です。

和歌は、日本のあらゆる伝統文化の根幹です。
なかでも百人一首は、古今の歌人たちからひとり一首を選んで並べることで、日本文化の源流をわかりやすく編纂した、たいへん素晴らしい歌集です。

ところがこの百人一首、戦後は、実にとんでもない解釈がされ、それが歌の意味だと、まったくもって怪しからん状態になっています。
そこで、百人一首の歌の持つ、本当の意味を、探りたいと思います。
眼からウロコがはがれ落ちるめっちゃ面白い講演です。

政治問題や歴史問題に興味やご関心をお持ちの方が多いかと思いますが、なぜ日本を愛するのか、どうしてわたしたちの国や文化が大切なのかという、その根っこのところをしっかりと押さえることによって、まさに微動だにしない日本人ができあがります。

実は、百人一首に掲載された歌は、日本が7世紀の白村江の戦いの敗戦後、鎖国をし、日本の国風文化が花開くその原点となった歌の数々です。1300年前以上も前に、いまと同じような状況があり、その危機をバネにして、日本民族が、和言葉で立ち上がった、そのきっかけとなった歌を百人から百首選んで編纂されたものです。

君が代のお話も途中で行います。

なぜお父さんが(おかあさんが)、保守活動をしているのか。そんなご家族の疑問も一発解消できる講演となります。
夏休み中とのことで、お子様連れもOKです。
奥様、ご主人様、お子さま、お孫さんたちとご一緒に是非ご参加下さい。

※参加は事前申込みが必要です。↓をご参照ください。


1 日 時  平成26年 7 月27日(日曜日)
       午後1時30分〜4時30分(受付午後1時)
2 開 場  靖國会館「偕行の間」・靖国神社境内
       東京都千代田区九段北3−1−1
       電 話:03-3261-8042
3 テーマ  百人一首で読み解く日本の心
4 講 師  國史研究家 小名木善行(通称:ねずさん)
5 主 催  二宮報徳会
6 参加費  小学生・中学生=無 料
       高校生=500 円
       一 般 =1,000円
7 申込み  メールで↓にお申し込みください
       二宮報徳会
       E-mail furutomo1953@s6.dion.ne.jp


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

のんべ安

本日の講演とても面白く拝聴させてもらいました。君が代の解釈は、とても為になりました。源氏物語を鑑みれば、古代の恋文で有るとも取れますね。今で言えばラブソングでも有ったのかも知れません。相手を思いやり、その何代先まで想いを馳せると云う、優しさと慈しみに、大和魂を感じ入りました。ヤマトダマシイとは、大きな和を持って逸れを尊ぶ事と私は理解しています。

にじまま

No title
いつも拝見しております。ありがとうございます。

うちの子も夏休みが明日から始まり、内容の濃い休みになればと思うのですが、
最近買った日本神話の読み聞かせも、『怖い〜』と言って中断しています(笑)近所のお祭りで、何がきっかけ分かりませんが、ここ2年程前から神主さんがいらっしゃって、しっかり儀式的に執り行ってくださいました。子供らは、なんのこっちゃっと言った感じでしたが(笑)氏子さん達含め大人達は真剣な面持ちでした。少し変わってきている気もします。相変わらず我が家みたいに、旗日に国旗は掲揚しませんが(^_^;)
子供の頃、宗教的に神社は関係ないと言われていて日本の文化否定な記憶がありましたが、そのお寺で百人一首をやっていました。その頃は何も考えず音で遊んでいました。ですが、百人一首の意味がこれだけ深いと言うことを子供の頃に知る事が出来ていたら、私の人生は変わっていたと思います。なので、子供達はもちろん、主人にも周りにも知って欲しいと思います。 行く事が出来ない人の為に出来れば動画サイトにでも(告知半分)DVDでもあれば嬉しいのですが(^^♪  行けないのが残念ですが、ねずさんの講演でまた一人二人三人………………と心が動かされます事を想像しております。大成功をお祈りしております。ありがとうございますm(_ _)m

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ポッポ

No title
おかざき 様

明大と日女の飲酒により、路上で多数の女子大生が倒れていた件ですが、私も犯罪だと思います。

日女の2~4年生は、おそらく昨年も同様の事案があって、それぞれが1年の時に被害に遭ったと想像しています。悪く考えれば、彼女たちは1年生が被害に遭った後、自分たちもそうだったからこれで仲間と言うように押さえ込む役が与えられていたと、想像しています。
そして、明大の1年生は、2年~4年の先輩から来年はおまえらも仲間に入れてやるからと、期待させていたようにも想像します。
先輩は、昨年の同様な事案があった場合でも事件化されていなかったため、犯罪だとの認識はないのでしょう。

飲み物に薬物を混入したことは、傷害罪との認識がないのでしょう。
1年の女子についてですが、飲酒ですから多少の罪はあります。警察署からの指導は必要です。
2年~4年生は、今年は1年生女子に対する傷害罪が該当していると思います。警察は事件がなかったと、簡単に過ごすようでは役に立っていません。

それよりも、この全員に対して、状況と経過を聴取し、出来れば準強姦未遂罪で立件すべきでした。そして、これを立件できない場合でも、未成年の飲酒を勧奨したことで、厳しく指導する必要があったと思います。

これを指導することで、こういった事柄を予防することが出来ると思います。
よく警察は、事件が起こるまで動かないと言われますが、ストーカー被害が続発したことから、事件の起こる前に対応することが進みました。
今後は、今回の事件のようなことに即応することで、女性に対する性被害を予防することが望ましいと思います。

犯罪は、起こってからでは被害者がいるのです。今回の、このような事件に警察が行動することで、犯罪を防ぐことを期待します。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ひろし

更新ありがとうございます。ねずさんの百人一首のご講演が東京で開催されるのですね。私も講演をお聞きしたいのは
やまやまですが、大阪に住んでいる者で仕事も忙しく時間が作れない事を残念に想います。年末には百人一首シリーズがご本になるとの事。本当に楽しみにしております。今日は仕事の合間に大阪、西梅田に鎮座する露の天神社(お初天神)に参拝させて頂きました。 菅原道真公も太宰府に向かわれる途中で参詣された古社です。 天照大御神様はじめ大国主の大神様も祭られています。勿論、天神なので道真公も祭られています。 日本国の平和を祈念し、感謝を捧げました。 天満天神である道真公は、皇室の弥栄を願い日本国の為に働く者を、今でも確り見守り導いておられるのを感じます。 勇気が湧いてきますね。 ありがとうございます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク