ねず本第三巻が刊行されます



※1 耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから
※2 ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
ねず本第三巻120
ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

「ねず本第三巻応援クリック」
↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
クリックご協力をよろしくお願いします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねず本第三巻

(上の絵柄をクリックするとAmazonの予約ページに飛びます)

ねず本の第三巻が発売になります。

発売日は8月24日(予定)です。
Amazonか、書店さんで予約できます。

ISBN:978-4-434-19584-6
本体価格:1350円+税 判型:四六
著者 小名木善行
出版 彩雲出版

今回のテーマは、「日本はなぜ戦ったのか」です。

上に表紙の絵柄を起きましたが、帯に次のように書かせていただきました。

 これほど平和を愛する国はない
 戦えばこれほど強い国はない


まさにこの通りと思います。
そして表紙カバーの裏に、次の文章を、本文からコピーして掲載しています。

==========
歴史を俯瞰(ふかん)すれば、日本人の「戦(いくさ)」は単なる殺し合いではなく、敵と味方との間に「和」を築くための大きな試練であったといえるのではないでしょうか。
敵をただ殺すのではなく、敵も味方も活かそうとする、この形容しがたい精神の奥深さこそ、日本精神の神髄なのです。

==========

是非、声に出して読んでみてください。
ものすごい力が湧いてきます。

今回も、中山成彬先生のご推薦をいただきました。
とてもありがたいことで、本当に光栄に思います。

表紙のデザインですが、実は、できあがった絵柄を見て、びっくりしました。
最初の原案では、富士山のてっぺんにある白い光はなかったのです。
ところが、出版社の社長が、「何かもうひとつインパクトがほしい」とおっしゃられて、デザイナーさんの方で考えていただいたのが、上の絵柄になりました。

日本を象徴する富士山の上に太陽、太陽は天照大神で、その中に龍がいます。
そしてその龍が、玉を持っている絵柄です。

これを見て何を驚いたかと言いますと、実は私が生まれる直前、母親が龍が玉をもってやってきて、その玉がおなかの中に入るのを見たのだそうです。
まあ、夢なのでしょうけれど、そんな話を、もう40年以上も昔に聞いたことがあります。

龍玉というのは、如意宝珠といって、願いをかなえる宝玉なのだそうです。
これまでの人生を振り返って、願いが叶うどころか、叶わないことばかりの人生でしたけれど、日本を取り戻すという願いは、絶対に叶えなければならない願いだと思うのです。

このご時勢に、集団的自衛権に反対するような人もおいでになりますが、今回の第三巻は、平和を愛する日本人がなぜ戦ったのかという、第一巻、第二巻で描ききれなかった、「日本人が戦った理由」をテーマにしています。
そしてその答えは、「和を築くための試練」にあります。

そのことを、知らず知らずのうちに納得してしまう。
それが第三巻です。

8月は終戦があった月です。
どうかみなさまには、ねず本第三巻「日本はなぜ戦ったのか」をひとりでも多くの方にご拡散いただき、ひとりでも多くの日本人が目覚めるよう、ご協力いただけたらと思います。

よろしくお願いします。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

魔除けに牛島辰熊

祝・第三巻!
先日、とある小学校の図書館にねず本シリーズがズラリと並んでて、それを子供達がフツーに読んでる情景を垣間見ました。 

・・・と思ったら夢でした(^o^;  
たぶんありゃ予知夢ってやつだな・・きっと半世紀後の光景を見てしまったに違いない(´∀`)♪ 

って冗談が冗談でなくなる様にしていきましょう我々世代の力で!!(^O^)/

ポッポ

No title
ねず本第三巻、期待しています。
第一巻の時には、買おうと思ったら本屋さんは店においていなかったので、予約して購入しました。
第二巻の時には、予約せずとも店においてあったので、すんなりと購入しました。
第三巻は、別の店で購入するつもりです。


ねずさんの言われる基本は、国を愛する国民がいることで、国は様々な意味で強くなれると言うことだと思います。
戦後70年、日本は自国の国民に、日本が以下に悪い国であったかを教育することで、日本の力を削いできました。皇紀2674年の歴史ある国がそんなにたやすく劣化することはないのですが、生まれたときから自虐史観ですと、やはり厳しいものがあります。
後期高齢者の方は、終戦時に教科書を黒塗りにされ、翌日から自虐史観で教育されましたから、大変だったろうと思います。そう言いながら、団塊の世代は、日教組の教員が気合いの入っていたときに教育され、60年安保は子供の頃、70年安保は成人にさしかかる頃に見ていますから、当時の状況では洗脳されても仕方がなかったと、思います。
この国を愛する国民が、一人でも多くなりますことを祈ります。


ねずさんを代表する方達が頑張っておられますけれども、これはそれだけでは不十分です。それ以上の手立てを打たないと、いかんせん力不足と考えます。
一番良いのは、当たり前のことですが、日本の国自体で行動することです。
そのためには、政治が動かなければならないのです。
学習指導要領は、ほぼ10年ごとに全面改正されるそうですが、文部科学省は時期指導要領について、平成32年の実施を目指して今秋から検討が始まる予定とのことです。
この学習指導要領の改訂の際に自虐史観ではなく日本国民が胸を張って生きてきたとの内容を主題としていただくために、それまでの政権は保守であることが必要です。
そして、民主党を始めとする左翼主義政党に奪われないための政府が必要です。



にっぽんじん 様

少し古くなりますが、追加です。
2003年(平成15年)7月2日と7月6日 玄界灘海難事故
福岡県沖の玄界灘において、海上衝突予防法を無視した二隻の大韓民国の貨物船が日本の漁船および水産庁の漁業取締船に相次いで衝突した連続海難事故。
いずれの衝突事故においても大型であった韓国籍の貨物船は無傷であったが衝突により重大な被害を受けた日本船に対する救助活動は一切行わなかった。

2003年7月2日 「第18光洋丸」と「フン・ア・ジュピター」の衝突事故
福岡県沖の玄界灘でパナマ船籍、韓国興亜海運社所有の貨物船「フン・ア・ジュピター」(3372トン・16人乗り組み)が巻き網漁船「第18光洋丸」(135トン・21人乗り組み)と衝突した。
「第18光洋丸」の乗組員17名が海に投げ出されたため、直後から日本の漁船の船団は救出活動を開始したが、貨物船は救助を行わず傍観していた。
死者1名、行方不明者6名、負傷者2名を出した。

寺島 孝

No title
我らが小名木善行先生、おめでとうございます、第3巻の発売!
喜ばしい限りです。
日本にどんどん広がっていることを感じます、ねず先生の思いが。

今度は自分で買えと、友人・知人・家族に伝えようかどうしようか、と。

ほんとに、知るほどに、日本人って「どえらい人たちなのだ」と、最近自分自身で色々考えています。 
ねずさんは「目から鱗」ですよ、ほんとに!

これからもご活躍を日本中が期待しています。

年末に出していただけるであろう、「ねずさんの、百人一首」楽しみみ待っております!

にっぽんじん

確率
サイコロを6回振れば1が一度出る可能性があります。数学で言えば確率は六分の一です。これは理解できますが統計上の確率は数学的な根拠が今一つ分かりづらいです。

が、現実の世界では「統計上の確率」も成立しています。1日の交通事故発生件数は不思議なことに統計上の発生件数と大きくずれることはありません。交通事故の大半は人が原因です。それでも統計上の数字は変わりません。

車だけではありません。犯罪件数も台風の発生する数も統計的な数字で予測が可能です。

船舶の海上事故件数はどうでしょうか。これも統計的な数字にある程度合致するはずです。下記は韓国籍船舶の事故例です。一般船舶の事故件数確率と比較して変わらないのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。

私は「異常に多い」と思います。統計上の数字と異なる場合は、「人為的な意図」があると判断せざるを得ません。政府は一度調べて欲しいものです。

韓国船の事故

昨今続く韓国船による日本の沿岸での海難事故と同じく
謝罪や賠償が行われたかどうかについては報じられていません。

2013年12月10日
和歌山県串本沖で、台船とタグボート(両船とも韓国船籍)が座礁。重油が流出。

2013年12月29日
対馬海峡西水道でケミカルタンカー(香港船籍)に、
韓国自動車運搬船「HYUNDAI MIPO 8091」が衝突しタンカーが炎上、
漂流し日本領海に侵入。
汚染防止作業等は結局日本がやるハメに。

2014年1月11日
韓国・麗水沖でタンカーが撒積貨物船と衝突。石油が流出。
流出した油は対馬海保が処理。

2014年2月15日
韓国・釜山沖約6kmで撒積貨物船が給油中に石油供給船と衝突。石油が流出。

2014年3月18日
剱崎沖の浦賀水道で、多目的貨物船「Beagle III」と
コンテナ船「ペガサスプライム」(韓国船籍) が衝突し、
「Beagle III」が沈没した。9名が死亡・行方不明。重油が流出。
地元特産のヒジキなどが壊滅的被害を受け9漁協がヒジキ漁中止。

2014年4月19日
松山沖で神戸から釜山へ航行中の韓国船が座礁。

2014年4月19日
和歌山県・潮岬の南南東約740キロの太平洋上
韓国籍の自動車運搬船が炎上、乗組員24人は近くを航行中のパナマ船籍の貨物船に救助される。

2014年6月26日
韓国籍コンテナ船とイカ釣り漁船衝突、重油流出 山形沖

2014年7月24日
対馬沖で韓国籍コンテナ船が日本の漁船と衝突 

韓国籍および韓国業者の船は日本の領海内は航行禁止にしていいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク