保守活動にも文化のエッセンス

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
「ねず本第三巻応援クリック」
↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
クリックご協力をよろしくお願いします。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

夜明け8085


中共と日本は、いま現代型の戦争状態にあります。
それは一方的に中共から日本が仕掛けられている戦争で、日本国内の情報を操作し、あるいは中共から発せられる情報をコントロールし、反日をあおり、一方で日本国内では原発への反対運動をバックアップすることで日本の石油依存度を高めておき、その裏側では、日本が石油を中東から輸入するためのシーレーン(海上輸送ルート)を事実上閉鎖できるように、南と東のシナ海を封鎖する。

日本は、石油という首根っこを掴まれることで、中共の言う事を聞かざるを得ない状況となり、一方で中共が国をあげて反日を煽る事で、日本は中共に言われるままに「貢ぐ君」を続けざるを得なくする。
これが現実に起こっている事です。

20世紀の戦争は、軍隊が出て行ってドンパチするのが戦争でしたが、石原莞爾が洞察した通り、核誕生以降は戦争は銃を手にして撃ち合うよりも、むしろありとあらゆる情報を駆使して相手国を貶め富を奪うという形態に変化してきています。
もちろん、いざというときの軍事力は必要ですが、多くの戦争が相手国の富を奪い、従わせるものとするなら、軍を用いずにその力を背景に敵を恫喝し、混乱させ、思い通りに言うことを聞かせる、そのために情報戦争を仕掛けるというのが、戦争のカタチになってきているわけです。

日本は、バブル崩壊後、ずっと不況に沈んだままになっていますが、世界の国々がどんどん豊かになっていく一方で、日本だけがどんどん貧しくなるのは、ひとつには、日本の富が腹黒い国よって奪われているから、ということも、実は、実際に起きている現実であるということもできます。

「だから日本は強くならなければならない」
まさにその通りで、私もまったく同感です。
日本は核武装をすべきである。
日本こそ、世界最強の軍事力を持つべきである。
日本こそ、世界最大級の情報戦争を勝ち抜く諜報力を持つべきである。
私も、まったく同感です。
このブログでも何度も書いていますが、日本は最低でも年間10兆円規模の防衛予算を持つべきだし、いまのような状況下においては、年間20兆円規模の防衛費を使うことさえも、やむなし、と私は本気で思っています。なぜなら、それが世界では、富を持つ国のあたりまえの常識だからです。

ところが、そういう話をすればするほど、わかっている方々、つまり問題意識を共有化している方々は、まさに盛り上がるし、「そうだ!そうだ!」と共感の渦が巻き起こるけれど、逆に一般の人たちは、逆に引いて行ってしまいます。
そんな体験を持っておいでの方も多いのではないかと思います。
なぜなのでしょうか。

8月24日に発刊になるねず本の第三巻は、そのサブタイトルが「日本はなぜ戦ったのか」です。
そして帯に書いたコピーは、
「これほど平和を愛する国はない。
 戦えばこれほど強い国はない。」です。

本の宣伝をしたいわけではなくて、これが事実だと思うのです。
けれどいまの日本は、「これほど平和を愛する国はない」はその通りですが、果たして国民意識として「戦えばこれほど強い国はない」といえるかといえば、すこし疑問です。
日本の歴史を振り返れば、たしかにそうなのです。
けれど、いまの日本は、戦う気力も、国を守ろうとする意識さえも、希薄になっているのが事実です。

だからこそ「学び語り伝えなければならない」ということは、もちろんそうなのですが、だからといって「お前たち、聞け!」と声高に叫んだとしても、多くの日本人は、問題意識を持った一部の人たちが、それを大声で主張すればするほど、そこから離れていってしまうのです。

なぜなら日本は、腹黒いといわれる世界の国々と、そもそもの国の成り立ちも在り方も、根本的に違うからです。
だから、世界のように腹黒い政治をしたり核武装したり、スパイ網を張り巡らせて工作活動をしたり、政敵を次々に逮捕投獄したりするといった、世界ではあたりまえの政治が、日本ではなかなか行いにくい。
というよりも、ほとんどの日本人は、誰もそんなことを望んでなどいない。
そんなことではなくてもっと違う形の日本の再生を、というのが、多くの日本人の一般的な思考なのではないかという気がします。

けれど、それをしないと、日本が解体させられてしまう。
これも事実です。

では、私たちはいったいどのようにしたら良いのでしょうか。

その答えのひとつが、日本人が日本人としての自覚と誇りを取り戻す、言い換えれば日本人が日本人としてのアイデンティティを取り戻すための運動ではないかと思います。

そのひとつが、歴史を取り戻す運動ですし、また、日本の文学や伝統芸能を取り戻す運動なのではないかと思います。
そしてこれらの運動は、政治そのものに関する運動と、一体となって推進していく必要があるのではないかと思うのです。
つまり、政治だけ、政治的主張だけではなくて、そこにほんのちょっぴりでも構わないから、日本文化という液を一滴垂らす。
そういう工夫が必要なのではないかと思うのです。

政治の話は敬遠される方でも、あるいは政治的に左の思考を持った方であっても、たとえば歌舞伎は好きですという方は多いし、あるいは落語や講談、浪曲のファンはいまでもたくさんいます。
相当の左翼主義者でも、「千代紙はお好きですか?」と聞くと、ニコニコしながら「大好き」とお答えになる方も多い。
あるいは、安全で健康的な食生活となると、これはもう誰もが望むことがらです。

そういう文化的なエッセンスから、日本人としての自覚と誇りを取り戻して行く。
そういう文化性を持った取り組みが、政治的主張をくり返すという運動に、車の両輪として、必要なのではないかと思うのです。
このブログで、百人一首の解説などを書いているのも、まさにそのためのものです。

そして不思議な現象が、最近では起こり始めています。
たいてい、保守系の集会と言えば、花形は政治講演で、慰安婦問題や南京問題、軍事問題などを扱えば、これまでもたくさんの人が集まってくださいました。
ですから、いろいろな団体が、そうした勉強会や講演会を開催してきたのですが、ところがたとえば都内ですと、どの会合に行っても、そこに集うのは、いつも同じ人であったりしていたわけです。

ところが、最近、百人一首の講演などを始めているのですが、どこの団体でも、これをやると過去最高の入りになる。そして会場には、はじめて見る顔がたくさんになったりしたのです。

それは、これまでのその団体の努力と積み重ねられた信用が、まず土台となっていて、その団体が主催する会で、そういう文化性のある話というから、「じゃあ、ちょっと行ってみようかしら」となったものであろうと思います。

けれど、そのようなことでもかまわないから、新しい人が、護国のためにどんどん参加してくださるということは、とっても貴重だと思うのです。

政治談義が、もちろん大事ですし、それこそが花形なのですが、これと同時に、そこに文化という薬味をちょっと落してみる。そうすると味が締まって、おいしくなって、お客さんが増える。保守層が拡大されて行く。
そのような取り組みの工夫が、これからますます重要になってくるのではないか。

そしてそのことが、回り道にみえるかもしれないけれど、もっとも我が国の国民性に合致した、結果として日本を取り戻す近道となるのではないか。
そんな気がしました。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

渡辺

まずは、第3刊刊行本当におめでとうございます。心待ちにしておりました。間隔が短くなったことが、それだけ世間の支持増加とねず先生の意欲のあらわれだと、うれしく思います。
初めてコメントさせて頂きますが、今回のお話は正に同感するところです。
考え方の違いで同族相食むのは愚の骨頂です。それこそ『日本の敵』の思うつぼだと思うのです。幕末の「新選組」も「坂本竜馬」はじめ志士の面々も、私は好きです。日本の為に尽くした方々だからです。この方々のお陰で、現在の私たちがいる訳です。特に外交は、戦前の遺産で食ってるようなものだったのではないでしょうか(野田政権まで)。
今後も、日本人である事の誇りを胸に日本人としての義務を果たし先人の守ってきたものを守り、子孫に伝えていく所存です。
ねず先生の、今後益々のご健康とご発展と、第4刊の早期発刊をお祈りしております。

かけだしの愛国者

日本文化
百人一首に注ぐねずさんの情熱の意味が、恥ずかしながら初めてわかりました。
私も、アプローチは違いますが、きっかけ作りのための情報配信を、これからも続けていきたいと思います、日本文化を加えながら・・・

ゆうじです。

そうですね。
本日もシラせていただき、ありがとうございます。
ねずさんが言われているように、硬いテーマが大きく感じると聞きに行こうという気持ちが薄れてしまう事もあるでしょうが、日本の文化を知るというソフトなイメージを感じれば、来やすいと思います。
ねずさんが、されている百人一首の解説から、天皇陛下の御製のお話、そして国民から天皇陛下への和歌での願いである『君が代』の解説などをしていただければ、日本文化の素晴らしさが、本当にわかってもらえると思います。
ちなみに、私は天皇陛下が和歌という表現方法である御製でもって、国民の幸せを願ってくださる事も、本来、天皇陛下は不死であるはずが、岩の神のお怒りの為に、寿命を与えられてしまった事、そして岩の神のお怒りを鎮める為に、あえて岩を表現した和歌である『君が代』で国民が天皇陛下にいつまでもお元気であらせますようにと願った歌だと知ったのは、40歳を超えた時でした。
涙がとめどなく溢れてきました。
日本の歴史、伝統、文化の素晴らしさといいますか、奥深くも『粋』、とにかく、民度の高さを象徴する『国歌』だと、本当に感じた時でした。
そのような感動をもっともっと、日本人にシラせていただきたいと願います。

拡散願い

●2014/08/5 朝日新聞 朝刊 慰安婦 捏造認める
高画質動画キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

■2014/08/5 朝日新聞 朝刊 慰安婦 捏造認める

【辛坊治郎 テレビで朝日新聞糾弾!】

【永久保存高画質版】
https://www.youtube.com/watch?v=jELH5Am-QJ4
https://www.youtube.com/watch?v=6R2I1HVATqU

■読者のみなさまへ

吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。
当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。
済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。
研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。

http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html

画像
http://i.imgur.com/QIrJ4EO.jpg
ttp://i.imgur.com/esUGWi3.jpg
http://i.imgur.com/8NHkTFJ.jpg
ttp://i.imgur.com/RB7XBSS.jpg
ttp://i.imgur.com/icrOHyv.jpg
ttp://megalodon.jp/2014-0805-0902-58/www.asahi.com/articles/ASG7M01HKG7LUTIL067.html

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

No title
身土不二
その土地ののものを食べることがその土地の人間らしくなる
守るべきは日本の食生活

ポッポ

No title
中共と日本は、現代型の戦争状態にあるとは、ずいぶん物騒なことを言われています。その前に、韓国も日本に対して、一方的な攻撃を仕掛けています。

戦後、憲法から蚊帳の外にされた自衛隊は、訓練において米軍よりも優れた成果を示し、精強であることを示していますが、実際の強さは分からないとも思われています。(何分にも、実戦を経験したことがないので実力が不明です。)

しかし、2001年に北朝鮮の不審船事件は、自衛隊ではなかったのですが、階級章を付けた海上保安庁の巡視船員によって、危険な任務を完遂する能力を見せてくれました。
彼等は、何百発の銃弾を受けながらも引くことなく、任務を全うしたのです。

そして、東日本大震災の時ですが、自衛隊、警察、消防は、原子力災害のまっただ中で、危険を顧みずに活動して、任務を果たしています。
この原子力災害は戦争ではなかったけれど、運が悪ければ彼等は死んでいました。今から考えるとメルトダウンによる水素爆発の危険は、彼等が近くで放水していたときにもあったのです。
そして、政権の中枢は、その危険性を彼等に伝えていたとは、考えられません。ただ、権力者がひたすら命令を出して、行けと言っていただけです。
彼等はその命令に従って、出動していました。
その当時の記憶では、出動する隊員に怖じ気づく者はいませんでした。
帰ってきた隊員に、石原東京都知事が感謝されていましたが、日本人は凄いし、今でも強いと思いました。

日本人が正しいと信じられ、相手が間違っている(人であれ、ものであれ)、そして上司が責任を持ってくれるならば、日本人はまだまだ強いと信じています。

終戦後、日本人がひ弱になったのは、正しいと信じてきたことを全て否定され、日本が悪かったのだとの嘘の歴史を、押しつけられ、植え込まれたからです。
日本人に嘘の歴史を押しつけ、自虐史観に陥らせようとする勢力に反対します。

通りがけ

NHKのEテレが特に酷い左翼
NHKのEテレは反体制チャンネルではないのか?

NHK高校講座 国語表現
Eテレ 毎週 火曜日 午後2:10~2:30
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kokuhyou/archive/resume001.html

かもめんたる、という芸人が出演しているが女装姿で高校講座に出てきます。

かもめんたるの女装役、槙尾ユースケはゲイだと公言していますが、NHKは何の意図があって女装芸人を高校講座に出すのか?
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/34047744.html

別にゲイに偏見があるわけではありませんが、高校講座にふさわしいでしょうか?
多感な高校生に、こんなキワモノを見せたら変な事ばっかり考えて勉強どころじゃないでしょう。
NHKは何を考えているのか?
Eテレは教育を放棄しているようだし、潰して受信料を下げるべきです。

防人

日本の優秀な科学者である理研の笹井教授が自殺されました。 様々な事情があったと想います。不手際があったかも知れません。けれど、笹井先生は優秀な科学者であり日本の知性であり財産である事は変わりないでよね。 華々しい経歴があったかも知れませんが、やはり科学者であり学者ですよ。理研は、なんで擁護もしないで追い込むんですか? 残念です。笹井教授のご冥福をお祈り申し上げます。

にっぽんじん

ヘレン・ミアーズ
ヘレン・ミアーズ女氏はGHQの諮問機関のメンバーとして、戦後日本の労働基本法の策定に携わった人です。氏の著書「アメリカの鏡・日本」がアメリカで出版されたのは1948年です。日本での翻訳出版はマッカーサー司令長官によって拒否されました。

マッカーサー長官は「占領が終わらなければ、日本人は、この本を日本語で読むことはできない」と1949年8月6日付け書簡に書いています。

ヘレン・ミラー女氏は、アメリカの公文書や中国、日本の歴史を元に西洋の侵略政策を批判しています。日本は西洋が作った国際法や国家間条約を忠実に守った国だ。その日本を戦勝国が裁く資格はないと述べている本です。

更に氏は、国際連盟の欺瞞性を指摘し、戦後つくられた国際連合に対しても否定的です。中国の蒋介石を支援したアメリカは、将来その中国と敵対するようになると予言しています。

その著書の中に1904年10月4日付けのロンドン・タイムズの記事が書かれています。

「極東のこの戦争を取り巻く状況には注目すべきことが多い。中でもとりわけ目立つのは、ミカドの軍隊の勇気と戦いぶりである。われわれは、不本意ながら、日本のすべての人間とすべての行動を支配し動かす精神力の存在を認めざるをえない。この力はいったい何なのか。

その存在を感じると妬ましく、落ち着かず、腹立たしくさえある。勇気は西洋にとっても珍しいことではない。が、これは単なる勇気ではない。その背後にもっと違う何かがある。もし西洋の軍隊がそれをもっていたら、西洋のすべての国の軍隊は絶対に汚されることはなかったろう。

そういう何かである。これは何か、これは何か。」

ここに書かれた「何か」が皇室を中心とした日本の国体だと思います。2005年6月に訳本の初版が発刊されています。

多くの日本人が必読の書です。何故日本がパール・ハーバーに踏み切ったのかが良く分かります。戦勝国アメリカの、しかもGHQに所属していた人間が書いているので説得力があります。韓国の植民地政策に関しても書かれています。氏の先見的な歴史観に敬服します。

英美

No title
安倍首相の向こう2年間のさまざまな外交目標のうちの一つは、ドイツと日本国の国連常任国入りです
=====

「安倍首相の向こう2年間のさまざまな外交目標のうちの一つは、ドイツと日本国の国連常任国入りだ」、と察しております。ドイツのマスコミ各社も、そのように度々報道しています。

日本国内の帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社は、「安倍首相は、崩壊寸前の共産シナの習近平と、秋に会談し、友好を醸成する」という帰化未帰化在日韓国人の思いを韓国式デタラメ報道していますが、

ドイツのマスコミ各社は「安倍首相は、トリック・プレイで習近平を上手くひっかけ、ドイツと日本国の国連常任国入りを認めさせるだろう」とも度々報道しています。

参考
1) ドイツでは、日本国首相を日本国閣僚会長Der Ministerpraesident von Japanと言います。日本国は伝統があり強国なので日本国の役職名を言う場合、Japanの前にvonを入れ、冠詞の第1文字を大文字にした冠詞Der(男子の場合)をつけます。ちなみに、女子の場合、Die Ministerpraesidentin von Japanとなります。

2) 共産シナは、ドイツで、人民ヒナVolkschinaと呼ばれています。

heguri

No title
我々が古来より育んできた精神性、芸術性、技術力は比類なきものがあるし、類なるは稀と言うけれど世界広しと言えど日本ほど総合力で秀でている国は無いと思う。最近世界が日本の芸術、文化を再認識しだした。技術面でも日本の技術力が無いと世界は前に進めないほど影響力がある。淡々と粘り強く続けてきた世界に対するあらゆる貢献もようやく実りつつあります。メディアも日本という国、日本人の素晴らしさを表現したり、伝えようとする番組が増えてきました。ようやく少しずつではありますが、世の中が動き出したような気がします。自分ももっと勉強して周囲の人たちに日本人の日本の国の素晴らしさを伝えていけたらいいなと思います。

toshi

No title
本当におっしゃる通りだと思います。
ありがとうございます。
欧米の文化オンリーになっている自分が少し情けない。
最近は、日本の職人さんや技術力の番組に注目しています。
先日家内に、こういう番組多くなったと言ったら、
「前からあったわよ。あなたがかわったんじゃないの。」
と言われました。
伝統文化には興味が薄い私ですが、勉強してみようと思います。
ありがとうございます。

beany

一滴の効き目
確かに文化的要素は効きますね。実例として記憶に鮮明だったのは、お台場のフジテレビ嫌韓デモです。
主婦層の提案で「浴衣を着てはいかが?」となってから、デモは「ネトウヨ」の手を離れ、真に国民のものとなりました。
私はその日は外出できず、2ちゃんねるを見ていたのですが、1000発言で使いきるスレッドが10分内外で次のスレッドに引き継がれていく状態が、なんと数時間にわたり続きました。
参加できなかった方々がいかに関心をもったかがわかります。
そして、
写真も現地から続々とアップロードされました。参加者はいわゆるデモの達人みたいな人びとには見えませんでした。
プラカードを持っていなければ、花火大会の見物にしか見えないような人びとが、5千人も炎天下のデモに参加したのでした。
今や、あのときデモの効果をあざ笑っていた局の凋落は一目瞭然です。それだけ浸透したのは、浴衣を着ましょうという柔らかい発想のおかげと思います。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

通りすがりの武人

No title
私は中学生のころまでは本気で美術を目指す文化少年でしたが、自身の才能の限界と“恥ずかしながら”初恋に敗れ、自身を男らしさの象徴=武闘派に改造、高校では柔道部、大学では空手道部、・・老年に至ってもなお老骨武闘派を自負する爺さんになりました。よって百人一首は苦手にて誠に相済みません。人間自分の個性に合った生き方しか出来ないものです。私がこのブログを読ませせていただく理由は私の武闘派として生きる理由と地域、国家の平安を守る思想とが合致していることにつきます。今後とも宜しく!

慶介

もう一つはエネルギー革命ですね
ねずさんのブログにもあったように石油に代わる燃料の開発、実は日本は資源大国であった、、
その資産(技術も含め)を守るためにも防衛力が同時に必要なんだという意識を自然に国民が抱くようになるといいんですが‥
日本が様々な困難を精神力だけでなく、技術でも乗り越えてきたことも技術大国ならではの文化かと思います

日本を守る

更新ありがとうございます。日本ほど平和を愛する民族はいない。日本ほど善良な国柄はない。日本ほど清潔な国はないし、日本ほど歴史の古い国はない。 本当に日本人が心合わせて戦えば、日本ほど強い国はない。 世界の知性や文化人と言われている方達の共通認識です。 残念なのは日本人なのに日本の稀有な素晴らしさを自覚している方が少ない事です。 謙遜や謙譲なのは日本人の美意識ですが、しかし日本の素晴らしさや稀有な精神性はもっと自覚して認識するのが国と国民の繁栄にはとても大事な事です。
日本は自分から手を出す事は今後も無いでしょう。けれど寸土でも日本の国土を侵し、日本人の命を奪おうとする輩や敵には、返す刀で殲滅させる防衛力を保持するのは、当たり前の事です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク