シラスと奥義

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
オーディオブック版のダウンロードはこちらから
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
「ねず本第三巻応援クリック」
↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
クリックご協力をよろしくお願いします。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

秘伝書


このブログの読者の皆様は、このところ何度も書かせていただいている「シラス」、「ウシハク」について、みなさんご理解いただいていることと思います。

けれど、本当は「シラス」は、秘伝、奥義にあたるもので、軽々に一般化すべきものではないのです。
「シラス統治」は、ひとことでいえば情報共有化と、民衆の知的レベルの高さ、もっというなら高い民度があってはじめて、理解され、すすめられるものですし、その根底に天皇という無私の存在があってはじめてなりたちうるものです。
そういうことをちゃんと理解したうえでないと、「シラス」ことが悪用されるのです。

わたしたちは、現実にそれを見てきています。
虚偽の情報を垂れ流し、嘘を並べ立て、それを百回言ったら本当になると、なんと石碑や像までこしらえる。そして日本からカネをせびりとる。
なんと彼らにいわせれば、これこそが政治であり、情報によって利益を得るための、これが正当な情報戦争なのだそうです。


他にも似たようなものがあります。
「知らす」といいながら、虚偽の報道をして世間を惑わし人心を攪乱する。あるいはその手先となる。
そういうところが、大手のメディアとなっている。
そんな事例も、私たちは実際に目にしています。

実際には「ウシハク」者が、「シラス」ことを表面上だけで曲折させ、自分に都合の良いように世の中の情報を操作し、自己の利益を図ること。
これは大昔からあったことです。
大学者と呼ばれる人にもいました。だから「曲学阿世の徒」という言葉があります。

ですから昔の人は、ほんとうに一番大事なことは、それをちゃんとしっかり理解できるレベルに達するまで、そのことは教えないで、意図的に「隠す」ということをしました。
それが「奥義」や「秘伝」などです。

同じことは古事記、日本書紀にもいえます。
日本書紀は漢文で書かれ、外交的なも日本の正史とされた書物ですから、これは公開資料です。
一方、古事記は大和言葉で書かれ、封印された書物とされました。

大和言葉で書かれたということは、漢字で書いてあっても、外国人には何が書いてあるのかさっぱりわからないものとなっていたということです。
そして封印されていたということは、「隠されていた」ということです。

古事記を世の中に出したのは江戸時代の国学者の本居宣長ですが、大切なことは、それまであくまでも「封印されていた」のであって、「捨てられていたのではない」ということです。封印と廃棄は意味が違います。
そして、本居宣長を含めて、古事記を見る(読む)ことができたのは、相当の大学者か、高い官位を与えられた人のなかから認められたごく一部の人だけであったということを、私たちは知ることができます。

なぜなら、捨てられいたわけではないから現存したのだし、写本さえなかったということは、秘伝とされていたことだということだし、そして本居宣長は、当時にあってわが国最高の国学者であり愛国者であり、天皇尊崇者であったのです。
その意味では、同じく皇室尊崇論者である山鹿素行は、古事記は見せられていません。

奥義、秘伝というものは、生半可な人物がそれを用いれば、必ず世に混乱をもたらすもの、でもあります。
だからこそ「シラス」の扉が開かれるのは、七世紀の大化の改新、十九世紀の明治維新のときだけでしたし、明治維新後の大日本帝国憲法は、井上毅の原案では第一条に「大日本帝国は万世一系の天皇これをシラス」と書かれたいたものが、実際に憲法になるときには「これを統治す」に書き改められたのです。
ここでも、最終的には、やはり秘伝とされたのです。

「シラス」、「ウシハク」という語を、軽々に用いてはいけないということを申し上げているのではありません。
本当に日本をなんとかしなければならないとなったとき、この「シラス」こそが、私たち日本人が還るべき原点です。
ですから、いまの時点では、むしろ拡散していかなければならないことと思います。

ただ、みなさまにご理解いただきたいのは、その「シラス」は、まさに奥義であり秘伝であり、本邦統治の根本概念です。
そして奥義としてただしく理解すれば、わたしたちが「シラス」を口にしたとき、それに異を唱える人は、「ウシハク」人かその仲間たちであるということが、手に取るようにわかるようになります。
まさに、奥義そのものなのです。





人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

一読者

本居宣長
感動しました!
「松阪の一夜」で、本居宣長と賀茂真淵がどんな話をしたんだろうと、想像するとワクワクしてきます。一般に言われていることよりもさらに深い意味が、お二人の出会いにはあったのですね!
今月神宮を参拝するので、松阪の奥墓にもお参りしてきます。

ポッポ

No title
日本人は、問題があったときに本当のことを知って、これに基づいて行動します。
そうでない人は、自己の利益に基づく無理矢理な行動をして、これが正しいと吹聴します。

いま、世間を賑わしているヘイトスピーチに関わることを見ていても、それが読み取れます。

残念なのは、近頃の裁判所も含めてですが、が正しいことの本質を見ていず、表面的な事象だけに左右されていることです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク