お玉が池

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

お玉が池


幕末頃で有名な剣術道場といえば、千葉周作の北辰一刀流です。
この道場は、江戸のお玉ヶ池(おたまがいけ)のあたりにあったのですが、そこはいまでいうと東京都千代田区岩本町2丁目5番地の辺りです。

江戸の初め頃には、ここに上野の不忍池がすっぽり入るくらいの大きな池がありました。
その池は、幕末頃には小さな池になり、いまでは池自体があとかたもなくなって、そこには小さな「お玉稲荷」の祠(ほこら)があるだけになっています。

そのお玉が池が、まだ大きな池だった頃、実はその池は「桜ヶ池」と呼ばれていました。
きっと、池の周囲に桜の木があったのでしょう。池のわきに小さな茶店がありました。
桜の花見の名所に、小さな茶店・・・なんだかとっても絵になる光景です。

その茶店に「お玉」ちゃんという、とってもかわいらしくて気だての良い娘さんがいました。

お玉ちゃんには、二人の男の子の友達がいました。
『江戸名所図会』によると、この二人の男性は、「人がらも品形(しなかたち)もおなじ」であったと書かれています。

ある日、この二人の友達が、お玉ちゃんに同時に結婚を申し込みました。
けれどお玉ちゃんは、二人とも大好きなのです。
だから選べない。
それにとつぜん結婚を申し込まれても、それはとってもうれしいけれど、とつぜんどちらかを選べと言われても、お玉ちゃんにとっては、それはとっても困ることでした。

「お玉」ちゃんはとっても悩みました。
いく日も悩みました。
そして悩んだ末に、桜ヶ池に身を投げてしまったのです。

遺体を池から引き揚げた近所のみなさんは、このお玉ちゃんの心をあわれに思い、そこに小さな祠(ほこら)を建てました。
それがいまも残る「お玉稲荷」です。

そして、いつしか「桜ヶ池」は、人々から「お玉ヶ池」と呼ばれるようになりました。

お玉ヶ池は、そのすぐ近くが、本郷、湯島の高台です。
そこからは遠く富士山も見渡せます。そんなところから、このあたりには武家屋敷が建ち並びました。
そしてお玉が池のある神田界隈には、それら藩邸への御用を勤める商人たちのお店や、その住まいが建ち並び、桜ヶ池の界隈は、とっても街が発展しました。

このため、江戸時代の後期には、神田山を削ってお玉が池を埋め立てて、池の宅地造成がすすみました。
その結果、いまでは、池は跡形もなく消えてしまっています。

池は消えましたが、地元の人たちは、お玉ちゃんの伝説と、お玉稲荷をずっと大切にしてきました。
東京のど真ん中で、お稲荷さんにいるお玉ちゃんには、いまでも、千羽鶴や花が絶えません。
そしてお稲荷さんは、商売繁盛の神様です。
そのおかげか、神田、岩本町界隈は、明神様やお玉稲荷のご利益で、いまでも地域の商店や問屋街がとっても元気です。

歴史や神様を大切にする心。
それって、日本の原点ですよね?

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

takechiyo1949

今風の娘さんはどうするか?
お玉が池と言えば千葉道場。
千葉道場と言えば赤胴鈴之助。
少年時代…とても懐かしい。

さて、性格の良いお玉さん。
品形の良い男二人から求婚。
どうしても選べず投身した。

この話を読んで思いました。
今風の娘さんはどうするか。
誰かに聞いてみたいものだ。

近所の飲み屋に行きました。
チーママに聞いてみました。
「さて、どうするかね?」
『二股して見極めるわ。』
「何を?」
『誰と一緒になったら幸せになれるか?お金持ちならいいってことでも無いしね。』
「自分の幸せだけ考える?」
『普通はそうでしょ~よ!』
「お玉さんは身投げだよ。」
『男のこと想って諦める。』
『そういう手も有りかな。』
『でも自害なんてしない。』
「死んだら男が悩むから?」
『死なれたらイヤでしょ!』
「うん。相当悩んじゃう。」
『ハイボールお代わりは?』

今風の女性。
思ったほど強かでも無いようで、少し安心しました。

越智富夫

地元の神社や祭を大切にしよう!
ねずさんのおっしゃる通り、地元の神社や小さな祠を粗末にしている地域は、さびれていく一方です。そういった姿は私の地域でもそこかしこに見受けられます。かつては大きな地域で鎮守の杜(ちんじゅのもり)であった神社が開発のため、見るも無惨に神域を削られてしまい、祭も小規模化し、最後には行われなくなり、その近所ではどんな商売をしても振るわなくなってしまう。
私の中学時代の恩師の家のすぐ近くがその鎮守の杜でしたが、国道や高速道路のバイパスの開発などで、神域は随分と縮小され、その近くにあった墓地などもかなり削られ隅っこに追いやられました。中学生の時、恩師のお宅に招かれ、先生のご家族はもちろん、その地域に住んでいる人々のなんとも言えない優しさや温かみに触れました。ところが、30年ほど経って、様子のすっかり変わったその場所の近くのコンビニで働いていた時、私の「良かれと思って」したこと、言ったことが全て反発を受け、私はすっかり孤立してしまい、結局、辞めざるを得なくなりました。その直前、その町の住宅地図で偶然恩師の家を発見し、訪れて見ると、確かに先生の家なのですが、家の周りも家の中も荒れ放題。表札の名前も違っていました。隣家の方に尋ねると、偶然にも恩師の親戚の方。「残念じゃねや、幹弘さんは11年前に亡くなってしもたんよ。」と言われ、私は思わず号泣してしまいました。「そんなに幹弘さんのことを思てくれるんじゃったら、墓に参ってやってくれや。」と言われ、「ここからどれだけ離れているんだろうか?」と思いましたが、結構近そうにおっしゃいました。言われたとおり道をたどると、国道から入ってすぐ横の奥まった隅っこの方にそのお墓はありました。本当に隅っこに「追いやられた」という感じ。墓碑によると、先生は定年の直前、59歳の時、授業中に倒れて、そのまま亡くなったそうです。先生のお墓は神式でした。先生の生い立ちが分かるように略歴が書かれていました。先生は厳格な国語の先生で、そのせいか生徒には余り人気がありませんでしたが、生徒会の顧問でした。私は生徒会の書記長でした。1年間生徒会を勤め上げたので、その慰労に先生のお宅に招待してくださったのです、我々生徒会役員全員を。生徒会長、男女の副会長、男女の書記長の5人です。ご家族総出で歓待してくださり、私たちには、理想のご家族と映りました。先生ご自身が優しいから、ご家族がこんなに素敵なんだな、と思いました。先生のお宅から海が近いので、先生のお嬢さん3人と我々5人(8人はほぼ同年代)とで遊びに行きました。先生の家に戻る時、道に迷って(先生の娘さん達は先に帰っていた)畑仕事をしている人に先生の家への道を尋ねると、とても丁寧に教えてくれたことを覚えています。
数年後、20歳の時、初の衆参ダブル選挙の時、先生に再会しました。創価学会の選挙戦に駆り出されたのです。選挙の話はすぐに終わり、懐かしい生徒会時代に話の花が咲きました。「お前達は○○中学校生徒会の黄金時代を作ったんだ。越智、おまえが実質的には生徒会長だったな。」と褒めてくださいました。過分な言葉に、私は返事も出来ませんでした。そう言えば、生徒会修了の賞状を卒業式に合わせて作ってくださいました。その賞状に貼り付ける写真(我々5人の集合写真)は、なぜか私が最前列で中心に収まるよう、顧問である先生に命じられました。私の横には女子の副会長と書記長、後ろの列に男子である生徒会長、副会長です。知らない人が見れば、まるで私が生徒会長をやっていたのかと、勘違いされるでしょうね。あの写真一枚にも、先生の私に対する思いが込められていたのです。先生に再開した時は大学浪人でしたので、ご心配をおかけしてしまいました。申し訳ありません!
その恩師が、11年も前に亡くなっていた!奥様はショックの余り、すぐに転居されたそうです。それなのに地元の青年商工会議所作成の住宅地図に引き続き先生のお名前が残っていたのは、私には偶然とは思えません。先生の墓所で手を合わせた時、目に見えない存在が、確かに私を優しく包んでくれたように感じました。「先生、お世話になりました!どうぞ霊界から私を見守ってください。先生に恥ずかしくない人生を送ります!」と誓いました。
それにしても、最後にお会いしてから、25年、国道を通るたびに先生のお宅への入り口を探していたのですが、ついに見つけられなかったのは、あまりにも開発が進んだからだったのです。かつての面影がまるでない。神社と墓地が大いに犠牲になっている。
実は、私が働いていたコンビニは国道沿いにあり、その店の前の国道を渡ったところが、先生のお宅への(その手前に、墓地への)入り口だったのです。「灯台下暗し」とはこのことです。コンビニの敷地とその墓所は、十数メートルしか離れていない。先生はご存知だったんですか?きっと、先生のお導きでお墓参りが出来たのだと思います。先生、ありがとうございました!
コンビニのオーナーは先生の家の近所で、先生をよく知っているとのこと。オーナーの奥さんと私は同い年でしたが、とことん私を嫌っていました。私のやることなすこと、全てが気に入らない。こうなっては万事休す。辞めざるを得なくなりました。残念です。
このコンビニには、同じ系列の同じ町のコンビニ(私が働いていた)がつぶれたので、ご厄介になっていたのですが、このコンビニ自身も、私が辞めた後、すぐに店を閉めました。どうもこの地域の店は商売が立ち行かない。やはり、神社を粗末にしている罰が当たったんだとしか考えられない!
あの、人徳のある私の恩師が若くして亡くなられたのも、それが原因だったのではないか?先生のお宅は、神社のすぐ近くです。悔やまれます。悔やんでも悔やみきれない。
創価学会は、神社、他宗の仏閣は大事にしません!日本人の精神性ではありません!
元はと言えば、宗祖の日蓮は法華経を中心に据えた国家を目指したため、「神去り法門」を唱えました。全国の神社仏閣に参っても、神仏は去り、功徳は無いと。
しかし、日蓮の書いた曼荼羅には天照太神と八幡大菩薩が勧請(かんじょう)され、日本の産土神(うぶすながみ)も残らず含まれているという意義が込められています。
それどころか、法華経の行者の一身に全ての神仏・精霊が宿り、その功徳にあずかることが出来る、という思想なのです。
あまりにも深い宗教的思想なのですが、創価学会は、それを悪用したのです。その意義、精神を生かすことが出来ず、いたずらに他宗と垣根を作ってしまった。もはや、現在に生きる宗教とはなり得ていない。逆に、邪教と成り果ててしまった。
その創価学会を支持母体とする公明党は、政権与党ですが、あまりにも日本人的感性に欠ける党です。シナ・コリアと関係が深すぎる。早晩、安倍政権、自民党に大きな荷物になる気がする。なんとかしなくては!

それよりも何よりも、地域の神社や小さな祠に至るまで大切にする、本来の日本人の感性を取り戻したい!我々日本人は、神様の子孫なのですから!

通りすがりの武人

No title
老無骨者の心を浄化させてくれるようなお話、誠に有難うございました。澄み切った心がなくては正しい武道を続けることは出来ません、日々自問自答する毎日です。いつまで出来ますことやら・・・

ケイシ

いつもありがとうございます。
お玉さんみたいな心の綺麗な女性は、今の日本に居るのだろうか? お玉さんが生きておられた時代は、そんな心の綺麗な女性や心の優しい男性がたくさんおられたのでしょう。お玉稲荷や神田明神を大切にしておられるこの地域の方達もきっと心の綺麗な優しい人達が多くおられるにちがいありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク