第五期 日本史検定講座 受講生募集のお知らせ

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120
ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r</u>">http://goo.gl/0s543r

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第五期日本史検定講座


新たな講師を迎え、つくる会の日本史検定講座の第五期が開講します。
一流の講師陣と納得の講座内容で日本の誇りある歴史を学びます。
今回は(一流ではありませんが)私も講師に復活します。

第五期ももちろん全国・全世界どこからでも自宅で受講可能です!
通信講座ですので、時間や曜日に縛られることなくご受講いただけます。
もちろんライブ(教室)での受講も可能です。
是非、ひとりでも多くの方に拡散いただき、ひとりでも多くの方にご受講いただきたいと思います。

この講座は、本当の日本の歴史を学ぶための講座です。
検定試験そのものを目的としているものではありませんが、合格者には立派な合格証が発行されます。

これまで、第一期から第四期までの講座を運営に参加させていただいてきて、感じたことがひとつあります。
どのテーマの、どの講義もすべてそうなのですが、わかりやすいのです。
ウソを並べた歴史講義は、聞いていていても眠くなるばかりでひとつもおもしろくありませんが、この日本史検定講座は、どの講義も、最初から最後まで、夢中になって聴いてしまうのです。

実際、これまで教室でのライブ講座の全部の講座に参加させていただいて、居眠りをする人が誰一人いない。
全員が、もう夢中になって講師の話を聞いているのです。
おそらく歴史の授業で、こんなに生徒たちが熱い講座というのは、他にないのではないかと思います。


皆様の応援で、この講座が継続されることにより、いまの日本のなだたる本物の歴史を語れる講師の講義が継続します。
一回8講座を年二回で16講座、その講義は講義録と動画でずっと残り、日本の未来を取り戻すための大きな足がかりとなります。続けることが大事なことなのです。

講義の内容は、もうめっちゃ面白いです。
まさに眼からウロコがはがれ落ちます。
皆様には、ぜひともこの講座を応援していただきたいと思います。

講義は、まず東京・神楽坂の教室でライブでの講義が行われます。
そのライブ講座の模様が、動画と、講義内容を文字にした講義録が、その約二週間後に全受講生に配信されます。これが通信講座です。

日本史検定講座は、その通信講座がメインです。
ですから、全国どこにいても受講できますし、動画も講義録もお好きな時間に学ぶことができます。
つまり、まったく時間や曜日に縛られることなく、お好きな時間に、おすきなときに受講いただくことができるのです。

講義録も、決して難しいものではなく、やさしく平易な文章で書かれています。
なにせ講義録の文責は、私です。むつかしい文など書けません。
ねず本でおなじみのあの文体ですので、読み物としても、楽しく読みやすいものとなっていようかと思います。

今回は、日本兵法研究会の家村和幸先生、倉山塾でおなじみの倉山満先生、元防衛大学の教授の平間洋一先生、つくる会会長で『新しい公民教科書』代表執筆者の杉原誠四郎先生も講師陣に参加されます。
他にも、高森明勅先生、宮脇淳子先生、藤岡信勝先生が、それぞれ講師を勤めてくださいます。
講師陣の顔ぶれと、講義テーマをみただけで、もうワクワクです。
今回は私も講師に参加します。

受講生には、実は、あの高名な政治家の先生もご参加されています。
それだけ内容の濃い、充実した講義であるということです。

みなさまのふるってのご受講をお待ちします。

■第五期日本史検定講座 概要
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html
■第五期日本史検定講座 受講申込みページ
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

佐々木憲章

日本国憲法 公務員詐欺
尊敬するねずさんへ、日本国憲法に、選挙に選ばれた者だけが公務員と書いて有のに、役所の小役人が公務員を名乗るサギです。本当は官吏です。今のサギ公務員法は公務員を守るために存在し、国民をあざむく法です、国民の公僕でなければ成りません。逆転しています。サギの官吏が居る限り、震災の復興は遅くなり、消費税は上がり続け、大切な日本人の自殺者は増え続けます。
どうかこの問題をブログで拡散して下さい。ホントのシラス国になりますように。

teru

何故中国、韓国は仏教を捨てたのか?
日本史検定講座の先生方、特に宮脇先生の講義はいつ聞いても面白いですし勉強になります。今後の日本を考えるためにもいい講義を!
戦後の日本を作ってきたのは良くも悪くも女性だと思っています。何故か?女性が選挙権を持ち、女性の数が多いからです。この女性票を日本のために使ったか否かはわかりません。昔はほとんどの女性票は狡賢い政治家たちに騙されたのでしょうね。今は草食系男子より、肉食系女子も多くなりました。政治に関心を示すようになりました。これからは女性中心の日本が出来るかもしれませんね。女性票が左か右か中央か決めることになりそうです。あの超一流国家アメリカを?%のユダヤ人が牛耳っているとは信じられませんね。国を動かすのは政治家です。政治家は当選させてくれるものに味方します。正義も糞も有りません。民主主義は多数決ですから。
日本、中国、韓国でいつも話題を提供してくれます。私は日本人で日本人の心、日本の文化が大好きです。日本人だから当然ですが、日本の心、文化は仏教を基礎にあらゆるところに広がっていったと思っています。これからも仏教は日本の心であり文化であり続けると思います。それに反して中国、韓国は何故仏教を捨てたのでしょう?仏教を捨てた中国、韓国の現状を見れば将来を憂います。日本の常識、中国、韓国の常識の違いも分かってくるのではないかと思いますので、「中国、韓国は何故仏教を捨てたのか?」の講義をよろしくお願いいたします。

にっぽんじん

人種差別憲法
共産党や社民党、平和団体は日本の憲法は平和憲法だから改憲には反対と叫びます。私に言わせれば、日本の憲法は世界に類がない人種差別憲法です。

彼らは憲法前文を読んだことがあるのでしょうか。前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあります。

日本は悪で諸外国は善だとの前提で書かれています。これは日本民族に対する差別以外の何物でもありません。他人に自分の生命を託す憲法が本当に平和な憲法でしょうか。

日本の多くの国民は「日本の憲法」を本当に読んだことがあるのでしょうか。人種差別に反対するのなら、日本の憲法にも反対のはずです。

日本人に対する差別のみは許されるのでしょうか。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク