朝日などに焚き付けられた北朝鮮帰還事業者の現実

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

高政美さん
高政美


拉致の可能性が排除できない行方不明者を調べる特定失踪者のことが問題になっています。

一方で、朝日などに焚き付けられた北朝鮮帰還事業者の現実があります。
以下の文は、ある講演の際のものです。
筆者には、受講者の方から、メールでお知らせいただきました。
そのメールを転載します。

~~~~~~~~~~~~~~~

講演テーマ「自由であることの大切さ」
講師:高政美(コ・ジョンミ)

「1963年7月18日。この日さえなければ」
この言葉から、脱北者、高政美(コ・ジョンミ)さんのお話が始まりました。

昭和35(1960)年、大阪生まれの方です。
昭和38(1963)年7月18日、帰国運動で北朝鮮に渡りました。
お母さんとおばあさんは、北朝鮮への帰国を迷っていたそうですが、朝鮮総連の人が何度も家に来ては、
「北朝鮮は地上の楽園。大学も無償で行けるし何もかも自由」
と帰国を勧めていたそうです。

北朝鮮へ着き、船をおりた瞬間、それが嘘だとわかりました。
だまされた。
北朝鮮の人たちのクサイ、貧しいみなり、頭はふけだらけ。




高さんはこの時3歳でした。
一緒に船に乗っていた6歳の兄が、
「降りたくない。このまま、この船で日本に帰してほしい」と泣きだした。すると、
「この子はちょっとおかしい」と、兄はどこかへ連れて行かれてしまいました。

北朝鮮に着いた途端、私たち家族は一度も食事することもなく、あっというまに家族は離され、6歳の兄はどこかへ連れて行かれてしまいました。
精神病院に入れられた、と聞きました。

5年後、自分が8歳の時に、はじめて家族全員で兄に面会できることになりました。兄はこの時、11歳。
病院に入院していると信じていたので、母はお弁当を作っていきました。
お世話になっている病院の人や、同室のほかの患者さんの分まで、たくさんお弁当を作っていったのです。

ところが、面会に連れて行かれたのは、コンクリートの塀に囲まれた山の中の建物でした。
すぐに、これは病院じゃないとわかりました。
まるで動物園のような、1メートル四方ぐらいの「おり」がたくさんあり、中にはなんと人間が入れられていました。

兄に面会に行った両親、姉、自分はいったいどこに来てしまったのか、わかりませんでした。
鉄格子の中に、大勢の人が入れられているのです。
小さなおりの中で、立つこともできないので、みんな四つん這いです。
はじめは、人間ではなく動物に見えました。
よく見ると人間でした。

顔も手も真っ黒。髪は伸び放題でライオンのよう。誰ひとりとして、表情がない。
おそろしくて、自分は母親の手をしっかり握っていました。
母親も、自分の手をしっかり握りかえしていました。
ブルブル震えていました。

おりの中に入れられた人間の髪をつかまえて、顔をぐいっとあげ、兄を捜しました。
父が兄をみつけました。
でも、動物のようでした。立ち上がることもできない。
3分ほどでその場を離れました。
その日から、家族は食事ものどを通らず、会話もなくなりました。

父は平壌に行きました。
スパイ活動に従事するためらしい。

兄が収容所で亡くなったと、父が通知書を持って家に帰ってきました。
家族の目の前で、父はその通知書に火をつけて燃やし、
「誰にも話してはいけない」と言いました。一度だけ面会にいけたのも、例外的で、決して人に話してはならないのだと言っていました。

この時、自分は11歳でした。
毎日、日本からの帰国者というだけで、壮絶ないじめを受けていました。
20人ぐらいから殴られ、肌の色が見えないほどでした。

日本から持って来たきれいな服を着ているので、服をびりびりに破かれ、パンツ1枚にされてしまい、恥ずかしくて家に帰れないので、真っ暗になるまで隠れて、夜になってから裸で家に帰ったこともありました。
毎日、どうしたら自殺できるだろうかと、そればかり考えていました。

北朝鮮では、自殺すると政治犯になり、残された家族も捕まってしまう。だから自殺もできない。
家族に迷惑をかけずに自殺する方法をずっと探していました。
壮絶ないじめを受けていることは、母に隠していたが、姉が母に相談したことで、わかってしまいました。

母が学校に来ました。
見ると、母が学校の先生の前に正座して、
「うちの娘を許してください」と謝っていました。
日本から持って来た洋服や、いろいろな物を差し出して、土下座して、娘を許してくれ、いじめないでくれと頼んでいたのです。

先生は、
「こんな親だから、子どもがいじめられても当然」と言っていました。

次の日から、自分は学校に行くのをやめました。
すると、52人もの人(学校の友達など)にアパートを取り囲まれ迫害を受けました。

母は毎日、神様にお祈りしていました。
神様に守ってもらうしか、もう道がなかったからです。
子どもを守る言葉を書いて、
「となえるだけじゃだめ。心からお願いしなければいけない」と母に言われた。

もうだめだと思った時は、この最後の3行を唱えなさいと言われて、お祈りの言葉を覚えました。
のちに脱北に失敗して刑務所に入れられた時も、拷問を受けたときも、まるで死人のようになって横たわっていると、
「必ず生きて、しなければいけないことがある」という声が聞こえてきました。

歯を抜かれる拷問を受けたり、手首を切って動脈を引きだして自殺をはかったこともあります。
肉体的には10回以上は死んだはず。
なのに、どうしても死なない。不思議。

こうして日本に生きて帰ることができ、本物の人間になり、こうしてここに来られました。
祈れば必ずかなう。本当に今日、かなった。
皆さんとお会いして、これで何かが変わる気がしている。
今まで何度も死のうとしたのに、死ななかった。神様が守ってくださった。


≪脱北を決めた動機≫

自分は卓球で体育大学にすすみ、体育大学の教師になりました。
平成7(1995)年、北朝鮮で大量の餓死者が出ました。
駅を出ると、道ばたにいっぱい、飢え死にした死体が転がっていました。

体育大学の学生が、この死体の片付けを命令されました。
自分は体育大学の先生だったので、学生たちの監視役として死体処理の仕事をしました。

自分のように政治的な行事(体育大学の学生は、公的行事で踊りや競技をする)にかかわる人間には、食事やバスなど十分な援助が与えられていたので、町でこんなに餓死者がでているなんて、まったく知りませんでした。

外国人が来る地域だけでも、死体を片付けろということになりました。
学生に白衣を着せて医者のふりをさせ、死体を担架に乗せて病人を運んでいるようにみせかけて、駅の部屋にどんどん積み重ねていきました。

あまりにもいっぱい死体があるので、部屋には詰め込みました。
死体を重ねていくと、下のほうの死体から茶色くなっていき、そのうち、人間の油がしみだしてきました。
夜になると、山に死体を埋めに行く。
人間の死体を、まるで物のように、どこの誰かもわからないのに、どんどん投げて、大きな穴に埋めました。
自分はきっと地獄に堕ちるだろうという気持ちでいっぱいになりました。

学生もどんどん倒れていきました。
しかし、その場を離れると政治犯になるので、離れることはできません。
学生たちは「ここで死ぬ」と言っていました。

この死体処理にかかわったことで、自分の頭がくらっと変わりました。
これは絶対おかしいと思いました。
この仕事のあと、食事もとれなくなり精神病院に1カ月入院しました。

90年代には300万人のNorth Koreanが餓死しました。
日本が食糧援助していたことを、脱北してから知りました。

そんなものは、一切届いていません。それどころか、北朝鮮は韓国に米を輸出していました。

餓死者がでているということなど、ニュースでも報道しないので、北朝鮮の国民でも知らないはずです。
自分も死体処理の仕事を命令されるまで、知らなかったことです。

川を渡って脱北し、中国で捕まる。
北朝鮮の収容所に送られ、すさまじい拷問を受ける。
顔がはれあがり、口や目や耳がどこにあるかもわからないほどでした。歯も抜かれました。

脱北して何をしようとしたのか、聞きだそうとしていました。早く殺してほしかった。

1976年に、父も同じような拷問を受けています。
父は半年間、1m四方の穴に閉じ込められました。
拷問の時に出され、拷問が終わるとまた穴に入れられる。

四つん這いで過ごしているうちに、手足の指先の肉が腐って落ちてしまいました。。
お尻の肉まで見えるようになってしまいました。

20年後に、自分も同じような目にあいました。
でもどんなにひどい拷問を受けている時でも、死人のように横たわっている時に
「あなたは絶対しなない。
 あなたはこのことを黙っていられますか。
 生きて話さなければならない。
 あなたには使命がある」という声が、毎日のように聞こえてきました。

ここにいる皆さんなら、この話を信じてくださるでしょう。
刑務所の中で、そういう声が聞こえたことを、ここにいる皆さんなら信じてくれると思う。

日本に来てはじめて、拉致被害者の存在を知りました。
自分のように帰国事業で北朝鮮に渡った日本人のことは知っていたが、無理矢理拉致された人がいることは、まったく知りませんでした。

なぜ日本人が拉致されて、あんな恐ろしい北朝鮮に連れて行かれるのか、許せないです。
なぜ日本の皆さんは、これを黙っているのか。
命がけで助けなければ。

今一番しなくてはならないことは、北朝鮮の人々に知らせること。
韓国人にも拉致被害者がいるそうだが、日本人ほどひどい扱いは受けていないらしい。
日本人が拉致されていることは、北朝鮮の国民は誰もしらないだろうと思います。

日本人は本当は強いはず。
何かあったら心を一つにしてまとまると聞いています。

皆さんの力を信じています。
何とかお願いします。
~~~~~~~~~~~~~

はじめにすこし厳しい言い方をしますと、このお話には、もともと半島の方のお話なので、やや大げさになっているところがあるかもしれません。
ですが、仮に話が数百分の一のものであったとしても、ここで話された北朝鮮の日々は、どれひとつとっても人道的に許されることではありません。

わたしたちは、政治が歪むと、ここまで人は残忍な仕打ちを受けることがあるのだということを、しっかりと踏まえる必要があります。
なんだかんだいって、日本が自由な国であり、多くの国民もその自由を節度を持って享受している国であること、西洋の人がやってきても、日本は素晴らしい国だと言われる、そういう国に住んでいること。
そしてわたしたちは、その日本の良さを、次世代につないでいかなければならない使命があるということを、あらためて確認しなければならないと思います。

そして世界から、横暴な暴力による支配をなくして行くためには、なによりもまず日本が強くなっていかなければならなのだと思います。

それにしても、北を地上の楽園と煽った朝日は、その責任を、どうとるのでしょうか。



※この記事は2010年6月の記事をリニューアルしたものです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
少し前の西部邁ゼミナール の動画です。
在日の方との対談で帰国事業の時のお話をなさってます。

五十年前、こんな偉大な「在日」がいた 西部邁ゼミナール 2011年9月24日放送
https://www.youtube.com/watch?v=14nh6i8cBwY

通りすがりの武人

No title
「反面教師」どころの話ではない!しかし「反面教師」と言わざるおえない!人間としてまっとうな生き方は国家が狂っていると絶対に出来ない・・それを南北朝鮮、シナ野蛮国が証明しています。我が国はそんな悪魔の誘いに乗ってはなりません!!!

共通一次世代

No title
Supermum様と同意見です。
今までも脱北者支援などが拉致問題とともに取り上げられ、その度に、なぜ同列で議論されなければいけないのかが私には納得できませんでした。

帰還事業で北朝鮮に渡った人たちの「人道支援」まで何故ここにきてまた出てくるのか。
何故、拉致被害者奪還とこれらを絡ませ、一緒くたにして議論されるのか。
こうすることは北朝鮮の思う壺だと思います。
有田芳生は国会の拉致問題の委員会で遺骨事業、墓参参り事業をやたらと取り上げてきます。北朝鮮が日本政府に打診してきた内容にも「遺骨」がありました。有田は、北朝鮮の代弁者だということがはっきりと分かります。
有田の目的は、拉致被害者奪還ではなくて、日朝国交回復です。
私達日本人の目的は拉致被害者奪還が目的のはずです。

拉致事件は、北朝鮮の日本人に対する国家犯罪です。誘拐です。連れ去られたんです、無理矢理。
犯罪者から拉致された人たちを取り戻す、原状回復させる。
当然のことを北朝鮮に求めるだけです。

脱北者や、帰還事業云々とは全く次元が違うんです。
そして、北朝鮮は、これらを絡めてくることで、肝心の拉致被害者の帰国人数を誤魔化し、騙そうとしているではないですか。
脱北者や帰還事業者云々は北朝鮮国内で自らが解決すべきことであって、今、日本国が北朝鮮に求めることは拉致被害者奪還だけです。
そして、それが最も優先されるべきことのはずです。

日本国は北朝鮮という誘拐犯に対して我が子を返せ!日本人を返せ!と要求することだけに専念すべきです。国民も同じです。「人道的見地」などという言葉を誘拐事件で言いますか?「とにかく返せ!」でしょ?

「人権」や「人道」という言葉は、こんなふうに、拉致事件を曖昧にしてると私は思います。

拉致事件は明らかに「現在進行形の犯罪」なんです。

にっぽんじん

嘘か真か?
韓国は「日本軍による韓国女性の強制連行」の証拠として河野元官房長官の元慰安婦聞き取り調査記録(動画)の一部を公開しました。これに対して菅官房長官は「理解できない」と批判しています。

「理解できない」の意味は何でしょうか?聞き取り調査記録を全て公開すれば韓国にとって不都合なことがあるからではないでしょうか。そもそも河野元長官が聞き取りした元慰安婦の正体が不明です。

韓国の大学教授と慰安婦を支援する団体が信憑性があるとして聞き取り調査をしたのは19名です。この19名と河野元長官が聞き取りした16名は異なるかも知れません。

河野元長官の聞き取り調査時には福島瑞穂弁護士も同席しています。慰安婦を支援する団体と福島弁護士は元慰安婦に対して演技指導を行っていたという情報があります。私はハングルがわかりません。分かる方は下記の動画を見て下さい。韓国が証拠とする「証言記録」全てを公開することを期待しています。

http://www.news-us.jp/article/405713265.html

みやび

ねずさん、こんにちは。
四年も前に、ねずさんは「地上の楽園」について書かれていたのですね。
最近テレビでは、朝鮮総連、朝日新聞の「地上の楽園」という宣伝に騙されて日本人妻や花嫁として北朝鮮にいった方々の悲惨さを特集しています。
1960年から1980年頃まで、宣伝されていたようです。
朝日新聞、やはりここまで非人道的な報道に加担していたのですね。

たくさんの罪と虚飾への謝罪と、補償をしていただきたいです。

里美

「第1次資料に基づかない捏造歪曲の言論や表現に、言論の自由も表現の自由もない」
「歴史を捏造する国家(韓国、中共)に、未来はない」

「第1次資料に基づかない捏造歪曲の言論や表現に、言論の自由も表現の自由もない」

NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥

朝日の大罪
「地上の楽園」報道について、朝日はいつまで頬かむりを続けるのでしょう?尤も、「従軍慰安婦」「吉田調書」「任天堂インタビュー」について、朝日を批判する媒体は多いのに、「地上の楽園」報道について無視黙殺と言うのも、奇妙な話です。何処かから圧力がかかり、それに屈しているのなら、「朝日の大罪」を責める資格がありましょうか?

町工場の親方

日本はよい国、日本国民は道徳の高い国民。
>なんだかんだいって、日本が自由な国であり、多くの国民もその自由を節度を持って享受している国であること、西洋の人がやってきても、日本は素晴らしい国だと言われる、そういう国に住んでいること。
そしてわたしたちは、その日本の良さを、次世代につないでいかなければならない使命があるということを、あらためて確認しなければならないと思います。

「朝日新聞を叩き潰す掲示板」---平成15.8.3.

NC4にて、「戦争論・3」、が話題になり、書き込みましたが、内容は、「築地=叩き」、のものですので、こちらにも書き込みさせていただきます。

最近の小林よしのりは、SAPIO連載の、「ゴー宣」、でもおかしいのではないか、との声が多く聞かれます。
私も多少そう思っていましたが、「戦争論・3」、を読んだ限りでは、おかしなところはなく、面白く読みました。

私には第六章、「日本の豊かさはアメリカが、「開放」、してくれたお陰ではない」、の内容が印象に残っています。
64ページ、「『戦前・戦中は真っ暗、戦後は豊か』、実はこれは歴史を知らぬが故のとんでもない勘違いなのだ」、の言葉は真実を突いています。
山本夏彦氏も書いていましたが、食料不足、物資不足で国民が酷い思いをしたのは大東亜戦争が始まる二年ほど前からと、戦後数年間の間でした。
「戦争論・3」、が何十万万部も売れ、多くの読者に読まれることは、あの時代を生きた国民の真実を知る上で貴重ですが、逆に、「朝日」、や左翼にとっては、非常に不愉快なことと思われます。

これに関し、私が最近、何とも不愉快な思いをしているのが、「築地」、が投書欄等を利用して、(言い換えれば、「築地」、の意見、論調です)、

《現在の北朝鮮は、戦前の日本と同じ》

という戦前の日本に対する、悪意の固まりのような、無茶苦茶極まる論です。

政治体制、選挙制度、司法制度、教育制度、言論、出版、その他諸々の社会の状態等、気違いでもない限り、まともに取り上げて比較する気にもなれません。

第六章は小林よしのりらしい画で、昭和十年前後の盛り場の風景、小林よしのりの母や祖父が体験した、庶民の娯楽、(or道楽)、について描かれています。国民の何割、百万単位の人間が餓死し、徹底した階級制度と、思想弾圧、の下で暮らしている、まさにこの世の地獄としか言いようのない、北朝鮮国民の現状について、今更述べる気もありませんが、私には、萩原遼氏の本で読んだ、

「首都ピョンヤンには、大衆酒場も、喫茶店もない」、との文章が強く記憶に残っています。
こういう状態が、《大都会に、居酒屋も、喫茶店も存在しない》、長く続く社会というのは、庶民にとって地獄です。

どこが、「戦前の日本と同じ社会」、だ。!!


>西洋の人がやってきても、日本は素晴らしい国だと言われる、そういう国に住んでいること。

「築地=朝日のこと」、怒り、私の怒り」、より。
《朝日新聞を叩き潰す掲示板》ーーー平成14.10.22.

経験的、実感。
>>アジア各国の国民が次第に恨みを募らせ、今でも日本に脅威を抱いているのはなぜでしょうか。ーーー朝日新聞の記事より。

井沢元彦、小林よしのり 「朝日新聞の正義」 より、引用いたします。
ーーー.   井沢:あと、朝日はアジアで日本が嫌われているというのが大好きだよね。94年11月20日付朝刊の社説で、外務省の調査によると、マレーシアの4割を筆頭に、フィリピン、シンガポール、インドネシアが3割、タイでも2割近くが「戦争中の日本の行為を忘れることができない」ト答え、しかもこのうち3ケ国で前回調査より増えた、と書いている。 これは間違っているわけではないんですが、この調査資料を手に入れて見ると、「忘れることができない」が前回より減っている国もあるんですよ。インドネシアは29%だけどマイナス7%、タイも18%だけどマイナス11%、でもこの数字は載せない。データの意図的な使い方というか、自分達の主張に合う数字だけを選び出して、日本はアジアぜんぶから嫌われているという情報操作をしている。これは朝日がよく使う手口です。

小林:数字があると、つい客観的データかと思ってしまうけど、実はあらかじめ用意した結論に合わせて操作してるのね。

井沢:これ朝日の常套手段なんです。---

小林:情報から結論が導き出されるんじゃなくて、最初にある結論に合わせてるわけだ、順番が逆というか、デタラメだよね、新聞記事の作り方としてはーーー

サラリーマン時代.七年間、日本政府の国際協力の仕事に携わり、ASEAN諸国を主体に十数回海外出張し、また発展途上国、(ASEAN、アジア、オセアニア、中南米、中近東、アフリカ)、から日本へ来た人達と交流を持った私の経験からして、全般的に見て彼等が日本を嫌っているとは到底考えられません。「築地」、が言うような、日本に対して底意地の悪い、悪意や、恨みを持った人間にはついぞ合ったことがありません。 人間、腹の底にそういう気持ちがあると、何かの拍子にそれは態度に出てきます。 フィリヒ゜ン、タイ、インドネシア、その他の国で接した人たちから、そのようなことを感じたことはありませんでした。

中国や韓国のように、国ぐるみで反日、憎日の初等教育をしていないからと思われます。それぞれに社会、宗教、風習等、異なっていても、根本的には、人間対人間の、共通する感情の交流、共感があり、つたない英語によるコミュニケーションでも、お互い同士の気持ちを伝え合うできました。

日本が中国、韓国以外の国の、一般国民から嫌われ、恨まれているというのは全く正しくなく、日本の若い人達を卑屈にし、毒すること、実に甚だしいものと 、強い怒りを感じます。

世界を見渡して、反日感情の最も強い反日、憎日の団体は、日本の、「朝日」、と言えます。

※、上に書いたような、私の経験からして、日本は諸外国に比べ、多くの面で恵まれた、本当に良い国です。

参考図書
池間哲郎・著、「本はなぜアジアの国々から愛されるのか」・・・育鵬社


はおこ

No title
こんにちは。
これが、真実。
メデイアは、これこそを伝えなくてはならないのに。

本当の日本を取り戻せる日は、そこまで来ています。
目覚めたたくさんの人たちがいますから。

防人

いつもありがとうございます。
日本海を隔てて、直ぐ向こうにある北朝鮮で阿鼻叫喚の地獄が現実に存在する事を多くの人は直視しなければならないと想う。 自分達だけが旨い物を食べ、贅沢三昧をするために、多くの命を虫けらの様に扱う、若いくせに美食と酒で糖尿病を患っている金の馬鹿大将とその取り巻き連中は、ウシハクの最たる物ですね。内乱が起きるか、天変地変により、この連中が一掃される事を願わずにはいられません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク