礼とヒヤリハット

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r</u>">http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF</u>">http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ハインリッヒの法則


「礼儀作法」の「礼」という漢字は、旧字では「禮」と書きます。
見てわかる通り、「禮」は「豊かに示す」です。
漢字はもともとChinaで生まれたものですから、漢字にはそのChina文化の影響が色濃く残っています。

Chinaは上下の「ウシハク」世界ですから、「禮」は、上に対して用いるものです。
ですからChinaでは、「禮」はあくまで、上に立つ人、偉い人に対して「はっきりとわかるように、見えるように、明確に体で伝える」、それが「禮」という字の、Chinaにおける意味です。

偉い人、目上の人に「見えるように」行うのが「禮」ですから、その偉い人がそこにいなければ、「禮」をとる必要はありません。これもまたChina文化における「禮」の特徴です。

ところが日本では、たとえば昔の人なら、居間の鴨居(かもい)にある天皇皇后両陛下の御尊影のお写真に、毎朝、不動の姿勢をとって最敬礼をとったり、あるいは同じく鴨居に亡くなったご先祖の遺影を飾り、なにかあると挨拶をしたりします。
つまり相手がいないところでも、「禮」をとります。

また日本では「親しき仲にも礼儀あり」で、友達同士でも、あるいは下の者に対しても、「おはよう、こんにちは」はもちろん、「元気にしてるか?」、関西なら「もうかりまっか」など、普通に挨拶も行われるし、お辞儀など、ちゃんとした挨拶が行われます。
「上に対して」だけではないのです。

これがどういうことかというと、日本は、Chinaの漢字は輸入したし、China文化を採りいれたけれど、それはあくまで、日本にもとからある文化の土壌の上に、必要なものを取捨選択して採りいれた、ということです。
ですから漢字も、あくまで「もとからある日本文化を漢字で書き表すために」輸入しました。
そのために日本では漢字に、China風の読みである「音読み」と、日本古来の文化もしくは大和言葉による「訓読み」の二通りが存在しているわけです。

では、「禮」という漢字の訓読みは何かというと「ゐや(うや)」です。
いまでは「ゐ」というカナは使われないので「うや」としますが、「うや」とは何かというと、「うやまう」です。
もとからある「うやまう」という大和言葉に、あとから「禮(礼)」という漢字を充てたのです。

では、「うやまう」とは何かといえば、相手の尊厳を認め、尊敬し、そこから学びを得ることです。
その尊敬の心や、人から学ぼうとする心は、目上だけではなく、友達などの横の関係からも、部下たちからも、同じように、日々、学びを得ることが出来ます。
だから、そうした人々に感謝するし、相手が見ていなくても、相手がすでに亡くなった人であっても、日本人は、相手をうやまい、「禮」をとります。

戦前戦中は、国史の授業があり、その授業では主に日本書紀を学びました。
日本書紀は漢文で書かれていますが、そこには日本語の読み下し文があり、漢字にはふりがながふってありました。
そしてそのふりがなでは、たとえば「禮」なら「ゐやまふ」、親孝行の「孝」なら「たかふ」などとしてありました。ちなみに「たかふ」は、「したがふ」です。

ついでに申し上げますと、忠義の「忠」は「まめなるこころ」です。
よく武士道とは「忠孝の道」などと言われますが、「忠孝」とは、ですから訓読みすれば「まめなるこころをもって、親にしたがふこと」となります。

「まめ」というのは、新妻が夫にまめまめしく尽くす、あるいは男性が女性を口説くときに「まめにラブレターを贈る」などとつかわれる、古くからある言葉ですが、自分にできるすべてをつかって人やものつくりなどに励み、つくすことをいいます。

国民みんなが、そういう「まめなる心」をもって、お互いにお互いのために、自分にできるすべてをつかって周囲の人のためにつくし、親や祖先の教えをきちんと守っていくならば、その国はとても良い国になるに違いありません。
そして武士は、民衆の模範となるべき士(もののふ)ですから、古くからの伝統を守り、親や祖先の教えを守り、そして民のために自分のもっているすべてを尽くして生きる。
「それが武士道の『忠孝の道』なのですよ」などと、終戦までは学校で誰もが普通に教えられたものでした。

最近、日本人によるとんでもない犯罪事件が目立つようになってきています。
日教組教育によって、道徳教育を否定され、徳義を学ばないまま、反日教育を受けて社会人となった人たちが、いまの日本社会の中心層になっているのです。
自分さえ良ければいい。見つからなければ何をやってもいい。それが自由だと教え込まれた世代です。

誰もが自己の欲望にのみ忠実となり、見つからなければ何をやってもいいと考えるならば、その先にある未来の日本は、どのような社会になるのでしょうか。

いま、日本の大人たちの多くは運転免許を持っていますが、その運転免許教習所で必ず習うものに「ハインリッヒの法則」があります。
アメリカで損害保険会社で事故調査の副部長をしていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが導き出した法則で、一つの取り返しのつかないような重大な事故の背景には29の軽微な事故が起こっていて、しかもその軽微なヒヤリハットな事例が300件起きているという法則です。

交通警察では、こうした法則から、軽微なスピード違反から、歩行者通行妨害、一時停止違反など、軽微な徴候といえるもの、つまり「ヒヤリとするような事故」にさえ至らないようなものから取締を行っています。
あまりにも理不尽と思えるような、ある意味行きすぎと思える取締にひっかかって罰金を払わされ、いやな思いをした人も多いかと思いますが、ところがそういう交通警察の努力によって、重大事故の発生件数が大きく減ってきているのも、また事実です。
重大事故が起きてからでは遅いから、日頃から交通ルールに注意を喚起することになっているわけです。

けれど、それならば、最近頻発している強姦、脅迫、強要、誹謗中傷、殺人などの重大犯についてはどうなのでしょうか。
むしろ、逮捕された犯人の人権ばかりがことさらに強調され、そうした事件が起こることを未然に防ぐための官民をあげた努力は、現実にされているのでしょうか。
教育、見回り、警察権の強化、犯罪者に対する厳罰等々、すくなくとも強姦、脅迫、強要、誹謗中傷、殺人などの重大犯に対する罪は、ほんのわずかな二日酔い気味で運転して飲酒運転で百万円の罰金を払い、免許を取り上げられ、交通刑務所に服役させられるということよりも、はるかに恐ろしい重大犯といえるのではないでしょうか。

見えないところでも禮をとってきた日本、友や部下に対しても禮を失わない日本。犯罪のない安心した社会の中で、玄関に鍵などかけなくても、安心して暮らせた日本は、ほんの50年前までは、あたりまえの日本だったはずです。

すでに起きている日本への中傷や、現在進行形の売国行為と戦うことも、もちろん必要です。
けれど、それと同時に、わたしたちは、本来の日本の姿を、謙虚に学んで行くこともまた、大切といえるのではないでしょうか。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

旅丘

No title
割れ窓理論を思い出しました。
ジュリアーニ元NY市長は、街の落書きを消すという、一見凶悪犯罪とは関係なさそうなことから始まり、凶悪犯罪を劇的に減らしたそうですが、あれも一種の「礼」と解釈してもいいでしょうね。

zumi

No title
将来は教師になりたいという息子は現在受験勉強に励んで(^^;?)います。
最近になってやっと日本をとりまくいろいろな事情について興味を持ち、無知からの脱却を模索し始めた私は、日教組という存在に少なからずの心配をしています。
息子たち世代が担う日本はどんな状況下にあるのかと希望と危惧が入り混じった心境です。

-

No title
明察功過につながりますね。
ハインリッヒの以前に日本では行われていたんですね。
交通標語、建設現場での安全標語は、今でもねずいています。
根ずく。やはり、ねずさんですかね。

ポッポ

No title
ハインリッヒの法則を、久しぶりに思い出しました。
重大事故の裏には軽微な事故とヒヤリとする事案がありということで、仕事をしていたときに一つヒヤリとすることがあれば、喧しく事故の無いように注意していました。ともかく、良い仕事を続けていたものが、事故一つで叱られるしかなくなってしまいますから、事故の予備軍とも言えるヒヤリは良い薬にしていました。



本日の予算委員会において、民主党の辻元議員は河野談話について質問しました。これについて安倍首相は、河野談話の継承を認めるとしましたが、もう河野談話の継承は止めた方が良いと思います。
維新の山田議員は、石原元官房副長官に国会に出席していただき、当時の話をしていただきましたが、これで当時の状況が分かりました。そして、朝日新聞や赤旗も吉田証言を否定しました。
もう、日本の中では、河野談話を継承する理由はなくなっています。海外、特にアメリカにおいて在米の日本人の子供達は、この談話のために虐められています。内容は、国内におけるヘイトスピーチの比ではなく、人権問題そのものです。子供達がかわいそうでなりません。

一般庶民には、政府がいかなる理由によって河野談話を継承しなければならないか理由が分かりません。もし、これを継承し続けなければならない理由があるのならば、公表していただきたいと思います。この状況で継承をするのは、これを継承するものが継承しないと、マズイ理由があるとしか考えられないのです。
例えば、自民党の銀行の借金を即日返さねばならなくなるとか・・・・・

韓国は、いわゆる従軍慰安婦問題のことを、慰安婦問題とは言えません。
理由は、慰安婦とすれば韓国軍慰安婦のことになり、日本のことを非難できないからです。だから、当初は女子挺身隊としたうえで捏造と歪曲、さらに、日本のマスメディアを使ったと思います。

-

No title
戦後の日教組教育ですが、道徳をお座成りにし、人間としていかに生きるべきかというその基本を捨て自由だけを教え、つまり自由=自由の教えです。
自由=責任というこの基本さえも教えない。
その腐った教育で育てられた子供達が何でまともな人間が育ちましょうか。

植物も人間も同じです、腐った土壌にはまともな実は成りません。
そのまともに成らなかった実からその種が落ちたとして芽を出したとしても、まともな実など成るはずがありません。

今回の北海道の事件ですが、亡くなられたのは祖母、母とのことですが、自分を産んでくれ命を繋げてくれた祖母、母を殺める、それも「ただ躾が厳しかった」たったそれだけの理由でです。
どう解釈してよいか解かりません。

亡くなられたお婆さん、お母さんは人間として生きて行く当たり前の教育(躾)をしておられたのだと思います。
その当たり前が当たり前として通らなくなってしまっている世の中、もっと言うなれば、その当たり前が理解出来ない子供達が育っている、人間として生きて行く最低限の躾さえ出来なくなっている、この現実に異常さえ感じます。

人間として考えられない事態が起こっているのです。
この様な事件を通し、その事件が我々に教えている事の重大性を軽んじてはいないでしょうか?
自分に降りかからなかったから、「かわいそうね」これで済まされる問題でしょうか。
今子育てをしておられる親御さんも明日は我が身になるやも知れません。
足元に火が付いているのです、その火を消すか燃え上がらせるかはご自分にかかっているのです。
それを考えたら何をすべきかおのずと分かる事ではないでしょうか。

こういう事が起こるのは世の中がおかしい、悪い、とそれだけを言う人がいますが、世の中がおかしい、悪いのであれば、それに気がついたのであれば、まずどうすべきかを考え行動すべきではないでしょうか。
言ってるだけでは何も変わりません。
言ってるだけではこの少女と同じで、ただ人のせいにしている、そのようにしか思えません。

このような事件を起こした少女もある意味戦後教育の歪の被害者かも知れません。
こういう子供達をつくらないうえでも、教育を変えて行かなければなりませんね。

ねずさん、今日は鹿児島ですね。
盛会をお祈りします。

へなちょこ

ハイブリッド刑罰
刑罰の存在を正統化する理論として、応報刑論と目的刑論があります。応報刑論では、刑罰とは行われた犯罪を基礎として犯罪行為者に加えられる応報としての苦痛・害悪だとします。自由意思を持つ人間には犯罪行為に対する報いを受けてもらうという伝統的な考え方です。

一方の目的刑論とは、犯罪予防などの社会目的のために刑罰を科すことが可能だとするものです。この考え方だと司法取引のように、刑事政策上の目的によっては発生した犯罪行為に対して応報的刑罰よりも軽い刑罰ですますという場合もあることになります。

現在、先進国における刑法は両者をハイブリッドした刑罰体系になっているはずです。基準が異なる刑罰が混在しているので、「轢き逃げに対して飲酒運転の罰則が重すぎる」といったような意見がでてくるのでしょう(いや、飲酒運転はダメだと思いますけど)。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク