武士の約束

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r</u>">http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF</u>">http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

関ヶ原合戦屏風1005


最近では、契約社会と称して、いちいち細かな取り決めを行い、それを証紙にするだけでなく、「もし契約違反があったときは」などと違約条項などを契約書面に入れるのが普通のことになっています。

ところが日本では、昔のお侍さんは、契約もしなければ約束もしませんでした。
武士は、口に出したら、それが「約束」でした。
ですから「はい、これ約束ね」なんていう確認さえありません。
ただ「心得た」だけです。
そういう生き様を貫いたのが武士でした。

関ヶ原の合戦のときのことです。
伊勢・伊賀32万石大名であった藤堂仁右衛門(とうどうにえもん)という人がいました。

藤堂仁右衛門は、激しい戦いの中、水を飲もうと谷川に降りたところ、そこで敵の大将、大谷吉継の重臣である湯浅五助(ゆあさごすけ)に出会います。
さても勇名で鳴らした湯浅五助です。
「いざや、尋常に勝負!」と藤堂仁右衛門は、手にした槍を持ちかえました。

すると湯浅五助は、「いや、待たれよ」という。
「実はいま、主(あるじ)の大谷吉継の首を埋めているところでござる。勝負はするが、貴殿を見込んでお願いがござる。」
「主人の容貌は、腐りの病で見るに耐えぬほどになっている。首を晒されたなら天下に醜貌(しゅうぼう)を晒すことになろう。ついては首を埋めたこの場所を、どうか他言しないでもらいたい。我が願いを聞き届けとあらば、よろこんで槍を合わせよう。」というのです。

主君を思うその気持ちに打たれた藤堂仁右衛門は、
「委細承知」と答え、五助が首を埋め終わるのを待ちました。
そして尋常に勝負し、見事、五助の首をあげました。

関ヶ原の戦が終わり、大谷吉継の首探しが始まりました。
ところが、どこをどう探しても、首が見つかりません。
そこで家康は、五助を討った藤堂仁右衛門を呼び出しました。

「何か手がかりを知っているのではないか」
問われた藤堂仁右衛門は、家康に向かって言いました。
「吉継殿の首の在処は存じております」
「ではすぐにこれへ持ってまいれ」

ところが藤堂仁右衛門は、首を横に振りました。
「それはできかねます。湯浅五助殿に頼まれたのでござる。それゆえ、たとえご上意であっても、その場所をお答えすることはできませぬ」
家康の近習たちは、色をなして怒りました。
「殿の前であるぞ。どうしても教えられぬと申すか」
「たとえご成敗されても、申し上げられませぬ」
「ならば成敗するぞ」
「ご随意に」と、藤堂仁右衛門は、首を前に伸ばしました。

その様子を黙ってじっと見ていた家康は近習に、「そこにある槍を持て」と命じました。
そして、
「仁右衛門、その心がけ、いつまでも忘れるなよ」
そう言って、その槍を藤堂仁右衛門に与えました。

・・・・・・

大谷吉継は、敵の大将です。
その首を差し出せば、藤堂仁右衛門は大きな恩賞に預かれたかもしれません。
湯浅五助の首もあげているのです。
経済的な損得でいえば、藤堂仁右衛門は死んだ五助に自分が言った言葉を守るよりも、家康に首を差し出した方が「得」です。

けれど、損得ではない、それよりももっと大切なもののために命を賭けた、それが武士でした。
そしてそうした心得は、藤堂仁右衛門のような大名に限らず、下級武士たちにとっても、あたりまえに具わっていた観念でした。

私の母方の5代前の祖母は、実弟を飢饉で亡くしています。
江戸が飢饉に襲われたとき、我が身よりも小者たちの食を優先し、結果、飢えて死にました。
姉はさぞかしおつらかったことと思います。
けれど、それが武士の道だったのです。

「二度と飢えない世の中を作りたい。」
飢饉を経験した昔の人は、飢饉の都度、そのように思ったことでしょう。
だからこそ、みんなで協力しあって、作物を稔らせ、神社に奉納米を献上し、飢えに備えたりもしてきました。
いまでも神社に行くと「奉納」と書いた台があり、いまの時期、秋の収穫が終わると、神社に奉納米をお供えする習慣が残っています。
奉納米は、ただ神様に献上するだけではなく、万一の飢饉への備えでもあったのです。

我が身ひとつのことではない。
どこまでもみんなとともにと考える。そのための「まこと」であり、そのための信義でした。

契約書に違約条項があるということは、はじめから「契約は破られるものである(不履行となる)」ということを前提としています。だから西洋の会社などと契約すると、まるで紙爆弾のような分厚い契約書にサインさせられます。
しかし大切なことは、契約書になんと書いてあるかではなくて、そうした違約が起こらないようにしていく、そのための努力がなによりも大切なのではないかと思います。

わたしたちの祖先は、それを実際に実現してきました。
ならば、わたしたちは、それを取り戻していこうではありませんか。

関ヶ原の戦いがあったのは、西暦1600年のことです。
400年後のわたしたちは、はたしてどうなのでしょうか。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ゴルゴ14

No title
≪「ご随意に」と、藤堂仁右衛門は、首を前に伸ばしました。≫
 
そして、                                                                      ≪その様子を黙ってじっと見ていた家康は近習に、「そこにある槍を持て」と命じました。
そして、
「仁右衛門、その心がけ、いつまでも忘れるなよ」
そう言って、その槍を藤堂仁右衛門に与えました。≫

この感覚が当たり前の日本に、早く戻って欲しいです。

ショウ

大谷吉継の茶会での話
ケイシ様
 大谷吉継が口を付けた茶碗できちんと茶を飲んだのは、秀吉ではなく石田三成だったと思います。これがきっかけで、吉継は三成に永遠の友情を誓ったそうです。吉継は、三成から打倒家康の決意を打ち明けられた当初は「お前では勝てないから止めておけ」と三成に話していたそうです。しかし三成の決意が変わらないので、関ヶ原の合戦で吉継は命を懸けて光成を守る事を決意したそうです。

名無しさん@ニュース2ch

No title
ありがとうございます。
淀んでしまった日本人(卑しい商人の国に成下がってしまった)に警鐘を
鳴らす、清々しい逸話ですね。
これからも、啓蒙を続けて下さることを願ってやみません。

はっちょもん

No title
私事ですが、
営業部の勤務の時、上司の課長が私の客を自分の成績として報告していました。

つられて、私も実績を水増しした事があります。
でも、その課は嫌気がして、実績を落とすことになり評価が下がったのを理由に他の部門に変えてもらいました。

恥ずかしい話をしたくはなかったのですが、今回の立派な話を聞きコメントさせて頂きました。

「自分に正直であれ」 ですね。

ケイシ

秀吉の優しさ
更新ありがとうございます。
秀吉が幾人かの大名を招いて茶会を開き、
その中に越前の大名、大谷吉継も入っていました。秀吉が点てた茶を頂こうと口に持っていた時に業病を患っていた吉継の顔から膿(うみ)が茶にポトポトと落ちました。 それを見ていた大名連中は怪訝な顔をしましたが、秀吉は吉継に恥をかかせまいとして、「吉継、その茶はわしが貰おうわい。」と言って膿の入った茶を飲みほしたと伝えられています。 秀吉のこの優しさがあったからこそ、多くの武将は秀吉に
従ったのです。 秀吉もまた、日本人らしい武士の一人ですね。

通りすがりの武人

No title
昨日の大河ドラマ、秀吉の描き方はひどいものでしたね。よって秀吉は正真正銘の“武士”ではなく所詮いやしい百姓あがりで要領よくのし上がった“武士もどき”・・結果、まがい物の豊臣武家政権は継承されることなく“苦労人の武士=家康”に滅ぼされる・・という解釈かな・・。なんにせよタイプの異なる強烈なキャラクターを持つ三英傑が我国に存在したことは日本人にとって幸せなことかもしれませんね。

-

ありがとうございます。
ねずさん。
本日も、日本人の心。ありがとうございます。
日本人は、信頼する。信頼される。約束を守る。
日本以外の国は、平気で舌が何枚もありますよね。
隣国は。。。それこそ、嘘を真としてしまう。
日本人で良かったとつくづく感じます。
信頼で結びつく民族で。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク