第5期日本史検定講座生徒募集の件

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第五期日本史検定講座


新たな講師を迎え、つくる会の日本史検定講座の第五期が開講します。
一流の講師陣と納得の講座内容で日本の誇りある歴史を学びます。
今回は(一流ではありませんが)私も講師に復活します。

第五期ももちろん全国・全世界どこからでも自宅で受講可能です!
通信講座ですので、場所や時間や曜日に関係なく、ご受講いただけます。

もちろんライブ(教室)での受講も可能です。
是非、ひとりでも多くの方に拡散いただき、ひとりでも多くの方にご受講いただきたいと思います。

この講座は、本当の日本の歴史を学ぶための講座です。
検定試験そのものを目的としているものではありませんが、合格者には立派な合格証が発行されます。

これまで、第一期から第四期までの講座を運営に参加させていただいてきて、感じたことがひとつあります。
どのテーマの、どの講義もすべてそうなのですが「わかりやすい」のです。
ウソを並べた歴史講義は、聞いていていても眠くなるばかりでひとつもおもしろくありません。
ところが、この日本史検定講座は、どの講義も、最初から最後まで、夢中になって聴いてしまうのです。

私はこれまでの教室ライブ講座を全部参加しています。
おもしろいことに、その講座の最中、居眠りをする人が誰一人いないのです。
全員が、もう夢中になって講師の話に聴き入っていました。
どの先生の講義も全部です。

おそらく歴史の授業で、こんなに生徒たちが夢中になれる講座って、他にないのではないかとさえ思います。

皆様の応援で、この講座が継続されることにより、いまの日本のなだたる本物の歴史を語れる講師の講義が継続します。
一回8講座を年二回で16講座、その講義は講義録と動画でずっと残り、日本の未来を取り戻すための大きな足がかりとなります。続けることが大事なことなのです。

講義の内容は、もうめっちゃ面白いです。
まさに眼からウロコがはがれ落ちます。
皆様には、ぜひともこの講座を応援していただきたいと思います。

講義は、まず東京・神楽坂の教室でライブでの講義が行われます。
そのライブ講座の模様が、動画と、講義内容を文字にした講義録が、その約二週間後に全受講生に配信されます。これが通信講座です。

日本史検定講座は、その通信講座がメインです。
ですから、全国どこにいても受講できますし、動画も講義録もお好きな時間に学ぶことができます。
つまり、まったく時間や曜日に縛られることなく、お好きな時間に、おすきなときに受講いただくことができるのです。

講義録も、決して難しいものではなく、やさしく平易な文章で書かれています。
なにせ講義録の文責は、私です。むつかしい文など書けません。
ねず本でおなじみのあの文体ですので、読み物としても、楽しく読みやすいものとなっていようかと思います。

今回は、日本兵法研究会の家村和幸先生、倉山塾でおなじみの倉山満先生、元防衛大学の教授の平間洋一先生、つくる会会長で『新しい公民教科書』代表執筆者の杉原誠四郎先生も講師陣に参加されます。
他にも、高森明勅先生、宮脇淳子先生、藤岡信勝先生が、それぞれ講師を勤めてくださいます。
講師陣の顔ぶれと、講義テーマをみただけで、もうワクワクです。
今回は私も講師に参加します。

受講生には、実は、あの高名な政治家の先生もご参加されています。
それだけ内容の濃い、充実した講義であるということです。

来週には、開講になってしまいます。
申し込むなら、今のうちです。

みなさまのふるってのご受講をお待ちします。

■第五期日本史検定講座 概要
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html
■第五期日本史検定講座 受講申込みページ
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

みやび

日本史検定講座のお知らせありがとうございました。
私は、前回は田母神さんの授業があったので、
一期と今回は、ねずさんの講義があったので
受講申し込みをさせていただきました。
そんなキッカケで授業を受けてみますと、なにやら怖そうな、難しそうな授業かも、と思ってらした先生方が、とても面白い授業をされていらっしゃるのに驚きました。
私は、こんな歴史の授業を受けてみたかったのです。
藤岡先生の明治維新の授業には、感動しました。
長浜先生の縄文人も弥生人も鎌倉人も、みーんな同じ日本人であるという授業は目からウロコで、最初意味がわかりませんでした。
井尻先生の、信長逆臣説で私はショックでした。だけど、それがきっかけでいろいろとアンテナはって学ぶことができました。

それに「つくる会」は、保守活動の様々な問題に取り組んでくださっていますので、その応援も込めて受講させていただこうと思います。
この講座がどんどん発展して、日本を守る大きな原動力になることを願います!

ねずさんも、日本史検定講座を頑張って下さい(^-^)/

-

No title
お早うございます。
ねず先生のご教授もさることですが、皆さんのコメントも勉強になります。

先日の「幾多のお吉たちー下田市議会議員高橋富代先生の論考 (10/23) 」項でのポッポさんのコメントですが、仰るとおりです。私も同じ事を考えていました。
ネットの中で日本の中でしか盛り上がってないのでは?と。

ねず先生のブログ、本を英訳されては?とどなたかもコメントされていましたね。
私もお手伝いしたいのは山々です。お恥ずかしいのですが、何せ日本語もおぼつかないあり様で、私の出来る事は電凸し声を上げ、右でも左でも思いたければ思えば?その様な心境で周りの人にも少しづつですが拡散することくらいです。

そんな私が言える事ではないのですが、数多くの方がこのブログに来訪されておられます。
中には語学が堪能な方もおいでかと思います。
どの様な形であれ語学堪能の方達の協力の下、実現出来たらこれほど嬉しいことはありません。
実現されることを、お祈りします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク