日本のありがたさ

ねず本三冊
ねず本第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF</u>">http://goo.gl/6ng7KF

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

合掌土偶(国宝、青森県出土)約4千年前
表面には赤色顔料が塗られていた跡があるそうです。大昔は真っ赤だったのかもしれません。
合掌土偶1104


北宋の第二代皇帝の太宗(たいそう、趙匡義)といえば、水滸伝に出てくる民衆のヒーロー、宋江(そうこう)のモデルとしても有名です。
その太宗皇帝に、ひとつの逸話があります。西暦984年のことです。

彼は、日本からやってきた僧の奝然を厚遇して、太平興国寺に住まわせていたのですが、ある日に引見しました。
そこで日本の天皇が一姓(いっせい、ひとつの家系)であることを聞き、深く嘆息して、次のように語ったというのです。

「日本国は君主が久しく世襲し、また臣下も親の跡を継いでいるという。これこそ理想である。ところがわが国は乱が絶えず、王朝は短期間で交代し、大臣、名家で後を継げた者は少ない。
我が徳は太古の聖人に劣るかもしれないが、常日頃から居住まいを正し、治世について考え、無駄な時を過ごすことはせず、無窮の業を建て、久しく範を垂れ、子孫繁栄を図り、臣下の子等に官位を継がせることこそが我が願いである。」

これは『宗史・倭人伝』にある実話です。
なぜ日本には歴史に「継続」があるのでしょうか。
(原文)
此島夷耳 乃世祚遐 久其臣亦 繼襲不絶 此蓋古之道也 中國自唐李之亂寓 縣分裂梁 周五代享 歴尤促大 臣世冑鮮能嗣續 朕雖德慙 往聖常夙 夜寅畏講求治本 不敢暇逸建無窮之業 垂可久之範 亦以爲子孫之計 使大臣之後世襲禄位此朕之心焉

歴史年表で、「元・明、清」などとあるのは、日本の「平安・鎌倉・室町」などの時代区分と似ていますが、その内実はまったく違います。
日本では、単に政権の所在地が変わっただけですが、Chinaでは革命によって王朝が倒され、別の氏族や民族が支配者となり、別の国が興ったことを意味するからです。

この「別な国が興る」ということは、私達日本人には、なかなか理解しにくいことです。
なぜなら、私達日本人は2700年もの間、いやもしかすると約2万年前の縄文時代から、ずっといまの国のカタチを保ち続けているからです。

すこし想像力を刺激するために、具体的に申します。
いまから約20年前、ある在日系宗教団体が、東京に空からサリンガスをばらまこうとしました。
ドラム缶1本で100万人が死亡します。
彼らは、そのドラム缶を、なんと700本も作っていました。
空中散布のためにと、ソ連製のヘリまで用意していました。
さらに、彼らがその作戦を遂行するときに、警察や自衛隊による反撃を防ぐために、その指揮官となるべき人が通勤に使用する地下鉄を調べ、その地下鉄内でサリンガスを散布しました。あの事件は、ただの意味のない無差別テロではなくて、教団に強制捜査や教団を武力制圧できる権限を持った特定の人物を狙った犯行だったのです。

彼らは、サリンガスを用いて大量殺戮を行い、残った行政機構等を制圧して、教祖である麻原を頂点といた新国家建設を行おうとしていました。
これが彼らの言う「総体革命」です。
日本の全て(総体)を、武力闘争によって、まるごと革命するという思想です。

もし彼らの作戦が実現していたら、一瞬にして首都圏で2000万人以上の人命が奪われ、日本は麻原王国となり、いまごろは上祐あたりが総理となっていたかもしれないし、生き残った日本人は、全員、オウム教を信仰することを強制され、子供達は学校で、人間は修行を積むと空中浮揚ができるようになる、と本気で教えられるようになっていたかもしれません。

ちなみに、オウムのあの教団施設や武装は、単にオウムの数少ない信者から奪った財産だけでは、建設は不可能なものでした。
彼らは、教団施設の土地を買い、建物を建設し、特殊な機械を設置してガスを造り、さらにヘリやミサイル、噂によれば戦車まで用意していたそうですが、そのための費用はどこからでたのでしょうか。
総体革命を成功させたい、スポンサーが国内にいたのです。

そういう人たちは、なぜ、そんな勝手な、わがままなことができるのでしょうか。
どうして、サリンをばらまくなどというような暴力や、その暴力のために巨額の資金を出したりすることができるのでしょうか。

ひとことでいえば、彼らは「民衆を人と思っていない」のです。
彼らにとって、人とは、自分たち教団幹部や、スポンサーとなっているところなら、その教祖だけが人です。
それ以外は、人として認識されていない。
彼らにとって、民衆は、口先でいかなる美辞麗句を並べようと、ただの私物であり、モノでしかないのです。
そして私有化されていない人は敵であり、人モドキなのです。
だからいくら収奪しても、あるいはいくら殺しても構わないと考える。

日本はそうではなく、国の頂点に天皇をいただき、民衆をその頂点にある天皇の「宝(たから)」とするということを国のカタチにしてきた国です。
だからこそ、「宝」とされた民衆も、その「宝」としてふさわしい人間になろうと努力してきた。
それが日本のカタチです。
世界がまだ、王や豪族しか人間として理解されていなかった古代において、日本は、そういう国のカタチを築き上げてきたのです。
その国のカタチが素晴らしいものだからこそ、日本は古代からずっと日本のまま継続してきています。

その日本を否定し、あるいは天皇の御存在を否定するということは、それだけで自己中、つまり自分が権力をほしいだけの傲慢であることを証明しています。

残念なことに、たとえばChinaでは、そういう傲慢が国の王朝を築きました。
国の王朝にとって、民衆は、ただ生えているだけのモノにすぎません。
人に生まれながら、モノとしてしか扱われない。けれど人間の世の中なのです。だからそのことが社会的なストレスになる。そのストレスが嵩じると、そこに革命が起こる。歴史が継続しない。
それがChinaにおける王朝の交替です。

そういうことを踏まえれば、私達日本人が、どれだけ幸せな民族であったといえるのか。
そのことへの感謝もしないで、日本にいて日本の素晴らしさを享受しながら、反日だのと、もはや狂っているとしかいいようがありません。

日本は縄文以来2万年の歴史を持っている国です。
神話時代からでも3千年以上。そして社会制度が文字に残るようになった歴史時代からでも1300年以上の長くて古い歴史を持った国です。

そのことにあらためて思いをいたすとき、私達が守るべきものとは何なのか。
そのことをあらためて、認識することができるようになるのではないかと思います。


北宋の記述は『新しい歴史教科書』(自由社刊)を参考にさせていただきました。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

松さん

人心変異禍の始まり
オウムの輩もそうですし、その黒幕も、明らかにサイコパスです。
医学的には精神障害の分類らしいですが病気では無いそうです。
本人は全く自覚していませんから始末に終えません。
メチャクチャな論理で、健常者を攻撃して喜んでますね。
しかし公共の場で、他人様への暴力行為は、知らぬ顔は出来ません。
先月も、電車内で女性に暴言を浴びせていた若造を、他の客と協力して鉄道警察に突き出しました。
『人種差別だ~!』と宣いながら暴れ回る者共は我国にもいます。
サイコパスは、Netにも報道にも学識者にも医師にも弁護士にも政治家にも…ウジャウジャいます。
感染症禍よりも「人心変異禍」の被害が甚大になる気がします。
何らかの厳しい手を打たないと、大変なことになると思います。

《サイコパス》
・良心が異常に欠如してる
・他人様に冷淡で共感無し
・慢性的に平然と嘘を吐く
・行動に対し責任感が皆無
・悪行に対し罪悪感が皆無
・自尊心過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

ゆき

日本に生まれて住んでいるありがたさを多くの日本人はわかっていない
11月5日は171年ぶりのミラクルムーンだとかで
そんなスピリチュアルに浮かれていられるのも日本に住んでいるからこそ
本当にありがたいです

9条は悪いとは思いませんが「今の平和は9条があるからだ、改正反対!」とやってるからおびただしい数のいわゆる漁船に襲来されて…

サリン事件はパトロンは複合的にいるみたいですね
もちろん、国内で手引きした元締め…

今回の漁船も、赤珊瑚のありかや海流を教えて手引きする内通者がいるんじゃないかと思えて仕方ありません…仕方ないです

junn

No title
在日韓国人の魯漢圭「地方参政権があれば、実質日本国内に在日の独立国を建国することが可能。半島からのニューカマーを、引き入れて日本人を追い出せば誰も、手出しできない。」
http://fukminshu.blog27.fc2.com/blog-entry-460.html

junn

No title
近藤誠医師 がんよりがんを切りたがる外科医が怖い理由解説
http://news.livedoor.com/article/detail/9428527/

鬼っ子

No title
ネット上で簡単に調べるだけで、オウムの黒幕は「統一教会」と「創価学会」と「北朝鮮」と繋がってるようですね。

朝鮮戦争が起こってるのに祖国を捨てて日本にきた卑怯者の中の卑怯者の下劣なクソ食い民族の末裔がよくもここまで日本を貶めたものです。すべてが明るみになったとき、日本人の怒りはハンパないでしょうね。公明、共産、民主、社民、維新、売国奴が勢ぞろい。

どうやら安倍さんは奴らの一括処理を狙っているようです。2015年7月9日より外国人登録法みなし期間終了、登録してないものは強制送還、登録すれば口座一本化により不正発覚、処理が楽になります。

その前にテロ資産凍結が行われればヤクザ、しばき隊、核マル、中核派、日本赤軍 慰安婦を考える会などすべてテロ指定されイモずる式に凍結します。合法的に社会的抹殺されます。暴れるんでしょうか。人質とって?自衛隊がテロ対策万全に整っているのに?

台風が近くなってます。神風よ吹け!竜宮の乙姫タマヨリヒメ様、サンゴ密漁する傲慢無礼者シナ人を再び沈めたまえ!太田大臣は上陸を許さない方針。

今回で海保は護国が出来ないと浮き彫りになりました。しかも逮捕しても一日で釈放ですからね。海自出して撃沈すればいいと日本人は誰もが思ったことでしょう。

しかしメディアは何か恐れているのでしょうか。以前なら決して赤のする都合の悪いことは報道しなかったのにここにきて報道し始めてます。
 まるで自分たちが有事の際に「殲滅対象」になっていることの圧力を下げるために行っているかのようですね。日本の中で日本を貶める行為をしてきていつまでも無事に済むと思っていたのでしょうか。

にっぽんじん

過保護が不幸をつくる
メディア報道によると、近年母子家庭が増加しているそうです。何故増えるのでしょうか。子供を抱えて離婚するには相応の理由があるはずです。貧しいからではありません。母親は必ず「離婚後の生活」を考えるはずです。

生活できなければ離婚はしないはずです。昔は離婚後の生活を考えて、「我慢」する母親が多かったと思います。今は違います。社会保障が行き届いていて離婚後の生活に困らなくなりました。

離婚すれば「母子手当」が出ます。中には「母子手当」目当てに偽装離婚をする不届き者も増えているようです。過剰な福祉政策は「不幸な家庭」をつくるのではないかと考えるこの頃です。

先ほども「母子手当申請書類」作成の依頼相談がありました。私に言わせれば「我慢しろ」と言いたいのですがそうもいかないようです。

行政は「母子家庭増加原因」をどのように考えているのでしょうか。

-

スメラミコト(天皇陛下)弥栄は、
神聖なる民主主義万歳、と言う事なんですね。 ありがとうございます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク