日本を完全防衛大国に



■オーディオブック
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

米・車載式レーザー兵器「HEL MD」


ねずブロを書き出してから間もない6年ほど前のことですが、このブログで「日本は核さえも無力化してしまう完全防衛大国に」という記事を書いたことがあります。
核ミサイルを日本に撃ち込もうと思っても、日本の完全防衛体制の前には、まったくそれは役にたたない。
それだけの技術力は日本には十分にあるし、それを実現しうるだけの経済力も日本にはある。
加えて、軍事産業を活性化することは、日本の最先端技術を「国内産業」で活性化させることにもつながり、就業機会を増やし、さらにそうした技術の輸出は、日本の防衛網を拡充することにもつながる。
そんな内容の記事でした。

6年前の時点では、それはまだ絵空事でした。
というのは、核ミサイルを空中で溶かしてしまい無力化するというのは、これはレーザー光線の技術なのですけれど、レーザーは光ですから大気中での減衰効果のために、遠距離までその能力を保持するのが当時は困難だったのです。
ところが、最新の技術情報によれば、ポーランドで遠距離到達も可能な極めて高出力のレーザー衝撃波を生成することを可能にする技術突破がなされたのだそうです。
やればできるのです。
というか、本当は、日本でこの技術を開発したかった。


この技術があると、たとえば小笠原に来襲してきているChina漁船など、日本はそれら漁船の機関部にレーザーを発射するだけで良いのです。
誰一人怪我をさせることなく、彼らはそれで漂流船になる。
日本船舶に武器を向ければ、その武器がたちまちのうちにレーザー光線で破壊され、無力化される。
なにせ弾が飛ぶ速度よりも、光の方が早いのです。

その上で盗った珊瑚は、全部没収。
彼らの船は、まとめて日本の領海外に曳航していって、あとは知りません。日本の感知しないことです。
そんな夢物語のようなことが実現してしまうのです。

第二次世界大戦のときに登場した核兵器は、世界のパワーバランスを根本的に覆しました。
核が究極の抑止兵器になったからです。
攻撃と防御を考えるとき、圧倒的に攻撃側が有利です。
そして双方が、圧倒的に強力な兵器、つまり核を持てば、その核を持つ国同士は戦争をすることができない。
互いに核爆弾の撃ち合いになり、それは共倒れを意味するからです。

ところが現代の世界構造の中では、中共一国が、ある意味群を抜いています。
米英仏などは核を保有しますが、彼らは国民の生命と財産を守るのが国であるという自覚があります。
ところが国土が広く人民の命などなんとも思わない中共は、中共政府の高官たちの命さえシェルター等で助かれば、あとは自分たちが儲かりさえすれば、何をやっても良いと考える。
そしてその中共が、核を持っているわけです。
これは、世界に新しい構造が、生まれていることを意味します。

ところが核という攻撃力を圧倒的に上回る防衛力が、現実に世界に登場してくるようになると、この世界のパワーバランスは覆ります。
核が意味を持たなくなるからです。

そして「攻撃すること自体が意味を持たない」となったとき、世界は力による支配ではなく、ようやく人類の福祉そのものが、世界のパワーへとシフトするのです。
そしてその最先端に、もっとも近い位置にいるのが、日本です。

このたびのレーザー光線の開発は、ポーランドですけれど、日本はそれをはるかに上回る高性能な防衛兵器を開発できるだけの力があります。
そしてその力は、傍若無人な中共や、身勝手な韓国をはるかに凌駕します。

あらためて、日本は、完全防衛力を目指せ、そのためになら、日本は防衛予算を毎年10兆円規模に拡充して良いし、そうなれば間違いなく日本の雇用は拡大し、景気は好転し、高齢者福祉も充実していきます。

ちなみに、武力による威嚇や核兵器が意味を持たないようになる最先端防衛技術が発達すると、国際関係はますます情報戦争へとシフトしていきます。
相手国を貶めて、漁夫の利を図ったり、偽情報を流して撹乱したり買収したり。
いま、斜め上あたりにある国が積極的にやっているようなことが、国際間の争いの中心になっていくことと思います。

けれど、そうした国際謀略を跳ね返す答えは、まさに「シラス」にあります。
謀略は、陰でこそこそやるから謀略になるのです。
世間の人々の資質を高め、その高い民度の人々に堂々と晒したら、世間がちゃんと判定を下します。
魑魅魍魎は、暗いところ(昏いところ=能力の低いところ)ではその能力をいかんなく発揮しますが、お天道さまの光のもとでは、霧散するしかないのです。

日本は「シラス」国。
そのシラス国が、完璧な防衛力を築き、堂々と世界に向けて本来の人類のあるべき道義を発信していく。
そのために、日本があるべき道義国家として復活していく。
そういう展開が、これからの主軸に、からなずなっていきます。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

[軍事]レーザー兵器「ADAM」 プロトタイプ試験


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無し

No title
レーザー兵器があると言う事は、核兵器保有国が不利になると言う事です。
軍施設保管庫の核兵器を破壊すれば放射性物質が周囲を汚染し人は容易に
近寄れなくなる。軍事施設、兵器が使用不能になるでしょう。
原子力潜水艦を破壊すれば汚染で軍港は使用不能になるでしょう。
核兵器はトロイの木馬となるのです。

Berry

No title
おはようございます。
オーディオブックファンの者です。

この場を借りて昔も今もすごいぞ日本人第二巻Febeの感想を。。
『枕草子とセーラームーン』の段落が最高に面白かったです。
ナレーションの男性が「ーてかゼッタイ!」などの女子高生言葉(?)のイントネーションがうますぎてびっくりしました。

ねずさんのご本人の音声特典もあるオーディオブック、皆さん良かったですよー♪

junn

No title

-

新しい防衛
日本以外の、主にウシハク国の面々が「核」という危険で重大な結果を産む兵器を持っていることを、私はずっと残念に思ってきました。
国内でも核武装すべきという議論もあり、しかし取り扱う味方さえ下手をすれば被曝の危険があるこの厄介な兵器より、もっと日本らしい人道的かつスマートな兵器があるはずだ、日本ならそれが出来るとも思ってきました。
親日ポーランドで新技術が開発されたのは本当に吉報だと思います。これにより特に反日国家の持つ核が無力化され、彼らの浅ましい野望が潰える日が早く来るように望みます。

NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥

日本の科学
日本で何か新しい技術を開発しようとしても、「軍事転用の恐れあり」として、碌に研究もできません。そのため、意欲と能力のある人が次々に海外へ拠点を移してしまいます。先頃ノーベル賞を貰った中村先生も、今では「アメリカ国籍」です。特に、防衛に関しては、日本は余りにも「オープン」でありすぎます。「敵に塩を送る」ことを改めない限り、如何に意義のある国家プロジェクトも、「絵に描いた餅」でしかありません。近日中に実施予定(?)の総選挙では、自民敗北という予想がされていますが、「二位じゃダメなんでしょうか?」等と平気で口走る不逞の輩を政権に就けてしまえば、日本から一切の「機密事項」が無くなります。

名無しさん@ニュース2ch

No title
防衛大国、良いですね。
領海の外にまで放り出したら、その後は密漁船の国が迎えにでも来ればいいんです。
人命を直接奪うわけでもなく、我が国を守ることもでき、さらには聞き分けのない国にも痛い目に合わせることで抑止力も期待できる。
これは素晴らしいですね。
私たち日本人が求める力というのは傷付け奪い支配するためではなく、こういった守るためのものではないでしょうか。

shingo

日本が生き残る道
核兵器の無力化こそ人類にとって最高の福音ではないでしょうか。
これができれば、核による恫喝が効かなくなります。
何としても完成させて欲しい技術です。

核武装が現実的にできない日本にとって唯一生き残る手段かと思います。

kaminari

日本ならできる
ブログや倭塾いつも楽しみにしています。
杉山徹宗さんの書かれた「平和宇宙戦艦が世界を変える」も
お勧めです。
ここに書かれていた、宇宙レーザー基地(戦艦)も、今の日本の技術力なら作ることができそうです。一番近いところにいる国でしょう。
心配なのは、自主規制をしてしまい大きな構想を打ち出せる人が
少ないこと、産業スパイや留学生を装った技術盗人が多いこと。
外人女性の多いクラブでも、平気で自慢する、政治家、官僚、
実業家、技術者…。

QP

これからは、核兵器を持ってる事が弱点に。
米軍には「ゼットマシン」という兵器もあるようです。
X線を利用した兵器で、敵国の核ミサイル等を臨界状態にして爆発させる兵器です。
これだと「核兵器を持ってる事が弱点に」なってしまいますね。

似たような方法で、日本の科学者が開発した装置で。
敵国の核ミサイル等を「未熟爆発」させる装置です。日本では商品化や研究を続けることが難しいので米国へ研究結果を持っていきました。
というニュースを5~6年前にネットのニュースで見ました。
この研究結果を元に、さらに攻撃的にしたのがゼットマシンということらしいです。

原理は違うでしょうが、もっと発展させてX線等で「地雷除去や機雷除去」などが出来ると凄いですよね。

ポッポ

No title
武器にも様々ありますが、防衛兵器とは凄いです。
防衛を専門にする兵器ですから、左翼の批判にも影響されることがありません。昔の自衛隊は、戦闘爆撃機に対して敵を攻撃するのは憲法に違反するからと、爆撃用の装備をわざわざ外して戦闘機の能力だけにしていたことを考えると、全く素晴らしいことです。

優れたレーザー兵器を宇宙に10機くらい置いておき、日本を攻撃するミサイルを撃墜する体制を作れば、日本は大陸間弾道弾による核攻撃を無力にすることが出来ます。

また、通常兵器にしても優秀な国産兵器を作って輸出すれば、輸出した国からは日本は攻撃されにくい状況になります。それから、生産数が増加することからコストダウンが可能になり、日本の防衛予算の減少につながります。

「人を○す兵器を作るな」と、左翼の人は言うのでしょうけれど、彼等の支持している政権のすべてが、兵器を作って輸出をすることで外貨を稼いでいる状況を、彼等は批判していません。ひたすら、日本の産業が武器を作ることだけを批判することに、矛盾はないのでしょうか?

武器の開発は、そのすべてが先端技術になりますから、その一部が民生用に使用できるときの効果は大きいと思います。もっとも、過去には日本の民生用の機材を、他国が軍用にしていたこともあったと思います。
それに、優秀な武器があるだけで、抑止効果があるでしょう。



安倍首相はAPECで習近平氏に会いましたが、ホスト国でありながらあんな仏頂面をするような招待者に対して、会談をする必要がなかったと思います。(イオン以外は、新規に投資する必要はないです。)
しかし、日本が中国を招待していながらあのような顔をしていたら、マスコミはどれだけ非難しただろうとも思います。

民主党が政権にあったとき、日本が主催するAPECに中国が来なかったらどうするのかと仙谷氏は大騒ぎしていましたが、考えてみるとくだらないことで騒いでいたものです。

Pin

大切な事は一般の日本国民が防衛の重要性を認識することではないか
日本を完全防衛大国に

非常に良い意見です。
納得です。

そこに付け加えたいのが広い海洋をどう守れるのか?
しかもグレーゾーンという相手の戦略のどう対処出来るのか?
そこが一つの課題でしょう。
また、高い確率で防衛兵器などでディフェンス体制を作ることは重要でそれにまい進すべきですが、やはり近海には報復を目的としての核弾頭装備に直ぐ対応出来るSLBMの配備(将来的には)も必要だと思います。

-

>ミサイルを撃った政府機関に
弾道ミサイルの誘導って
ボールを上に放り投げて狙った地点に落すようなものなんです。
打ち上げ時に推進剤は殆ど使っちゃってるから難しいかと。

edwalker

スターウォーズ計画ですね
おはようございます。ねずさん。

レーガン元大統領が推進したスターウォーズ計画と揶揄された人工衛星からのレーザー攻撃が現実のものとなりそうですね。

日本が主導権を持った方が世界は安定するかもしれません。

レーザー兵器とともにそーっと衛星を打ち上げて戦争すると撃ち込むぞとかいって脅しをかけられるといいですね。脅されないと懲りない連中ばかりなんですから。

-

凄いですね!
そんな凄いレーザー兵器が開発されているのですか! 核兵器すらも使えなくするとは、
大自然との共存、共栄を重んじる日本にとって相応しい武器です。是非とも、日本の技術を結集して更なる開発、増産をして欲しいです。闇の武器商人達は、日本にレーザー兵器を作られせまいと暗躍すると想いますが、
何としても日本で作って貰いたいです。
ウシハク国どもの兵器を使えなくし、勝手な事をさせない為にも。また、親日国にも技術を伝えてられる様に成れば良いと切に願います。幸いにも、ポーランドは親日国です。
共同開発でも良いです!
何としても心ある科学者の方達に頑張って頂きたいです。

one

No title
"怪我をさせることなく、漂流船に"。最善の選択だと思います。
防衛予算の拡充も、現実的平和主義の立場から考うる時、やむなしと思います。

junn

No title
韓国よ、歴史を直視する勇気を持て! 9月4日(水)

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-965.html

japanese-ful

おはようございます
ミサイルを撃った政府機関に
誘導し直すような技術はできませんか?

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク