日本の公正を守れ

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
★みんなが泣いたこの一冊!★
中山なりあきの「強さとやさしさ、ぶれない心
←ネットで無料で読めます。オススメです。
◎選挙区も比例も次世代!◎
 国際試合に公正なジャッジを!
 Fair judging for All Athletes !! Tokyo Will Make All Athletes Smile.

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本の公正を
(クリックすると動画をご視聴いただけます)


日本にいれば、それはあたりまえのことなのに、一歩海外に出れば、あたりまえがまったくあたりまえでなくなることのひとつに、日本のもつ「公正さ」があります。
日本人は約束を守る。ルールを守る。卑怯な真似をしない。
それが日本だと、世界中の人が思っているから、世界中で「Are you a Japanese? 」と聞かれ、「Yes」と答えると、相手の人はニッコリしてくれます。

先日タイに行った時も、買い物中や通りのあちこちで「Japanese?、Chinese?、Korean?」と聞かれ、「I am a Japanese. 」と答えると、
「I am glad to meet Japanese people.
 Japanese people are welcomed. 」
と嬉しそうな顔をされる。

こちらにしてみれば、「見りゃわかるだろ」と言いたくなるのですが、それでも確認したくなるほど、彼らにとって日本人は、やさしくて公正な人々と思われているのです。

ところがその日本人像が、近年ボロボロに汚されていっています。
上に述べたタイでも、自称日本人が複数の女性を妊娠させていたという事件が大きく報道されました。
お金持ちで実直で公正なはずの日本人が、スポーツの大会で一流選手がカメラを泥棒したという報道もなされました。
戦時中には外国の女性たちをセックス奴隷にしたという、ありもしないことが大々的に宣伝されています。
日本人は、どうしちゃったの?というのが、世界の反応です。

公正であるというこは、仕事上の取引をしていく上においても、とても重要なことです。
仕事以前の信頼の問題だからです。
ところが、それが目に見えて崩れ去ろうとしています。
そしてこのことは、決して日本のプラスになどならないことです。

日本人にとって「あたりまえの常識」にすぎない「公正」の二字が、どうして世界では「人々に求められていながら、それが通用していない」のでしょうか。

理由があります。
国のカタチが「ウシハク国」だからです。
一部の特権階級だけが、ありえないような高い所得を得、贅沢の限りをつくし、民衆は困窮の中に置かれる。
そして特権層が、自己の特権を守るために、その財力と権力を使って、ありえないような横車を押す。
それが歴史的に常態化してしまっているからです。

公正よりも、権力者や富豪の利益が優先されるのです。だからウシハク国です。
そして東洋には、まさにそのウシハク特権層が、自分たちの都合だけで猛威を振るっている国があります。
ひとつは共産主義の大国であり、ひとつは一応は民主主義を標榜しているけれど、実は極端な草の根ファッショの国です。

なかでも草の根ファシズムの国は、本来公正であるべきはずのスポーツの世界にまで、露骨に身びいきな不正を持ち込んでいます。
毎日の鍛錬と努力と笑顔で、目覚ましい活躍をしている日本選手のみならず、他の諸国の選手達がそのことでどれだけ煮え湯を飲まされたか。
このことは、サッカーのW杯や、冬季五輪のフィギヤスケート、あるいはアマチュアボクシングやレスリング、卓球、バトミントンなど他の様々な種目においてさえも、あまりの酷さに、忸怩たる思いを抱かれた方も少なくないと思います。

女子のバスケットボールの試合は、まるで暴力の支配する乱闘のようなものでした。
男子のサッカーでは、アントニオ猪木顔負けの延髄斬りの蹴りを日本選手が受けました。
女子ボクシングでは、インドの選手が、相手選手のヘッドギアがずれてしまうくらいボコボコに相手選手を打っていたのに、なぜか判定負けをしました。
卓球の試合では、卓球台が、なぜか日本選手の側だけが低くセットされました。
バトミントンの試合では、なぜか日本選手の側にだけ、エアコンの猛風が吹きました。
フィギアでは、日本の浅田真央選手が、女性でありながら体脂肪率7%という驚異的なシェイプアップをして試合に臨み、フィギアスケート史上に残るような華麗なジャンプを8回も決めたにも関わらず、なぜかどこぞの国の選手に判定で敗れました。

あまりにも露骨な不正ジャッジですけれど、それでも審判の決定には従う。
そうやって日本の選手も、世界の選手も戦ってきました。
そのあまりの出来事に、選手もファンも、とっても悲しい思いをしました。

このような非道は、このような不正は、絶対に許すべきことではありません。
そこで実は日本でも、スポーツの熱心なファンたちが、日本国内でも外務省や文科省、あるいはスポーツ団体に抗議を申し入れていたのです。
ところが、完全門前払いです。
まるで相手にされない。
ジャッジに従う。それがスポーツの建前だからです。

けれど、ではそのジャッジに問題があったとしたら、そこのことをどこでどのように問題にしたらよいのでしょうか。
そして年々あからさまになる不正ジャッジに、わたしたちは何の対抗も、抵抗もできないのでしょうか。
わたしたちが正当なジャッジを求めるためには、お金を集めて反対側にジャッジを買収するしか、他に手立てがないものなのでしょうか。

そんなはずはないはずです。
審判の公正を図るために、審判への罰則を強化する。
買収を絶対に認めない。
不正に対しては、ちゃんと申し立ての窓口をつくり、再調査をする。
日本では、相撲だって「ものいい」がつけれるようになっているではありませんか。

問題はこれだけではないのです。
日本国内のアマチュア・スポーツ団体や、オリンピック招致の委員会などにさえも、こういうご時世です。
外国人や、日本にいて日本人名を通名として名乗る日本人でない人たちが多数入り込んでいます。

このままスポーツのジャッジの不正の横行がエスカレートすれば、そうした不正は日本国内の試合にさえも入り込み、下手をすれば2020年の東京五輪は、史上最低の不正ジャッジ五輪にさえなりかねない情況にあるのです。

このままで良いのでしょうか。

そこで次世代の党の中山成彬氏、中丸啓氏、西田譲氏、­三宅博氏、杉田水脈氏らが、「国際試合に公正を」と呼びかける議員連盟を発足しました。
もっとも、その議員という身分は、一昨日の解散で、いまは失われてしまっています。

この次世代の党の議員たちは、拉致問題や慰安婦問題や南京問題、あるいは朝日やNHK、フジテレビの問題など、これまで自民党でさえ斬りこむことができなかった様々な問題を、表に出して追求してきてくれた、実績のある政治家たちです。

「なんだ、選挙対策かよ」と思われる方もいるかもしれません。
けれど、もし彼らが議員としてまた戻ってきてくれなければ、かつての拉致問題がそうであったように、現状の「門前払い」という情況は、おそらく向こう20年は何も変わらず、何も動かず、そして本来公正であるべきスポーツに不正が常識化するという、とんでもない情況が確実に起こります。
なぜなら、スポーツファン自身が、スポーツに公正を期することを拒否したことになるからです。
ここは大事なポイントです。

いま戦えるのは、わたしたちだけです。
わたしたち一般人が、スポーツに限らず、日本が世界に誇る「公正」を守りぬくのです。

是非、みなさまからも、次世代の党にひとこと「スポーツの公正を守ってくれ」と応援メッセージを入れていただけたらと思います。

次世代の党
住所 〒100-0014
   東京都千代田区永田町1-11-28クリムゾン永田町ビル6階
電話 03-3595-3555
FAX 03-3595-3557

以下.2ちゃんねるの反応です。

473 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 08:05:04
テレビ見なくなって久しいから知らない
西田議員その一言だけで良かったんだ
真央ちゃん長い間よく耐えて頑張ったね、力になってあげられなくてゴメンね
それだけで救われた
なぜならトリノの時の真央もバンクーバーの時の真央もソチの真央ももう帰って来ないから
ありがとう
これまでの真央のこと思い出してずっと泣いてた
本当にありがとう

0468 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 03:43:33
>>454
西田譲でググってみたらまさかの同郷の人だったw
今まで存在を知らなくてごめんなさい。


ID:yGlCn4BO0(3)
0469 氷上の名無しさん@実況厳禁
2014/11/23 04:12:31
やっと議員が言ってくれた
ありがとう
本当にありがとう(涙)

0465 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 02:41:04
>>463
政治家でこれを言うんだからすごいよな。
マスコミで取り上げることはないんだろうけど。
こういう人らが国政残ってくれないとまずいんじゃね?

ID:Z16ptO7w0(1)
0466 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 03:04:06
日本人として当たり前のことを当たり前に言える人間がやっと現れ始めたって感じだね。
ただ、やっぱり東京都民がまだ在日メディアの洗脳が解けてないのがな…。
前回のミンス党の蓮舫で懲りたかと思ったら今度は舛添とか…。
しかも、知事になった途端に早速売国活動まっしぐら。
中国みたいにネットの情報統制されてるわけでもないのに、ビックリするぐらい見る目がないというかなんというか。
やっぱり自分から調べようとしない限り、在日メディアの垂れ流し情報でいつの間にか都合のいい情報を刷り込まれてるって感じなのかね。

ID:yGlCn4BO0(3)
0467 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 03:37:19
>>454
西田さんって議員、女性かと思ったら名前を見る限り男性なんだね。

0464 氷上の名無しさん@実況厳禁 2014/11/23 02:31:54
涙が出る意見だ
でもその通りだよ

浅田はSPは信じられないほど失敗した
でもFSは伝説に残るほどの名演技をした
ところが、FSだけの順位で3位にしかならなかった
総合で上位に行くのは無理なの分かってる
でもFSだけで最高の演技をしたのは浅田だということは見ていた人みんな分かったはず
この採点方法おかしい、誰もが思ったはず
翌日フィギュアを知らない人でも言ってたよ、最終グループの点数が全体的に上乗せされていたと
浅田を下位に沈めるためにここまでやるのかねぇ
汚ポジを台乗りさせるだけでは飽き足らず、執拗に浅田下げをロビーしてきたから
ソチで使えてさぞや大喜びだっただろう

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

次世代の党緊急座談会
「国際試合に公正なジャッジを〜Fair Judgement for all Athlete!」




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

リラックマひらの

2020東京5輪に期待します
日本のマスコミはオリンピックでのメダルの数ばかり、声高々に放送していて、うんざりします。
 もちろん日本の選手には頑張ってもらいたいですが、それ以上にホスト国として、健全な大会運営をしてほしいです。
審判も日本贔屓しないよう、公正をもとめます。

junn

No title
◆藤原正彦『古風堂々数学者』を読み解く
http://archive.mag2.com/0000258752/20141124070000000.html

WIZARD03

発想を変えよう
これまで日本人は、ルールに従うことばかり重視してきましたが、それは戦術的な対応です。
みなさんは戦術と戦略の違いをご存知でしょうか?
状況に適応するのが戦術、状況を作り出す/コントロールするのが戦略です。
日本人は戦術にばかり重きを置いて戦略をないがしろにしてきました。
これでは、これから先日本は生き残ることはできません。
「公正なジャッジを求める」という姿勢ではなく「俺たちが公正なジャッジをしてみせる」
という気概こそが求められるのです。

「戦略の階層」および「リアリスト評議会」で検索!

-

自治基本条例と常設型住民投票条例!
最近の日本は、ねずさんの仰るようにほんとにおかしなことにされてきています。
タイトルの二つの地方条例が進行しているのを私は知りませんでした。
自治基本条例は「市民団体」が予算を使い、市政に関わるとのことで、しかも推進する団体に民団や総連が名を連ねているそうです。
常設型住民投票条例については名前を変えた外国人参政権とのこと。
私の住む地方でも続々と可決されていて、知らぬ間にコトが進んでいる恐ろしさに驚いています。
次世代の党や自民党として見解はどうなのでしょうか。考え方の混在する自民党はともかく、次世代の党にはぜひこういった日本をバラバラにしようとする試みに対抗してほしいと思います。
外国人を日本に大量移民させて参政権を与えるのは自殺行為です。なぜなら日本に惚れ込んでやってくる外国人ばかりではない。必ず斜め上の反日が、食い詰めている現在、再び大量流入するのがわかっているからです。増してや有事となれば、絶対に恥も外分もなくやってくるはずです。
安易な移民政策に異議を唱え、日本人の出生率を上げる政策に取り組んでくれる政治家でなくては信用できません。

いつも見ている通りすがり

No title
家はハードなある政党押し。地元議員は確かに信頼できるかたたちだったので、良かったのですが、今回は違います。
投票させていただきます。

やましろや

No title
「ジャッジに従う」、、
深夜の交通量の少ない交差点で信号待ちしているような変な人間の多い国ですからやむを得ないでしょう。

詩織

大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.3 平成26年11月23日
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.3 平成26年11月23日
(今回こそ辻元清美へ永久政界引退の引導を渡すで。)

毎年11月23日はやな、勤労感謝の日 やなしに、新嘗祭 やで。
日本人の皆へちゃんと正式な祝日名称を教えてやってや。

それはそうとやな、また、平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙のことなんやけど、
今、有志の日本人の皆で、橋もっさん(大阪市長の橋下徹氏)、松井さん(大阪府知事の松井一郎氏)、虎之助さん(片山虎之助氏)、三木さん(三木圭恵氏)、その他維新の会のメンバーの人たちへ、公明党議員が単独立候補者を立てる大阪市内と神戸市内の小選挙区すべてへ、維新の会が対抗馬の立候補者を立てるように、ようよう丁寧にお願いしとるんや。

近畿圏やなくても、日本全国の日本人の皆も協力してほしいんやな。

つまりやな、
維新の会の利益「維新の会が政党として存続するためには、維新の会が強い近畿圏の大阪市と神戸市の小選挙区で公明党立候補者に代わって維新の会立候補者が当選する。そうなる可能性が強い」

自民党と次世代の党に興味ある者の利益「公明党の解体と永久政界追放」
が合致したわけやな。

公職選挙法違反にならないような日本語の言い回しで書くけどな、熱狂的な保守の一般日本国民は、小坪しんや氏の格言「共倒れを防ぐために、小選挙区は自民党、比例区は次世代の党を検討してみようや」を検討すべきや。

TWENTYMASTER

昨日の意見反映されてますね。
確かに私も心配するのは、日本が、日本の企業組織、官公庁組織などが『ウシハク』化することだと考えています。
そして、それを親日に見えないところで、裏ですすめているのが今の反社会的勢力だと思います。皆がやるべきことは、そういう裏の動きを表の人たちが知って、一部の人間だけに任せず皆でなんとかしようと考え動くことだと思います。

危険

No title
次世代の党がんばれ。

ところで、田母神さんは次世代の党から出馬するのでしょうか?
心配しています。
誰か知っている人が入れば情報下さい。

魔除けに牛島辰熊

次世代の西田譲といえば、維新時代に 
「反日勢力に破防法やら外患誘致適用しる!」の神質疑してた人ですね。(まだ動画あるかしら?) 
彼に限らず、神質疑してた維新議員は今すべて次世代に居ますね。
浪人中の東京7区・吉田康一郎も拉致尖閣慰安婦問題などで活躍してる、集会にも出まくってるガチ保守候補ですね。 
二人とも若くてイケメンですね。 
 
案外知られてない俊傑が地元に居たりするんで、地元候補よく調べてから投票したいもんですな。
まぁ自分は宮崎一区なんでハナから腹は決まってますが。

他山之石

制度のせいニダ
2014年11月16日、テンセント(QQ)は韓国メディアの報道を引用し、韓国スポーツ界で反腐敗の気運が高まっており、スポーツ界関係者の摘発が相次いでいると伝えた。

今年9月の仁川アジア大会では、バドミントンやボクシングなど、多くの競技で判定に不正があったと不満の声があがった。2013年5月には、高校生のテコンドーの試合で、息子の判定に不服を訴えた父親は、抗議のために自ら命を絶った。同案件は今年の9月に調査結果が公表され、ソウル市のテコンドー協会関係者7人が収賄し、競技を操作したとして起訴された。韓国・KBSによるとこうした操作は氷山の一角で、2005年には高校生野球、2007年には高校生テコンドーの試合で賄賂(わいろ)を受け取り成績操作した事件が発生している。2007年の高校生テコンドーの試合では、審判が保護者に対し、「優勝したいなら250万ウォン(約26万円)、準優勝なら150万ウォン(約16万円)」などと、成績に応じた賄賂額を提示していた。

報道では、こうした不正が横行する背景には、韓国の大学受験で、スポーツで優秀な成績を収めた学生に点数が加点される制度があり、保護者がお金を惜しまずスポーツの好成績を買っている現状があると紹介している。

社会人スポーツでも腐敗は深刻で、10月末には、韓国レスリング協会の資金、8億2160万ウォン(約8600万円)を不正に流用したとして、同協会の金海鎮元会長が自首し、韓国ボクシング連盟の会長が10数億ウォンの汚職で身柄を拘束され、現在調査が進められている。

こうした腐敗を撲滅すべく、韓国政府は2013年8~12月にスポーツ界の健全化運動を行い、2099の関連団体を調査した。すると337件の違法行為が見つかり、15億5100万ウォン(約1億6000万円)の資金が不当に使われていたことが明らかになっている。(翻訳・編集/内山)

http://www.recordchina.co.jp/a97570.html

ken

No title
単純明快ですよね。不正な審判はスポーツの自殺ですよね。

谷脇

国旗掲揚します。
今日は,「新嘗祭」です。
新しくその日に生まれた米の収穫を感謝する祭りで7世紀頃に宮中儀式として確立されたようです。
 これが、1948年の「祝日法」により「勤労感謝の日」に制定されました。
日本を「次世代のい党」に取り返してもらいましょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク