日本における言論の自由のこと



田母神氏の論文問題、中山元国土交通大臣の発言問題等、最近「言論の自由」に関する議論が高まっているような気がします。

言論の自由は自由権の一種です。
検閲を受けることなく自身の思想・良心を表明する自由を指します。
誰もが自分の意見を堂々と開陳できる機会を得ることができる権利です。
日本国憲法だけでなく、国際人権法でも保護されており、世界人権宣言第19条、国際人権規約B規約にも規定されています。
ただ、実際には、多くの国で保障されるには至っていません。

日本では、古くは聖徳太子の十七カ条の憲法に、

十に曰く、こころのいかりを絶ちて、おもてのいかを棄て、人の違うことを怒らざれ。人皆心あり。心おのおのの執れることあり。かれ是とすれば、われ非とす。われ是とすれば、かれ非とす。われ必ずしも聖にあらず。

と説かれ、これが言論の自由の根幹となっています。

そして、明治元年1月の五箇条のご誓文に、

一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ
一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フベシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ゲ人心ヲシテ倦マザラシメン事ヲ要ス
一 旧来ノ陋習を破リ天地ノ公道ニ基クベシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ

と誓約されましたが、これ読んでみると全部、言論の自由を指している。

この精神を受けた大日本帝国憲法でも、第29条で

日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

と言論の自由が規定され、さらに現憲法においても、第21条で、

1.集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2.検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

と規定されています。

日本には言論の自由がある。このことはわたしたち日本人にとって、おおいに誇るべきことだと思うのです。

同時に、言論の自由は生存権を前提としているものでもあります。
なぜなら死人に口はないからです。
生命の維持が危害にさらされている場合、言論の自由もまた危害にさらされる。
だから私たちは、私たちが生存することも、憲法で保障されている。

さらに、言論の自由は、法の下の平等を前提としています。
国民という集団を、

「言論を述べることができるグループ」と
「言論を述べることができないグループ」とに分けたら、

当然後者にとって言論の自由を行使する機会が大きく阻害されるからです。

そして権力に対する言論の自由は、権力を監視する意味合いもあります。
これがあるから、日本では古来、権力者といえどもルールを厳守することが求められた。

日本は「法治国家」、これに対しアジアの某大国は「人治国家」であるといわれています。言論の自由があるから、権力者側も一般庶民も、互いに論理的に正しい言動が求められ(これがなければ誰もついてかない)、それが遵法精神となり、法のもとに平等となり、民本主義ともいえる「官は民のためにある」という哲学が日本人の共有概念となったといえると思います。

そうした中で、中山元国土交通大臣の発言をふりかえると、彼が行った大臣就任後のインタビューでの「日教組は問題」という発言は、国土交通相という職責とはなんの関係もない発言であり、他省のことに口を出すのは就任挨拶にはふさわしくない。だから彼は大臣を辞任したし、責任をとって議員も辞職した。言っていることは、ボクは正論と思いますし、言論の自由からして、彼の発言は政治家としての彼のポリシーを語ったものとしておおいに評価できるものと思いますが、「国土交通大臣として」は、領分を越えた発言であり、これはたしかに問題発言といえたかと思います。(発言内容には個人として全面的に賛同です)。

これに対し、田母神氏の論文ならびにその後の処分に関しては、政府や野党、マスコミの反応は、常軌を逸していると思います。これは言論の自由への挑戦以外のなにものでもない。

どういうことかというと、田母神氏は、個人の資格でアバの懸賞論文に応募したのであり、論文にも個人の氏名は書いてあるが、職業・役職名は一切書いてない。
自衛官や政府高官といえども、個人としての言論の自由は憲法で保障されているのであり、彼が個人としていかなる信条を持とうが、これを論として発表しようが、自由である。これが日本国民の大原則です。

もし彼が、たとえば文芸春秋などの雑誌等に、航空自衛隊幕僚長田母神俊雄として論文を寄稿したなら、これは職能の上に立った公式発言であり、その内容に関する賛否は大いに議論されてしかるべきと思います。

しかし、個人として行った行為についてまで、これを規制することは、まさに、マスコミや政治家による「言論統制」以外のなにものでもない。
そして彼の自由な発言を「規制」するということは、言論の自由を否定し、言論の自由の否定は、国民の生存権の否定にもつながる。
事実彼は「更迭」され、退官を要求され、いままさに退職金まで奪われようとしている。これは自衛隊員としての生存そのものを否定されていることであり、職業上の生命を現に奪われている。これが発展すれば、日本の歴史認識について個人が語ることは、そのまま生命財産を失うことを認めるということにもなり、古来、庶民の言論の自由を認め続けた日本という国の「最も素晴らしい部分」を否定し、失わせることになる。

そんな大げさな・・・と思う人もいるかもしれないけれど、発言の自由を失うのは、そういうことなのです。

生きているから、発言できる。死んだら発言できない。
発言をして良い人と、発言をしてはならない人を作ることは、発言をしてはならない人がもし発言したら、その生存すら奪われるのが当然という社会を作ることになる。ボクはそう思います。

そもそも歴史認識なんていうものは、観る立場によって180度違うのがあたりまえです。
織田信長とえいば、多くの日本人が大好きな歴史上の人物ですが、彼が行った比叡山の焼き打ちや、本願寺攻めの残虐行為を高く評価したら、彼は日本史上もっとも残虐な帝王だったということになる。しかし、彼の出現が、戦乱に明け暮れる戦国期を終結させ、平和な日本を作る石杖となったのも事実です。

どこをどう評価するか。
歴史は良い・悪いで片付けるものでなく、人々や自分自身の未来のために「学ぶ」ものです。そしてそのために不可欠の要素が、「言論の自由」にある、とボクは思っています。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

中国に言論の自由なし


第二次大戦 名言集Ⅷ(開戦編)
これ、すごくおもしろいです^^b


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

舞桜

日本は社会主義国がのように、まるで内部から
乗っ取られているような自由に発言できない
国になっているようです。

自由な考えを奪われるほど苦しいことはないです。
締め付けた中から、人としての自由な発想も出て来ません。
日本人の誇りだけでなく、「人ととしての誇り」も
持たない人たちが、最近、正義だの言う・・・。

「本物」の誠実な心とか、真実とか正義とか
勇気とかを嫌う人達がいる。
平和な時には英雄は分からないです。

今、たとえ日の当たらない所に居たとしても
時代がきっと真実の方を必要とするときが来る。

また日本のために、人々をよい方向に導いていくために、
命を投げ出そうと思っとる人が、一人でも二人でも
増えていくってことは嬉しい・・

政治は地位や名誉じゃない。まごころです。

ねずきち

moharizaさんコメントありがとうございます。
「民衆が歴史を作るには『言論の自由』しか無い」けだし名言だと思います^^b
報道というものが、民衆の自由な言論、自由な思考のためにあるとするなら、報道が偏向するのは報道が本義を忘れたことに他ならず、こうなったらもはや報道でなく思想電動媒体でしかないのだとも思います。

mentanpinさんコメントありがとうございます。
まったくその通りです。議論は相手の意見を尊重するところからはじまる。
田母神さんの発言が、NHKの子供ニュースで次のように報道されたそうです。
NHK子供ニュース(2008/11/15午後6時)
------------------------------
ナレーション
「航空自衛隊の前のトップだった田母神前航空幕僚長は、『日本はよその国を一方的に攻めてはいない』などと雑誌に発表しました。」
「自衛隊は政府の考えに従う事になっています。それなのに、そのトップが政府とは違う考えを発表したので大きな問題になり、先週、航空幕僚長を辞めさせられました。」
「11日火曜日、田母神前幕僚長は国会に呼ばれて議員から質問を受けましたが、『自分の考えは間違っていない』と言い張りました」
------------------------------
これってひどすぎません?@@;
子供向けニュースですよ?!
「基本的には真面目なものが報われる世の中でないといけません。」
その通りです。

OHAMAROさんコメントありがとうございます。
同じ気持ちです。

八目山人さんコメントありがとうございます。
歴史にIFはありえない。確かにそうですが、そのIFを考えることが未来を拓くカギともなるのだと思います。
徳川政権のままで、大名が大臣。
民衆の中から「優秀なもの」が偉くなるのではなく、血筋の偉いものが政治を司る。藩政では、優秀な人材が百姓町人からも広く重用されることで、藩政が改革され貧しい藩が豊かになったりもしていましたが、それが国政の場では、血筋だけがものをいう。おそらくこの場合、日本は日清・日露を経ることはなく、その前に列強によって植民地化され、21世紀の現在においてもアジアの民は、白人から「人」以下の存在とみられ、私有財産も認められず、おそらく世界の構造はいまとはまったく違っていたものになっていたのではないか。そんな気がします。

八目山人

今篤姫を見ています
もし薩長が徳川を倒さず、天皇の下徳川慶喜が首相になって、各大名が大臣を遣っていたら、日本はどうなっていたでしょう。
日清戦争は、日露戦争は、大東亜戦争は、有ったか無かったか。有ったとしたらどの様な展開になっていたか。
 歴史にIFは有りませんが、興味は尽きません。

OHAMARO

ねずきちさん
同感です。

あくまでも
立場をわきまえた上での
発言なら申し分ないでしょう。

只、気になったのは
マスコミの偏った報道だけは
許せませんね。

いい番組もあるのに残念です。

mentanpin

コメントする記事を間違えたので再度
田母神氏の発言で議論が湧き上がることは、自由民主主義を標榜する日本にとっては良いことだと思います。色々な意見が出ることは社会が健全な証拠だと思います。しかし、議論する際は、マナーを守ることが大切です。相手がたとえ少数や反対意見でも尊重すること、相手に敬意を払うこと。要は将来の日本が良くなることが一番大事なことです。私にも二人の娘がおり、壊れかけているこの国の現状を見るに、行く末を心配しています。とにかく、本当の意味での自由民主主義を確立していかなければなりません。腐敗したお上の手から我々の手にこの大事なものを取り戻す必要があります。明治維新の西郷隆盛や大戦で特攻隊で死んでいった人々に申し訳ないと思います。やはり、基本的には真面目なものが報われる世の中でないといけません。

mohariza

一部訂正と、「民主主義」
「衆愚政治だは、ダメで」は、「衆愚政治では、ダメで」に訂正します。

民主主義が進めば、ギリシア等の「衆愚政治」になるとの説(歴史観)がありますが、「専制政治」より良いと思います。

皇室の「賢者の政治(?)」を押す「右」の見方もありますが、私は、やはり、「愚」があっても、「民主政治(主義)」が一番(よりbetter)と思います。

mohariza

民衆が歴史を作るには、「言論の自由」しか無い
私も、
<歴史は「良い・悪い」で片付けるもので無い>と思っています。

現時点で、「良し悪し」は付けられず、後の世の評価となると思います。
しかし、後日の評価でも、その時代の価値観で、評価は変わってくるものです。
結局、歴史の「絶対的な良し悪し」なんか無い、と云って良いと思います。
(と、すると、「歴史の良し悪し」とは、何か?となりますが…。)

と、云う事は、民衆が、民衆の為の歴史を作るとして、その歴史を作るために、不可欠の要素としては、民衆には、「言論の自由」しか無いと思うんですが…。

衆愚政治だは、ダメで、「為政者(賢者)」が作る歴史が、本当の「歴史」を作るとする考えでは、このような考えは生まれませんが…。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク