明察功過主義、知治(シラス)国家

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
★みんなが泣いたこの一冊!★
中山なりあきの「強さとやさしさ、ぶれない心

↑ネットで無料で読めます↑オススメです。新婚時代のご夫婦の写真もありますよ♪

◎選挙区も比例も次世代!◎
 国際試合に公正なジャッジを!
 Fair judging for All Athletes !! Tokyo Will Make All Athletes Smile.

今日は、今日は真珠湾攻撃があった日です。

12月7日の宮日新聞の広告です。中山先生、がんばれ!!
宮日新聞1207


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

冬景色1209


イジメで生徒がたとえば自殺したというときに、いまの日本の法律が問題にするのは、「誰が手を下した犯人なのか、イジメの加害者は誰なのか」です。
そしてそれが自殺であれば、警察はまったく手出しはできないし、逮捕される人も処罰される人もいません。

けれどわたしたち日本人の感覚はちょっと違います。
「学校の先生はあるいは校長は、どうして事前にそんな悲劇が起こらないように、察すして手を打つことができなかったのか」と考えてしまうのです。

法律で裁けるのは手を下した犯人だけです。
現代日本は、法治国家であり、法治主義であるといいますが、
これが実は、罪刑法定主義、法治主義の限界です。

法治主義の歴史は、戦後の我々は秦の始皇帝の「秦」が法治国家であったとか、あるいは古代Chinaの韓非子(かんぴし)が法家と呼ばれる法治による政治を求めていたとかで、たいへんに歴史の古いものとして学校で教わってきています。
けれども、古代Chinaにおける法家や秦の始皇帝の行った倫理法的思想と、近代法治国家の「法による支配」という思想は、その内容がまったく異なるものです。



何が違うのかといえば、ものすごくわかりやすくひとことでまとめれば、
「法に書いてあることでしか処罰できないのが近代法治、法に書いてなくても処罰できるのが古典的法治」です。
よくひきあいに出されることですが、たとえば日本の刑法には199上に「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する」と書かれています。だから殺人は罪です。
もしこの条文がなければ、いくら人を殺しても罪にならない。

それが近代法学の考え方です。
近代法学は、王権の圧政から民を守るというところを出発点にしていますから、その意味においては、それはそれでとても素晴らしい思想であると思います。
しかし多くの人が望んでいる社会は、そもそもそんな事件や圧政の起こらない社会です。

選挙によって民意によって統治者を選んだとしても、その統治者が最近どこかの県であったように非合法な手段を用いてその地位を得たり、あるいは統治者となった途端専横政治のようなものをはじめて自己の利益だけを図るようになれば、結果としてそれは民衆を不幸にします。

いわゆる選挙制民主主義というのは、民意を施政者の持つ権力の原因(理由)とします。
しかし民意というのは、言い方は悪いけれどいくらでも操れる(情報操作)できるものだし、民の求める希望は多様です。
そのどこを採り上げるかによって、施政は180度違ったものになります。
選挙制民主主義は、実はとっても不安定なものなのです。

なぜ不安定になるかといえば、施政者が「権力」と「権威」の両方を持つからです。
日本は、古代からこれを否定してきました。
古代の日本人は「権力」と「権威」を分けたのです。
権威は万世一系の天皇です。権力者の地位はその天皇の権威によって与えられ、民衆はその天皇から「おおみたから」とされています。
ですから権力者にとって、民衆は「自分に権力を与えてくれた人のもの」なのであって、「自分のもの」ではありません。
これによって日本は、民衆を私的に支配するという世界中であたりまえのように、いまでも行われている統治方法を、大きく超越することができたのです。
日本人の知恵はすごいと思います。

また事件が多い荒れた国は、火災の多い国にたとえることができます。
火災が多い地域の消防署は大活躍です。
消防士たちは、地元のヒーローです。
ですが人々が本当に求めているのは、火災が起こらない街です。

火災が起こらないようにするためには、日頃からの予防が大切です。
また万一火災が発生した場合でも、それがボヤのうちに完全に完璧に消し止められること。
そして放火のような不埒なことをしでかす馬鹿者が出ないようにすることが大事です。
つまり、事件や事故が起こる前に、事前に察して対策をきちんととっておく、ということが大切なのです。

昔の日本では、「よそ者」という言い方が一般的でした。
よそから来た人は、地元でもなかなか信用されないで、地元の人達からものすごく警戒されました。
このことは、「因習が深い、住みにくい」と戦後はものすごく批判されたものですが、けれどもよくよく考えてみれば、同一地域内で、誰もが互いによく知った仲間たちであるということは、そういう地域では、犯罪など起こし得ないし、それこそ「玄関の鍵も、縁側の窓も開けっ放しで夜寝ていても、なんの心配もない」郷土が実現できていたわけです。

そして他国に出た者が、その他国で何か失敗すれば、それは郷土の恥さらしとなりました。
自分が失敗してつらい思いをするだけでなく、郷土にいる親兄弟にまで肩身の狭い思いをさせてしまうことになる。
そのことは「人はまっとに生きなければならない」という修身の教えとあいまって、日本の社会から悲惨な事件や事故を防ぐ、おおきな鎹(かすがい)となっていたものです。

これは加瀬英明先生がよくご講演でお話されることですが、江戸の享保年間(徳川将軍吉宗の時代)は20年続きますが、この20年に江戸の小伝馬町の牢屋に収監された囚人の数はゼロ人でした。
犯罪を犯す者が誰もいなかったのです。

では、誰も犯罪をおかさなかったのは何故なのでしょうか。
法治主義だったからでしょうか。
そればかりではないと思います。

よく言われるのは、「当時は民度が高かった」ということです。
けれど実は、それだけではないのです。
施政者の側が、犯罪が起きる前に犯罪を起こしそうな人を、前もって「目を付け」て、犯罪を起こさないように「しっかりしろよ、悪いことするんじゃないぞ」と教導してきたからなのです。
だから、犯罪を取り締まる人のことを「お目付け役」と言いました。

いまの日本はどうでしょう。
悲惨な事故や事件が毎日報道されています。
けれど、そういうことが起こらないようにするための手は、何か打たれているのでしょうか。
手を打っているのは、せいぜい交通取り締まりのシートベルト着用違反くらいなのではないでしょうか。
これでは犯罪はなくなりません。

まったく報道されませんが、昨今、若い女性を狙った連続強姦魔事件が多発しているのだそうです。
けれども、事件になるのは、百件以上もの強姦を働いた犯人でさえ、立件されるのは、せいぜい3〜5件の強姦犯としてです。
被害者の女性たちが泣き寝入りし、被害届に応じないからです。

被害が現実に発生していながら、被害が発生し、多くの女性達が辛い思いをしているという現実がありながら、あくまでも被害が起き、被害届が出されてからでなければ、犯人の処罰ができない。
事件の発生を防ぐことができない。
それでいて「法治主義」というものが、そんなに素晴らしい近代的な進化した制度と、果たしていえるのでしょうか。

飛鳥、奈良、平安の時代というのは、500年続いた貴族政治の時代です。
ちょっと補足しますが、日本は古代から現在にいたるまで、そして未来までもずっと天皇の国です。
そして天皇は、政治の中心者ではなくて、政治を行うものに政治権力を揮うための権威を授ける、政治権力よりも上位の存在です。
ですから、飛鳥、奈良、平安の時代を天皇の世紀と呼ぶのは間違っています。
天皇の世紀というならば、日本は、太古の昔からずっと天皇の世紀であり、飛鳥、奈良、平安の時代は、その天皇のもとで世襲の貴族たちが政権を担った時代、というのが正確な表現です。

その貴族の時代、やはり日本はずっと平和なままでした。
左前に偏った教科書などでは、貴族たちは毎日豪勢な食事をし、一般の庶民は貧困のどん底にあったなどと書かれていますが、もしそうであったのなら、その一般庶民が学問を修め、万葉集に載るような素晴らしい和歌を詠むなんてことはできません。
それにそもそも、「平安以来の伝統的貴族料理」なんてものも、日本には存在しません。
昔も今も、日本食における最高の美味いものは、魚であれば漁師さん、農産物であれば農家のみなさんが調理する雑多な鍋であり、炉端焼きであり、海鮮料理です。

日本では、いちばん美味しいものは、常に「新鮮なもの」です。
そして新鮮なものは、常に生産者が食べてきました。
そうなったのは、日本の施政者がそれだけ食べ物の生産者をたいせつにしてきたからです。
その施政者にとって、生産者は天皇の「おおみたから」です。
そして施政者は、天皇によって任じられるものです。
これが「皇民主義」であり、もとからある日本のカタチです。

3世紀末の魏志倭人伝や、8世紀の令集解(りょうのしゅうげ)には、当時の日本(仏教伝来前)では、人々が新米ができると、これを神社に奉納し、神社はその奉納米を非常食として保存するとともに、種籾(たねもみ)として、苗を育てて、田植えの際に、その苗を農家に配っていたことなどが描写されています。

いいかえれば神社の宮司さんたちは、人々の上に立つ存在だったわけですけれど、その宮司さんは、新米を奉納してもらっていながら、代々新米を口にしません。
しないというより、できません。
なぜなら、新米は種籾や非常食として保存しなければならず、ですから古い奉納米からしか自分たちの食卓に出せないからです。
このことは、2千年前の大昔も、現代も同じです。
ずっとずっとそうなのです。

このことは、神社の中の神社といわれる大社においてさえ、同じです。
自分たちはもっとも古い「古米」から消費し、いちばんおいしい新米は、来年のために、人々のためにとっておく。
それが日本の「上に立つ者」の姿勢です。

武士も同じです。
城に集められた年貢は、常備米として城に保管します。
そして武士たちには、その俸禄高に応じてお米が給料として支給されましたが、毎年秋に支給されるお米は、城に保管してあった古米からです。
お百姓さんや町人たちは、備蓄がないから新米を食べますが、食料難に責任を持つ施政者は、常に非常時用に年貢米を保管していなければならず、ですから古いお米から食べて消費していたのです。
それが日本です。

そのことをちゃんと教えない教科書や学者は、申し訳ないが、はっきりいってバカです。
できてまだ200年そこそこの、西洋の共産主義史観である階級闘争史観に縛られ、日本的価値観を見失った哀れな曲学阿世の徒です。

権力のある者が、率先して地味に暮らし質素にし、自分が美味しいものを食べたり贅沢をすることよりも、民が安心してご飯をお腹いっぱい食べれるようにする。
それが人の上に立つものの、あるべき姿とされてきたのが日本です。

そして、こういうことが実現されるためには、万一の場合の備えをちゃんとしようという、ひとことでいえば、万一の場合を常に想定できるだけの「察する力」が根底になければなりません。
殺人や強姦や放火事件が起きてから処罰のためにオロオロするのは、バカの仕事です。
それを近代的なんとか主義といって自慢気に胸を張るなら、ただの世間知らずの子供です。

事件や事故が起こらないようにする。
万一のために日頃から襟をただして、ちゃんと備える。
それができるのは、誰もが「察する力」を持っている社会だからです。
それが「シラス」国です。

「シラス」は漢字で書くと「知(しらす)」もしくは「治(しらす)」です。
「シラス」は「シメラフ→スメラフ」と変化して活用されますが、この場合の「スメラフ」は、漢字では「統(す)めらふ」と書かれます。
もともとが「やまとことば」であり、あとから輸入漢字を当てているだけなのですが、意味的には「シラス」は、「知、治、統」であり、「シラス」国は、「知治国」といった語感になろうかと思います。

私は法治主義より明察主義、選挙制民主主義よりも皇民主義、知治国(しらすくに)こそ、人類の理想とすべき思想であり、統治であると思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

国政になくてはならないお二方です。
中山恭子1208中山成彬1208


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

うめ

No title
母に聞いた話ですが、昔は精神的にちょっとおかしな人は、家から出さなかったそうです。今は人権団体がうるさいのでできないですね。

とおりがけ

No title
もう次世代の党しか選択肢ないよ、候補者いなくても比例は次世代!

【衆院選ソング】小選挙区は自民に、比例は次世代に
http://www.youtube.com/watch?v=CovIDVI2eF8

偽ソクラテス

法治主義だからこそ察すべし
西洋における「法治主義」は、大陸法の原理です。大陸法というのはドイツやフランスなどのヨーロッパ大陸諸国で施行されている法体系の系列をいい、国会などの正規の立法機関において所定の手続きを経て正式に制定された成文法に基づいて法執行を行う形態をいいます。権力(行政)を議会(立法)のコントロール下に置こうという考え方といえます。

大陸法と対置されるのが英米法です。こっちは「法の支配」を基本原理としています。イングランドを発祥地としてアメリカなどの英語圏で施行されている法体系の系列で、権力(行政)や成文法(立法)よりも上位に自然法(判例、伝統、常識)があると考え、権力者による恣意的な立法や法執行はいくら法律としての体裁を整えていたとしても無効というものです。「万引き犯は死刑」なんて法律は従来の判例から逸脱してるから無視します!みたいな法運用をします。

「法治主義」というときの法は「成文法」「制定法」で、「法の支配」というときの法は「自然法」「コモンロー」です。これは法学部ではうるさく教えられますが、一般にはごっちゃになっているか、そもそも全然理解されていません。まあ、一般の人が理解すべきことかと言われれば答えは否ですけど。

大陸法は立法優位ですから、アメリカ合衆国の大統領令なんてのは「とんでもないこと」に該当するかもしれません。対して英米法では議会制定法であれ、大統領令であれ、手続きを踏んで発効したとしても「内容的に無効なものは無効だ」となります。アメリカ人から見れば、日本人が憲法9条2項を巡って、延々と自衛隊の違憲合憲を論じているのは、滑稽かもしれません。

刑法についても英米法だと、成文法で定められていない行為であっても、コモンロー上の犯罪として、適当な刑罰を科すことがあります。英米法は、罪刑法定主義じゃなくてデュープロセス(所定の手続きに則ってちゃんと裁判を受けてねという原則)で検察権力を抑制しようとするんですが、刑法に規定された抽象的な犯罪よりも、被告席に座っている被告人が犯したかもしれない具体的な犯罪を中心に考えるので、「これは犯罪だ!」となれば、どこかから根拠法を見つけてきて、裁判の段階で刑罰を科すことがあるのです。

日本においても“一票の格差”裁判で「違憲状態」判決が出ていますが、これは憲法の平等規定から強引に引っ張りだしてきたものです。直接的に「選挙における一票の格差は2倍まで」のような法律があるわけじゃないのに「違憲状態」というのは結構、英米法的なやり方じゃないかと思います。ちなみに日本の法体系は大陸法に倣ったものでしたが、近年は英米法的な考え方が取り入れられています。世界的にも大陸法と英米法の相互乗り入れが進んでいます。

刑法と行政法は別物ですから、“一票の格差”の部分は一種の比喩ですが、法の不備を補うという意味では英米法的な考え方は有効です。こう考えるとニュルンベルク裁判や東京裁判、反捕鯨運動などがどうして実施、展開されたのか、少し分かるような気がします。まあ、彼らのコモンと私のコモンが違うので(それはコモンなのか?)推測ですけど。

ここまで前段でした。本題は大陸法的な考え方では、法の不備が想定されていないということです。法治主義の考え方で各種の行政措置、法的措置を実施するには、対応する根拠法がなければなりません。つまり、起こり得る事態に“察して”、あらかじめ対応する法律を整備すべきなのではないのか、国会議員こそ“察する”能力が求められるのではないかということです。

法治主義だからこそ“察する”べき、そんな風に思いました。

-

No title
要は評価だと思います。
相撲で言うと行事の判断は正しいか。その為にものいいがある。 
そして観客に説明をする。そうしてその説明で納得する。
納得して上手く治まる。 
 
あの、数年前から納得できない事が多すぎますね。
納得できない政治、納得できない裁判官とか。
その為に一票をとうじに行きます。 

あ太郎

No title
西日本の大雪で、対応に後手後手に回る国土交通省。

親玉の公明党大臣、2月14日の大雪でも後手に回りました。

田母神候補に、うっちゃられないようにね。

ネットで拾いました

この発言をテレビで放送出来るたかじんの委員会はやっぱり凄い!
この発言をテレビで放送出来るたかじんの委員会はやっぱり凄い!

●「在日はなぜいつまでもルサンチマン(弱者の弱み)を引きずるのか?」

●「なぜ自分が住んでいるこの場所(日本)を認めることが出来ないのか?」

◆たかじんのそこまで言って委員会 12月7日
https://www.youtube.com/watch?v=Trd0BisdCco&feature=player_detailpage#t=942

-

1地方の次世代の党
こちらは、桜内さんと自民党の戦いとなっています。今回は、3万票得票の方が、桜内さんに協力されていますので、次世代の党が、小選挙区から当選するかもしれません。次世代の党が、劣勢とニュースでは言っていますが、でっちあげみたいですね。桜内さんの健闘を祈ります。

-

ウシハク丸出し
ネットのニュースで読んだのですが、大韓航空機のファーストクラスに乗っていた同社の副社長が客室乗務員の接客態度が悪いと激怒して他の本当のお客さんがいるのに係わらず、空港に引き返させて担当者を下ろさせたとの事です。 デマシタね。「私は大韓航空機の副社長だ。客よりも私に気を遣え!」 馬鹿丸出し、ウシハク丸出しの副社長ですね。

硫黄島

こんにちは
おっしゃる通りです。

私も以前から法治主義に疑問を抱いていました。

というのも、法律を運用する司法や行政の側が、法律に書いてあることの中だけで己の領分を縛り、法律をどう解釈するのかと、そういったことばかり心血を注ぎ、肝心の日本の常識がおいてけぼりにされているからです。

以前、私の家の真ん前で夜中にバイクをふかしている若者がおりまして、注意しましたらば、私に対して『文句はこのバイクを認可した運輸局に言え』とシャーシャーと言うのです。そして、自分にとっては法律が全てであり、合法である当該バイクをどうしようが自分の自由であるとまで言ってのけるのです。

しかも、この若者は自衛隊に入隊が決まっていたそうで、そこで私が自衛隊に入ると最初に憲法に忠誠を誓わせられるだろうと言いましたら、この若者は誇らしげに『そうだ』と言いました。

そこで、私が『憲法9条には何と書いてあるか?』と訪ねたら、この若者はとぼけた顔で『え?平和ですか?』と返してきたのです。法律が全てだと言いながら憲法9条も知らないとは、呆れるばかり。

私は『憲法9条には陸海空軍を保持しないと書いてあるだろう。自衛隊は違憲なんだよ。憲法が自衛隊を否定してるんだよ。そんな憲法にお前は忠誠を誓うのか? 誓うんだったら、誓った瞬間に自衛隊をやめろ。法律が全てなんだろ?』と、言いました。この若者は絶句し、それ以上何も言いませんでした。

私は悲しくなってきました。法治主義が云々の前に、人としての常識ってもんがあるだろうと。

自衛隊が日本に侵攻してきた敵軍の命を奪うことが憲法違反であるなら、そもそも憲法が間違っているのではないかと、そういったことも考えられなくなるなら法律など要りません。「国害」にしかならないのです。

あ太郎

No title
期日前投票に行ってきました。

家族で、小選挙区は自民党、比例では次世代の党に入れました。

ちりめんじゃこ

知らす選挙、知らさない選挙
『「民主主義が不安定」なのは「権威と権力が分かれてない」から』という因果関係になっている部分は、ちょっとよく解りませんでした。民主主義の話、権威と権力の話とそれぞれは、その通りだと思いますが。

選挙とは、有権者が政治判断の一端を担う行為です。為政者や議員が公領域に私的判断を持ち込んではならないのと同様にに、有権者も選挙において私的判断を優先すべきではありません。つまり、選挙民には為政者や議員同様に公的判断が求められるということです。

「腹が減ったから食う」「欲しいから欲しい」といった私的判断と違い、公的判断にはそれ相応の知識や情報、そしてそれらを総合する判断力が必要です。そこで選挙や代表制民主主義が正しく機能するには、適切な情報提供と選挙民ひとりひとりの学習が必須となります。

資本主義の進展に伴って市場経済が拡大して、人々の日常に「市場における消費者行動」が根付いてくると、「選挙で求められる政治判断」との混同が起こるようになりました。市場は「欲しいものを買う」「欲しくない物は買わない」という私的判断の集積によって、全体としての経済合理を追求するメカニズムです。

消費者は賢い買い物をしたいなら学習や情報収集をした方がいいですが、別にしなくても構いません。無駄な買い物をして損をするのは本人だけですから。売り手は消費者を騙すことが許されませんが、買い手は私的判断をするだけです。「もっと」と要求し、「こんなもの」と批判するだけです。

だから、民主主義と消費者行動を混同した人々は、全体のために情勢を総合判断して決断を下すという原則を忘れ、身勝手な要求を掲げます。「原発絶対反対」「基地移設は許さない」などです。対案や解決策を示すなら解りますが、端から「絶対反対」なのです。

政見放送を見ても、嘘に基づく政権批判と空想的要求が散見されます。適切な判断には正確な情報が不可欠なのを知らないのか、知った上でやっているのか、デマと虚報の垂れ流しです。今日の選挙民が私的判断をする人たちだと思ってやっているのでしょう。

「知らす」というのは古来、日本では「日本型民主主義」が展開されてきた、あるいはそれが理想だと考えられてきたことを示す言葉じゃないかと思います。デモクラシーはデモス(民衆)+クラット(支配)であって、日本型民主主義は民が支配をしているわけではないので、用語としては正しくないかもしれませんが。選挙すれば民主主義って訳じゃありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク